スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
谷町四丁目 守破離
液晶TV買いました
まだ届いてないけど、なかなかいい買い物ができましたぜ

---

10/15(水)のランチは、以前から再訪の機会をうかがっていった谷町四丁目の蕎麦「守破離(しゅばり)」へ。

オープン当初の前回訪問時よりランチのメニューは増えていた。
何となく天ぷら系の口だったので、「小海老天おろしそば(冷)」(\950)を「大盛り」(\150up)でお願いする。
その後お茶を飲みながら店内を見ていると、オープン後日が経ったからか前回のようなオペレーションの悪さは解消されていた。

出てきた小海老天おろし蕎麦は、予想に反して平たく底の浅い器にたっぷりのかけダシとともに出てきた。
大盛りにすると蕎麦の量はかなり多くなるので、これはとてもうれしい(前回訪問時は大盛りの選択肢はなかった)。
小海老天は確かに小海老でホントに小さいけど、揚げ具合もよくなかなかのもの。

この日食べた器には縁に注ぎ口が付いていて、「ははぁ、そば湯を頼んだら空の蕎麦猪口が出てきて、この注ぎ口から残ったかけダシを猪口に入れるんだな…」と察したのだが、果たしてそば湯をお願いすると、出てきたのはそば湯のみ。
そこまで考えて器を選んでるわけではないようだ。気を取り直して店員さんに空の蕎麦猪口を出していただけるようにお願いした。

そば湯を注いでみると、前回訪問時はさらっとした自然体だったそば湯が、ドロッとしたとろみがあり蕎麦の実の粒々も入っている「手をかけた」そば湯になっている。
うーん、こういうそば湯がおいしいって言うのはわかる。わかるんだけど何か違和感を感じるのだ。
やはりそば湯は作為的なものではなく、あくまでも蕎麦の副産物であって欲しい。以前にも書いたけど、「あますところなくいただきました」という感じが大切なのだ。
(とは言え、蕎麦屋を営業する上である程度そば湯の出し方に工夫が必要なのはわかる。それがないと口開けの客にはすごく薄いそば湯を出さなければならないし…)

そば湯の件は残念なところもあるが、それ以外はいい感じに進化してると思う。
よく通る便利な場所にある店なので、今後も定期的に通うことになるだろう。





200810151205.jpg


200810151208.jpg


200810151211.jpg


200810151212.jpg


スポンサーサイト
【2008/10/30 21:47】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
西梅田 インデアンカレー
10/14(火)のランチは、あまり時間がなかったので通りがかりの「インデアンカレー」堂島店へ。

いつものレギュラールー大盛りを食べるつもりだったのだが、空腹だったのか食券を買うときに無意識に「カレー大盛り・ルー大盛り・ピクルスも大盛り」と全サイズアップでお願いしてしまう。
お会計は「カレー」(\730)+「ごはん大盛り」(\50up)+「ルー大盛り」(\200up)+「ピクルス大盛り」(\50up)の\1,030。

やっぱごはん大盛りは多いな…。
きちんと食べきったけど、今の私には腹八分目のレギュラーがベストか。





【2008/10/30 21:42】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 ひょうたん寿し
10/13(月)のランチは、お寿司の口だったので江坂の「ひょうたん寿し 江坂本店」へ。

オーダーはいつもの「にぎり定食(1.5人前)」(\980)。
出てきたにぎりを一瞥した瞬間、ネタのランクが下がっていることに気がつく。
特にマグロがなくなって代わりにトロサーモンになっているのが一大事。

確かにこの物価高とマグロの高騰を考えればしょうがないけど、非常に残念。
ひょうたん寿しよ、お前もか、と肩を落として店を出た。





【2008/10/30 21:37】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
10/12(日)のランチは、自炊で済ませたため省略。


【2008/10/30 21:35】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 またきてや
10/11(土)のランチは、自転車で江坂に出て、おなじみの中華「またきてや」へ。

オーダーはこれまた私の定番「五目やきそば」(\750)。通称「ゴモヤキ」。

最近このゴモヤキの味がだんだん濃くなっていってる気がする。
以前はもっと塩焼きそば寄りのあっさりかつ香り高い味だったのだが。





【2008/10/30 21:34】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
錦市場 牡蠣のだいやす
11/10(金)の夜、早い時間に仕事を解放されたので、帰り道に錦市場を通って帰ることに。
特にあてのないまま市場に入った瞬間に、以前から存在は知っていた「だいやす」に空席があるのを発見し、ちょっと飲んで帰るかと店に飛び込んだ。

この店はもともとは牡蠣を専門に販売する市場内のお店だったが、何年か前に改装してカウンターを併設し、店先で焼いた牡蠣などの魚介類を食べることができる店に変わったみたいだ。調べてみると、創業75年以上の老舗とのこと。

この店は初訪問だったけど、特に難しい作法やシステムもないみたいだし、まずは「生ビール」(\400)と「焼き牡蠣」(1個\180)を3個、「焼き蛤」(\300)をお願いした。

ビールを飲んで人心地ついたところに、牡蠣とはまぐりが登場。
まだ走りの時期だし大粒ではないが、やはり牡蠣はうまい。
焼き牡蠣は殻に乗せて出てくるが、粒の小さいものは一つの殻に2つの身が乗っていた。
ダシ醤油のようなものをかけて焼かれているので味が付いているのだが、個人的に焼き牡蠣はプレーンにレモンだけかけて食したい。
また、焼き具合がかなりしっかり目だったのが少し残念。

反して蛤の火の通し具合は見事の一言。むっちりした肉の水分やうまみを逃すことなくぷっくりと焼かれていて、海の恵みをあますところなく満喫できる。
正直に言うと、「1個\300はちょっと高いな…」と思いながらのオーダーだったのだが、これなら文句はまったくない。

ビールを飲み干したので、追加でビールをもう一杯と「鯛の子煮付け」(\500)をお願いする。
出てきた鯛の子はほんのり暖かく、こっくりとしながらもベタベタした味のしないなかなかの炊き具合。
ただ、一人で食べるには少し量が多かったか。

もともとサッと飲んで帰るつもりだったので、ここでお会計をするとしめて\2,140。
観光向けの価格も込んでいるのかコスパはいいとは言えないけど、話のネタ以上の価値はあると思う。
ただ、夜遅くまでは営業していないのがネック。冬場の京都で昼酒としゃれこめる時用に覚えておこう。





200810101705.jpg


200810101709.jpg


200810101716.jpg


【2008/10/30 21:32】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京都 蕎麦の実 よしむら
11/10(金)は終日京都での仕事。

12時少し前に五条駅近辺でランチを摂れる時間になった。
時間があれば四条烏丸まで歩いて、お気に入りの洋食「レストラン亜樹」に行きたかったけど、あまり時間に余裕がなかったので、目についた蕎麦処「蕎麦の実 よしむら」に入ってみた。

店内に入ってみると、店員さんはみんな「いらっしゃいませー」ではなく、「おこしやすー」と挨拶してくれる。まあ、観光向けプレゼンテーションだろうけど。
オーダーは日替わりの蕎麦とごはん物がセットになった「そば膳(二)」(\980)をお願いした。
この日の蕎麦は「まつたけそば」、ごはん物は「親子丼」だった。

すぐにでてきた蕎麦は平打ちで、ダシはダシの香りも吸いごたえもあってなかなかうまい。期待してなかった松茸もそれなりに入っていたし満足。
親子丼は小振りな丼に入ったもので、たっぷりの卵でフワフワにとじられているけど、ダシが多すぎてベシャベシャになっておらず、おいしくいただくことができた。

全体的に少し高めだけど、大きくハズすことはないといった印象。
京都で親子丼と言えば、西陣の「鳥岩楼」の昼の親子丼を思い出す。玄関先のあの九官鳥は今でも健在なのだろうか。

(この日は写真はありません)


【2008/10/30 21:26】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西梅田 かもめキッチン
ここ何年もTVなしの生活でしたが、近日中に液晶TVを買おうと思います
と言っても、テレビ放送を見るつもりはあんまりないんだけど

---

11/9(木)は西梅田で早い時間にランチできることになったので、先日オープンしてからの課題だった、ブリーゼブリーゼの洋食「かもめキッチン」に初潜入。

予想はしていたとは言え、オープン直後のビル内は平日なのにえらい人出。
6Fのレストランフロアにたどり着いて店の前に来てみると、11:20頃なのにウェイティングが出来ている。
ウェイティングボードに名前を書いて待つこと10分ほどで、ようやくカウンター席に通された。

ランチメニューには日替わりのハンバーグ(\1,050)もあったのだが、この日は同じハンバーグでもランチのレギュラーメニューの「ハンブルグステーキランチ」(スープ、サラダ、パン or ライス、ドリンク付きで\1,380)をお願いした。

最初に出てきたスープとサラダはごく普通のもの。ただ、サラダは少しボリュームがあるのがうれしい。
しかし、オープン直後ということもあり、カウンターからガラス越しに見える厨房内は大忙しみたいで、結局私のハンバーグとライスが出てきたのはオーダーから30分後。

ハンバーグそのものは肉質ギッシリ系なのだが、どうも薄いハンバーグを2枚重ねてその間に肉汁を出すものを挟んでから焼いているみたいで、中心部にナイフを入れると作為的な肉汁がこぼれ出る仕組み。
また、オープン直後かつ忙しくてオペレーションがスムーズに行かないのはわかるけど、ハンバーグの付け合わせはみんな冷めてるし、ライスにいたってはこれいつ皿に盛ったんだと思うほど、表面は乾いていて冷めている残念な出来。
この内容でこの価格は正直高い。唯一ホールのマネージャーらしき男性の方の愛想がよく気持ちよかったのが救いか。

この店はその店名から、東京の洋食「つばめグリル」と何らかの関係がある店ではないかという疑問があって、今回はその疑問に対する答えを求めての訪問だった。
同じハンブルグステーキという名前でも、あのラケット型の木のプレートや、アルミホイルを開けると湯気とともに登場するハンバーグ、デミグラスというよりはビーフシチューというソース、etc…などのつばめグリルの特徴は全くなかったので、たぶん無関係なのだろう。
人出が一段落すれば本来のポテンシャルを発揮するのかもしれないけど、現時点ではあまりおすすめできないというのが正直な感想。





200810091204.jpg


【2008/10/26 20:00】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
京都 串くら
11/8(水)は終日京都での仕事。
ランチは仕事先の人に連れられて、焼き鳥の「串くら」という店に行った。

店の外観は町屋風で、靴を脱いで店内に上がると坪庭や床の間もある少し高級な焼き鳥屋という風情。
ランチは「日替わりランチ(この日のメニューは唐揚げだった)」(\880)をお願いした。

出てきた日替わりは、唐揚げの量もたっぷりだったし、何よりごはんがうまい。
味噌汁も京風に白味噌の入った合わせ味噌で、ほんのり甘く具だくさんのほんわりする味噌汁。
全体的にこの価格でこの量と味はかなりイケてると思う。

昼時の店内は周囲の勤め人で賑わっており、人気があるのもわかる店。
後から調べてみたら、とんかつの「かつくら」と同じ会社が経営しているらしい。

(この日は写真はありません)


【2008/10/26 18:56】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天満橋 SASALA
11/7(火)のランチは、以前から前を通りがかって気になっていた、天満橋の坦坦麺の店「SASALA」へ。

坦坦麺は黒胡麻と金胡麻とがあったので、初訪問だしスタンダードな「金胡麻坦坦麺(大)」(\800)をオーダー。
辛さの調整は出来るのかうかがうと、どのくらい辛くしますかとのことだったので、「かなり辛めで」とお願いした。

出てきた担担麺は、スープそのものはいいんだけど、胡麻のクリーミーさが主張し過ぎてる気がする。辛さは私にはほとんど辛くなかったので、テーブル上のラー油をかけて底上げした。
具の水菜は、しゃきしゃきしたコントラストが出てなかなかいい。
ただ、麺が柔らかめなのがイマイチで、トータルで見たら普通の担担麺というところ。

うーん、担担麺って諸手を挙げてうまい!ってやつになかなか出会えないな…。
実は私ってもともと担担麺がそれほど好きじゃないんだろうか。





【2008/10/26 18:52】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三宮 まこと
新しい中華鍋を買いました
おろすのにトータル2時間強かかったけど、これからの成長が楽しみ

---

10/6(月)の夜、神戸での仕事を終えて三宮で少し飲んで帰ることに。

三宮近辺には「藤原」や「BAKUDAN(麦談)」など気になる店はあるのだが、この日は以前からの課題だった串揚げの店「まこと」に初潜入。

18時頃店に入ると、店内は2列のカウンターのみでキャパはせいぜい15人ほどか。
まだ早い時間だったので先客は4人のみ。
事前にある程度の情報を得ていたのだが、この店の串揚げはすべて1本\90という低価格(冬場の牡蠣は除く)。
串揚げのラインアップはこの日は12種類。
ドリンクはビール(キリンラガー or 黒ビール)、酒しかない上に、ビールは「小ビン」(\270)のみ。長居する店ではないってことだ。

まずはビールを頼んで、串は「えび」、「しいたけ」、「貝柱」をお願いする。
店の奥の揚場では、おばあちゃんが丁寧かつ手際よく串を揚げているのが見える。

揚がった串は自分の前のお皿に置いてくれるので、目の前のソースの入ったバットに串を漬けて、よくソースを切ってから口に運ぶ。
衣はさっくり色よく揚がっており、海老も貝柱もいい火の通し具合。
タネの鮮度もよく、これで1本\90というのは本当に良心的な価格だ。
(つい最近までは1本\80だったが、値上げして\90になったみたいだ)

また、しいたけがものすごくうまい。衣の中のしいたけは、熱を通してくたっとなる寸前の絶妙な揚げ具合で、いわゆる「汗をかいた」状態。
何も考えずにソースに漬けて食べてしまったのだが、これは塩で食べた方がうまいかもしれない。

小ビンのビールは速攻でなくなったので、串のおいしさに気をよくしながら「黒ビール」と「いも」、「うずら」、「鮭」、「玉ねぎ」を追加でお願いする。
うずらは中の玉子は温まった程度で熱々の状態ではないけど、衣はさっくり揚がっている。
鮭も身のほんわり感をキープした非常にいい揚げ上がり。

そのうち店が混んできた上に、6人ほどの大口客が店に入ろうとしていたので、ここで店を出ることに。
滞在時間20分弱でお会計は串7本、ビール2本で\1,170。

値段は駄菓子屋のような価格だが、味はうまいしなかなか気に入った。
また仕事帰りにここでチョイ飲みして帰ろう。





200810061745.jpg


200810061756.jpg


【2008/10/22 23:25】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
三宮 ジャディアン
新しいフォールディングバイクが我が家の仲間に加わりました
こいつがまたカワイイんだ

---

10/6(月)は終日三宮で仕事。
ランチは以前から訪問しようと思っていたカレー専門店「ジャディアン」へ。

12時過ぎに地下にある店に入ると、店内は7割ほどの埋まり具合。
カレーは「ひき肉ときのこカレー」、「チキンカレー」、「ベジタブルカレー」の3品のみ。
それぞれ単品、アチャール付き、サラダ付き、アチャール&サラダ付きが選べる。
どれにしようか迷ったが、スタンダードっぽい「チキンカレー(アチャール付き)」(\820)をチョイス。

ライスはサフランライスで、カレーはアブラっ気の少ないさっぱり系。インド系と日本の洋食系の中間みたいな感じ。
スパイスの効かせ方はマイルドで、果実と野菜の繊維と汁気のバランスがいい。
胸焼けせずにさっぱりいただけるなかなかおいしいカレーだ。
カレーそのものは辛くないのだが、真ん中に盛られているアチャールがなかなか辛い。

少し汗ばんだけどおいしく完食。
仕事でよく通る場所にあるので、また来て他のカレー食べよう。
といいつつ、この店の横にあるハンバーガーの「GRINDERS」もずっと前から気になってるんだけどな…。





200810061217.jpg


【2008/10/19 21:32】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
10/5(日)のランチは、自宅で自炊したので割愛。
十数年ぶりくらいにホットケーキを焼いて食べました。


【2008/10/19 21:27】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 スパゲティハウス
10/4(土)のランチは、自転車で江坂の「スパゲティハウス」へ。

オーダーは「山の幸(トマト)」(\850)を「Lサイズ」(\50upだけど会計時にもらえるクーポンを一枚使うことで無料)。
いつものようにサラダは「イタリアンサラダ」にアップグレード(\450up)。

この日のLサイズはなんだかやたら多かった気がする。
ダイエット続きで胃が小さくなったかな。





200810041200.jpg


【2008/10/19 21:26】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
大阪駅 潮屋
10/3(金)のランチは、急いで次の仕事先に移動するため、サクッと済ませようとタイトな乗り換えの時間の中、JR大阪駅構内の立ち食いそば「潮屋」へ。

新梅田食道街の「潮屋」には時々行くけど、この店は少し品揃えが違うようだ。
少し油っ気が欲しかったので、オーダーは「キス天そば」(\360)。

ここのそばは普通の立ち食いそばで出す画一的な茹で麺とは一線を画すもので、口の中では少しエッジを感じさせながら、するっと胃に落ちていく出来のいい麺。
絶対的なボリュームは足りなかったけど、なんか胃に入れるとその後もテンションを落とさずにすみますな。





【2008/10/19 21:24】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
十三 はながさ
10/2(木)の会社帰りは十三で途中下車して、沖縄立ち飲みの「はながさ」へ。

訪問したのは21時少し前だったが、ご多分にもれずほぼ満席。
カウンターの一番端っこになんとか取りつくことができた。

オーダーは「生ビール」に「豆腐チャンプルー」でスタート。
ここの豆腐チャンプルーはカツオと豚のエキスがバッチシ効いていて、非常においしい。

その後「残波(黒)(水割り)」と「ポーク玉子」をお願いする。
この店のポーク玉子は幾何学模様のようにスパムを並べて焼くのが特徴。

この日はこの4品でお会計は\1,570。
久々に食べたけどスパムうまいな。
スパム買って家で焼いて食べようか。






【2008/10/19 21:22】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪駅前第1ビル カレーのマグナム
10/2(木)のランチは、大阪駅前第1ビルB2Fのカレースタンド「カレーのマグナム」に初訪問。

この店は取引先の方に「おいしいよ」と教えてもらった店なのだが、調べてみるとなんと三宮の名店「SAVOY」で長年勤務された方が独立して始めた店らしく、それは行かねば!と訪問したのだ。

カレーは\700で、ごはんはサフランライス、同じ料金でライス大盛・普通・少なめが選択可能、トッピングは生卵(\50)のみ、というのは三宮と同じ。

食べてみるとSAVOYより微妙にあっさりしているが、食べ放題のピクルスはより多い6種類あるし、何よりカレーのマグナムにはない辛さアップアイテム(アカース@堺筋本町と同じ酸っぱ辛いピクルスみたいなやつ)があるのがポイント高い。

カレーそのものは、野菜とフルーツの繊維感はあるけどシャバシャバで、辛さはほとんど辛くないが、三宮の名店の味を梅田で気軽に食べることができるので、個人的に嬉しい発見。
時間がない時などに重宝すると思う。





200810021432.jpg


【2008/10/19 21:20】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
福島 亜州食堂 チョウク
「カイジ実写映画化」って、俳優はみんな付けっ鼻してんのかな

---

10/1(水)のランチは、以前から話を聞いて行ってみたかった福島の「亜州食堂 チョウク」へ初訪問。

浄正橋の交差点の南西に当たるこの近辺は、斜めに道が入り組んでいるので少しわかりづらい土地だ。
この店も大きな通りからグイグイッと鋭角に路地を入っていかないと見つけられない。

この店は南インド料理専門店ではなく、アジア全域のゆるい料理を食べれる店で、この日のランチメニューは「ミールス(南インドのベジタリアン向け定食)」(\850)または肉が入ったノンベジのマレーシア風カレー「ナシ・カンダール」(\750)の2種類のみ。

オーダーはもちろん興味を持っていた「ミールス」。
ライスはデフォルトでは普通の白米だが、\100upでタイ米のジャスミンライスに変更できるので、もちろん変更。

ミールスはバナナの葉を模した皿に盛られて出てくる。
ジャスミンライスの他には、

・サンバル(スパイスまったりの野菜スープカレー)

・ダル(辛くない豆カレースープ)

・ポリヤル(日替わり野菜のスパイス炒め)

・ライタ(野菜のヨーグルトサラダ)

・バナナ

といったラインナップ。

これらのおかずを少しずつライスと混ぜて食べると、まったく肉っ気&脂っ気がなくて、あっさりまったりホントにうまい。
後半はバナナ以外を全部ライスにかけて、全部まぜまぜして完食。
私は備え付けのスプーン&フォークで食べたが、現地の人みたいに手で直接食べる人は\50引きだそうだ。

いかにもヘルシーかつカラダに優しい味で、毎日食べると健康になりそうだし、とても気にいった。
この日訪問した時はランチメニューは2種類しかなかったけど、現在は週一日限定でビリヤニが始まったみたいだし、今後カオマンガイも出す予定とのこと。
それと、個人的に最近興味を持っているカヤジャムを使ったカヤトーストも土曜日の朝だけ出してるそうだ。
奥さんに伺うと、この店のカヤトーストは4種類のカヤジャムをブレンドしているとのことだった。

ちょっとわかりにくい場所だけど、キレイで開放的なお店だし、ミールスの食べ方もちゃんと説明してくれるし、女子お一人様でも全然OK。
また近いうちに行こうと思う。





【2008/10/17 23:49】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
谷町四丁目 オステリア・アランチャ
9/30(火)のランチは、小雨の降る中、谷町四丁目のイタリアン「オステリア・アランチャ」へ。
前回訪問時にパスタの出来が個人的に納得いかなかったので、再確認ということで。

オーダーは前菜、パン、パスタの構成のAランチ(\850)。
この日のパスタはトマト系とクリーム系の2種類だったので、「鶏挽肉ときのこのクリームソース」を「大盛り」(\100up)でお願いする。

前菜はサラダに豚肉とジャガイモが乗ったもの。相変わらずここの前菜は食事してる感があっていいな。

肝心のパスタは、今回はかなり固めの茹で具合。アルデンテの2歩手前だけど、細目のパスタなので食べ進む内に伸びることを考えると許容範囲内。
大盛りはさすがの量で、量を欲するサラリーマンにもコミットできるボリューム。

今回はかなり満足の出来。前回はたまたまだったのかも。





200809301215.jpg


【2008/10/17 23:44】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅田 揚子江
9/29(月)のランチは、梅田で手早く済ませる必要があったため、お気に入りのラーメン「揚子江」へ。

オーダーは「チャーシューワンタンメン」(\750)を麺固めで。
一玉目を秒殺で食べきった後、「替え玉」(\200up)をお願いする。

ここの替え玉は麺だけではなくスープもたっぷり入れてきてくれる。
ただ、小さなドンブリにみちみちに麺とスープを入れてくるので、元々のドンブリに移し替えるのに神経を使うのだが。

ちなみに、この店で大盛り(\200up)を頼むと、普通のドンブリに大盛りの麺を入れるので相対的にスープの量が少なくなってしまうため、小さなドンブリに別でスープを持ってきてくれる。
まさにスープ好きにはこの店は約束の地だ。
ただ、後半麺が伸びるので、替え玉の方が麺をおいしく食べられると思う。





【2008/10/17 23:41】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
江坂 Bocci de Birra
9/28(日)のランチは、自転車で江坂に出て「Bocci de Birra」へ。

オーダーは「パスタランチ」(\850)を「大盛り」(\100up)で。
パスタはホワイト系、オイル系、トマト系の3種類から、「ソーセージと甘長唐辛子のトマトソース」をチョイス。

パンもしっかり完食した上に、結構な大盛りパスタを食べたのでおなかいっぱい。
相変わらずの人気で、12時前には満席になっていた。





【2008/10/17 23:40】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北浜 Le Bois
J.CREWって日本から撤退するんですねぇ

---

9/27(土)は、北浜のサイクルショップに自転車を見に行ったついでに、以前から行ってみたかったカフェ「Le Bois(ル・ボワ)」でランチすることに。

店のある2階に上がってドアを開けてみると、過度にオシャレ過ぎなくて男一人でも大丈夫な空間。
オーダーは、「メツゲライクスダさんのベーコンサラダ」(\1,050)。
名物の「短角牛のハンバーガー」(\1,200)を食べてみたかったんだけど、このところ顎関節症が悪化して、大口開けて咀嚼するようなものを食べられなかったので泣く泣く断念。

とはいえ、サラダは野菜もたっぷりだし、スープも優しい味わいで、満足感は高い。
パンもおいしいのだがハードなものだったので、強く噛みしめられない自分にとってはちょっとキビしかった。

食後はアメリカーノをいただいてまったりしてから店を出る。
仕事でよく来る場所なので、また再訪しよう。





【2008/10/14 22:40】 | カフェ・お茶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この日のランチ日記はありません
9/26(金)のランチは、仕事の都合でコンビニで済ませたので割愛。


【2008/10/14 22:33】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本町 船場カリー
9/25(木)のランチは、カレーの口だったので久々に「船場カリー」の本店へ。

13時過ぎに入ったので、店内は半分ほどの埋まり具合。
オーダーは「ビーフほうれん草」(\800)を「ちょい辛」(\50up)に、オプションで「温泉卵」(\50up)。

やはり本店はカレーがしっかり熱くてうまい。
他店(特にフランチャイズ店)ではカレーがぬるいことが多いのだ。

この日はスーツだったからちょい辛にしたけど、今度休みの日に軽装で本店に来て激辛食べよう。





【2008/10/14 22:31】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
十三 十三屋
9/24(水)の仕事帰りは、例によって途中下車して「十三屋」で飲んで帰ることに。

この日の目的は以前食べられなかった「鯛の煮付け」。
皮目のゼラチン質のところが非常にうまい。

その他最近(自分の中で)人気メニューの「ミンチカツ」や、「じゃこおろし」を食べて、ドリンクは生ビールとチューハイレモンの2杯でお会計は\1,540。

最近では、この店の\400以上のメニューは自分にとっては高級品という認識。
だいたい\1,600くらいで納めるのがパターン化しつつある今日この頃。





200809241928.jpg


【2008/10/14 22:30】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北浜 kuunel kitchen
江坂の東急ハンズで10/26までマンダリナダックのフェアをやってるんだけど、出てる品々はオリジナルではなく、日本のエース株式会社がライセンシーを取って生産してるもののみ
これで「イタリアで大人気のバッグです!」と言われてもなぁ…

---

9/24(水)のランチは、以前から行ってみようと思っていた北浜の「kuunel kitchen(クウネルキッチン)」に初訪問。

店の前の黒板に書かれているランチは3種類。その中でも前から気になっていた「C.ハーブをきかせたボロネーゼライスと温泉卵」(\800)にアタリをつけて店内へ。

12:45頃店に入ってカウンターに座ったが、店員さんのもうAとBは売り切れです…との恐縮した言葉にも、いえ、Cでいいですと力強くオーダー。

色の薄いオニオンスープみたいなちょっと不思議な味のスープの後に出てきたボロネーゼライスは、トマトの酸味が控えめなんだけどハーブが爽やかな味で、かなりお気に入りの味。
オプションでもっとチーズを頼めるのなら、タコライスっぽくなっていいのにな。

ランチでは\100でドリンクやデザートもをつけることも出来るので、女子には人気みたいだ。
店のblogでランチメニューは確認できるけど、早い時間に行かないとこの日みたいに売り切れになっていると思う。

男性ばかり3人の店員さんもベタベタしないけど、フレンドリーな感じでとても好印象。
安くてうまそうなワインの品揃えもいいし、近々夜に行ってみたい。





200809241257.jpg


200809241311.jpg


【2008/10/13 18:52】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千里中央 Nha Viet Nam
9/23(火)は千里中央のヤマダ電機を見に行ったついでに、同じ建物のレストランフロアにあったベトナム料理「Nha Viet Nam(ニャーヴェトナム)」でランチすることに。
どうも東京にある店の支店らしい。

オーダーはフォーとチキンカレーがセットになった「ミニカレーとミニフォーのセット
」(\1,050)
フォーを「蒸し鶏と野菜」、「牛肉と野菜」、「魚介と野菜」、「ピリ辛豚挽肉と厚揚げ」の4種類から選べるとのことだったので「魚介と野菜」をチョイス。

フォーの薬味は別皿で出されたが、ちゃんとライムもあった(小さいけど)。
唐辛子は辛いので少しずつ入れてくださいと言われたけど、最初から全入れ。

スープもフォーも特に文句のないなかなかの味。もう少し熱くてスープがたっぷりだとうれしいかな。
途中からはテーブル上のチリペーストを入れて味を変えながら食べていく。

チキンカレーの方は、これはかなりぬるい上にパンチもまろやかさもイマイチな上、スープ皿みたいな皿に入っていて食べにくい。これは失敗。

オープンしてかなり経っていると思うけど、ホールのスタッフのアテンドが荒くて少し閉口。





【2008/10/13 17:37】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷町二丁目 鰻天
9/22(月)のランチは、昼時はいつもウナギを焼く煙を出していて気になっていた谷町二丁目の「鰻天(まんてん)」(注:リンク先は音が出ます)に初訪問してみた。

早い時間は\500のワンコイン鰻丼もあるみたいだ。
この日は初訪問だったし、気張って「うな重」(肝吸い付きで\1,500)をオーダー。

焼きは関西風で、鰻は肉厚でボリュームたっぷり。
ただ、肉の味は大味でタレで食べさせる感じ。
肝吸いはダシの効きがイマイチで、肝も少し生臭さが残っている。

ごはんの量は結構なもので、食べ終わると満腹になった。
この店では廉価なメニューを食べてコスパを追求すべきかも。





200809221305.jpg


【2008/10/13 17:30】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 王将
9/21(日)は、食べるものが定まらないまま江坂を放浪。
なんとなく中華の口だったので、そういえばここって行ったことないなと、内環沿いの「王将」へ入ってみた。

オーダーは「ニラレバセット」(\780?だったかな?)。

結構な量だったのでがんばって完食。
まあ、普通の王将ですな。





【2008/10/13 17:28】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 兵六そば
9/20(土)は、前夜仕事関係の飲み会で深夜まで深酒していたので、起き上がるのもしんどいほどの二日酔い。
カラダがダシ分を求めていたので、這いずるように江坂の蕎麦処「兵六そば」(店の場所はここ)へ。
いつの間にか店のホームページがリニューアルしてる。

オーダーは「鴨なんそば」(\900)。
ここの店のダシは好きな味なんだけど、それに鴨エキスが加わって最強のコンビネーション。

普段は全汁しないけど、この日は二日酔いも相まって全汁。
その後帰宅してまた仮死状態。





【2008/10/13 17:26】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。