スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
豊中 アロイスキタイ
この時期窓を開けて眠りにつくと、翌朝野鳥のさえずりで目を覚ますのがとてもいい気分

---

6/11(土)のランチは、豊中のタイ料理「アロイスキタイ」に訪問。

ランチメニュー全制覇を目指す身として、この日のオーダーは「グリーンカレー」(\750)。
もちろん辛くしてねとお願いした。

グリーンカレーはココナツミルクたっぷりでビシッと甘いけど、ハーブの香りも高くすっきりした味。
辛くしてもらった割には私にはほとんど辛くない。
全体的に量が少ないので食い盛りの男子には足らないと思うが、私にはちょうどいい量。

この店ホールを担当している店長さん(?)が笑みを絶やさないとてもいい方。
彼の着ているシャツの柄がかわいいのも見逃せないポイントですよ。





スポンサーサイト
【2011/06/30 23:48】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 SARU BACON
先日テレビで見た「アカシアの花の天ぷら」ってやつを食べてみたいなぁ

---

6/10(金)の夕方、江坂に最近オープンした「SARU BACON(サル・ベーコン)」に初潜入。

ビールとソーセージをウリにしている店で、コンセプトは「安カッコイイ店」らしい。
生ビールは「スーパードライ」(\450)、「レーベンブロイ」(\480)、「ヒューガルデン」(\590)の3種が用意されているが、まずはヒューガルデンをお願いした。
カウンターの目の前でバイト君らしい男の子がビールを注いでくれたが、オープン後数日だというのになかなかサマになってて、うまいビールを注いでくれる。

アテにはお店イチオシの「焼きソーセージ(5本)」と「ちょこっとエビフライ」でキックスタート。
店名と相反して、フードメニューにベーコン系が見当たらないのが謎。
お通しには食べ放題というザウワークラウトがたっぷり出てくる。
酸味、塩気ともかなり控えめのあっさりしたザウワークラウトで、口直しにはいいかもだけど個人的にはもう少し味が濃い方がいいかな。

その後レーベンブロイを2杯、一品のフードをもう一ついただいてお会計は\2,751。
店長さんらしき方と少し話をしたが、燻製系のメニューは店内のスモーカーで手作りしてるとのことで、近日中にスモークサーモンなども用意するとのことだ。

いままで江坂になかったテイストの店。なかなかいいんじゃないでしょうか。
一人でのチョイ飲みにはちょっと高いかな?とも思うけど、一人でもカップルでも女子同士でもイケると思います。





201106101742.jpg

【2011/06/28 21:53】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
マクドにて
6/10(金)のランチは、訪問先の駅近くのマクドへ。

タイトなスケジュールの中Wi-Fiを使いたかったので、まあここでいいかと入店。
この日いただいたのは「アイコンチキン イタリアンハーブ」と「コーラMサイズ」で\560。
普段来ないからセットの内容とかわからず単品でお願いしたけど、案外いい値段するもんですな。





【2011/06/28 21:44】 | おやつ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南京町 ぎょうざ大学
この季節、冷房の効いた部屋で飲むより、夜風に吹かれながら飲む酒の方が贅沢ですよねぇ

---

6/9(木)の夜、神戸での仕事を終えて南京町の「ぎょうざ大学」に寄り道。

この日も餃子3人前(1人前\250)と「瓶ビール」(\450)というシンプルながらも鉄壁の布陣で攻め込む。
もちろん餃子はにんにく入りで。

ビールはキリンで…と言うヒマもなくスーパードライを出されるというアクシデントもあったけど、この日も大いに満喫。
ここの餃子は、にんにく入りでも翌日あまり気にならないと思うのは惚れた欲目か。





【2011/06/27 22:37】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三宮 一寸法師
6/9(木)のランチは、三宮さんプラザ地下の「一寸法師」に久々の訪問。

この日のオーダーは前回訪問時と同じく「まぐろ漬け丼」(\680)。
薬味にはねぎ、海苔、ミョウガ、玉ねぎ、シソ、ごまと多彩なメンバーがあしらわれている。
この日の椀はヒラメの潮汁。

前回も思ったけど地味にいい店。
大きな話題になるような店ではないけど、個人的にはおすすめできる店です。





【2011/06/27 22:30】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三宮 まこと
6/8(水)の夕方、神戸での仕事を終えて三宮の串かつ「まこと」に寄り道。

「ビール」(小瓶で\270)をキックスタートに、この日いただいたのは「そらまめ」、「くじら」、「たちうお」。途中で「黒ビール」(小瓶で\270)にスイッチして、「たまねぎ」、「えりんぎ」、「かいばしら」(串かつはすべて1本\90)。

残念ながらこの日はバイトの女の子が不在だったので萌え萌えタイムはなし。
それでもこの店いい店ですねぇ。





201106081731.jpg


ちなみにこの店の真ん前のサンパル1Fに駅前がオープンする(した?)模様。


201106081108.jpg

【2011/06/27 22:28】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三宮 かつ丼 吉兵衛
Kinectの踊るやつやってみたいなあ
まあ、2分ともたないと思うけど

---

6/8(水)のランチは、三宮の「かつ丼 吉兵衛」に訪問。

今までずっとセンタープラザの店に行ってたけど、この日訪問したのは最近オープンした2号店の旭通店
ちなみに先日神戸ハーバーランドに3号店がオープンしたそうだ。

本店と同じく券売機で食券を買おうとすると、本店にはない「小盛り」というメニューを発見。
摂生中の身としてはこりゃいいやと、「かつ丼小盛りたまご2個味噌汁付き」(\650)の食券を購入する。

出てきたかつ丼のルック&フィールは本店そのもの。
この小盛りの量がが絶妙な小盛り具合。これ女性にはいいんじゃないだろうか。
知らなかったけどねぎの多め/少なめ、ダシの多め/少なめ、たまご硬め/柔らかめなどのカスタマイズオーダーができるようだ(それ用のクリップが厨房に準備されている)。

場所柄だろうか若い人向けにスプーンが用意されていたり、サイドオーダーに「キムチ」(\150)が用意されていたりと本店と違った取り組みがなされているのにも好感が持てる。
本店の親父さんの妙技は見られないけど、便利な場所にあるしこれからも足を運びそうな予感。





201106081119.jpg


【2011/06/26 22:49】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
阿波座 Colombia8
暑くなったら扇風機買おうと思ってたら、もう人気モデルは軒並み売り切れですね
出遅れちゃったなぁ

---

6/7(火)のランチは、阿波座のカレースタンド「Colombia8」に初訪問。

北浜の本店と堺筋本町の2号店には行ったことあるけど、この阿波座店は初めて。
隠れ家っぽい本店や2号店と違い、通りに面した阿波座店はポップで明るい雰囲気だ。

阿波座店のメニューは「キーマカレー」(\750)、「花火」(\850)、「花火DX」(\950)「スパイシー豚丼」(\800)の4つ。
キーマカレーはColombia 8の看板メニューだけど、この日いただいたのはキーマカレーの辛口バージョンだという「花火」。

出てきた花火はラーメン鉢のような皿に盛られていて、周囲には大量の黒ゴマがトッピングされている。
しゃばしゃばのカレーソース、頂上に鎮座した素揚げのシシトウと玉ねぎの酢漬けはオリジナル通りだ。

正直オリジナルのキーマカレーの辛さを忘れてしまっているので比較はできないけど、辛口というほど辛くはない。
ただ、オリジナリティあふれる爽やかな風味はまさにColombia 8流だと思う。

店員さんがおっしゃるには、「花火DX」は和のテイストを持つ更に辛いカレーだそうだ。
花火DXには半熟玉子と青ネギ、山椒をトッピングしているとのことだったから、山椒の辛さが効いているのだろう。
麻辣好きには気になる一品、次回はそれだな。





201106071153.jpg
【2011/06/26 01:22】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊中 裕寿司
明日から数日Powerpointの神様降臨の儀を執り行う故、次回更新は今週末の予定です

---

6/6(月)のランチは、ポタリングの途中で豊中の「裕寿司」に訪問。

何年か前のオープン当初の夜に訪問したことはあるけど、ランチでの訪問は初めて。
ランチメニューは「海鮮丼」(税抜\500)、「八貫にぎり」(税抜\660)、「にぎり手巻き」(税抜\760)、「お得にぎり」(税抜\950)と、なかなかお値打ちな4種類用意されていて、この日は「にぎり手巻き」をお願いした。

寿司はみなネタも厚いしシャリの塩梅もよく、大衆寿司としてはかなりいいコスパだと思う。
ここちょっと気に入ったな。今度は海鮮丼に挑戦してみよう。





201106061220.jpg


【2011/06/20 22:37】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
服部 のんびり空間 Gula
今日文楽に初挑戦してきましたが、奥ゆかしいけどちゃんとエンターテイメントで想像以上に感慨深かったです
少しでも興味のある方はぜひご体験ください

---

6/5(日)のランチは、インドネシアンカフェ「のんびり空間 Gula」に初訪問。

以前この近辺をポタリングしていたときに見つけた店で、古民家をリノベーションして現地の服飾雑貨なども販売しているカフェ。日本人女性とバリ人の男性お二人で経営されているそうだ。
玄関で靴を脱いでフロアに上がると、店内に流れる時間はほんとにノンビリしたいかにもな雰囲気。

この日いただいたのは「ナシゴレン」(\980)。その他ミーゴレンやサユル・トゥミス(インドネシア風野菜炒め)のランチもある。
ナシゴレンの辛さは調整可能とのことなので辛くしてもらった。
日本人向けに半熟の目玉焼きが乗ったナシゴレンは、カフェ飯にしてはしっかり量もある。

個人的にはこういう古民家をアジアンカフェにした店は、どこを見ればいいのかわからないのでニガテなんだけど、こういう雰囲気が好きな方にはたまらないんだろう。
でも、なんでこんな店がこんなところに?という出会いの驚きはある店。
スイーツも充実してる(アイスクリームの天ぷらなんかもある)ので、アジアンスイーツがお好きな方は是非。





【2011/06/19 23:20】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 コリアンキッチン 秀彬
ずっと行きたかった国立文楽劇場の「文楽デー」に今回初参戦します

---

6/4(土)のランチは、江坂に最近オープンした「コリアンキッチン 秀彬(スビン)」に初訪問。

ランチメニューは豆腐チゲを軸に麺類やピビンパなど15~16種類ほど。
この日は「ミックス豆腐チゲ定食」(\800)を「辛さ2倍」(\100up)でお願いした。
(ちなみに「辛さ3倍(\200up)」という設定もある)
テーブルには食べ放題のキムチがセッティングされており、ごはんも食べ放題とのこと。

一品(この日はチジミ)とともに登場した豆腐チゲは、スープにコクがあるのに透明感があり、いつまでもすすっていたくなるうまいダシ。
豆腐の量がたっぷりなのもこれまた嬉しい。
また、キムチが酸味が強めで塩分控えめな私好みのキムチ。これ持ち帰りもできるそうだから、今度買って帰ることにしよう。

ここうまいですな。残念なのは辛さアップの料金が高いことか。辛さ3倍にしたいけど\200upはちょっとなぁ…。
それと、この店「生マッコリサーバー」なるものが設置されていて、熱処理されていないマッコリがいただけるようだ。
乳酸菌に忠誠を誓う身としては、夜に訪問してキムチと生マッコリで乳酸菌とお近づきになる必要があるな。


201106041140.jpg


201106041141.jpg


201106041202.jpg


【2011/06/16 22:09】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
6/3(金)のランチは、仕事の都合でコンビニで済ませたので割愛

【2011/06/16 22:00】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷町四丁目 ダール
家で飲んでて酔ってくるとトイレを掃除してしまうのはなぜだ

---

6/2(木)のランチは、谷町四丁目近くのカレースタンド「Dhall(ダール)」に訪問。

この日のオーダーは「ヘレカツカレー(カツ2枚)」(\700)に「玉子(黄身だけ)」(\50up)。
カレーはもちろん「辛口」で、最近ずっとやってる「ルー増量無料サービス」もお願いした。

やはりカツ2枚はちょうどいい量。
4枚は多すぎるんだよね。

この日初めて知ったけど、カレーは大盛り以上の特盛りがオーダーできるようだ。
特盛り食べてる若者がいたけど、茶碗に5杯くらいのライスの量のかなりの盛りっぷりだった。





【2011/06/14 23:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本町 azzurro +
先日新大阪を通ったら、熊本からクマが来てました
中の人暑いだろうなぁ

201106101647.jpg

---

6/1(水)のランチは、本町の「azzurro +(アズーロプラス)」に初訪問。

本町周辺を歩いていると店先の看板に「名物 海南鶏飯」と書かれているのに気づき、こんなところに海南鶏飯が!とさっそく潜入開始。
ビルの奥にあるカウンター6席とテーブル2つの小さな店をお若い店主が一人で切り盛りされており、ジャンルとしてはイタリアンバーになるのだろうか。

ランチメニューは「海南鶏飯」(\700)、「日替わりパスタランチ」(\800)、「壱岐牛の特製カレーランチ」(\800)の3つでどれも大盛り無料とのこと。
オーダーはもちろん海南鶏飯で、大盛りは自粛。
驚いたことにランチタイムはビールかワインをサービスとのことだったが、仕事中だし断腸の思いで辞退すると、代わりにパックに入ったソフトドリンクをサービスしてくれた。

しばし待って登場した海南鶏飯(スープ、サラダ付き)はライス、チキンともにいい盛りっぷり。
ソースはジンジャーソース、甘醤油、チリソースをセットで出してくれる。
鶏は皮付きのモモ肉で、ツルプリ具合もいい感じ。
ライスもきっちりチキンスープが回っているインディカ米。肉の量が多いのでライスを大盛りにしても十分対応できるだろう。
ソースはジンジャーソースがビシッと生姜のパンチがあるもので気に入った。
甘醤油は醤油の風味が強いのでもう少し甘い方がいいと思うし、チリソースはどちらかというとゴイクンとかで使うスイートチリソースですな。

うまいうまいとほくそ笑みながらプレートを平らげ、食後に小さなデザート(この日はバウムクーヘンだった)とコーヒーをいただき、大満足して完食。
\700でこれだけの内容はかなりいいんじゃないだろうか(飲み物系が多くおなかじゃぼじゃぼになるけど)。
お得なランチ処として近隣の勤め人には認知されてるみたいで、12時過ぎにはほぼ満席になっていた。

大好きな海南鶏飯を本町で発見できたことに心躍るランチタイムだった。
ここはリピート確実。また鶏気分になったら再訪してライスを気持ち大盛りで食べることにしよう。


201106011147.jpg





201106011202.jpg


201106011204.jpg


201106011205.jpg


【2011/06/13 22:00】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千里中央 肉工房 千里屋
話題の「進撃の巨人」を読みました
確かによくできてるし面白いけど、衝撃度という意味では「狼の口 ヴォルフスムント」を推したいなぁ

---

5/31(火)の夕方、仕事帰りに千里中央の立ち飲みホルモンバル「肉工房 千里屋」に寄り道。

キックスタートに「生ビール」(\350)をお願いして、「とろける肉たたき」(\480)、「アキレス」(\380)をいただき、ビールをおかわりしてシメに「アカセン塩焼き」(\480)。
特にこの店のたたきは肉の味が濃厚でうまいのでお気に入りなのだ。

この日は上記でシメて\2,142(税込み)。
パパッと肉食って飲んで帰るのには最適な店だと思う。
相変わらず背後を買い物に来た主婦の方々が頻繁に通るので、後ろめたいというか罪悪感を感じるけど。





201105311726.jpg


201105311733.jpg


【2011/06/12 21:48】 | 焼肉・焼鳥系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北新地 和 榮屋
おっさんのズボンのベルト位置は、年を取れば取るほど上がって行くのはなぜだ

---

5/31(火)のランチは、北新地の割烹「和 榮屋」に訪問。

コアタイムは混雑するこの店も、この日13時頃訪問すると先客は2人のみ。
この日の日替わり「榮屋膳」(\1,000)の内容は、造り2種盛り合わせ、冷やし細うどん、お魚唐揚げ木の子あんかけ、沖縄太もずく酢、鮮魚しそ巻き揚げ、炊き込みごはん、味噌汁。

デザート(この日は抹茶アイスだった)まで手抜きのない出来で、大満足で完食。
ちまちまと何種類ものおかずがいただけるこの内容で、\1,000ってのはやっぱ素晴らしい。
ダイエットのため炊き込みごはん(はんなり薄味でうまい!)のおかわりを自粛せざるを得ないのがツラいんだよねぇ。





201105311318.jpg


【2011/06/11 23:09】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南船場 ひもの野郎
5/30(月)のランチは、南船場の和食「ひもの野郎」に初訪問。

この方が何度か行かれていて気になっていた店。
カウンター8席ほどの小さい店で様々な干物の定食がいただける。
レギュラーメニューから日替わりで何種類かがサービス価格になるようで、この日は「あじ」(\580が\500)と「カマス」(\780が\700)がのサービスランチになっていたので、「かます」をお願いした。

干物定食は干物、味噌汁、ごはん、副菜、香の物というシンプルな構成。テーブル上には梅干しもセットされている。
カマスの干物はふっくらした身がちゃんと残っているもの。
干物、梅干し、香の物…と気持ち塩分高めのランチだけど、干物ってホッとするうまさですな。

この日はカマスをいただいたけど、あじもちゃんとした大きさの干物で、あれで\500はいいコスパじゃないだろうか。
他の客が食べていたシラス丼みたいなやつ(メニューには記載されてなかったから裏メニューかも)も気になるな。





201105301210.jpg


【2011/06/11 23:06】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くら寿司
5/29(日)のランチは、近所の「くら寿司」へ訪問。

この日は8皿ほどいただいたけど、寿司そのものはかなりがんばっていると思う。
ただ、子供客を呼ぶためとはいえ、あまりにもワンピースに頼りすぎじゃないだろうか。

(この日は写真はありません)

【2011/06/11 23:03】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
緑地公園 そば甚
5/28(土)のランチは、緑地公園駅前の蕎麦処「そば甚」に訪問。

この日のオーダーは新機軸を開拓しようと「夏野菜カレーつけそば」(\950)。
カレー汁にはなす、ししとう、南京、ズッキーニ、プチトマトなどがトッピングされている。
つけ出汁はカレー蕎麦よりカレー成分が凝縮されてる感じ。

あまりつけ麺系はすきじゃない私だけどこれは好み。
蕎麦の大盛りができるなら、次回は大盛りで食べてみよう。





【2011/06/11 23:02】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
谷町四丁目 森のらくだ
この夏の節電対策として、ラッシュ時の電車にリュック背負って乗車するの禁止ってことで(特にデの字の方)

---

5/27(金)のランチは、谷町四丁目近くの紅茶専門店「森のらくだ」に久々の訪問。

店主が体調を崩されてしばらくランチ営業をやってなかったが、最近ランチ営業が復活したので喜んで訪問。
ランチメニューは「日替わりきのこカレー」(単品\750・ミルクティ付きで\950)のみなので、お茶付きでお願いした。
ちなみに「森のらくだ」という店名はパウル・クレーの版画に由来してるそうな。

この日のきのこカレーの具はキャベツで、ライスは麦入りごはん。
カレーは小麦粉を一切使わないしゃばしゃば系。ガツンとした辛さはないけど、香りのバランスもよく、いかにもカラダに良さそうな味。
カレーマニア受けする味じゃないかもだけど、個人的にはすごくおいしいと思う。

食後にアッサムミルクティ(熱々をティーカップにたっぷりだしてくれる)をゆっくりいただいて満足して完食。
うーん、やっぱここのカレーいいっすな。
たぶん店内で売っているガネッシュのカレースパイスを使ってるはずだから、今度買って自宅で使ってみようか。





201105271309.jpg


【2011/06/10 22:45】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堺筋本町 ほんまち屋
5/26(木)のランチは、堺筋本町の魚処「ほんまち屋」に訪問。

この日のオーダーはこの店での私のお気に入り「とろろ飯定食(造り三種盛り付き)」(\900)。
個人的にカラダにいいもの食べたくなったらコレ!なランチ。

ちなみに海鮮丼などの刺身系は13時前には売り切れることが多いのでご注意。





【2011/06/10 22:42】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷町四丁目 Paris Orange
5/25(水)のランチは、谷町四丁目のビストロ「Paris Orange」に訪問。

この日の前菜は「ひよこ豆とクスクスのサラダ」。
クスクスはほのかな酸味にクミンの風味が効いており、なんかやめられない味。これどうやって作ってるのかな。

メインは「地鶏のグリル」。低温のオーブンでじっくり火を通してから鉄板で焼き目を付けた鶏肉に、たっぷりの野菜のブレゼを添え、その上にはお得意のバジルソースと粒マスタード。
なんか以前よりメインのボリュームが増した気がする。

ここのランチは大きな変化球は投げてこないけど、いつ顔を出してもハズレがない手堅いランチ。
この店も昼酒したい店リストに入ってるんだけどなぁ。





201105251323.jpg


201105251340.jpg


【2011/06/10 22:40】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西梅田 廣東料理 民生
京都地下鉄の四条駅の階段が面白い
登りながら一つずつ全部読んでしまった

---

5/24(火)のランチは、西梅田はヒルトンプラザウエスト地下の「廣東料理 民生」に初訪問。

思いのほか広い店内の客はほとんど女性客で、8割ほど埋まってる店内で男性客は私ともう一人だけ。
ランチメニューはたくさん用意されており、この日はメインを2種選択できるランチ(メニュー名失念・\1,000)をいただいた。
6種類ほどからチョイスできるメインは「イカのピリ辛炒め」と「エビチリ」をお願いしたけど、よく考えると同じような味の海鮮でカブってるな。

雰囲気もいいし味もいいんだけど、残念ながらメインが両方ともぬるいのが残念。まあ作り置きだろうからしょうがないか。
オーダーごとに調理するような麺類とかの方が熱々をいただけるんじゃないだろうか。
酸辣湯麺があったから次回訪問したらそれかな。

民生と言えば南京町が有名だけど、この店は南京町ののれん分けではないみたいだ。
そういう意味では萱島の民生の方が本流だろう。
萱島の民生には10年ほど前によく行ってたけど最近はご無沙汰だなぁ。今度久しぶりに行ってみないと。





201105241332.jpg


201105241347.jpg


201105241351.jpg


【2011/06/09 22:44】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷町四丁目 グリル stereo
5/23(月)のランチは、谷町四丁目の「グリル stereo」に久々の訪問。

この日訪問したのは、日替わりランチ(\700)が「チキンカツ自家製キーマカレーソース」だったため。
これずっと食べてみたかったのだ。

待望のキーマカレーソースはカレーというよりは、カレー風味のデミグラスソースという感じ。
もっとキーマキーマしたソースだと思ってたけど、うまくまとまっているソース味だと思う。

チキンカツの大きさは十分だしライスも十分な量で、いつもながらこれで\700はほんとすごいなぁ。





【2011/06/09 22:37】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅田 御陵院 香雅
インド人完全無視カレー
ネタかと思ったらほんとに買えるらしい

---

5/22(日)のランチは、所用で梅田に出たついでに新梅田食道街の蕎麦処「御陵院 香雅」に再訪。

この日のオーダーは課題メニューと設定していた「鴨汁そば」(\1,200)を「一半」(\350up)で。
鴨汁は一般的な鴨汁と比べるとあっさり目。とは言え頼りない味ではなくビシッと芯が通ったいい鴨汁。
食べ口を変えるために普通の汁もつけてくれるのがありがたい。
テーブル上には鷹の爪とハサミが用意されているので、後半は鷹の爪を切り入れアクセントを付けることもできる。

何より嬉しいのが、鴨汁が濃すぎないので蕎麦湯を入れても塩辛くて飲めないってことがないこと。
普段鴨汁をいただく時は別の猪口をいただいて鴨汁と蕎麦湯をブレンドして飲むけど、この店のはダイレクトに蕎麦湯入れても大丈夫。

うーん、やはりここいい蕎麦屋ですなぁ。
次回はもう一つの課題メニュー「納豆そば」をいただくことが今から決定しています。





【2011/06/08 22:37】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
池田 ラクダカレー
5/21(土)のランチは、池田の「ラクダカレー」に早くも再訪。

この日の日替わりは「レンズ豆のカレー」だったので、「大辛口チキンキーマ」との「2種盛り」(\650)で。
チキンキーマは前回食べたときより肉々しく重めになっていて、突き刺すような辛さではなくズシッとした辛さ。
豆カレーはキーマとは対照的にあっさり奥ゆかしいスパイス感。この組み合わせいいな。

店のblogを拝見してると、日替わりは和風出汁系、シーフード系、ココナツミルク系…といろいろ出してるみたいだ。
定番メニューの「チキンカレー」もまだ食べてないし、まだまだ愉しめそうな予感。
カウンターの背後のドリンクケースにはビールもあるし(ハイナケンだ!)、暑くなったらビール飲んでカレーいただくことにしよう。





【2011/06/08 22:35】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北浜 ロマスパ
毎週男子ごはんを録画して見ているわけですが、個人的にはシンディーとコウちゃんを応援しております

---

5/20(金)のランチは、北浜中央ビル地下の「ロマスパ」に初訪問。

なにげに見た飲食店街の看板にこの店名を見つけ、「もしや…」と思い早速潜入捜査を開始。
場所は以前インデアンカレーがあったところ。いつの間にこんな店出来てたんだろう。
店内には変則的なコの字型のカウンターが配置され、色合いはなぜかポップ調。

券売機には「情熱のナポリタン」(\600)、「魅惑のミートソース」(\650)、「華麗のアラビアン」(\650)、「北浜の和風しょうゆ」(\500)の4種のボタン、そしてオプションは「大盛り」(\150up)、「目玉焼き」(\50up)の2つが設定されている。
「ロマスパ」という店名、そしてこの品揃え(「情熱の…」とかの冠はついてるけど)を見れば一目瞭然、予感通りこの店ジャポネインスパイア系と認定していいだろう。

この日オーダーしたのはもちろん「北浜の和風しょうゆ」。ボリューム感を検証するためにも「大盛り」で。
厨房内を見ていると鉄製のフライパンではなくテフロンのフライパンを使ってスパを炒めている。
カウンターにはお約束のマグナムボトルのタバスコと粉チーズは用意されているが、まずはそのままでいただいてみることに。

和風しょうゆの具は豚肉、玉ねぎ、しいたけ、小松菜、トマトと文法通り。シソは入ってないのでジャリコではなくジャポネですな。
味は醤油の風味が強めで、ニンニクの風味はしないのでジャンクさはあまり感じられない。
かなり油の量が多く(食べ終わった後にかなり油が残るほど)、オイリーに感じる。
テフロンのフライパンを使って炒めているからか、鍋肌で醤油が焦げた風味に乏しいのが残念なところ。
量はちゃんと大盛りと名乗っていい量じゃないだろうか。

ジャポネのあの中毒性やブロウ感はないけど、近辺に焼きスパの店が出来たことは単純に嬉しい。
特に大阪駅前第3ビルの「起世」の焼きスパがなくなってしまったので、貴重な店だと言ってもいいと思う。

次回訪問したら「華麗のアラビアン」に挑戦してみようか。
それと、素知らぬふりして大盛り以上が出来るかも訊いてみよう。
「実は大盛り以上の『横綱』ってのがありまして…」とか言われたら面白いな。





201105201334.jpg


201105201354.jpg


【2011/06/07 22:53】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
堺筋本町 Bistro mignon
近所のスーパーで山形の「だし」を売ってるのですが、これおいしいですね
自分でも作れるみたいだから今度作ってみようか

201105271935.jpg

---

5/19(木)のランチは、堺筋本町の「Bistro mignon(ビストロ・ミニョン)」に初訪問。

この日あてにしてた近くの店にフラれて彷徨っていると、店頭の看板に書かれた「野菜ソムリエプロデュースのビストロランチ」なるキーワードに惹かれて入ってみることに。
店内はこぢんまりした空間で、オサレなビストロというよりは洋食屋のような空間。
ランチメニューは「本日のパスタランチ」(\800)や「本日のクリームパスタランチ」(\900)が軸のようだが、ここはもちろん「野菜ソムリエランチ」(\900)をお願いした。

この日の野菜ソムリエランチは「トマトとレタスのスープ」、「そら豆と味噌クリームチーズ」、「春野菜のラタトゥイユ」、「自家製ドレッシングとグリーンリーフ」、「初夏の野菜と初鰹のたたき バルサミコソース」といったラインアップで、ごはんは「玄米と十種の雑穀ご飯」。
どれもこれも野菜の味をきっちり前に出したものばかりで、野菜好きとしては好感の持てるプレート。
特にラタトゥイユに使われていたフキは個人的になるほど!って感じ。今度自分でも作ってみよう。

全体的に男子向けボリュームではないけど、摂生中の身にはジャストな分量。
たまにはこういうカラダがきれいになるランチ食べないとね。
野菜ソムリエランチの内容は月替わりで変わるらしいので、季節の変わり目ごとに訪れるのもいいかも。





201105191258.jpg


201105191311.jpg


【2011/06/06 21:48】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北新地 クッチーナつじ
最近テレビでも実生活でもよく見るんだけど、帽子かぶったまま食事する若者が多いですよね
あれってOKなんですかね?個人的にはお行儀悪いと思うんですけど

---

5/18(水)のランチは、北新地のイタリアン「クッチーナつじ」に初訪問。

いつも大混雑してる店だけど、この日早い時間に訪れてみると一つだけ空いていた席に腰を降ろすことができた。
日替わりランチ(\1,000)は、前菜盛り合わせ、2種から選べるパスタ、デザートといった構成。
唯一水曜日だけはパスタの他にピッツァも選べるとのことだったが、初めての訪問だったしパスタをお願いした。

前菜盛り合わせは種々の野菜を軸に8種ほどが盛り合わさったもの。
どれもこれもうまく味がカブらないように工夫されていて、噂に違わずお得な前菜だ。
パスタ(この日はトマトソースにした)も茹で具合はもちろん、ソースの方向性がはっきりしているのにパスタに味がしっかり馴染んでいるプロの味。
あと、プロだから当たり前だけど、シェフの鍋振り技が華麗で思わず見入ってしまう。

食後パンナコッタをいただいておいしく完食。
確かに\1,000でこの味と内容はお値打ち。人気の理由がわかった気がする。
早い時間ならそれなりに入れるみたいだし、またイタリアンの口になったら訪問することにしよう。





201105181207.jpg


【2011/06/05 23:13】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堂島 仔牛
業務用の高火力コンロでチャーハン作るってのは、男の夢の一つだと思う
どっかの王将で「作ってみよう!王将チャーハン!」とかって体験イベントしてくれないかな

---

5/17(火)のランチは、堂島の「仔牛」に訪問。

この日あてもなく彷徨っていると、店頭の看板に「仔牛に新メニュー登場!かつをタタキ」と書かれているのに気づいて入店。
オーダーはもちろんその「かつをタタキ」(\930)。

登場した皿は、なんと切り身が15~16切れほど盛られている堂々たるボリューム。
もしかしたらサク一本丸ごとかもしれない、見た瞬間「やっちゃった…」と苦笑いしてしまう量。
(店を出てから気がついたけど、店頭の看板には「300g以上あります」と書かれていた)

眼前の山のようなカツオの量、食べ放題のごはん、キムチ、そしてこれまた食べ放題の生卵と、ボルテージは最高潮に。
普段はごはんのおかわりを自粛してるけど、この面々を揃えられてるのにおかわりしないってのは出来ない相談だ。
速攻でごはんを平らげて、2杯目のごはんはTKGでいただいて、最後は延々カツオだけを食べて完食。

正直カツオはそれほどいい品ではないし、解凍が不完全だったりもするけど、カツオ好きなら一度は経験して欲しい一品。
まあ、こんだけ食ったらしばらくカツオ食べたくなくなるけどね。





201105171253.jpg


201105171311.jpg


201105171312.jpg


【2011/06/03 22:35】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。