スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
出町柳 出町ふたば
いま一番食べたいものは、名古屋「うな富士」のひつまぶしです

---

3/22(木)の昼前、出町柳近くの和菓子「出町ふたば」に初訪問。

甘いものに疎い私でも名前はよく耳にする有名店。
この日下鴨神社に向かう道すがら、おめざが欲しくなって寄り道することにした。

平日の11時前だというのに店の前には10人ほどが行列を作っていたが、行列はさくさく消化されていくのですぐに自分の番がやってきた。
この日いただいたのはこの店の名物「名代豆餅」(1つ\160)。
さっそく道を渡った場所にあったベンチに腰掛け、封を開けてほおばってみた。

最初に感じたのは意外なことに甘みではなく餅の塩気。
その後餅の中の餡に到達すると甘みがやってくるわけだが、この甘みも上品でくどくない味。
塩気と甘みは拮抗するものではなく、お互いがお互いを補完しながら一つの世界を形成している。

名物にうまいものなしとは言うけど、これは本当にうまい。
なんどもこの近辺に来ていたのにスルーしていた自分の不明を恥じてしまった。
豆餅以外にも草餅など多数の品々があったのだが、豆餅がこの出来なら他もさぞや…という気がする。
次回訪問したら、豆餅と他もう一品にチャレンジしてみることにしよう。





201203221103.jpg


関連記事
スポンサーサイト
【2012/04/12 08:10】 | おやつ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<烏丸 Lattonzolo Doro | ホーム | 西天満 瀬戸>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusakuu.blog48.fc2.com/tb.php/2796-4693f6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。