スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
東梅田 タイ料理カフェ チャンタイ
銀の匙がマンガ大賞というのはなんか違うなぁ
いや、彼女は大好きな作家さんだし、ちゃんと面白くてよくできたマンガなんだけど、先に百姓貴族読んでると同工異曲に思えるんですよねぇ

---

3/27(火)のランチは、東梅田(と南森町の中間)の「タイ料理カフェ チャンタイ」に初訪問。

以前通りがかりに見つけた店で、調べてみたらチェンマイのソムタム・チャンピオンが作る本場の味という触れ込みが気になっていた店。
雑居ビルの2Fにある店で元は喫茶店だったようだが、店内は明るく怪しげな雰囲気はまったくない。

ランチメニューは「グリーンカレー」(\750)、「ガパオ」(\750)、「クイッティオ」(\750)、「パッタイ」(\850)の4種類。
この日のオーダーは「グリーンカレー」を、「少し辛い」・「辛い」・「激辛」から選べる辛さはもちろん「激辛」で。
オプションで毎日10食限定の「ソムタム」(\150up)もあるのだが、残念ながらこの日は売り切れということで断念。

すぐにでてきたグリーンカレーのプレートには、グリーンカレーの他には生春巻きとデザート(タピオカ入りココナッツミルク)が乗せられていた。
辛さが足らなかったら足してくださいね~、と小皿に入ったプリックナンプラーも添えてくれる。

グリーンカレーは甘さと重さが効いたどすこい系の味なのだが、肝心の辛さが予想以上に辛い。
相対的な辛さで言えば、三宮のバーンタイの辛さ5を軽く凌駕してると思う。
ここまで辛かったらプリックいらないなぁ…と思いつつ、せっかく出してくれたんだしと適時プリックを追加しつつ(またこのプリックも大量に添えてくれてるのだ…)、滝汗をかきながら完食。

へんぴな場所にあるけど、タイ人のおかみさんの人当たりもよくなかなか気に入った店。
他のタイ料理店ではあまり見かけないマッサマンカレーがあるのも興味深い。
次回はガパオをこれまた激辛でチャレンジしてみることにしよう。





201203271239.jpg


201203271317.jpg
関連記事
スポンサーサイト
【2012/04/18 23:01】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<北新地 らーめん ペペ | ホーム | 堂島 親方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusakuu.blog48.fc2.com/tb.php/2802-046f4aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。