スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
谷町四丁目 守破離
8巻で告知のあった爽子ワンピ、即日完売だったそうですね

---

11/18(火)のランチは、急に冷え込んだ一日だったので暖かいものが食べたくて谷町四丁目の蕎麦「守破離(しゅばり)」へ。

オーダーは「鴨南そば」(\1,250)を「大盛り」(\150up)で。

そばは腰高の器にたっぷり入っており、いかにも温かそう。
薬味のネギはデフォルトで別盛り。でも粉山椒が最初からかかっているのはそれと相反する気がするが。

鴨エキスは下品なほど出されておらず、ダシとのコンビネーションもいい。
寒くなると鴨がうまいですな。





スポンサーサイト
【2008/11/30 22:11】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
11/17(月)のランチは、仕事の都合でコンビニで済ませたので割愛。


【2008/11/30 22:06】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
11/16(日)のランチは、自炊で済ませたので割愛。
ペンネアラビアータを作りました。
もう少しピリっとさせた方がよかったな。


【2008/11/30 22:05】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 一級
またここしばらく気が乗らない日々

---

11/15(土)の夜、以前情報を仕入れてから気になっていた江坂のもつ鍋専門店「一級」へ。

ネットで見る限り結構評判がいいので、当日18時からで予約をしてから店に入った。
店内は全て掘りごたつ形式のテーブル席でトータル40席ほど。
メニュー構成はもつ鍋が醤油味、味噌味…など全部で4種類(1人前\1260~)と、いくつかの一品料理があるだけ。
事前のリサーチでは1人前の量は少なめと聞いていたので、この日は2人で行ったけど最初から3人前を醤油味でオーダー。
それとドリンクに瓶ビールと梅酒、一品に「酢もつ」と店のおすすめらしい「明太子」をお願いした。

ますはビールで喉を潤して、酢もつと明太子に箸を伸ばす。
酢もつは臭みもなく、さっぱりといただけてなかなかうまい。
明太子はほとんど辛みはなくダシのうまみ成分が強いもの。これがおいしいという意見が存在するのは理解できるんだけど、魚卵のねっとりしたうまみを後付けの味でスポイルしている感が否めない、なんだかあざとい味わいだ。

もつ鍋は具材とスープが入れられた状態で運ばれてきて、テーブルで火にかけられた。
3人前なのでそれなりの盛り具合だけど、火にかけてみるとみるみる嵩は減っていく。
テーブルにはおろしニンニクや小口切りの鷹の爪、醤油などが置かれているので、デフォルトのスープのカスタマイズにも対応している。

火加減に気を遣いながらアクをどんどん引いて、煮上がったもつ鍋を小皿に取って食べてみると、まずはスープが非常においしい。
ニンニクの風味が心地よいスープは醤油味なんだけど醤油辛さは感じられず、腰はあるけどクドくないこっくりとした味わいで、こいつはかなりの実力派と見た。

カスカスにならずにふうわりと煮上がったもつは臭みはまったくない上に、噛みしめると味蕾に深く静かに響くコク味がじゅんわりと染み出てくる。
具材のキャベツやニラ、笹掻きにされたゴボウや豆腐も、ベースのスープをまといながら自身の滋味をしっかり主張してきて、これまたすばらしい出来。

無我夢中で食べているうちに、速攻で3人前がなくなってしまう。確かに1人前の量は非常に少ない。
まだ食べることはできたけど、シメに雑炊や麺も食べたいし、でもモツへの想いやみがたし…と悩んだ末、もつだけ1人前追加して再度至福のひとときを貪った。

シメにはちゃんぽん、うどん、雑炊という選択肢が用意されているが、もつ鍋と言えばまずはちゃんぽんでしょ、とちゃんぽん玉を1人前追加。
強火でさっと麺に火を通して、野菜の甘みともつのコクがしっかり出たスープでいただくと、食べ口を変えながらおいしさがパワーアップされたスープを心ゆくまで味わうことができる。

ちゃんぽんを食べてもまだ余裕はあったので、当初の目論見通り雑炊を1人前追加。
ごはんと玉子2個、ネギ、海苔がテーブルに運ばれたが、雑炊を作るのは店員さんがやってくれた。
鍋に残ったスープにはかなり味が出ていたので、雑炊にするには強すぎるかな…と思っていたのだが、店員さんは余分なスープは鍋から取って、水を入れてスープを伸ばして濃度を調整してできあがった雑炊は、シメにぴったりな濃度で米粒1つ残さず全部おいしく平らげることができた。

店は私も結構通る道沿いにあるのだが、実は全然その存在を知らなかった。
この日は予約をして行ったので問題なく席に着くことができたが、私たちが食事している間にどんどん予約客が詰めかけて満席になり、予約をせずに来た客が何組も断られていたので、かなり人気の店なんだろう。

惜しむらくは1人前がかなり少ないことと、もつは1ピースがかなり小さめで、染み出てくる味を楽しめる時間が短い点。
確かにもつは噛み切りにくいし、これくらいの小ささの方が食べやすいけど、もう一回り大きく切ってもつそのものの味をじっくり味わえる方が私の好みだな。

これだけ食べてお会計は\9,155と、思いのほか安くはなかった(まあ、いろいろ食べてるからな)けど、店員さんの所作もいいし、かなりアタリの店だと思う。
雑炊を食べている間に、店員さんにお願いして味噌味のスープも味見させてもらったが、上品なトンコツ味噌ラーメンのスープみたいでこれまた非常に味わい深い味。次回訪問時は味噌味で攻めてみよう。





200811151806.jpg


200811151811.jpg


200811151851.jpg


200811151856.jpg

【2008/11/26 22:53】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
江坂 兵六そば
11/15(土)のランチは、前夜の酒が少し残っていたのでダシ系を欲して江坂の「兵六そば」へ。

オーダーは前回食べて気に入った「鴨なんそば」(\900)。
ほんのりロゼが残る鴨肉から出たエキスと、好みのダシとのコンビネーションは最強。
もう少し鴨を増やして欲しい気もするけど、庶民系の蕎麦屋だしこんなもんか。





【2008/11/26 22:44】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本橋 グリルしき浪
地デジのアンテナ立てるのやめて、フレッツ・テレビの導入を検討してます

---

11/14(金)のランチは、洋食気分だったので日本橋の老舗洋食「しき浪」へ。

この店ではチキンカツが私のフェイバリットなのだが、カキフライも気になるし、ビフカツも人気みたいだし…と逡巡した結果、先週訪問したときに定休日で撃沈したので、そのリベンジも兼ねてガツッと行こうと「ビフカツ」(\1,100)に「ライス」(\250)をオーダー。

狭い厨房の奥に密集しているじじいカルテットの仕事を見ているうちに、ビフカツが登場。マスタードをつけるか聞かれたので、もちろんお願いする。

ビフカツは厚さはそれほどではないけど、皿一面に広がる様は壮観だ。
揚げ具合は目を凝らして見てみるとほんのりロゼを確認できる程度だが、決して火を通しすぎていない。空腹も相まって貪るように没頭してしまう。

このボリュームと味でチキンカツと同額とはえらい安い。人気があるのも納得。
次回からはメニューの選択に更に悩むことになるだろう。





【2008/11/24 17:55】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西天満 瀬戸
11/13(木)のランチは、再訪の機会をうかがっていた西天満の「瀬戸」へ。

11:30に店に着くと既に1Fのカウンターは満席だったので、奥さんからおしぼりを受け取ってオーダーを通し2Fの座敷席へ。
この日オーダーしたのは日替わりの「サーモンねぎ味噌やき」(\900)。

2Fの座敷のテーブルには10人ほどが座れるが、先客は既に3人。
自分でお茶を入れてぼんやりと待っていると、奥さんがお盆を持ってきてくれた。

サーモンはあまり好きな魚ではないのだが、かなりのボリュームがあり、ねぎ味噌の野趣溢れる味がなかなかいいコンビネーション。
それにここは何よりごはんと椀物、小鉢にいたるまできちっとうまい。この日の小鉢はニラのおひたし、お椀は麩となめこの味噌汁。味噌汁はたっぷりのなめこでかなりトロトロの汁になっていた。

ごはんはかなりの量なので少なめでオーダーしている客もちらほらいたが、私はおいしく完食。
私が食べている間に続々客が2Fに上がってきて、私が店を出た12時前には4人ほどの行列ができていた。
次回訪問時は日替わりの内容によっては「とり弁当」にチャレンジしようかな。





200811131152.jpg


【2008/11/24 17:47】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本町 煌楽
先日京都に行った時に、話に聞いていた「慈恩弘国」の前を偶然通った
これはこの店に行くべきという暗示なのだろうか

---

11/12(水)の夜、後輩と本町の「煌楽」で少し飲んで帰ることに。
以前から夜に行ってみたいね-、と話していたのだ。

まずは生ビールでスタートして、名物の「テンカラ」(\680)と、気になっていた「うまいっ手羽」(1本\100)を2本、その他「ざく切りキャベツ」や「やみつきキュウリ」をお願いする。

テンカラはわかっていたけどかなりの量。これを見た瞬間に今日は他の物食べられないな…と悟る。
ハーフサイズもあったのでハーフにすべきだったか。でも、こいつでビールを飲みたかったので満足。
うまいっ手羽は手羽先を甘めのタレで焼いたもので私にはかなり味が甘濃ゆい。
こういうのがおいしいという意見は理解できるけど、私はシンプルに塩焼きの方がいいな。

その後ビールをおかわりして、暖かいものが食べたいという後輩が「鶏スープ」をオーダーして(このスープも結構な量)、満腹になったのでここで店を出ることに。

お会計は約\4,400。大人数で来た方がいろいろ食べられていいかも。





200811121913.jpg


200811121914.jpg


200811121915.jpg


【2008/11/23 20:57】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
四ツ橋 ラクシュミ
11/12(水)のランチは、久しぶりに四ツ橋の「ラクシュミ」へ。
ここ最近禁断症状が出ていたのだ。

13時頃店に着くとウェイティングはなく、店内は8割ほどの入り具合。
これくらいの時間は空いてるんだな。
ただ、時間が遅かったので、チキンとダルは既に売り切れ。
珍しく肉&肉の組み合わせで「キーマ」と「ラム」を「普通」(\1,000)でオーダー。

久しぶりにありつくここのカレーは、五臓六腑に刺激を与えて各種器官をリスタートしてくれた気分になる。
また、ラムカリーがまったり味わい深くて非常にうまい。

しかし、普通はやっぱライスが多いな。
次回からは以前みたいに「普通ごはん少なめ」に戻そう。





200811121327.jpg


【2008/11/23 20:53】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
某料理旅館にて
11/11(火)はお祝い事があって、奈良の某料理旅館で会食。

用意されていたのは数寄屋造りの離れの部屋。
たまに鹿も来るらしく、風雅な席でいただく食事はなかなか風情があってよろしい。

本当にめでたいことでなによりでございます。





【2008/11/23 20:50】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
十三 坦坦
アクセスログを見ていると、googleのページ翻訳でこのblogを閲覧した形跡があった
とんなもんなんだろと思って試しに見てみると、あまりギクシャクしていないそれなりにスムーズな英語になっててビックリ

---

十三屋を出てそのまま帰ろうかと思ったけど、やはりあれだけでは空腹だったので久しぶりに「坦坦」でラーメンを食べて帰ることに。

この店は「ラーメン」(\800)しかないので、座ればオーダーしなくても自動的に出てくる仕組み。
ごはんが無料で付いてくるけど、この日はごはんはなしでお願いした。

カウンターの取り放題の薬味からニラと紅ショウガをたっぷり入れて、少し太めのむりゅんとした麺をすする。
ほんとはニンニクを入れたいけど、明日を考えて自粛。

この日カウンターの横に座ったのは、スーツを着た30くらいのキャリア風の女性。
彼女は慣れた仕草でラーメンにどっさりニンニクを投入して食べている。
女子としてどうかというのは置いといて、端から見るとなかなか男前でカッコよかった。





【2008/11/21 22:36】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
十三 十三屋
11/10(月)の会社帰り、十三で途中下車していつもの「十三屋」へ。

この日は生ビールとともに「イカリング」、「生シラス」で始まって、チューハイレモンに移行したと同時に、「おから」に初挑戦。
このおからがごま油多めの濃い目の味で、酒に合うったらない。これうまいな。

お会計はシメて\1,490。





200811101925.jpg


【2008/11/21 22:30】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三宮 かつ丼吉兵衛
11/10(月)は三宮で仕事。
ランチは少し早めの時間だったので、混雑していないだろうと三宮センタープラザ地下の「かつ丼 吉兵衛」へ。

11:20頃店に到着すると、行列は8名ほど。
3分ほどで行列が解消されたので、券売機で食券を買って席に着く。

オーダーは「かつ丼玉子2コ」(\650)に「赤だし」(\50)。
席は厨房内のご主人の姿が真ん前に見えるベストポジション。
ご主人のリズミカルかつ正確な動きを見てるとすぐに自分のかつ丼が出てくる。

しかし、親父さん手元が少し狂ったのか、この日のかつ丼はいつもよりツユだく気味。
とは言えガマンできないほどじゃないしおいしく完食。
オーダー時に「ツユ多め」とかのカスタマイズも受けてもらえるみたいだ。





【2008/11/21 22:29】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
11/9(日)は昼も夜も自宅で自炊したので割愛。
スモークサーモンのクリームソースパスタを作りました。

【2008/11/21 22:27】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊中 来来亭
11/8(土)のランチは、肌寒かったのでクルマに乗って近くのラーメン店「来来亭」へ。

オーダーは最近フェイバリットの「こってりラーメン」(\730)を「葱ラーメンに変更」(\230up)の「大盛り」(\100up)で。
カスタマイズは「麺バリカタ」で。

なんだか最近こってり好きになったのか、この程度のこってりでは満足できなくなった。
この歳になってもっとドロンドロンでコラーゲンたっぷりが食べたくなるのはなぜだろう。昔はあまり脂っ気の多いものは好きじゃなかったのに。





【2008/11/21 22:26】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷町四丁目 Paris Orange
ここんとこ文章に艶がなくなってる気がする

---

11/7(金)のランチは、通りがかりのビストロ「Paris Orange(パリ・オランジュ)」へ訪問。

時間は12時ちょっと過ぎというコアタイムだったけど、うまいことカウンターに座ることができた。
いつもはスープが多いココットだが、この日は茹でた野菜をビネガーで和えたもの。野菜がたくさん摂れるのでこういうのはうれしい。

この日のメインは前回訪問時と同じく「鹿児島産もち豚のトマト煮込み バジルソース」。
ホワホワに煮込まれた豚肉はパンとの相性も抜群。
知らなかったのだが、この店はパンのおかわりが無料でできることに気がついたので、パンをおかわりしておいしく完食。

この店も一回夜に来ないとな。





200811071223.jpg


200811071235.jpg


【2008/11/20 22:24】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
上本町 マーラー
11/6(木)の夜、会社帰りに同僚と上本町ハイハイタウンの「ラグビー部 マーラー」で少し飲んで帰る。

例によって「フライドポテト」(\100)などをつまみつつ、「チューハイ」(\200)を3杯飲んで、お会計は一人\1,000ほど。
あいかわらずあまりの安さに笑かす店。





【2008/11/20 22:22】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
11/6(木)のランチは、仕事の都合でコンビニで済ませたので割愛。

【2008/11/20 22:20】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千日前 釜たけうどん
11/5(水)のランチは、ナンバ近辺を放浪していたので久しぶりに「しき浪」かと思い店まで行くも、定休日で撃沈。
気を取り直して、これまた久しぶり(約1年ぶり)に「釜たけうどん」のノレンをくぐった。

入店は12:30頃だったが、店内はそれほど混雑はしていない。やはり平日だからか。
オーダーはこの店での私の定番「いか天ぶっかけ(冷)」(\770)を、空腹だったので「大盛り」(\110up)で。いつのまにか値上げしてるな。
例によっていか天がぶっかけのつゆに浸ってベシャベシャになるのを防ぐために、いか天は別盛りでお願いする。

うどんはいつもながらのうまさ。ただ、数年前ほど剛麺ではなくなってる気がする。
久々にこの店の大盛り食べたけど、なかなか手強い量だった。
かといって、ノーマルでは少ないんだよな…。





【2008/11/20 22:20】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
11/4(火)のランチは、仕事の都合でコンビニで済ませたので割愛。

【2008/11/20 22:17】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くら寿司
11/3(月)のランチは、自転車でポタリングした時に通りがかって、久々に行ってみてもいいかと緑地公園の「くら寿司」へ入ってみた。

さすがに祝日だけあって、11:30頃でも多数のウェイティングができていたが、少し待つだけでカウンターに座ることができた。

しかし、食べる寿司はシャリもべっちゃりしてるし、ネタはカスカスでことごとくうまくない。
昔はそれなりに食えた気がするけど、昨今の食材価格の高騰から品質が落ちてるのだろうか…?

盛り上がらないまま8皿食べた段階で店を出た。お会計は\840。





【2008/11/20 22:17】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天満 双龍居
安易に徒党を組んで行動すると、自分の守りたい美意識がブレちゃうんだな

---

11/2(日)の夜、妹夫婦と3人で天満の大人気の中華「双龍居」に初訪問。

この店はおいしさとボリュームと安さで大人気のお店で、ネットでもよく取り上げられてるのでずっと訪問してみたかった店。
妹夫婦はこの近くに住んでるのでこの店の常連(店主に顔を覚えられているらしい)なのだが、1皿の量が多いため2人でいくといろんな種類の料理が食べられないので以前から参戦を要請されていたのだ。

19時過ぎに電話で予約すると、21時以降ならOKとのことだったので、21時に店に着くと店内は満席。
席に着いてメニューを見る間も空腹で頭がクラクラして何から食べようか非常に迷ってしまう。
とりあえずは、「麻婆豆腐」、「空心菜の炒め物」、「卵とトマトの炒め煮」、「焼きそば」をオーダー。

妹は辛い物が全くダメなので、「激辛で!」というオーダーはしなかったが、麻婆豆腐は辛さ以前にコクを前に出した味のバランスがとてもいいし、空心菜の炒め物はニンニクの香り高くザッと炒めた空心菜に白湯ベースのゆるい餡がかかっているもので、ものすごく滋味深い。
卵とトマトの炒め煮も、チープなケチャップな味はするけど、食べ始めると箸を止めることができないシンプルながらも魔性の味だ。

その後オーダーした「サンラータン(すっぱ辛いスープ)」が、今までに食べたことのない独特の味。
トムヤムクンのレモングラスのような爽やかかつ少し苦みを感じる酸っぱさと、唐辛子と言うよりは胡椒系(?)の耳の奥がジンジンする辛さが後を引く素晴らしい一品。

私はまだまだ食べられたけど妹はそろそろ満腹というので、デザートにココナッツミルクの蒸し菓子をオーダー。これがもっちりした皮と絶妙な甘さの熱々のカスタードクリームのコンビネーションが激ウマ。
店主曰く、このメニューはこの日リニューアルして初披露のものだったらしいが、私たちが大騒ぎして大絶賛したのでとても満足そうだった。

これだけ食べて大満足&満腹になってお会計は3人でなんと\4,970という破格の安さ。
一度訪問しただけでマイラブなお店と相成った。
今回は食べなかったが、この店の名物激辛料理「牛肉の四川風煮込み」には激しくひかれるので、また辛い物好きを募ってリベンジすることにしよう。





200811022141.jpg


200811022143.jpg


200811022200.jpg


200811022221.jpg


【2008/11/19 23:30】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
某和食店にて
11/2(日)は実家へ帰ったので、とある和食店で家族揃っての会食。

このような機会がこれから少なくなると思うと感慨深い。





【2008/11/19 22:35】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
緑地公園 ラ・フォカッチャ
11/1(土)のランチは、自転車でポタリングついでに、緑地公園の「ラ・フォカッチャ」へ訪問。

オーダーは「パスタランチ」(スープ、食べ放題のパン、デザート、ドリンク付きで\1,100)。
パスタは3種類から選択できるので、この日は「鶏肉ときのこのオイルソース」をチョイス。
これが私好みの塩加減な上、きのこの香りを満喫できるなかなかの出来。
パンもおかわりして6種類くらいをいただいた。

その後店頭で売っているパンを買って帰ったのだが、それほどパンに興味のない私もおいしくいただくことができた。
一度早い時間に行って、いつも売り切れているサンド系を買って食べてみたいな。





200811011325.jpg


【2008/11/19 22:34】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷町五丁目 一味禅
10/31(金)のランチは、早い時間に通りがかった「一味禅」に久々の訪問。

オーダーはこの店での私のスタンダード「造り定食」(\840)を「カット」で。
出てきた造り定食は、昨今の食材費の高騰を受けてか明らかにボリュームがダウンしている(と言っても一般的な店よりは多いのだが)。

こうなると往時の迷惑なほどのボリュームが懐かしく感じられる。
その代わりと言っては何だが、この日のごはんの炊かさり具合はなかなかよかった。



【2008/11/19 22:32】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
淀屋橋 小ぼけ
10/30(木)のランチは、玉子かけごはんの口だったので、ちょうど淀屋橋付近にいたし久しぶりに「小ぼけ」(キャパの大きい方の通称「大ぼけ」)へ。

13:30過ぎと時間が遅かったのだが、店内にはそれなりに先客がいた。
オーダーはがっつり食べとこうと「唐揚げ定食」(\780)をオーダー。

この店のごはんの盛りはデフォルトでは多めなので、最初から2個玉子を溶いてかけてしまうのが私流。
しかし、2個全卵だとごはんがじゅるんじゅるんになってしまうのが難点。そうだ、以前は1つは全卵、もう1つは黄身だけにしていたんだっけ。

たっぷりの唐揚げとともに玉子かけごはんを満喫し、これまた大好物のキュウリの漬け物(これがヘンにうまいのだ)もたくさん食べてご満悦。





【2008/11/19 22:30】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本町 ワインちゃん 瓦・町・路・地
先日自転車でポタリングしてると、緑地公園の「西井水産(江坂魚問屋)」の隣に新しくラーメン店がオープンしてるのに気がついた
店を確認してみると、以前姫路で入ったことのある「虎と龍」だった

200811151427.jpg

---

10/29(水)の夜は、会社の後輩2人と「ワインちゃん 瓦・町・路・地」へ。
前回ランチのハンバーグを食べたときに興味をひかれた店だったので、事前に予約を取ってからの念願の再訪だ。

3人掛けのカウンターに腰をかけ、まずはビール等で喉を潤す。
フードは1人\3,150でおまかせのコースもあるけど、後輩の女子2人はそれほど量を食べるタイプではないので、様子を見ながらアラカルトで食べていくことに決定。
まずは「前菜盛り合わせ」と「白子ときのこのソテー」、「季節の野菜とカマンベールのグリル」(以上料理名はうろ覚え)をオーダー。

やってきた前菜盛り合わせは、3種類のミニトマト(北海道産、高知産、あと一つは失念)のカプレーゼ、里芋の金山寺味噌、海老のトマトソース、厚切りベーコン、イワシのロースト等が盛り合わさった、とてもゴージャスな一皿。
それら一つ一つの料理が、シンプルなつくりながら素材の良さを前に出した、とても好感の持てる物ばかり。
ミニトマトは産地ごとに明確な味の違いを感じることができるし、ベーコンは飲み下すのがもったいなくなるほどの味わい、付け合わせには珍しく海水晶、等々、この前菜盛り合わせだけで一同大盛り上がり。

その後奥さんにおすすめされた\3,000位の赤ワイン(これがまたうまかった!)を飲みながら、薫り高いキノコや、味の濃い野菜等を上機嫌でいただく。

その後肉系を行っとこうと「牛みすじ肉のグリル」をおいしくいただいて、お会計はシメて\12,000。内容を考えると非常に安い。

この店は魚介や肉系ももちろんおいしいのだが、いろんなおいしい野菜を繰り出してくるので種々の季節の野菜を味わいたい私にはジャストミートな店。
次の再訪が楽しみだ。





200810291927.jpg


200810291934.jpg


200810292004.jpg


【2008/11/18 22:17】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三宮 タン・カフェ
10/29(水)は神戸で仕事。
エスニック気分だったので、ランチはさんプラザ地下のベトナム料理「タン・カフェ」へ久々の再訪。

オーダーは前回と同じ「ブンチャーセット」(\880)。
一緒に出してくれるチリソースや唐辛子の酢漬け等を入れて、辛さをアップしておいしく完食。

あいかわらずスタッフはみんな陽気で気持ちいい店。
一度夜に来てみるのもいいかも。





【2008/11/18 22:13】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
福島 大洋軒
久しぶりに老香港酒家の飲茶バイキングを食べたいなと思って調べてみたら、いつの間にか北野や心斎橋そごう、高槻の店は閉店していて、三宮高架下と烏丸の二店舗だけになってる
ここまで経営を縮小すると、味も落ちたりしてるのだろうか

---

10/28(火)は福島で仕事。
同行していた後輩が唐揚げの口だと言うので、いっちょ驚かせるかと以前訪問した中華「大洋軒」へ連れて行くことに。

ここの唐揚げ定食はかなりのボリュームなのに低価格(\680)なので、昼時はウェイティングができることも多い人気店。
後輩は他の客が食べている唐揚げの量を見て結構インパクトを受けていたみたいだけど、もちろん唐揚げ定食をオーダー。
私は以前唐揚げは食べたし、野菜が欲しかったので「皿うどん」(\680)をオーダーした。

後輩を驚かせるつもりで連れて行ったのに、私が頼んだ皿うどんのボリュームもかなりのもので、ちょっと自分が驚いてしまった。
かなりの盛り具合だけど、中身は揚げ麺なのでみっちり詰まってるわけではないし、少し甘めの餡も飽きない味で、たっぷりの野菜とともにおいしく完食。
後輩も唐揚げを普通に完食していた。

他の客が食べていたちゃんぽんもうまそうだ。
これからの季節、あのちゃんぽんはおいしいだろうな。





【2008/11/14 23:53】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
三宮 まこと
10/27(月)の夜、三宮で仕事を終えて少し飲んで帰るかと、前回訪問してお気に入りとなった串揚げ「まこと」へ再訪。

この日の自分の中でのミッションは、全部ソースで食べずにネタによっては塩で食べてみること。
1本\90均一の串揚げは「しいたけ」、「げそ」、「あじ」を塩でいただいたが、やはり目論見通りしいたけは塩だ。

その他「玉ねぎ」、「貝柱」の合計串が5本と、「ビール」(小瓶のみで\270)を2本飲んで、滞在時間15分くらいでお会計は\990。
やはりこの店の雰囲気好きだな。飽きないペースで通うことにしよう。





【2008/11/14 23:48】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。