スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
烏丸御池 インド食堂 タルカ
たまに行く回転寿司に貝割れの握りが登場してた
寿司は最後に貝割れでシメるのが好きなので嬉しいなぁ

---

4/16(月)のランチは、烏丸御池の「インド食堂 タルカ」に初訪問。

インド料理店だけど日本人のご夫婦で営まれてる店で、南インド風のランチがいただけると聞いて訪問のタイミングを見計らっていた店。
ランチメニューは「Aランチ」(\850)と「Bランチ」(\1,050)の2種類で、Aランチは、ロティ、豆カリー、ラッサム、サブジ、パコラ、カチュンバルサラダ、ライスのセットで、BランチはAランチにマトンカリー or チキンカリー or サンバルのうちどれかを追加できる。
強欲な私のオーダーはもちろん「Bランチ」をサンバルで。
ちなみにオーダーと会計は入店時にレジで行ってから席に着く仕組み。

登場したBランチはターリーに各種料理がみっちり並べられたボリューム満点の一皿。
この日のサブジはカボチャ、パコラは玉ねぎで、オプションにサンバルを選んだため完璧なベジメニューと相成った。

定石通り各種料理を中央のライスに少しずつかけては混ぜ、かけては混ぜ…といただいていくのだが、ライスの量もある上にロティもそれなりの大きさなので完食するとかなり満腹になる。
でも、野菜で腹一杯になるのはこちらとしても嬉しい限りだ。

場所柄なかなか来られないけどかなり気に入った店。近くにあれば頻繁に通うだろうなぁ。
京の町並みにひっそり溶け込んでいる店なので、ガヤガヤしておらず静かに食事できるのもよろしい。
オプションに\100でライタを追加できるので、次回はAランチのライタ追加にしてみよう。





201204161226.jpg


201204161225.jpg


201204161227.jpg

スポンサーサイト
【2012/05/30 08:23】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
4/15(日)のランチは、自宅で済ませたので割愛。


【2012/05/30 08:11】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 金久右衛門
これからの季節、Tシャツの袖を肩までたくし上げてる女のコにグッときます

---

4/14(土)のランチは、江坂に先日オープンしたラーメン「金久右衛門」に初訪問。

この日のオーダーは「金醤油」(\650)を細麺で、トッピングに「煮玉子」(\50)。

見た目ほどしょっぱくなくて結構ここ好きかも。
一般的なコンセンサスとしては、飲んだ後系ラーメンになるのだろうか。





【2012/05/29 08:14】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
肥後橋 農家厨房
4/13(金)のランチは、肥後橋のオサレ系中華「農家厨房」に初訪問。

ずっと以前から認知してたけど、いつも行列ができていてなかなか入れなかった店。
わかってはいたけど、客層はほとんどが女性客だった。

この日のオーダーはスープ、野菜のセイロ蒸し、メインという構成の「花ランチ」(\850)。
メインは「牛肉のオイスターソース炒め」と「海老のチリソース炒め」からエビチリをお願いした。

オサレ系中華ということでそういう料理が出てくるんだろうなぁと思ってたけど、スープ、メインともかなり本格的な深い味。
この店いいですなぁ。もう少し空いてたらもっと頻繁に訪問できるんだけど。





201204131334.jpg


201204131348.jpg


【2012/05/29 08:12】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本町橋 バビルの塔
仕事が忙しかったりでなかなか更新できませんでしたが、また少しずつ更新を開始します

---

4/12(木)のランチは、本町橋近くに突如出現した「スパイスカリー バビルの塔」に初訪問。

突如出現とは言っても以前からこの店のオープン過程をずっと定点観測しており、前の週に4/9オープンとの告知が出たのを機にはせ参じた次第。
レトロポップな品々が多数ディスプレイされたスペイシーな空間を、店主(店のblogでは塔主と自称されている)が一人で切り盛りされている。

基本カレーは「豆カリー」(\750)と「肉カリー」(\800)の2種類で、豆、肉とも日替わりで具材が変わるとのこと。
この日は豆が「なすびのオリーブ油炒め」で、肉が「チキンキーマ(塩麹漬け豆腐入り)」だったので、両者をミックスした「あいがけ」をお願いした(あいがけの場合は肉の価格が適用される)。
ライスは白米とジャスミンライスを選べるので、この日はジャスミンライスでお願いした(ライスもハーフ&ハーフが指定できるそうだ)。

カレーはオーダーごとに一人分ずつ小鍋で温められ、各種スパイスを入れてファイナライズするという最近流行の手法。
塔主はチリソース作りにはまったのがきっかけでカレーを作るようになったそうだが、彼の繰り出すカレーにはピーキーな部分はなく、まったり感もちゃんと醸し出されたかなりいいカレーじゃないだろうか。

食後塔主といろいろ話をしたのだが、この徳井町という町で店をしたいという想いがあって、やっと物件を見つけてのオープンになったとのことだった。
この界隈は谷町四丁目、堺筋本町、北浜、天満橋のちょうど中心あたりになるので正直アクセスはいいとは言えないのだが、カレーの完成度や塔主の語り口からはいい店になる予感がする。

私個人にとってもよく通る道にあることもあり、大事な店になると思う。
店のblogにはたこキーマやあさりキーマなど興味深いメニューが日々提供されているので、これからも定点観測しつつ足を運ぶつもりだ。





201204121201.jpg


【2012/05/27 14:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堂島 和しん
ちちまのうれしい季節になりましたなぁ

---

4/11(水)のランチは、堂島の「和しん」に初訪問。

以前から行きたかった店で、11:30のオープン直後に満を持しての入店。
カウンターに腰を下ろし、日替わりで入れ替わるランチメニュー5種のうちこの日のオーダーは「丸あじのフライ タルタルソース」(\850)。

ぷりっとした身のアジフライ、上品でエグくないタルタルソース、単に用意しました感のない小鉢2種とこれで\850はかなりお値打ち。
椀の実が胡麻豆腐だったりするところもポイント高し。

この店久々のヒットですなぁ。
肉も魚も用意されてるし、メニューがいろいろ変わるので何度訪問しても満足度は高いと思う。
ランチメニュー5種のうち1種は何らかの刺身の丼(この日ははまちだった)なのだが、たまに登場するかつおタタキの丼がうまいらしいので、ちょくちょくのぞいてチェックすることにしよう。





201204111131.jpg


【2012/05/10 08:12】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北新地 和心 和奏
今何が一番欲しいかっていうと、グレフルチューチューですよ
\1,000くらいで見つけたら即買いしてるなぁ

---

4/10(火)のランチは、北新地の「和心 和奏(わごころ わかな)」に初訪問。

今やランチでの入店が困難になったイタリアン「il gradino」の系列店で、先日ランチメニューが一新されているのに気づき初めて店のノレンをくぐってみた。
以前の店名「個室和心 和奏」から”個室”がなくなっているように、個室での営業形態はやめたようだ。

ランチメニューは「ステーキランチ」(\1,000)の1種類のみ。
驚くべきことにデフォルトで250gという大盤振る舞いなのに、\300upで肉の量が1.5倍、\600upで2倍になるとのこと。
ごはんは白ごはんと炊き込みごはんのどちらかがチョイスできるとのことで、炊き込みごはん(この日はアサリの炊き込みごはん)をお願いした。

焼かれた肉は鉄板ジュージュースタイルで登場。ステーキと言っても薄切りで焼かれた肉がたくさん乗っている状態。
ソースはみじん切りのラッキョウをピクルスとして使ったオリジナルのソースが出されるが、卓上には塩と胡椒そしてワサビと醤油も用意されているので、味を変えながら肉をいただける。

肉は驚くべき肉質ではないものの、250gもあるとかなり食いでがあるのも確か。
ごはんのおかわりも自由なので炊き込みごはんをおかわりしてしまい、満腹になって完食。

この日店員さんの感じからはまだ試行段階にあるランチという雰囲気を受けたので、このエントリを作成した現在では内容は変わっているかも。
今でもこの内容のままなら、かなりお得なランチだと思う。





201204101158.jpg


201204101215.jpg


【2012/05/08 22:20】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堂島 ぐあん
4/9(月)のランチは、堂島の「ぐあん(GuAn)」に初訪問。

江坂、北新地、西天満などに展開する銀平グループが新展開する立ち飲みで、ランチタイムはスツールを出して座ってランチすることができる。

この日のオーダーは、焼魚、煮魚等各種ある中から「海鮮丼定食」(\1,000)。
各ランチに共通して最初に出されるのは四角い皿に配置された5種のおばんざい。こういうのいいですな。
海鮮丼には生卵ととろろが付いてくるので、途中から山かけ風にしたり、TKG風にしたりと食べ口を変えることができるのも嬉しい。

話に聞くところによると牛しぐれ煮丼もうまいらしい。
背の高いスツールに座るのでのんびりはできないけど、覚えておいて損はない店だと思う。
というか、夜の立ち飲みも気になるな。





201204091313.jpg


201204091325.jpg


【2012/05/08 22:13】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪駅前第3ビル 信濃路
この連休は以前住んでた家に保管している大量の本の整理をしておりました
膨大な数の本を前にして、これだけの本を読んできて私は人間的に大きくなったんだろうかと不安になったり

---

4/8(日)のランチは、大阪駅前第3ビルB2Fの「とまとの里 信濃路」に訪問。

この日のオーダーはこの店名物の「宝天麺」(\750)を「にんにく少なめ」で、トッピングに「野菜多め」(\100up)と「カレー」(\50up)。

トッピングのカレーはペーストが別添えで出てくるので、最初はデフォルトでいただいてから適時ペーストを溶き入れていただいてみる。
特に辛いとかスパイシーってわけではないけどこれうまい。このスープにカレーはアリだと思う。

この店、阿波座の本店にはない各種トッピングや一品メニューを充実させていて、一般客にもうまくコミットしてるんじゃないだろうか。
(事実、ラーメンにまったく興味がない妻もおいしいと食べていたし)
でも、本店の下品でマッシブなテイストはかなり影を潜めてますな。





【2012/05/07 22:45】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
上新庄 パン チキチキ
4/7(土)のランチは、上新庄「チキチキ」に初訪問。

この日は目当てにしていた店が満席だったので、ならばと代替案にしていたこの店に流れることに。
基本的にはベーカリーなのだが、奥のカフェスペースでランチ営業もしてる店。

ランチメニューはスープランチやパスタランチなどで、どのメニューにも各種パンが食べ放題というのがセールスポイントか。
この日はパスタランチ(\850くらい?)をいただいたが、実はパスタもきっちりした出来でいい感じ。

パンにあまり興味のない私だけど、ここの「イチジクのリュスティック」と「トマトとチーズのパン」は掛け値なしにおいしいと思う。
ちなみに以前この店を経営されていた方は長崎に移転されて同じ店名の店を営業されているようで、某口コミサイトに記載されているURLはその長崎の店のものなのでご注意を。





201204071150.jpg


【2012/05/07 22:43】 | カフェ・お茶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
長堀橋 辛激屋
この春もスルッとKANSAI 3dayチケットを活用しています
高野山とか坂本とか行くと、面白いほど使い倒せますよ

---

4/6(金)のランチは、長堀橋のカレースタンド「辛激屋」に久々の訪問。

この日のオーダーはこの店名物の「黒カレー」(\700)。
久しぶりに食べたここの黒カレーは、あっさりしているのにボディには芯が通っていて、正直こんなにおいしかったっけ?という印象。
私には激辛というほどのものではないけど、食後唇に残るピリピリ感にデリーのカシミールカレーを思い出しほくそえんでしまう。

知らなかったけどこの店辛さアップもできるし、トッピングに納豆もあるんですな。
黒カレーに納豆は合わない気がするので、次回はチキンカレー辛口の納豆トッピングを食べることにしようか。





【2012/05/01 08:22】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
摂津本山 十二軒楼
4/5(木)の夜、かこもを出て酔った足取りで向かった先は、摂津本山の中華「十二軒楼」

この店でシメにいただいたのは「蝦仁湯麺(小エビと野菜入り汁そば)」(\750)。
酔っていたので食べながらどんな会話をしたかは忘却の彼方なのだが、この汁そばが異様にうまかったのはくっきりと覚えている。
これはシラフで再訪して再検証が必要な一品。





【2012/05/01 08:09】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
住吉 かこも
4/5(木)の夜、仕事帰りに有志と合流して住吉の立ち飲み「かこも」に訪問。

この日は早い時間に入れたので、お通し3種+ワンドリンクの「ワンコイン」(\500)を生ビールでキックスタート。
その後、そらまめ、アオリイカ、ホタルイカなど季節を感じさせる品々に、これは日本酒でしょと微発泡の「雁木」に移行。

しかし、この日は疲れていたのか、生ビール2杯の後に雁木を二合飲んだだけでかなり酔いが回ってしまった。
お会計は\3,000くらいだったと思う。





201204051834.jpg


【2012/05/01 08:06】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三宮 チャルテ・チャルテ
4/5(木)のランチは、三宮のインド料理「チャルテ・チャルテ」に久々の訪問。

この日のオーダーはこの店名物の「南インドランチ」(\1.050)。
南インドランチはマサラドサ、サンバル、チャトニー2種という内容。

ほんのり発酵風味を感じるドサは、筒の中のサブジと相まって結構な量がある。
しかし、この日はサンバルのおかわりを聞かれなかったけど、おかわりサービスはやめちゃったのだろうか。





【2012/05/01 08:05】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。