スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
元町 金時食堂
江坂によさげなワインバーがオープンしたと思ったら、某タレントプロデュースのチェーン店と知って行く気がなくなった件

---

2/29(水)の夜、仕事帰りに神戸元町の「金時食堂」に寄り道。

以前から元町で降りるたびに気になっていた店。
ひなびた普請の店内はまさに昭和の雰囲気で、客層はやや高めだがちらほら若い客も来るようだ。

まずはキックスタートに「瓶ビール(キリン)」(\590)をお願いして、ノドを潤しながら壁に貼られた数多くの短冊をチェック。
メニューや価格帯を見ていると、居酒屋を定食屋ユースするのではなく、基本定食屋が居酒屋営業してるって感じか。
たくさんの魅力的な品々の中から、まずは「ニラ玉」(\370)をお願いしてみた。

すぐに出てきたニラ玉は、薄く焼かれているので絶対量はそれほどでもないけどなかなかの大きさ。
はんなりした中華風の餡がかかっていて、酒を飲む塩気がありながら同時に胃を落ち着かせてくれる好メニューだ。

その後「焼酎水割り」(\300)にスイッチして、また悩んだ末にお願いしたのは「イカフライ」(\500)。
このイカフライがまさに「おかず」って感じの一品。ごはんと味噌汁が付いたらイカフライ定食になるんだろう。
レモンとタルタルもたっぷり添えられてるけど、卓上の醤油とソースで自分好みの化粧を施せるのも嬉しい限り。

品書きや周りの客のテーブルを見てわかっていたけど、フードは一品の量がそれなりにあるので一人チョイ飲みには向かない店かもしれない。
一人なら昼下がりに定食を食べながらビールをいただくといったシナリオの方がフィットするだろう。
逆に言えば夜は複数人で飲みに来ると真価を発揮できる店。
この日もそこかしこのテーブルでサラリーマンのお父さん方がさつま白波のパックを囲んで子供のように笑い合っている光景は、はたから見てても微笑ましかった。

この日のお会計は上記4品で\1,760。
一人チョイ飲みには向かないかもと言いつつ再訪したい店。
早い時間には瓶ビールが安くなるみたいなので、次回は早い時間に訪問してビールとイカフライに再会しよう。





201202291954.jpg


201202292014.jpg


201202292031.jpg


関連記事
スポンサーサイト
【2012/03/26 22:58】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<三宮 真之助 | ホーム | 元町 四川曹家担担麺館>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusakuu.blog48.fc2.com/tb.php/2773-f1c64217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。