スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
江坂 Le vert frais(ル・ヴェール・フレ)
新梅田食道街の「奴」のかやくめし、今は松茸ごはんですよ
いつまでやってるかは不明ですが



---

7/10(日)のランチは、江坂に最近オープンしたフレンチ「Le vert frais (ル・ヴェール・フレ)」に初訪問。

今まで滋賀の伊吹山で営業されていたのだが、この6月に江坂に移転されてきたそうだ。
以前からオープンしてるのを認知していたけど、7月からランチ営業を開始されたので早速潜入。

店内はテーブルの間隔が広めに取られていてのんびりできる空間。
ランチメニューは「ストウブランチ」(ボリュームたっぷりサラダ、ストウブを使ったメイン、パン、ドリンクで\1,600)のみ。
この日のメインは「牛ホホ肉のビール煮込み」と「野菜のファルシといろいろな豆の煮込み」の2種が用意されていたが、同じメインを2人分オーダーすると\3,000になるとのことだったので、この日は同行の知人とオーダーを合わせ「牛ホホ肉のビール煮込み」でお願いした。

最初に出てきたボリュームたっぷりサラダは、葉物のサラダとニンジンのマリネ、そしてほんのりあたたかいキッシュ。
いっしょに出てきたパンが「ポテトパン」というもので、その名の通りジャガイモを練り込んで焼いたパンだそうだが、ほっくり感と香ばしさ、適度な塩気がクセになるやめられない味。
このポテトパンとキッシュの波状攻撃に、たまらず「グラスワイン」(\600)もいただいた。

その後ストウブで出てきたビール煮込みには、付け合わせに三度豆やブロッコリーなどの野菜とすいとんのようなニョッキのようなもの(スぺッツリーというらしい)。
ホホ肉は口に入れるとほろりと崩れながら、濃厚な後口にほんのりビールの苦みを残して消え去っていく。

食後はアイスティー(アールグレイだった)をいただき、食後の時間を満喫。
大きな窓から見える青空がきれいでとても心地よく、ついのんびりしてしまった。

江坂にはそれぞれに個性のあるフレンチが何件かあるけれど(残念ながらポワソン・フレは先日閉店してしまったが…こちらに移転されたとのこと)、ここもまた魅力的な一軒。なんというかシンプルで洗練された中にも牧歌的な雰囲気を感じられるのだ。
ディナーは\3,800くらいからコースがあるみたいだし、Welcome to 江坂な意味でも近日中にディナーに再訪するつもり。


201107101146.jpg


201107101201.jpg


関連記事
スポンサーサイト
【2011/08/13 14:07】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<西天満 瀬戸 | ホーム | 江坂 兵六そば>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusakuu.blog48.fc2.com/tb.php/2502-895027db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。