スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
北浜 大鳳亭
昨日ブリーゼブリーゼにオープンした一番絞りフローズンガーデンに行ってきました
いい値段(1パイント\700)するし、個人的には一度飲めばもういいか、って感じかな

201206251803.jpg

---

5/8(火)のランチは、北浜の中華「大鳳亭」に訪問。

この店といえば名物の「ちゃんぽん」&「皿うどん」、もしくは最近の個人的リコメンド「ソース焼きそば」だけど、暑い日だったので「冷麺」(\900)に初チャレンジ。

登場した冷麺は山盛りでかなりの量に見えるけど、麺の下には氷が仕込まれているので実際は普通の量。
しかし、麺の下の氷、具にキムチというのはCHOTTO北浜の「大鳳閣」の冷麺と同じ構図。
ますます両店の関係がわからなくなってきた。





スポンサーサイト
【2012/06/26 08:37】 | 中華 | コメント(0) | page top↑
西天満 瀬戸
5/7(月)のランチは、おなじみ西天満の「瀬戸」に訪問。

この日の日替わり(\900)は待望の「かつお手こねずし」。
何年か前に耳にして以来、ずっと食べてみたかったメニューなのだ。

皿に盛られた酢飯にヅケにされたカツオが15切れほど乗せられている豪快な一皿で、酢飯があっさりしてて胸にこないのでバクバクいける一品。
なかなか登場しないレアメニューらしいので、プレミア感も味わえるのもよろしい。

ちなみに、この日は以前からの課題だった「練り梅」のお持ち帰り(\1,000)をお願いしてみた。
あの練り梅はファンが多いと思うけど、これ家庭にあっても重宝しますよ。





201205071155.jpg


201205071157.jpg


【2012/06/26 08:31】 | 和食 | コメント(0) | page top↑
摂津本山 老虎菜
ZoffのPC用メガネを買いました
これすごい楽ですよ

---

5/6(日)のランチは、摂津本山の中華「老虎菜」に訪問。

人気店なのでもちろん事前に予約を取っての訪問。
休日のランチタイムはアラカルトのみなので、定番と日替わり(iPadで案内される)からチョイスすることになる。
悩みに悩んだ末のこの日のオーダーは、定番メニューから「麻婆豆腐」と「ズワイ蟹肉のあんかけ炒飯」、日替わりから「牛ハチノスと牛タンの四川麻辣ソース」、「海老のパリパリ春巻き」、そしてシメに「くるみと蜜柑蜂蜜とチーズクリームの茉莉花クレープ」。

以上でこの日のお会計は約\43,00。
どれも素晴らしくおいしかったのだが、同行した妻が完璧にハマってしまった。
あれ以来ずっと何かあるごとに「老虎菜…」と口に出しているし、私も他のテーブルに出ていた「牛しゃぶ肉の四川激辛煮込み」が気になるのでまた再訪しなければ。


201205061205.jpg


201205061210.jpg


201205061217.jpg


201205061224.jpg


201205061236.jpg


201205061250.jpg


201205061259.jpg


【2012/06/25 08:28】 | 中華 | コメント(0) | page top↑
江坂 trattoria ecco
5/5(土)のランチは、江坂のイタリアン「trattoria ecco(トラットリア・エッコ)」に訪問。

この日のランチ(\1,000)の内容は、前菜に「スズキのカルパッチョ」、パスタは2種用意されてる中から「青森県産スルメイカとオクラのピリ辛トマトソース」を「大盛り」(\100up)で。
ここのランチには自家製のフォカチャが付いてくるのだが、この日のフォカチャはオリーブオイルがえらい染みこんでいてちょっとトゥーマッチだったかな。

でも、前菜はいつもちゃんとしてセンスのあるものが出てくるし、界隈の静かな雰囲気と相まってお気に入りのイタリアン。
ちなみに、ここのパスタの大盛りはかなりのボリュームなので、よく食べる方にもおすすめです。





201205051209.jpg


201205051235.jpg


【2012/06/25 08:18】 | イタリアン・フレンチ | コメント(0) | page top↑
梅田 墨国回転鶏
アンチスーパードライの私ですが、先日アサヒラボガーデンでエクストラコールドのセミナーに参戦してきました
エクストラコールドってペルチェ冷却してるんですよ

201206221849.jpg

---

5/4(金)の夜、梅田阪急高架下の「墨国回転鶏」に訪問。

天満の店には何度も行ってるが、梅田の店は初めて。
客層は見事なまでに女性客ばかり。
天満の店に比べて回転鶏のセットメニューが充実してるのが特徴か。

この日は二人で回転鶏半分(もちろんハラペーニョは追加)、一品を3つほど、ドリンクを5杯ほどでお会計は約\5,300。
店員さんは若い方ばかりだけど、いい感じにフランクで使い勝手のいい店だと思います。





201205041944.jpg

【2012/06/23 13:42】 | アジア・エスニック | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
5/4(金)のランチは、自宅で済ませたので割愛。


【2012/06/23 13:38】 | 雑感など | コメント(0) | page top↑
阪神大ワイン祭
5/3(木)の朝、阪神百貨店の「阪神大ワイン祭」に開店一番で参戦。

事前にワインリストを吟味しておきターゲットを絞っておいたので、目当てのワインをゆっくり試飲して本格的に混む前に会場を離脱。
しかし、このイベント回を重ねるにつれだんだん大がかりになってきてますな。





201205031042.jpg


201205031102.jpg

【2012/06/23 13:34】 | お酒 | コメント(0) | page top↑
谷町九丁目 スホベイ
メインのノートPCが突然死
以前使ってたUMPCを使ってるけど、やっぱ重いっすなぁ

---

5/2(水)のランチは、谷町九丁目の和レー「スホベイ」に初訪問。

今まで何度訪問しても閉まっていたのだが、どうもオープン時刻とされる12時ちょうどには開かないようだ。
この日は13時前に訪問して、やっとのれんをくぐることができた。

店は非常に狭く、タイトなカウンターには椅子が5脚ほどあるだけか。
長堀橋のゴヤクラのDNAを受け継いだ店ということで、名物のチキンキーマのほかは、ビーフキーマ、トマト&チキンカレー、ポークカレーなども用意されている。
この日のオーダーはこの店で一番辛いとされるビーフキーマと、その次に辛いチキンキーマの「あいがけ」(\700)。
店主に「ビーフはかなり辛いですが大丈夫ですか?」と念押しされるが、鼻の穴を膨らませて「大丈夫です!」と即答。

すぐに出されたカレーを一口いただくと、チキンカレーの方はさておき、ビーフキーマが予想以上に辛い。
剛速球をたたき込まれたような辛さで、一口食べるごとに見えざる風圧でカラダが仰け反りそうなほど。
しかし、その辛さをなんとかいなすと、奥にある肉の風味がちゃんと味わえるいい出来のカレーだ。

とはいえ、ここまでちゃんと辛いものを食べたのは久しぶりで、鼻水と汗でズビズバになりながらも完食。
カウンター上に用意されてるゴーヤのピクルスがどれだけ私を助けてくれたことか。

この日は不意打ちをくらったけど、耐性がついた気がするし次回はそれほどではないかも。
もうちょっと暑くなって身軽な格好の時に再訪することにしよう。





201205021316.jpg


【2012/06/21 09:18】 | カレー | コメント(0) | page top↑
堂島 和しん
お笑い五箇条って仕事にも言えることですよね
私も肝に銘じておこう

---

5/1(火)のランチは、堂島の「和しん」に再訪。

この日のオーダーは以前からターゲットにしていた「紀州ケンケンかつおたたきのどんぶり」(\950)。
オーダーごとにかつおをサクから挽いて、ボウルでタレとあわせてから丼に盛る丁寧な仕事がされたこのどんぶり、うまいに決まってるよね。

しかし、味、内容、コストどれをとってもレベルが高い本当にいいランチ処ですな。
たぶん誰に勧めても喜んでもらえるんじゃないだろうか。





201205011312.jpg

【2012/06/20 09:19】 | 和食 | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
4/30(月)のランチは、自宅で済ませたので割愛。


【2012/06/20 09:15】 | 雑感など | コメント(0) | page top↑
江坂 Le Vert Frais
4/29(日)の夜、江坂のフレンチ「Le Vert Frais(ル・ヴェール・フレ)」に久々の訪問。

この日いただいたのは、前菜に豚のリエット(もちろん名物ポテトパンも!)、稚鮎のパートプリック、これまた名物のフォアグラと鴨のテリーヌ、アカザエビのサラダ仕立て(的なもの)、ホタルイカのスープ、そしてメインは4/29で羊肉の日ということで子羊のロティ。
ずっと再訪したかったディナーなので、私も妻も溜まりに溜まった想いをぶつけるかのようなオーダー。

この日は上記にワインをグラスで5杯、デセールまできっちりいただいてお会計は\11,000ほど。
コンヴィヴィアリテ@新町のような魅せるフレンチも好きだけど、こういう牧歌的なフレンチも大好き。
ほんとにコスパのいい店ですなぁ。





201204291823.jpg


201204291835.jpg


201204291859.jpg


201204291918.jpg


201204291957.jpg


201204292018.jpg


【2012/06/20 09:14】 | イタリアン・フレンチ | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
4/29(日)のランチは、自宅で済ませたので割愛。


【2012/06/20 09:10】 | 雑感など | コメント(0) | page top↑
池田 ラクダカレー
炎上マーケティングというのは、効果はさておきやり方としては稚拙ですよねぇ

---

4/28(土)のランチは、池田の「ラクダカレー」に久々の訪問。

去年の12月からずっとお休みされていたが、ついに営業を再開するという情報を得てはせ参じた次第。
久しぶりに相対したご主人は、えらい日焼けしてる上に髪も髭も長く伸びてて仙人のようになっていた。どっかで山籠もりでもしてたのか。

この日用意されていたメニューは「チキンカレー」(\700)、「辛口キーマカレー」(\700)そして「カオマンガイ」(\600)。
カレーを食べてもよかったけど、ここのカオマンガイに次いつ会えるかわからなかったので、この日のオーダーは「カオマンガイ」と「ビール(ハートランド)」(\400)。

カオマンガイはラーメン鉢のような丼にドカッと盛られたもので、鶏の量、ライスの量共に申し分なし。
タレはタオチオっぽい感じではあるが、かなり唐辛子を効かせた独特の味。でもこれうまい。

創業当初からのファンとしては、無事営業が再開されて嬉しいかぎり。
引っ越しして豊中を離れたので以前ほどの頻度では訪問できないけど、これからも要注目の店ということにしておきたい。
ちなみに、営業再開後、現時点ではは毎週金曜&土曜のみの営業になっているのでご注意を。





【2012/06/19 08:08】 | カレー | コメント(0) | page top↑
谷町四丁目 Paris Orange
4/27(金)のランチは、谷町四丁目のビストロ「Paris Orange」に訪問。

この日のランチ(\1,000)は、ミニココットが「じゃが芋の煮込み」、メインが「地鶏のグリル」。
じゃが芋の煮込みはポタージュスープのような作りで、芋の青臭さが排除された優しい風味。
地鶏のグリルは鶏が見えないくらいにルコラ、水菜、赤玉葱、サツマイモ、きたあかりなどの付け合わせが覆い被さっている。

しかし、今考えると芋がカブってるな。





201204271152.jpg


201204271206.jpg


【2012/06/19 08:05】 | イタリアン・フレンチ | コメント(0) | page top↑
四ツ橋 らくしゅみ
江坂の「Butter」が淀屋橋と茶屋町に支店を出すそうですね
いつも行列ができてる店だけど、あまりいい話を聞かないんだけどなぁ

---

4/26(木)のランチは、四ツ橋の「らくしゅみ」に訪問。

しばらくぶりに訪問してみると、用意されるカレーの方向性が曜日によって変わるようになっており、週の前半(月火水)は1988年の創業当初の「ベーシックスタイル」、後半(木金土)はここ数年の「最近のスタイル」とのこと。
この日は木曜日で最近のスタイルということで、カレーは2種のSサイズが\1,000、Mサイズが\1,350、3種のSサイズが\1,200、Mサイズが\1,650という価格(詳細はHPのメニューページを参照のこと)。

用意されていたカレーは「チキン」、「キーマ」、「野菜」、「チャナマサラ」、「とりのキーマ(グリーンチリ入り)」、「カリフラワーと金時豆のダル」、「なすとししとうのサブジ」、そしてオプションに「大根葉のアチャール」(\100)という品揃え。
というわけで、この日の私のオーダーはカレー2種のSサイズを「とりのキーマ」&「なすとししとうのサブジ」で、オプションに大根葉のアチャールを追加。

とりのキーマは思いのほか塩気控えめのあっさりした味だが、たまに出会うグリーンチリがいいアクセントになっている。
特筆すべきは大根葉のアチャール。元々のピリッとした風味にチリの辛味が合わさって新しい風味を提案してくるこのアチャール、かなりいい出来じゃないだろうか。

材料費の高騰もあるそうで全体的に値段が上がったのは残念だけど、曜日ごとにスタイルを変える試みはおもしろいと思う。
私はこの店に通うようになってまだ6年ほどなので、一度週の前半に来て創業当初のスタイルのカレーをいただいてみることにしよう。





201204261123.jpg


201204261124.jpg


【2012/06/18 08:22】 | カレー | コメント(0) | page top↑
西宮 ラーマ
コウケンテツがボケボケで闇におもしろい件

---

4/25(水)のランチは、西宮の「ラーマ」にこれまた久々の訪問。

この日はチキンが売り切れだったので「キーマ」か「野菜キーマ」のみのラインアップ。
メニューからはチャイがなくなってるけど、出すのやめちゃったのかな。
私のオーダーは「野菜キーマ」(\900)を辛めで。

この日の野菜キーマの登場人物はマッシュルーム、しめじ、ブロッコリー、プチトマト、ニンジン、スナップエンドウなどなど。
カレーの調理中に何度も味見をする店主は、ピクルスの盛り方からもストイックな方だと見て取れる。

実はクルマを手放して以来なかなかこの店には訪問できなかったけど、JR西宮から徒歩すぐということが発覚。
今後西宮での仕事がいくつかありそうなので、また足を運べると思うと心も軽い。





201204251222.jpg


【2012/06/16 21:41】 | カレー | コメント(0) | page top↑
十三 十三屋
4/24(火)の夜、会社帰りに十三で途中下車して「十三屋」に久々の訪問。

半年ほどのご無沙汰だったので、カウンターに座るやいなや社長にお叱りをいただく。
この日もいつも通り瓶ビールでキックスタートして「串フライ盛り合わせ」、「釜揚げシラス」、その後「黒ビール」、「鯛の子」と我ながら渋い組み立てでお会計は\1,970。

この安寧の日々においても、この店で飲むとあの頃の覚悟を思いだす。
今この店で飲んでる私は晴れやかな顔をしているだろうか。


201204241831.jpg


201204241847.jpg


【2012/06/16 21:39】 | お酒 | コメント(0) | page top↑
烏丸 SPICE DINING biji
ここしばらく更新が停滞気味だったのは、このカレーの面白さをどう表現しようか考えあぐねていたからでした

---

4/24(火)のランチは、烏丸の「SPICE DINING biji」に初訪問。

夜は肉骨茶(バクテー)をメインで出す店なのだが、ランチタイムにはその肉骨茶をベースにしたカレーを出すと聞いて以前から訪問の機会をうかがっていた店。
通りからは目立たない店なので看板を頼りに店に入った瞬間、薬膳の香りに包まれ空腹感が加速する。

店はのんびりとレイドバックした雰囲気のお姉さん一人で切り盛りされていて、彼女の話す言葉は絵に描いたような京都弁。
カレーはノーマルの「特製薬膳カレー」と辛口の「ハバネロ辛口薬膳カレー」の2種類で、それぞれのサイズをS、M、Lから選択し、各種用意されているトッピングをチョイスする仕組み。
オプションは「骨付きポーク薬膳煮込み」(\400up)、「グリル野菜」(\200up)、「薬膳煮玉子」(\250up)、それら3種の「MIX全部のせ」(\650up)など。
「骨付きポーク薬膳煮込み」に激しく惹かれたけれど、初訪問だしこの日のオーダーは控えめに「ハバネロ辛口Mサイズ」(\750)に「薬膳煮玉子」(\150)でお願いした。

しばらくして登場したカレーはミニサイズのコールスローサラダ付き。薬味には柴漬けとフライドオニオンが添えられる。
カレーをいただいてみると、最初にウスターソースのようなフルーティーな酸味、その後ベースの強いボディ、そして辛さを感じた後、一呼吸置いて肉骨茶由来のバイブレーションがやってくる。
辛さそのものは私にとってはたいしたことはないけど、一般的な「スパイシー」という概念とは違う世界がこの一皿の中に醸し出されている。

心の中で感嘆しつつ、カラダの内側からジンジンと伝わってくるバイブレーションを楽しみながら食べ進めていくうちに、一気呵成に完食してしまった。
苦もなくハバネロ辛口を完食した私を見て、お姉さんから次回リクエストをいただければさらに辛くできますよとのお言葉。
話をうかがうと、一度ハバネロ辛口を完食した客にはハバネロとは違う種類のチリを追加した強化版カレーを出してくださるそうだ。

ここのカレーは個人的にここ数年で最大のヒット。なんというか磁力を感じさせる、近年稀に見るオリジナリティのあるカレーじゃないだろうか。
実はその後この店のことばかり考えて過ごしているほど心奪われていて、この近辺には「SPICE CHAMBER」や「インド食堂 タルカ」など魅力的な店が多いのに、さらに一つ心を惑わす店を知ってしまった。

トッピングの「骨付きポーク薬膳煮込み」も気になるし、次回訪問時は「MIX全部のせ」を辛さ強化版でいただくことに決定。
ちなみにこの店、ランチタイムは12時オープンということになっているが、定刻通りにオープンすることはあまりないようだ。
お一人で回しているためカレーの提供にも少しばかり時間がかかることも多々あるようなので、ご訪問される際は時間に余裕のある時がよろしいかと。





201204241241.jpg


201204241210.jpg


【2012/06/15 14:40】 | カレー | コメント(0) | page top↑
本町 出稼げば大富豪ラーメン えにし
今暮らしてる町にはツバメがまったく飛んでいない
服部駅改札のツバメが懐かしいなぁ

---

4/23(月)のランチは、本町の「出稼げば大富豪ラーメン えにし」に初訪問。

この日のオーダーは店の看板メニュー「エビ塩白湯ラーメン(味玉のせ)」(\780)の「大盛り」(\100up)、トッピングに「パクチー」(\100up)。
事前に調べた時にトッピングにパクチーがあるということを知って興味をひかれていたのだ。

ラーメンは別盛りのパクチーと共に登場。
これだけの量のパクチーなら\100upも納得だけど、ちょっと葉が黄色くなってるのも多々あったのが少し残念。
同時に無料トッピングの「激辛スパイス」もお願いすると、店員さんがビニール手袋をしてラーメンに一滴入れてくれる。
激辛スパイスといってもデスソース的なアリもののソースらしく、以前はカウンター上に出されていて客が自由に使えたようだが、事故が多発したのか申告制になったようだ。

エビ出汁&辛味&パクチーということでラクサっぽいものになるかなと思っていたが、確かにこれココナッツミルク入れたらラクサっぽくなると思う。
普通にラーメンとしても独創的でなかなかいいと思うし、ちょっと気に入ったかも。





201204231323.jpg

【2012/06/15 08:25】 | ラーメン | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
4/22(日)のランチは、自宅で済ませたので割愛。


【2012/06/12 08:06】 | 雑感など | コメント(0) | page top↑
ホテルオークラ神戸 カメリア
猫カフェというものに初めて行ってきました
猫はかわいいんだけど、客層がなんというか香ばしいですね

201206101107.jpg

---

4/21(土)、京とれいんを梅田で降りた後は阪神に乗り換えて一路元町へ。

やってきたのはホテルオークラ神戸のカフェレストラン「カメリア」
ここでおいしいフレンチトーストがいただけると、卵&乳好きの妻のリクエストでやってきたのだ。

妻のオーダーはもちろん「フレンチトーストセット」(ハーフサイズのフレンチトーストとフルーツ、ドリンクのセットで\1,575)。
特にフレンチトーストに興味のない私は少しご相伴にあずかることに。

オーダーごとに焼き上げるため15分ほど待って登場したフレンチトーストには、蜂蜜とメイプルシロップ、そしてバターがが添えられている。
分厚く堂々としたそのフォルムは、フレンチトーストというよりはだし巻きと言ったところか。

一口いただいてみたところ、私には普通においしいフレンチトーストって感じ。
妻曰く「これはフレンチトーストではなく別のスイーツ」とのことで、事前のハードルが上がりすぎていたのか少し拍子抜けだったらしい。

まあ、話のネタにいただいてみるのもいいと思います。
実はホテルオークラ神戸なのにサービス面に?となることが多く、そっちの方に気を取られていたかも。





201204211525.jpg


【2012/06/10 20:49】 | おやつ | コメント(0) | page top↑
京とれいん
船場センタービルの飲み屋が価格破壊を起こしてる
飲んでみたけどビールはなんか薄いなぁ

201206062151.jpg

---

4/21(土)、河原町から「京とれいん」に乗って大阪方面へ。

いつも京都に行くとき乗ってみたいな…と思っていたけど、本数も少ないし混雑してるしでなかなか乗れなかった電車。
しかし、大阪方面行きは休日でもかなり空いていたのは盲点だった。

車内には吊り広告もなくゆったりしてるし、旅風情があってたいへんよろしい。
特に3~4号車の京町屋風の車両がお気に入り。





【2012/06/09 12:43】 | 雑感など | コメント(0) | page top↑
烏丸御池 インド食堂 タルカ
梅田ビッグマン前のキリンビールスタンドって、まだ出現する気配がないですねぇ
例年この時期はとっくに営業してたと思うんだけど、今年はやらないのかな

---

4/21(土)のランチは、烏丸御池の「インド食堂 タルカ」に短いスパンで再訪。

妻にこの店の話をしたら、私以上に野菜好きの彼女の琴線に触れたようで連れてけと催促されたのだ。
この日の私のオーダーは「Bランチ」(\1,050)をサンバル追加で、それに「ライタ」(\100up)を追加。

このライタが絶妙な塩加減。なんというかキリッとした出来。
ライタは量も多目なので、他のカリーと混ぜていくとかなりしゃばしゃばになるのだが、これもまたよし。

妻の評価も上々。当初彼女はエスニカンにまったく興味のない人だったけど、最近かなり調教できてきたかも。





【2012/06/05 08:32】 | カレー | コメント(0) | page top↑
某社社食にて
最近の軽自動車の装備の充実っぷりにビックリ
キーレスエントリーとか当たり前なんですな

---

4/20(金)のランチは、仕事で訪れた某ビッグブルーの社食で摂ることに。

折しもこの日は月に1回だったかのカレーのサービスデー。
なんとカレーが一杯\100だったので、この日のオーダーはもちろん「カレー」(\100)に「納豆」(\50)、それに「サラダ大」(\120)の合計\270(!)。

しかし納豆カレーうまいな。
こういうジャパナイズされた業務用カレーに合うトッピングの最高峰は納豆ではあるまいか。





【2012/06/04 08:30】 | カレー | コメント(0) | page top↑
来来亭
4/19(木)のランチは、得意先様、同僚と仕事で訪れた某所の「来来亭」に訪問。

この日のオーダーは「こってりラーメン」(\730)をカタ麺で、そしてトッピングに「味付き煮卵」(\100)。

知らなかったけど会計時にもらえるシールを何枚か貯めると、一ヶ月無料でラーメンが食べられるカードがもらえるらしい。
この日いただいたシールは得意先様に献上したのだけど。

(この日は写真はありません)


【2012/06/04 08:27】 | ラーメン | コメント(0) | page top↑
谷町九丁目 蘭亭
4/18(水)のランチは、谷町九丁目の「蘭亭」に再訪。

一度ここの担仔麺(台湾ラーメン)が食べたかったので、この日のオーダーは担仔麺とチャーハン、名物の酢豚がセットになった「蘭亭定食」(\1,100)。

担仔麺は肉味噌たっぷりでぶつ切りの唐辛子もたっぷり。でも唐辛子は風味付けの役割で辛さはそれほど辛くはない。
しかし、担仔麺もチャーハンも酢豚もきっちり量があってかなりのボリューム。ちょっと食べ過ぎた。





201204181216.jpg


【2012/06/04 08:26】 | 中華 | コメント(0) | page top↑
西元町 洋食の朝日
4/17(火)のランチは、西元町の「洋食の朝日」に初訪問。

混んでる店だと聞いていたけど、12時前に店に着いてみるとちょうど空いた席に腰を下ろすことができた。
一通りの洋食メニューが揃っているので、この日のオーダーは「チキンカツ」(\900)。

どんぶりにたっぷりのライス、ダシが効いてちゃんとおいしい味噌汁、ボリュームのあるチキンカツにオーセンティックなドミグラスソースと、派手さはないけど地に足の着いた、お得な洋食って感じ。
ここいいですな。そりゃ毎日行列ができるわと納得。





201204171220.jpg


【2012/06/04 08:22】 | 洋食 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。