スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
高知 いろりや
実は足を痛めて歩きづらいのです

---

11/5(日)の昼は旅の途中で土佐入野近くのうどん店「いろりや」に立ち寄る。
この店もいつか来たいと思っていた店で、香川以外で一番うまい(人によっては四国でいちばんうまいという人もいる)と一部で評判の店だ。

店に着いたのは12時少し前。休日といえどもそれほど香川の有名店ほどメジャーな店ではないので、先客は2組のみでノンビリとした空気が漂っている。
座敷に腰を下ろし、メニューから「大根おろしうどん(冷)」(\682)をオーダー。

しばらくして運ばれてきたおろしうどんは見た目地味なビジュアルだが、一口食べてみて驚いた。
確かにうまい!香川の強豪を越えるかは判断できないが、今まで食べた中で間違いなく一番うまいうどんだ。

まずうどんのコシだが、ゴリゴリと固くなく口の中で跳ね回るピチピチと鮮度のいい食感。エッジもあるけどしとやかなのでのど越しが抜群にいいのだ。
見た目は薄いかけダシもきっちりイリコだしが効いており柑橘(ゆず?)の風味が爽やかで、うどんをすする反復運動が止まらなくなる。

2分ほどで大根おろしうどんを一気に完食。このまま店を出てしまうのが惜しくて「釜あげうどん」(\525)を追加でお願いした。
この時応対してくれたのが店のご主人で、やはり自分のうどんに愛着と自信を持っているのだろう、ちょうど打ち立てのうどんが茹で上がったタイミングだったらしく、おかわりをお願いした私に「すぐお持ちできます!」と嬉しそうに厨房にすっ飛んで行き、ほんとにすぐに釜あげを持ってきてくれた。

うん、やはり茹でたての麺はうまい。一度水に放った麺とは違い腰を楽しむものではないが、小麦粉と塩と水の見事なコンビネーションを満喫できる。

釜あげもこれまた秒殺。もう一杯最後にもう一度冷たい麺でシメようかとも思ったがゼイタクしすぎだと思い自粛する。気がつくと他の客がどんどん入ってきているので席を立つことにした。

土佐入野と聞いてその場所を正確に思い浮かべることのできる人が地元の方以外にどれだけいるだろう?失礼ながらこんな辺鄙な場所にもきちんとした仕事されている人がいるのだ。
讃岐うどんブームがいい方向に展開している好事例だと思う。ここはまた是非再訪したい店だ。




200611051153000.jpg


200611051151000.jpg

関連記事
スポンサーサイト
【2006/11/07 22:57】 | 和食 | トラックバック(1) | コメント(10) | page top↑
<<谷町五丁目 一味禅 | ホーム | 高知 とんちゃん>>
コメント
初めて知りました。
香川以外の評判のうどんやさん。 気になる!

今マイブームとなっているのがうどんで、世間がそういう兆しだからではなく、
中津のたけうちうどんを食べてから、一新させられてしまったんです。

うどんの聖地へ行くのはムズカシイので、大阪でまかなっています。
オススメがあれば教えてください!(必死) 
【2006/11/08 08:48】 URL | petit-tomato #-[ 編集] | page top↑
>petit-tomatoさん

私はそれほどうどんに心血を注いでいるわけではないですが、茨城の「唐庵」、東住吉「ゆきの」(行ったのは移転前でしたが)、ミナミ「釜たけうどん」、神戸「凡蔵」などはおいしいと思います。

私が本場讃岐でうどんを食べたのは、「恐るべきさぬきうどん」がブレイクする前に2度ほど経験しただけで、それ以後は行っていません。

ただ、本場讃岐でうどん食べるのはそれほど難しくないですよ。
梅田から高速バスを使えば往復\6,400ほどで高松に行けますし、現地でレンタサイクルやレンタカーを利用してうどん店巡りはできると思います。
特にpetit-tomatoさんみたいに平日休みが取れる人は、うどん屋さんもそれほど混雑しないでしょうしいいんじゃないでしょうか。
【2006/11/09 22:19】 URL | keit #-[ 編集] | page top↑
はじめまして。
「いろりや」さんと言えばどうでしょう班御用達のうどんやさんですよね。
四国を廻って高知に至れば、寄っていかなきゃいけないような感じにいつもなってますからね。
私も1度訪問してみたいものです。
【2006/11/10 23:46】 URL | superpippo #SJiintxQ[ 編集] | page top↑
>superpippoさん

コメントありがとうございます

そうです、「いろりや」さんと言えばどうでしょうの聖地の一つですね
国道56号線沿いで、土佐くろしお鉄道の土佐入野駅からすぐとはいってもなかなか行きにくい場所なんですが、ぜひ一度superpippoさんも行ってみてください

blogを拝見したらsuperpippoさんもカリー軒行かれてるんですね
次は名古屋のラディッシュでしょうか?
【2006/11/11 17:26】 URL | keit #-[ 編集] | page top↑
カリー軒行きましたねぇ、ちょうど祭りの時に行って参りました。
実はラディッシュも訪問済みだったりするので、
この「いろりや」さんと「山田屋」さんが
当面の私の目標ですね(笑

話は変わりますが、こちらからリンクさせてもらってもよろしいでしょうか?
【2006/11/11 22:56】 URL | superpippo #SJiintxQ[ 編集] | page top↑
>superpippoさん

祭り行かれたんですか~それは筋金入りですね(^^ゞ
私は山田屋さんは近日中に訪問したいと思っています

リンクの件ですが、ご自由にどうぞ
基本的にリンクフリーですので(^_^)v
【2006/11/12 14:56】 URL | keit #-[ 編集] | page top↑
リンクさせて頂きました、ありがとうございます。
これからも宜しくお願いいたします。

山田家さんのレポートもお待ちしております(笑)
【2006/11/13 22:34】 URL | superpippo #SJiintxQ[ 編集] | page top↑
いろりやへのご来店、ありがとうございました♪
こんにちは、keitさん。
いろりや(黒潮町)のInakazamurai-Kと申します。

ずいぶん遅いご連絡となり恐縮ですが、
ご来店、ありがとうございました♪
そして、丁寧に記事をお書きいただき、
重ねて御礼申し上げる次第です。

四国にはうまいうどんがたくさんあることは、
いろりやスタッフみな自覚していますが、
それでも『今まで食べた中で一番うまいうどん』なんて言っていただけると
本当にうれしい限りです。
大きな励みになります。
脱サラしてうどん屋30年の店主(うのオヤジ)も、
たいそう喜んでおりました。

あ、恐らくオヤジのうどんへの情熱と愛情だけは、
胸をはって四国イチと言えるかもしれません(笑)
http://iroriya.jp/free/yokoso

高知市では、とんちゃんへも行かれてたんですね。
あそこも、なんとも言えない雰囲気のあるええ店ですよね。
記事を拝見して、なんと言えばいいのでしょう、
トンチャン店内のざわめきが一瞬聞こえた気がしました。
他の方もコメントされていたように、
Keitさんの文章は、なんだかぐっときますネ。
いろりやでも、やっとHPとブログをスタートしたばかりで、
こちrなおブログも参考にさせていただきたいと思います。

また、事後のご連絡で恐縮ですが、
これから四国へ来られる方の参考にと、
こちらの記事を私のブログで紹介させていただきました。
よろしければ遊びに来てください。

高知へ来られる機会がございましたら、
お気軽にご連絡ください。

引き続き、よろしくお願い申し上げます!

追記
トラックバックをお送りしました。
よろしければ承認いただけると幸いです。
こちらも、どうぞよろしくお願いいたします。
【2009/06/22 20:15】 URL | Inakazamurai-K@いろりや #uZKUMj0g[ 編集] | page top↑
>Inakazamurai-K@いろりやさん

コメントありがとうございます
お店の方からのコメントは困惑することもありますが、今回はとてもうれしく思います

思えばいろりやさんに立ち寄ったのは約2年半前になります
blogの本文では言及していませんが、37番から38番に向かう途中で立ち寄りました
その後も高知には仕事で何度か足を運んだのですが、やはり黒潮町(今でも大方という方がピンとくるのですが)には高知中心部からはそれなりに遠いこともあり、再訪したい店ではあるのですが未だ想いを果たせていません

とは言え、心の中ではずっといろりやさんに再訪できることを思い描いています
次回再訪できるのはいつなのかまったくわからないですが、ぜひ今のままあの場所で変わりなく営業していていただけたらと勝手ながら思います
気持ちいい風と潮と日光がこれからもずっと黒潮の町を満たしていますようにと、遠い空からではありますが願っています

【2009/06/23 22:37】 URL | keit #-[ 編集] | page top↑
素敵なコメントありがとうございます。

そうですね、われわれも未だ大方のほうがしっくりきますが(笑)、
黒潮町は遠いところです。
高速が途中まで伸びたとは言え、
高知市から車で2時間ほどかかります。
今度は、ゆっくりとお時間のあるときにぜひ。

keit さんがまた来られたときも、
同じように静かに風が吹き、潮の香が満ち、気持ちよい陽が差して、
ゆるやかに時間が流れるような。
そんな環境を守りながら、またつくってお待ちしておりますね。
【2009/06/25 02:20】 URL | Inakazamurai-K@いろりや #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusakuu.blog48.fc2.com/tb.php/349-63f39c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【2006年7-12月】いろりやへのご来店、誠にありがとうございました♪
『いろりや 』へご来店いただいたお客さまのブログから、 2006年7月~12月に公開された記事へのリンクを紹介させていただきます。 みなさま、遠いところお越しいただき、ありがとうございました_(&gt;_&lt;)_ ... いろりや9640ブログ【2009/06/22 14:18】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。