スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
シンガポール 珍宝海鮮楼
しばらく前の話になりますが、内藤陳逝去について
狂ったように本を読んでた若かりし頃、氏の「読まずに死ねるか!」で知って読んだ本のなんと多いことか
タモリ倶楽部で中華鍋を甲冑にしてサバゲーしてたのが昨日のことのようです
心からお悔やみ申し上げます R.I.P.

---

11/9(水)の夜、クラークキーのシーフードレストラン「珍宝海鮮楼(JUMBO Seafood Restaurant)」に訪問。

日本を発つ前からホームページのOnline Reservationで予約しておいて、この日18時頃乗り込んだ。
屋内にも席はあるけど、この日用意されたのは川沿いに設置されたテラス席。
眺めはいいけど席はかなり詰めて配置されてるので、ちょっと窮屈かな。
やはり有名店&高級店のためか、客層はインド系やマレー系の方々は少なくて、西洋系そして日本人観光客が多いようだ。

席に着いた後、ドリンクにはビールとワインをお願いして、まずは前菜として「クラゲのサラダ」、それに「酔っ払い海老」、そして忘れちゃならない、この店名物の「チリクラブ」(時価!)と「揚げパン」をお願いした。

お通しの茹で落花生をつまみながらビールを飲むことしばし、まずは酔っ払い海老が登場。
酔っ払い海老は、お約束の目の前で老酒を海老に注いでビチビチビチ…ってやつを見せてくれてから一旦厨房に引き上げられる。
その後蒸されてスープ仕立てになった海老が登場するのだが、指を焼きながら海老をいただいてみると、ほんのり薬膳の風味と老酒のコクが効いた海老はやみつきになる旨さ。

しかし、酔っ払い海老が登場して2分も経たないうちに、クラゲ、チリクラブ、揚げパンが次々運ばれ狭いテーブルは目一杯になった。
間抜けなカニの絵が描かれた紙エプロンをかけた後は、手づかみでチリクラブをせせって、フィンガーボウルで指を洗って海老を食べて、クラゲを食べて、ビールを飲んで…を繰り返す。
チリクラブはさすがに名物だけあって、カニのエキスを存分に味わえる納得の一品。
でも、テーブルに食事が一気に出てきたので、冷めるのがイヤでせせこましく食事を終えてしまった。

この日のお会計は上記でシメて141.24SGD(当時のレートで\8,650ほど)。
かなり席数も多く混雑してる店なので、たぶんキッチン内ではすべてのオーダーをせーのでこなしていってるのだろう。
初めての訪問でペースをつかめず心から満喫はできなかったけど、これから訪問される方はあまり一度にオーダーせずに小出しにオーダーするのが吉だろう。





201111092008.jpg


201111092013.jpg


201111092015.jpg


201111092103.jpg


201111092121.jpg


関連記事
スポンサーサイト
【2012/02/06 21:59】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シンガポール つれづれ3 | ホーム | シンガポール 天天海南鶏飯 & 一家潮州魚粥>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusakuu.blog48.fc2.com/tb.php/2657-67e7ccf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。