スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
末広町 過橋米線
最近よく見る壁に下がったロープをサンタが登っているオブジェ
サンタってトナカイのソリに乗って屋根から来るんだったよね?そのオブジェ設定がおかしくないか?
それともあれって、屋根に到着して、ロープを屋根から下ろして、それをつたって地面に降りて、玄関から入ってくるっていう設定?
というか、ぱっと見るとサンタが首吊ってるように見えるんだけど…

---

12/7(日)、浅草を出た後、何点か用を済ませて秋葉原に着いたのが17時頃。

以前、高田馬場のミャンマー料理「ノンインレー」で食べた米の麺「ミシェ」に似た麺類で、中国雲南省には「過橋米線」という米の麺料理が存在することを知った。
その後調べてみたところ、東京の末広町にその過橋米線を食べることができる店があることが判明。
この日の夜は、かねてから一度行ってみたいと思っていたその店「中国雲南海膳坊 過橋米線」に知人と2人で向かうことにした。

17:30頃という少し早い時間に行ったのだが、40人ほどのキャパの店内には既に先客が4組ほど。
テーブルに着いて、まずは生ビールで喉を潤す。
突き出しは茹で落花生とセロリを和えたもの。茹で落花生大好きなので、しょっぱなから好印象。

この店は確かに米線も名物なんだけど、その他鍋などの雲南省名物もあり、嬉しいことに小皿料理が1皿\298均一で30種類ほど揃っているのだ。
せっかくだからこの小皿を何種類か楽しもうと、「糸豆腐」、「ハチノスと葱の和え物」、「豚の角煮」をお願いして、その他一品料理に「雲南風麻婆豆腐」、「季節の野菜の炒め物」をお願いした。

出てきた小皿料理は、どれもこれもシンプルながら非常にうまいものばかり。
ハチノスは臭みはまったくなくてちょうどいい味の濃さだし、糸豆腐(これ食べられるところなかなかないんだよな)も、しっかりした中国豆腐の味と独特の食感(固めのカップヌードルの麺みたいな感じ)で楽しませてくれる。
豚の角煮は、甘さは極限まで控えたもので、醤油と八角の香りが全面に出た上品な味だ。
麻婆豆腐は、最初は甜麺醤のような甘みがドンと来て、後から花椒の麻、ワンテンポ遅れて唐辛子の辣がやってくる結構複雑な味。
絶対的な辛さは大したことないけど、全体のバランスがよくいい一品だ。
季節の野菜の炒め物は、空心菜、フクロダケ、薄切りの筍等をじゃっと炒めて、塩味ベースの上湯でまとめたもの。

しかし、誤算だったのが小皿料理も一品もそれぞれ結構な量だったこと。
特に小皿料理は\298という価格なのでそれほどの量はないだろうとタカをくくっていたのだが、出てきた小皿はどれも結構いい盛りだった。
麻婆豆腐も深目の皿にみっちり盛られているしで、おかわりした生ビールも相まって、ここまででかなり満腹になってしまった。

当初の目的の過橋米線はもちろん食べたかったのだが、他の客がオーダーしてた米線はこれまた結構な量。
普段なら小皿料理の量が多いのは大いにウェルカムなんだけど、この日はちょっと目算を誤ってしまって、結局この日はメインイベントの過橋米線は泣く泣くあきらめることにした。

私は目算を誤ったが、安いしうまいし店の雰囲気は悪くないしかなりアタリの店だと思う。
事実この日は18:30頃には満席になって、予約なしで来た客が何組も断られていたので結構な人気店みたいだ。

米線に後ろ髪を引かれながら会計をお願いすると、代金は\5,574。
将来いつかリベンジするぞとの想いを胸に、地下鉄に乗って宿泊先の新富町のビジネスホテルに向かい、この日は早い時間に床についた。





200812071735.jpg


200812071736.jpg


200812071738.jpg


関連記事
スポンサーサイト
【2008/12/18 22:36】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<築地 寿司大 | ホーム | 浅草 並木藪蕎麦>>
コメント
米線
待ってました過橋米線、、、と思いきや、食べられなくて残念でしたね。でも他の料理もとてもおいしそうです。特にハチノス、大好物なんですが、このあたりでは中華レストランでもモツ料理はあまり見かけません。スーパーではゆでたハチノスが売っているんですが。。。
うちでは車を売って以来、不便なので例のレストランに行っていなかったのですが、この記事を読んで何がなんでも米線が食べたくなり、はるばる電車に乗って強行軍で行ってきました。やっぱりおいしかったです~。食べられなくなる前に、がんばってもう一度行きたいと思ってます。
それと、以前は気付かなかったのですが、指差しながら「コレコレ」と注文すると、店の人は「ミーシェン(米線)」とつぶやきます。ミャンマー料理では「ミシェ」ですよね。やっぱりつながってると確信しました。
【2008/12/21 16:02】 URL | たんたん #-[ 編集] | page top↑
>たんたんさん

この過橋米線、今回は食べることができませんでしたが、来月再度東京に行くのでその時に時間が合えば再訪できるかもです(^^ゞ

ミーシェン=ミシェっていうような食べ物の関連性を知るのはとても面白いですよね
それをスペインで実感されたってのもすごい話だと思いますが(笑)
【2008/12/21 23:13】 URL | keit #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusakuu.blog48.fc2.com/tb.php/1306-76d42124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。