スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
江坂 タイごはん sepata
というわけで、最近気になる猫は宝石さんとこのサチコです
かわいいっすよなぁ

---

9/18(日)のランチは、江坂のタイ料理「タイごはん sepata」に短いスパンで再訪。

この日のオーダーは「ガイガパオ(鶏肉のバジル炒め)」(\850)。
結構ゴテッとした甘濃ゆい方向性の味で、ごはんがガツガツいただける。
ガパオがたっぷり使われているのも嬉しい。

でも、私にはちょっとごはんが多いかな。
なんかオカンにいっぱい食べなさい!って盛られている感じ。
次回からはごはん少なめでお願いしよう。





スポンサーサイト
【2011/10/12 22:28】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 ひょうたん寿し
9/17(土)のランチは、江坂の「ひょうたん寿し」に訪問。

この日のオーダーは、この店での私の定番「にぎり定食 1.5人前」(\980)。
マグロの質が以前のものに戻ってて一安心。





【2011/10/12 22:25】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
肥後橋 肥後橋南蛮亭
犬か猫かでいうと昔から犬派なんだけど、最近なんだか猫も好き

---

9/16(金)のランチは、おなじみ「肥後橋南蛮亭」に訪問。

この週の週替わりカレーは「ラムカレー」だったので、予定を調整してはせ参じた次第。
オーダーはもちろん定番のチキンカレーと週替わりカレーのハーフ&ハーフでいただける「ダブルカレー」(\1,000)。

もう、このラムカレーの完成度が凄まじい。
炭火で焼かれ香ばしさをまとったラム肉の香りが、巧みなスパイス使いによりさらに昇華され、まさに官能とか恍惚という言葉で表現したくなる完成度。

これすごい。次回見つけたらまた食べなきゃ。
この店本業は焼鳥店だが、ズーランたっぷしの羊肉串とか出してもいいんじゃないだろうか。





【2011/10/11 22:48】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
住吉 かこも
9/15(木)の夕方、神戸での仕事を終えて、JR住吉の立ち飲み「かこも」に寄り道。

この日はキックスタートに「ワンコイン」(ドリンクとアテ3品で\500)を生ビールでお願いして、その後「兼八(ロック)」にスイッチ。
そしてお気に入りの「鱧と冬瓜の冷やし銀あんかけ」と「戻りガツオ造り」に舌鼓。

この日は17:30過ぎという早めの時間の訪問にもかかわらず、店内はほぼ満席という人気具合。
こんな店が最寄り駅にあるとそりゃあみなさん重宝しますよね。
お会計は上記で\1,740。





201109151745.jpg


201109151754.jpg


【2011/10/11 22:44】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北新地 雪月花 神田川
先日のサラメシスペシャル見逃した(泣)
再放送やらないかな

---

9/15(木)のランチは、北新地の「雪月花 神田川」に初訪問。

この日のオーダーはこの店名物の「和風冷麺」(\1,000)。
これずっと以前から食べてみたかったんだよね。

和風冷麺セットの構成は、和風冷麺とおかわりOKの小さなおにぎりが3つ、小鉢(この日はもずくだった)、それに健康ジュース。
冷麺の具は牛すじ、トマト、キュウリ、ゆで卵、スイカなどで、薬味として練り辛子、赤いゆず胡椒、黒酢が添えられる。
芸の細かいことに、スープに浮かぶ氷は同じスープを凍らせたものだ。

白木のカウンターの中では板衆がてきぱきと仕事をされており、オーダーごとに具材を切ったり和えたりと、その仕事も細やかで丁寧。
全体的にボリュームは抑えめで女性向けの内容だけど、味そのものはいいし、何より店員の皆さんの所作がいいので気持ちいい店。
ランチには和風冷麺の他にも「カレーうどん」と「ロールキャベツ パンダ付き」ってのがあるけど、パンダってなんだろう。





201109151204.jpg


【2011/10/10 23:05】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京都 ケララ
後輩夫婦の出産の一報に、一人祝杯を上げています
かの新しい命に幸いあれ

---

9/14(水)のランチは、京都市役所近くのインド料理「ケララ」に初訪問。

京都を代表するインド料理の老舗で、今まで何度も前を通っていたけどタイミングが合わず未訪だった店。
ビルの2階にある店は横に細長い造りで、テーブルにはバナナの葉を模したマットがセットされている。

ランチメニューはノンベジの「ケララランチ」(\850)と「ベジランチ」(\1,150)、そして「スペシャルランチ」(\1,700)の3つが軸になってるようだ。
この店は店名の通り南インド系の店なので、この日のオーダーはもちろん「ベジランチ」。
チャイかトマトスープかを選べるとのことだったので、トマトスープをお願いした。

先に出てきたトマトスープ(ラッサム?)は、生クリームたっぷりのこってり系。
続いて登場したターリーにはサンバル、レッドキドニービーンズのカレー、ライス、スープ、サモサ、そして覆い被さるように丸形のナン。
思いのほか全体的にこってり目で、量もあったけどおいしく完食することができた。

インド料理店と言えば、壁のテレビから流れるマサラムービーとタブラマシンのメンタコ音が定番だが、この店にはそれらの演出はなく、とても静かに食事をいただける。
そのせいなのか、この日は妙齢の女性の一人客が多かった。

場所的に便利なところにあるし、覚えておいて損はない店だと思う。
夜は特注でケララ料理オンパレードもできるそうだ。





201109141258.jpg


201109141327.jpg


【2011/10/08 23:15】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北新地 つばき
9/13(火)のランチは、北新地の和食「つばき」に訪問。

この日この店に訪問したのは、表の看板に「松茸ごはん」の文字があったため。
メインの「五菜鉢」は卵焼、炊き合わせ、揚げもの、酢の物、うの花と行った面々。
松茸ごはんははんなりとした味で、インパクトはないけどしみじみうまい味。

この店ではテーブルの中央の大皿に盛られた香の物も楽しみの一つ。
この日用意されていたのは野沢菜と茗荷の漬け物でした。





201109131209.jpg


【2011/10/08 23:12】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本橋 ファンサパロット
9/12(月)のランチは、日本橋のタイ料理「ファンサパロット」に訪問。

この日のオーダーは「ガイガパオ」(\850)。
肉の切り方が大ぶりで、ガパオたっぷしな上に玉ねぎなどの余計な野菜が入っていない、なんというか男らしいガパオ。

ただ、このボリュームでこの価格は少し高いかも。おいしいんだけどね。





【2011/10/08 23:10】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
9/11(日)のランチは、自炊で済ませたので割愛。

確か夏の名残を惜しんで素麺を食べたかと。

【2011/10/08 23:06】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 タイごはん sepata
二の腕フェチの私が最近注目してるのは北乃きいです

---

9/10(土)のランチは、江坂に突如出現したタイ料理「タイごはん sepata」に初訪問。

ホールを仕切るのは若い日本人男性で、カウンター内の厨房にはタイの方と思われるおばちゃんがお二人。
ランチメニューは「グリーンカレー」(\850)、「カオマンガイ」(\850)、「ガイガッパオ」(\850)、「パッタイ(タイ風焼きそば)」(\750)、「クイッティアオ(タイ風ラーメン)」(\750)、「カオパット(タイ風焼きめし)」(\750)の6種。
カオマンガイ好きの私としては、この日のオーダーはもちろん「カオマンガイ」で。

カオマンガイはサラダとスープ付き。
かけダレのナムチムは、タオチオベースの少しこってり目。
ライスはガツンとしょうがとニンニクが効いていて、少し雑味を感じる鶏とともに食べるとワイルドな味わいでいい感じ。

私の中では、Sweet Basil(福島)は高級店の味、パクチー(丸太町)は屋台の味、アロイスキタイ(豊中)は現地の観光客向けの味っていうイメージなのだが、この店はずばり「オカンの味」。
夜は各料理に\570足せばごはんやスープ、一品とともに定食スタイルにできるようなので、夜に一人で訪問するのもアリだろう。

何より、近くにタイ料理の店ができて嬉しいことしきり。
しばらくはランチメニュー6種を全制覇することにしよう。





201109101157.jpg


201109101158.jpg


【2011/10/08 00:15】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本町 どば屋
9/9(金)の夜、心斎橋から本町に流れ入店した先は、有志お気に入りの「餃子と黒豚料理の店 どば屋」

リエットや羽根付き餃子などで焼酎をいただきながら、ご主人夫婦とも歓談。
ご主人ご夫婦は揃って激辛好きだそうで、昼のランチメニューに不定期に登場する麻婆豆腐は自信アリとのこと。
言えばいくらでも辛くしてくれるとのことだったので、タイミングを見計らってランチに訪問してみよう。





その後炭水化物を欲しがる有志と、新梅田食道街でうどんを食べて帰宅。


201109092107.jpg


【2011/10/08 00:10】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スーパードライ エクストラコールドBAR
9/9(金)の夜、有志と合流して心斎橋の「スーパードライ エクストラコールドBAR」に初訪問。

期間限定のイベントって感じの店内で、オールスタンディングで飲むお祭りみたいな雰囲気。
フードもいくつか用意されてるけど、イベントの屋台で出すフードを少しオサレにしたものばかりで、大人が味わうものではないかな。
ウリのエクストラコールドのビールは、冷たく爽やかで確かにうまい。でもこれビールじゃないよね。

とはいえ、アンチスーパードライな私にもなかなか愉しめる空間だった。
この日はお互い2杯ずつとフードを一品いただいて、次の店に向かうべく店を出た。






201109091809.jpg


201109091823.jpg


201109091840.jpg


【2011/10/08 00:05】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北新地 某店
気がつけばそこら中で金木犀の香り
金木犀って毎年突然咲いて、忘れていた何かを思い出させますね

---

9/9(金)のランチは、北新地の某和食店に初潜入。

この店、隠れ家っぽいコンセプトで営業されてるのか、通りにもビルにも看板が一切出ていない。
店のあるフロアにはぼんやり明かりが灯っており、身をかがめるようにくぐる低い間口の先には暗証番号を入力するパネル付きのドアが現れるが、先日偶然この店に入った知人から入店方法を聞いていたので無事潜入することが出来た。

店内は照明は落とし気味だけど、普通のモダンな割烹という雰囲気。
接待や会食向けの\5,000ほどの昼食も用意されているが、この日のお目当ては毎日二十食限定の「○○膳」(\1,000)。
(○○には店名が入ります)

この日のランチは、メイン、造り(マグロ新子と太刀魚の2種盛り)、揚げ物(茄子の炊き合わせ)、小鉢(空心菜のおひたし)、ごはん、味噌汁、香の物、そして水物(デザート)といった内容。
メインは魚か肉を選べるので、この日は魚で白身魚フライをチョイス。

これだけでも十分な内容なのに、もしよろしければどうぞ…と、夜に出すであろう一品をおすそわけしていただけるのも魅力。
この日は「川蟹の内子味噌漬け」と「わかめ菜のおひたし」をおすそわけいただいたが、こういう客の心をくすぐるディビデンドを繰り出してくるのは、近隣の人気店「仲島」を参考にしているのかもしれない。

このエントリでは店の名や場所は出さないが、個人的に気に入った店。
何より人に知られてないので空いていて(この日は私一人だった)、のんびり静かに食事できるのがよろしい。
実はこの店、ランチタイムには店の外で店員さんがチラシを配っているので、うまくいけばこのエントリを読んでいるあなたにも入店の機会は訪れるかも。





【2011/10/06 22:22】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堺筋本町 ニュー上海
9/8(木)のランチは、堺筋本町の大衆中華「ニュー上海」に訪問。

この日のオーダーは「塩焼きそば」(\700)。
ツルプリでコシのある麺と、脂&塩&化調のジェットストリームアタックを心行くまで堪能。

この日他の客が食べてた「えび天定食」(\800)がすごい海老の量。
エビ好きとしては見逃せない一品。次回はアレに挑戦してみよう。





【2011/10/06 22:20】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 あびる寿し
最近の王将のトレンドは餃子よく焼きだそうですね
先日食べたけど、確かにこれはアリだと思います

---

9/7(水)のランチは、江坂の「あびる寿し」に初訪問。

この日は江坂でランチする貴重な機会だったので、ランチ営業は平日しかしていないこの店をチョイス。
駅から離れた場所にあるのに、リーズナブルな寿司ランチで人気の店だと聞いていたのだ。

ランチメニューは「すし定食 一人前」(\750)と「すし定食 一人前半」(\800)の2種類。
一半で\50upだし、ここはもちろん一人前半をお願いした。
うどん(冷/温)も付いているけど、食べ過ぎに気を付けているのでうどんはなしで。
(うどんなしにするとアサリ入りの赤だしを付けてくれる)

寿司はにぎりの他に巻物や稲荷など全部で13種。
少しケミカルな風味のするガッチリ酢のきいたシャリはいかにも町場の寿司って感じ。
ネタは小ぶりなれど、この価格でうどんまで付くのはコスパもいいしこりゃ人気出るわ。

カウンターの中の大将は、忙しく手を動かしながらも店内に目を配っている感じのいい方。
お孫さんが描かれたと思われる絵がカウンターに飾られているのも微笑ましい。
土曜日もランチしてるなら、ちょくちょく通えるんだけどなぁ。





201109071159.jpg


201109071200.jpg


【2011/10/01 23:57】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。