スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
梅田 シュリ・アルナ
仕事忙しいけど少しだけ更新

---

2/12(金)のランチは、大阪駅前第3ビルB2Fのインド料理「シュリアルナ」に久々の訪問。

前回訪問したときとランチ構成が変わったようだ。
「ベジタブルランチ」(\1,000)なんてのもあって気になったけど、この日は最大公約数的な「ヘルシーランチ」(\950)をオーダー。
ヘルシーランチの構成は、サラダ、チキンティカ、シークカバブ、チキンカレー、キーマカレー、ナン、ライス、ドリンクとなかなかの品数。
辛さの調整はデフォルトの0倍から激辛の20倍までできるとのことだったので、ここはもちろん激辛で。

熱々のナンに指を焼きながらカレーを食べてみると、激辛はかなりの辛さ。
キーマカレーはまだいいんだけど、チキンカレーの方はベースの味がマスキングされてしまってただひたすら辛く、完食はしたけど後半かなり苦労した。

でも\950でこれだけ食べられるのはよろしいんじゃないでしょうか。
次回訪問した時は10倍くらいにしておこう。
前回訪問時は10倍で食べておりました)





スポンサーサイト
【2010/02/25 22:32】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
緑地公園 そば甚
最近心震えることが少なくなってきた気がする
一人飲みもイマイチ盛り上がらないんだよなぁ

---

2/11(木)のランチは、前夜の酒が残っていたのでダシ分を摂取しようと緑地公園の「そば甚」に訪問。

オーダーは以前から狙っていた「牡蠣蕎麦」(\1,050)。
牡蠣はぶっくりと大きなものが5つ。
熱々のダシをいただくと、潮のエキスがカラダの隅々にまで行き渡り、体内のイオン値が正常になって行く気がする。
このダシの中でもちゃんとコシが残ってる細打ちの蕎麦もいい感じ。

気がつけば牡蠣を楽しめる季節もあとわずか。
悔いのないシーズンオフを迎えられるようにラストスパートしなきゃ。





【2010/02/20 22:22】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
元町 アクシズ
いつの間にか復活してたモスバーガーのハラペーニョメニューを食べてみたけど、ハラペーニョがみじん切りになっててイマイチ
どうせ復活するなら、以前のスライスのハラペーニョに戻せないものか

---

2/10(水)の夜、神戸方面での仕事を終え、元町のバー「アクシズ」に初訪問。

この店は普通のバーではなく「ガンダムバー」というもので、ネタとして一度行ってみたかった店。
既にこの店を経験済みの同僚にエスコートしてもらった。

店内は所々にフィギュアが飾られ、店内の大画面液晶ではガンダムが常に放映されている(この日はファーストの劇場版一作目がかかってた)など、見事にガンダム一色。
ドリンク、フード共にガンダムにちなんだメニューがたくさん用意されており、メニューによってはサーブ時にその由来となった名シーンを店員さんが再現してくれる。

この日はもちろんガンダムにちなんだカクテルを頼んだのだが、私はファーストしかわからないのでファーストにちなんだ(と思われる)カクテルからチョイス。
この日飲んだのは「黒い三連星」や「ミノフスキー粒子」などだったが、メニューにはベースやテイスト、ショートカクテルなのかロングカクテルなのかの記載は一切ないので、飲んでみるまでどんなドリンクが出てくるのわからないのが難点(ゲーム的要素もあって面白かったが)。
成分不明のいろんなカクテルを何杯も飲んだのでこの日はかなり酔ってしまい、お会計をいくら払ったかは記憶にないけど、まあ普通の価格だったみたいだ。

店を出るときにはお約束の「ジークジオン!」(もちろん手を上げながらだ)のかけ声でお見送り。
こういうのって照れがあるととたんに面白くなくなるけど、店員さんはみんなちゃんとなりきってて面白かった。





201002102110.jpg


201002102037.jpg


【2010/02/19 23:22】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
丸亀製麺
2/10(水)のランチは、あまり時間がなかったので仕事先の近くにあった「丸亀製麺」に初訪問。

いわゆるチェーン店の讃岐うどん店で、カウンターに並んだらうどんをオーダーして受け取り、天ぷらとかサイドメニューを取りながら進んで、最後に会計するという例のシステム。

特に何を食べようと意気込んで列に並んだわけではなかったので、品書きから目に付いた「明太釜玉(大)」(\480)をオーダー。
繊維質はないかな…と見回して発見した「とろろ」(\80)をオプションで付けてみた。
その後「えび天」(\100)と「いか天」(\100)をゲットして、お会計はしめて\760。

おいしんだけど明太子ととろろがすげぇケミカルな味。
普通の釜玉を食べるべきだったか。





【2010/02/19 23:04】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
十三 はながさ
2/9(火)の仕事帰り、十三で途中下車して沖縄立ち飲みの「はながさ」に寄り道。

この日のラインアップは「生ビール」(\400)、「ふーちゃんぷるー」(\320)、その後「ゴーヤチューハイ」(\480)に「豚三枚肉塩焼きのプチトマト包み」(\380)。
不足しがちな野菜や繊維質を少しでも摂ろうという、我ながら涙ぐましくつましいチョイス。

そういえばこの店の向かいの「大盛食堂」の前に、遅い時間になるとタイ料理っぽいエスニックの出店(というか屋根も何もない露店)がたまに出てる。
もう少し暖かくなったらちょっとのぞいてみることにしよう。





201002091839.jpg


【2010/02/19 23:02】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西天満 瀬戸
H2Oって今聴くとゆずですねぇ

---

2/9(火)のランチは、久々に西天満の「瀬戸」に訪問。

この日の日替わりは「さわら幽庵焼き」だったが、オーダーは以前からの課題メニュー「とり弁当」(\900)。

とり弁当は鶏そぼろと山椒味噌を混ぜたごはんの上に鶏胸肉の薄切り、それにタレをかけたら最後にたっぷりの錦糸卵。
タレはいわゆる焼き鳥のタレなんだけど、甘くどくなくサクサクと食べ進めることができる。

嬉しかったのが椀が京人参、大根、ごぼうと根菜みっちりの粕汁だったこと。聞くところによると冬場の椀は粕汁がデフォルトらしい。
小鉢の菜っ葉の煮浸しも大盛りで、これはもう小鉢というサイズではないくらいの盛りっぷり。

久しぶりに来たけど、量、味、バランスと三拍子揃った素晴らしいランチ処。
ランチで一日の栄養のほとんどを摂る私のような人間には約束の地なのだ。





201002091305.jpg


【2010/02/18 23:04】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北新地 酒菜 竹井
酔っぱらって少しだけ更新

---

2/8(月)のランチは、北新地の和食「酒菜 竹井」に再訪。

13時過ぎの遅めの時間に入ったら、お目当ての「イカカツ」は品切れ。
ならばと第2候補の「唐揚げ」(\750)を素早くオーダー。

前回のカキフライのボリュームにも驚いたけど唐揚げもかなりのボリューム。
5つのでっかい唐揚げが箱弁からまけでる勢い。

唐揚げは気持ちべしゃっとしてるけど、味そのものはよくて文句なし。
特筆すべきはこの店副菜がおいしくて種類と量がちゃんとあること。

次回は早い時間ならイカカツ、遅い時間なら豚ポン酢かな。





【2010/02/17 22:43】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良 タリカロ
家のPCのOSをWindows 7にしました
Vistaをすっとばしたのでインターフェースには戸惑うけど、動きは軽くていいですなぁ

---

2/7(日)のランチは、午前中奈良の実家に顔を出した帰りに、南インド系カレーの新店「タリカロ」に初訪問。

11:20頃店の前を通ってみるとまだオープンしてなかったので、少し時間を潰そうとこれまた気になっていたカレー「一撃家」の場所をチェックしてから11:40頃戻ってくると無事オープンしていた。
店のすぐ横のコインパーキングにクルマを停めて、おそるおそる引き戸を開けて店に入ってみた。

以前からお店のblogを拝見していたので店の成り立ちは知っていたけど、元はラーメン屋だったという店をリノベーションした店内は、いかにもほんのり暗く調度も手作りっぽい感じ。
ランチタイムは「チキンカレー(辛口)」(\580)が軸となり、チキンカレーにカレーがもう1種と日替わりのポリヤル、アチャール、ライタがセットになった「チキンカレーセット」(\850)、そして「キーマカレーセット(中辛)」(\950)と「エビカレーセット(甘口)」(\950)など。
オーダーはもちろんメインストリームの「チキンカレーセット」を、ライスはシングル(ダブルも可能)でお願いした。

しばらくして出てきたチキンカレーセットは、おなじみの4セグメントのプレートの中央に骨付きの鶏もも肉が鎮座している。
日によってスパイスが変わるらしいターメリックライス(この日のスパイス名は失念)の量もシングルで十分な量。この日のサブのカレーは「三種の豆とトマトのカレー」で、ポリヤルは「キャベツのポリヤル」。
チキンカレーは見事にシャバシャバで、早速食べてみるとかなりの辛さが先に来て、その後ベースの味を味わっているうちに辛さはすーっと後に引いていく。
十分に辛さを堪能できるのに、ベースの味が辛さでマスキングされていないいい出来。それにオリジナリティも感じられる素晴らしいカレーだ。
また鶏のもも肉も柔らかく煮込まれておりボリューム満点で、これまた幸せを感じる味。

サブのダルカリーは手作り感アリアリの優しい味で、スパイス感は感じられるけど豆や野菜の甘みがちゃんと感じられる。
ポリヤル、アチャールともスパイスは控えめで野菜の甘みを前に出した方向性。

これはうまいなぁ…と相好を崩して食べているうちに、おいしく完食。
2月中はオープン記念で1ドリンクサービスとのことだったので、ありがたくラッシーをいただいた。

実はお店のblogで1/26のオープンからしばらくはチキンカレーを完食できたのは2人だけと読んでいたので、どんだけ辛いものが出てくるのか実はビクビクしながらオーダーしたのだが、その不安を払拭するどころか大きな満足感を与えてくれた素晴らしい一品だった。
店のメニューはピュアベジではなく、ドサやラッサムなどはまだない(夜のメニューにはパパドはあるみたいだ)けど、あくまで南インド「系」と考えれば十分な内容。
奈良には南インド系はほとんどない(スリランカ系なら生駒の「ラッキーガーデン」か、尼ヶ辻の「ハンターナ」があるが)ので、その意味でも重要な店がオープンしたと言っていいだろう。
ダルやポリヤルなど野菜系にはまだまだ発展の余地はあると思うが、それはこれからの楽しみにしておこう。

かなり感動したのでお店のお二人と少しお話したかったけど、私が食事を終えると同時に家族連れの5人組が入ってきたので、後ろ髪を引かれる思いで店を出ることに。
これは大阪市内に店があったら通うなぁ…。でも、実家からクルマで10分くらいだし、これから奈良に足を伸ばしてちょくちょく通うことにしよう。





【2010/02/14 15:28】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 きんぎょ
2/6(土)の夜、知人と江坂で飲むことになり、以前から訪問してみたかった「まごころ創作家庭料理 きんぎょ」に初訪問。

母娘2人で切り盛りするカウンター8席だけの小さな店で、様々な手作りの料理がいただけると密かに人気の店。
この日は早い時間に訪問したので、店内には私たち以外には常連らしい男性客が一人だけ。

静かな雰囲気の中いただいたものは「鶏団子と白菜の煮物」、「鰆と南京の煮物」、「ツブ貝の煮物」、「ねばねば三昧」、「むかご唐揚げ」。
これにビールと焼酎3杯でお会計は\5,270。

詳しくは書かないけど、かなり気に入った店。
次回訪問時はもう少し詳しく書こうと思う。

(この日は写真はありません)


【2010/02/14 15:10】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
2/6(土)のランチは、自炊で済ませたので割愛。

前日仕事帰りにパルミジャーノとペコリーノを買って帰って、カルボナーラを作成。
材料は2種のチーズをたっぷり、玉子2つ(1つは全卵、1つは黄身だけ)、パンツェッタ(スーパーで安く買えた)と黒胡椒だけ。
生クリームを使わないのが私流。

ものすごくこってりしたカルボナーラができるけど、こういうのが食べたくて作るので問題なし。
一度食べるとあと半年くらいは食べようと思わないほどの濃厚さ。


【2010/02/14 15:09】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堺筋本町 Fuu Onn Pepper
そういえばここ数年たき火にあたってない
昔はたき火好きだったのに、めっきり機会が減ってしまった

---

2/5(金)のランチは、堺筋本町のカレースタンド「Fuu Onn Pepper」に初訪問。

場所は人気中華の「一椀水」の横にある店で、通りがかる度に気になっていた店。
最近オープンしたらしく店内はきれいで、カウンター10席ほどと4人掛けのテーブル1つの店をご夫婦と思われるお2人で切り盛りされている。

カレーのメニューは豊富で、この店オリジナルの「リノ?カレー」(カレーに焼き海苔がかかっているそうだ)なるものもあったが、ベースの「フウオンカレー」(\580)に「スパイスキーマ」(\200)をトッピングしたカレーが日替わりサービスで\680になっていたので、そちらをお願いした。
カレーは「レギュラー」と「マイルド」が選べるので、もちろん「レギュラー」をチョイス。

すぐに出てきたスパイスキーマカレーは、ベースのソースが半分にかけられており、もう半分にトッピングのキーマが乗せられている。カウンターに用意されているスプーンは何故か魚料理用のスプーンだ。
まずはいくぶんシャバシャバ気味のカレーを一口味見してみると、最初に甘さがぐっと来て、その後じーんとかなりの辛さがやってくる。
そう表現するとインデアンカレーと同じになってしまうが、全く違う味わいで今まで食べたことのないオリジナリティあふれる味。
辛さもちゃんと辛くて一般の人にはかなりの辛口レベル。
軸になっている味はとても強く、遙か彼方に和の風味も感じる味わいで、その強い味を更に甘さと辛さで引き上げてる感じ。
これはかなりおいしい。こう来たか!と心の中で静かに唸ってしまった。

トッピングのキーマは、オイリーではなくパラパラで、ブラックペッパーと焦がしバジルが効いたもの。
これ単品でキーマカレーとして食べるには味が弱いけど、トッピングとしてうまくバランスが取れる味でこれまた気に入った。

うまいカレーに出会えた嬉しさでぱくぱく食べていくうちに速攻で完食。
これで\680とは素晴らしい。結構辛くてかなり汗をかいたけど、お気に入りのカレーとなった。

\50upで更に辛くできるそうだし(壁書きに「プチ罰ゲーム」と書かれてあった)、トッピングのとろとろ玉子も気になるので、次回訪問時はそいつにチャレンジしてみよう。



【2010/02/12 22:47】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪駅前第3ビル 魯山
2/4(木)のランチは、大阪駅前第3ビルB1Fの「もつ鍋 魯山」に久しぶりの訪問。

この日のオーダーは「もつ鍋定食」(\780)を「もつ大盛」(\150up)で。
もつ鍋はしょうゆかみそを選べるとのことだったので、しょうゆでお願いした。

もつは大盛りにするとかなり量が増えるのが嬉しい。
鍋もおいしいんだけど、私にはちょっとしょっぱいな。以前もこんなにしょっぱかったっけか。
付いてくる生玉子をどう食べるか思案した結果、最初に鍋に玉子を割り入れ、後半ごはんに玉子と鍋の出汁を少し入れておじや風にしていただいた。

しょっぱいのを除けばカラダも暖まるしいいランチだと思う。
次回訪問時はみそ味で食べてみよう。





【2010/02/12 22:37】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
恵方巻き
2/3(水)の夜、節分ということで巻き寿司を買って帰ることに。

毎年節分は服部の「ひょうたん寿し」の特上巻きを買うことにしているのだが、この日行ってみたらかなり待ち時間がかかるとのことで泣く泣く断念。
かなりヘコんだけど、気を取り直して駅前の「のせや」で「上巻き」(\850)を買って帰った。

のせやの上巻きもおいしいんだけど、毎年の恒例行事を行えなかったショックの方がでかかった。





【2010/02/12 22:33】 | 自宅ごはん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
彦根 ちゃんぽん亭総本家
2/3(水)のランチは、彦根での仕事だったので久しぶりに彦根駅前の「ちゃんぽん亭総本家」に訪問。

オーダーはカレーの口だったので「カレーちゃんぽん」(\750)。
以前はなかった「具大盛」(\100up)というオプションを発見したので、具も大盛りでお願いした。
その他トッピングに「コラーゲン」(\100)もあったけどこの日はスルー。

ここのちゃんぽんはカレーの味がくっきりしてて結構好み。
麺もプリッと茹でられていていい塩梅。
具大盛りは終盤飽きてくるほどのまさに大盛り。野菜好きにはたまらない設定。

しかし、学生中華や焼きそばもなくなっているし、この店完全に「をかべ」だったことがなかったことになってる(店頭に「をかべ」という看板は残っているが)。
ホールのおばちゃん方のアテンドが以前よりまともになってるのも、昔からのファンとしては少し残念。
以前の空気読まないアテンドが面白くて結構好きだったんだけど。





【2010/02/12 22:30】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堺筋本町 黒酢倶楽部
2/2(火)のランチは、堺筋本町の「黒酢倶楽部」に初訪問。

すっぱい星人の私としてはいつか来なきゃとずっと気になっていた店。
店はキャパが10人そこそこのこぢんまりした造り。
お店は上海出身の女性お一人で切り盛りされており、基本的に中華系のメニューが多いようだ。

ランチは日替わりが「鰆のムニエル」で、他には「海老のぷりぷり炒め」、「麻婆豆腐」など。
この日は人気メニューらしい「豚ロースのソテー 黒酢ソース」(\900)をお願いした。

豚を焼く間に先にスープを出してくれたが、このスープがシンプルだけど奥深い、いかにも向こうの味。
大根、きくらげ、鶏団子、破竹と具だくさんなのもうれしい。

その後ごはんとメインディッシュを出してくれたが、ごはんがデフォルトでかなりの大盛り。
ダイエット中だったので少なくしてもらえばよかったな。
カウンターにはふりかけの小袋が一通り用意されているので、ごはん食いにはうれしいだろう。

豚ロース肉は柔らかく焼かれており黒酢のソースもマイルドでごはんが進む味。
店名ほど酸っぱさを前面には出してないみたいだ。
サービスでつけてもらったキムチもおいしく、ごはんもぺろっと平らげてしまった。

しかし、何よりもインパクトが強かったのが、ご主人である女性の強烈なキャラ。
店がヒマだったからか、マシンガンのようなトークでえらいこと絡んでくる。
ただ、本来ならそういうのは苦手な私でも何故か不快に思うことはなかった。

店を出るときには「謝謝、再見!」と元気にお見送りいただいた。
海老のぷりぷり炒めや麻婆豆腐も気になるし、また訪問することにしよう。





【2010/02/12 22:28】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
淡路町 天ぷら 作右衛門
2/1(月)のランチは、北浜の「天ぷら 作右衛門」に久しぶりの訪問。

この日は後輩女子を帯同してのランチで、彼女の和食というリクエストに応えての訪問となった。
ランチタイムは「天ぷら定食」(\900)のみなので、席に着けば自動的に出てくる仕組み。

最初にご飯と味噌汁が出てきて、各テーブルに並べられた総菜や漬け物は食べ放題。
この日は三度豆の胡麻和え、ひじき、酢牛蒡、大根の酢の物…という布陣だった。

その後バットに揚げたての天ぷらが盛られて配膳される。この日の天ぷらのラインアップは海老2匹、ちくわの磯辺揚げ、かき揚げ、南京、ウインナー、海苔といった品々。
天ぷらは天つゆで食べてもいいし、テーブルに置かれている抹茶塩で食べてもいいし、丼ツユも各テーブルに置かれているのでごはんにかけて天丼にして食べてもいい。
ごはんのおかわりもOKなので、私は1杯目のごはんは天つゆと塩で、2杯目のごはんは天丼で楽しんだ。

久々の訪問だったけど、やっぱいいランチ処だと思う。
後輩女子への評判も上々。最近着々とこの後輩女子を餌付け中(別に下心はないのだが)。





【2010/02/12 22:26】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南千里 倉屋
今日明日と怒濤の更新を予定しております

---

1/31(日)のランチは、南千里の焼肉「倉屋」に初訪問。

この日は知人とランチを食べることになり、肉が食べたかったので探し出した店。
駅前のガーデンモール南千里という商業施設にある店だが、他の店に比べてこの店はランチタイムでもかなり客が入っている。

ランチメニューは多彩で、焼肉定食的なものから自分で網で焼くコースまであったが、この日は2人だったので「ペアセット」(2人前で\2,500)をチョイス。
ペアセットはライス(大/中/小から選択)、味噌汁 or スープ、キムチ or ナムル、サラダ、焼き物盛り合わせ、ドリンクがセットになったもので、見るからにお得な感じだったのだ。
キムチとナムルは1人ずつの指定ができたので、両方1つずつでお願いした。

最初にライス、スープ、キムチ&ナムル、サラダが出てきて、その後焼き物盛り合わせが登場。
早速焼き始めて食べようとすると、追加で小皿に盛られたハムが出てきた。
さっきサラダ出ましたよ…と店員さんにお伝えすると、このハムもセットの内容とのお言葉にちょっと面食らってしまった。

焼き物盛り合わせはロース、カルビ、ハラミ、上ミノ、テッチャン、鶏モモ、焼き野菜の盛り合わせで、量もしっかりある。
肉もランチで食べるには上等な肉だし、食後にドリンクまで付いて1人頭\1,250というのはかなりお得な内容。

ちょっと気に入ってしまった。人気があるのも納得。
なかなか南千里に来ることはないけど、このランチだけのために足を伸ばすのもアリだと思う。
ただ、1人で来る店ではないかな。





201001311304.jpg


【2010/02/11 21:16】 | 焼肉・焼鳥系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
服部 うどん屋 山善
1/30(土)のランチは、服部の「うどん屋 山善」に訪問。

メニューを見る前に壁書きの「揚げなすとトマトの温玉カレーうどん」(\900)に気づき、おお、これうまそうっすなとオーダー。
普通のカレーうどんに湯むきしたプチトマトと揚げなすが入ったもので、たまに食べるトマトがいいアクセントになっていて大変よろしい。
以前からここのカレーうどんはうまいと思っていたけど、こういう新機軸もいけますな。

以前から気になっていたホールのアテンドもこの日はとてもよかったので、あとはご主人がもう少し愛想と元気のある対応をしていただけると個人的には嬉しいかな。





【2010/02/11 21:12】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天神橋筋五丁目 ダイワ食堂
1/29(金)の夜、裏HIROYAを出てもう一軒行くかと「ダイワ食堂 天五店」へ。

とはいえ、先ほどそれなりに飲み食いしていたので、お互いドリンクを1杯ずつ(私はチューハイベジータの緑をいただいた)と、フードに「ペペロン焼きそば」(えらいことしょっぱかった)と名物の「じゃこトースト」のみ。
じゃこトーストは予想に反してかなりのマヨネーズ味。マヨが苦手な私にはちょっちキツイ一品だった。

上記4品でお会計は\1,900。
どちらかと言えば一軒目に来る店でしたな。





201001292135.jpg


【2010/02/11 21:08】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天満 裏HIROYA
1/29(金)の夜、有志と合流して天満方面に飲みに行くことに。

たぶん満席で入れないだろうと思っていた「裏HIROYA」をのぞいてみると、うまいこと2席だけあった空きに滑り込むことができた。
幸運を喜びながらお互い生ビールでキックスタートして、「misto 5(前菜5種盛り)」(\1,000)をお願いする。

この日はビールの次に懸案事項の「麦葡萄」(ビールをグレープジュースで割ったもの)をいただいた。
グレープの味が強くビールの味はかすかにしかしないので、ビールが苦手な人も飲みやすいかもしれない。
思いのほかおいしかったので、これは次回も飲むことにしよう。

その後白ワインのデカンタ(ふちまでなみなみと注いでくれるのがこの店のスタイル)に切り替えて、「牡蠣のバターソテー」、名物の「アスパラたまご」、「骨付きラムのロースト」、「カリフラワーとじゃがいものジェノベーゼソース」などをおいしくいただいた。

この日のお会計は\6,000弱。
やっぱり面白い店。天満に来たらまたのぞくことにしよう。





201001291959.jpg


201001292009.jpg


201001292014.jpg


201001292015.jpg


【2010/02/11 21:05】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
1/29(金)のランチは、仕事の都合でコンビニで済ませたので割愛。


【2010/02/11 21:04】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本町 若柳
1/28(木)のランチは、本町での乗り換え中に船場センタービル10号館B1の「若柳」に訪問。

この店には気になるメニューが多いけど、この日は私の定番「まぐろ中落ち丼」(\750)を、椀を「粕汁にアップグレード」(\150up)。

やっぱ根菜がたっぷり摂れるのはうれしいなぁ。
この冬は粕汁作ってないので近いうちに作らなきゃ。





【2010/02/11 21:02】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
十三 十三屋
1/27(水)の夜、会社帰りに十三で途中下車していつもの「十三屋」に寄り道。

この日はスタートアップに「生ビール」と名物の「ミンチカツ」、そして「たこぶつ」をチョイス。
その後前回飲んで気に入った「にごり酒」にスイッチして、「湯豆腐」とともにいただく。

なにげにカウンターの上のにごり酒のラベルを見てみると、なんとこのにごり酒は三重県の宮崎本店のもの。
キンミヤ焼酎こと亀甲宮焼酎を使用していることといい、やはりこの店は宮崎本店と何らかの関係があるようだ。
以前からこの関係を尋ねてみたいと思っていたので、機会があれば訊いてみよう(と思いつつ、みなさんお忙しそうなので尋ねにくいのだ)。


201001271919.jpg





【2010/02/11 20:49】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天下茶屋 丸島洋食店
スーパー旅割を利用してまた遠征を計画中
といっても4月以降なんだけどね

---

1/27(水)のランチは、天下茶屋の老舗洋食「丸島洋食店」に訪問。

人伝に話を聞いていたりネットで情報を仕入れていつか行こうと思っていた店。
天下茶屋には人気の洋食店「REVO」もあるけど、ワンランク下を目指す私は迷わずこちらをチョイス。

住宅街の中を地図を頼りにさまよっていると、突如店が出現。
引き戸を開けて中に入った瞬間、想像以上にコンパクトで年期の入りまくった店内に虚を突かれた。

L字型のカウンターは全部でたった6席で、カウンターの中にはお年を召されたご主人夫婦。
壁書きをも見ると一般的な洋食メニューは揃っており、盛り合わせの日替わりランチもあったけど、ヤキメシ or カレー or オムライス or ハヤシライス or ハムライス or チキンライスにラーメンをセットしたメニュー(全て\700)があったので、この日は「オムライス + ラーメン」の組み合わせをお願いした。

オムライスは昔ながらの薄焼き玉子でタイトに巻いてるもの。中のライスはざく切りの玉ねぎと肉をソース系で味付けしているこれもオールドファッションなタイプ。
ラーメンはまさに昔の中華そばってやつで、シンプルながらしみじみうまい。

味はもちろん標準以上にうまいのだが、こんな遺跡のような店が現存して元気に営業されていることは感慨深い。
店の雰囲気やご主人ご夫婦の仕事ぶりも気に入ったので、ぜひまた訪問してみたい。
次回は日替わりランチかな。





201001271237.jpg


201001271248.jpg


【2010/02/09 22:28】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天五 カンティプール
1/26(火)のランチは、中崎町のネパール料理「カンティプール」に訪問。

つい先日も訪問したばかりだけど、タンドールランチとプラウン(海老)カレーが気になってしょうがなかったので短いスパンでのリピートとなった。
「タンドールランチ」(\1,500)と「プラウンカレー」(\1,000)のどちらを食べるか迷いに迷って、それほど空腹ではなかったのでボリュームが少なめと思われる「プラウンカレー」をお願いした。

しばらくしてナンと共に出てきたプラウンカレーは、トマトソースの酸味にがっちょりにんにくが効いた、爽やかながらももったり濃ゆいカレー。
とってもおいしいんだけど、正直後半飽きるな。誰かと一緒に行ってシェアするならおいしく食べられると思うけど。





【2010/02/09 22:23】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
長堀橋 船場亭
電車に乗って椅子に座ると爆睡してしまう毎日です
寝るのはキモチいいんだけど、次の仕事に影響が出るのが悩みどころ

---

1/25(月)のランチは、長堀橋の焼肉「船場亭」に久しぶりの訪問。

いつも食べていた「タン塩焼き定食」を頼もうと思ったら、タン塩は消されてて上から「タン焼肉定食」と上書きされている。
あ、タン塩なくなったんだ…、他にしようかな…と少し迷ったけど、結局そのまま「タン焼肉定食」(\1,000)をお願いした。

以前はタン塩をポン酢のようなタレで食べさせていたけど、タン焼肉は焼肉のタレでいただく味。
なぜタン塩をやめたのかは不明だけど、ボリュームは以前のままだし、ジューシーでシズル感たっぷりのキムチでごはんは進むしでやっぱお気に入りの店。





【2010/02/08 22:48】 | 焼肉・焼鳥系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
1/24(日)のランチは、自炊で済ませたので割愛。

この日作ったのは、頂き物のカニ缶を使ってゴージャスにも「カニのトマトクリームパスタ」。
たくさんのカニでこれでもかというくらい濃厚な味。


【2010/02/08 22:44】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
阪神梅田 mameca
クルマの暖房が故障したので、ダウン着て手袋して運転してます

---

1/23(土)の夕刻、梅田に出た際に阪神梅田西改札前のジューススタンド「mameca」に立ち寄ることに。

この日いただいたのはこの季節限定の「生搾りザクロジュース」(\500)。
平均単価\300くらいのこの店では群を抜いた価格で、しかも貯まったスタンプカードでの交換もNGというセレブな一品。

ザクロを食べるのはもういつ以来か覚えてないほど久しぶり。
酸っぱくて自然な甘さのザクロには、太陽や風、雨や土の全ての味を感じる。昨今こんな味の食べ物って少なくなったよね。
店員さんに訊いたところ、このザクロはカルフォルニア産だそうだ。

ザクロは年末年始の時期しか出ないらしく、この日在庫限りという店頭に積まれたザクロは、目の前でどんどん減っていくほどみんなザクロを頼んでいた。
とてもおいしかったので、今年の年末まで忘れないようにしておこう。





【2010/02/07 19:55】 | おやつ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊津 吃飯
1/23(土)のランチは、江坂(と豊津の中間)の「遊食中華 吃飯(しゃぽん)」へ久しぶりに訪問。

この日訪問したのは季節限定だと思われる「トマトラーメン」の存在を思い出したため。
カウンターに腰掛けて予定通り「トマトラーメンセット」(\998)をオーダー。
サイドディッシュに唐揚げか春巻きを選べるのでこの日は春巻きをチョイス。

トマトラーメンは「信濃路」や「喜らく」、「太陽のトマト麺」のどれとも方向性が違ってて、「中華料理店が作ったトマトラーメン」という感じ。
上湯ベースにちょっと担々麺風の味付けのスープの中に、ざく切りの湯むきトマトと青菜とキャベツ、そして溶き卵といった配役。
プリッと固めの麺と相まって、これは本当においしい。

ただ、個人的にはこういうラーメンと白ごはんの組み合わせは好きではないので、ミニ炒飯とかのセットにして欲しいかな。
トマトラーメンだけでもかなりおなかいっぱいになったので、単品でも出して欲しい気もする。

でも気に入ったので再訪は確実。次回は単品で出していただけるか訊いてみようか。





201001231215.jpg


201001231147.jpg


【2010/02/07 19:52】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
長堀橋 ゴヤクラ
1/22(金)のランチは、長堀橋のカレー「ゴヤクラ」に待望の再訪。

この日は12時頃のオープン直後に店に入ったが、前回ほど混雑はしておらず始終半分ほどの客の入り。
前回訪問時は年末スペシャルだったので客が詰めかけていたのかも。

この日のオーダーはこの店のデファクトスタンダード「激辛チキンキーマとビーフのあいがけ」(\700)。
チキンキーマの部分はちゃんと辛く(激辛というほどではない)、ビーフは甘い対照的な組み合わせ。
ごはんの炊かさり具合も硬めでベストコンディション。やっぱここうまいわ。

この店のカレーに強く惹きつけられるのは、やはりベースに和を組み込んだ味の組み立て方のせいか。
この日はほかにもほうれん草やグリーンカレー(限定)もあった。
ちょくちょく通っていろいろ制覇していこう。





201001221206.jpg


201001221207.jpg
【2010/02/07 19:49】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。