スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
名護 朝日レストラン
マジダイエットのための施策その2 - 目標体重に減量するまでビール断ちすることにしました

---

5/23(金)、キングタコスを出て再度高速に乗り名護を目指した。

17時頃に名護のホテルにチェックインして、部屋で一休みしながら夕食の算段を巡らす。
名護市街に飲みに出るかと思ったけど、ホテルが市街から少し外れるしな…と考えるうちに、やはりここはあの店に行くか…とクルマでホテルを出た。

向かう先は名護の名物ステーキハウス「朝日レストラン」
今の店は移転後の新店舗なのだが、旧店舗の時を含めて過去3回くらい訪問したことがある店だ。

18:30頃に店に到着。
1人でこの店に入ったことはないので少し躊躇したが、意を決して飛び込んでみると私が口開けの客だった。

店内には6人くらい座れる鉄板焼きテーブルが7卓ほど。
メニューは基本的にステーキ(サラダ、スープ、焼き野菜、パンorライス付き)のコースのみで、肉の量によって「A(200g)」(\2,520)と「B(150g)」(\1,995)の2パターン。
単品メニューとしては肉の刺身があるくらいだろうか。
3時間ほど前にタコライスを食べてまだ腹はこなれてなかったけど、ここは豪気に行っとこうと「A」をお願いした。
ビールが飲みたかったけどクルマだったのでここはガマン。

席に着くとサラダとスープが出てくるのだが、これに関しては特に言うことはない普通の味。
そしてステーキソースを小皿に入れてくれる時に「ニンニク入れますか?」と聞かれるので、ここはもちろん「お願いします」とレスポンスを返す。

その後、目の前の鉄板にコックが登場し、調理が開始される。
まず最初に、この日焼いてくれる肉の塊を2切れほどそいで、「生でどうぞ」と鉄板のへりにおいてくれる。
旧店舗時代この店に初訪問した時には、いきなり生で食えと肉が出てきて衝撃的だったけど、今は冷静に食べることができる。

久しぶりに食べた生肉は、臭みもないし非常に柔らかい。ただ、冷静に食べてみると肉のうまみには欠けると思う。
肉はオージービーフらしいが、下処理段階で丁寧に肉の脂とスジを引くのでこのような柔らかさになるそうだ。

生肉を食べている間、鉄板上では先に野菜が焼かれる。
マーガリンをたっぷりひいて、玉ねぎとピーマンを鉄板上でスライスし、たっぷりの角切りのじゃがいも(下茹でor素揚げされている)が炒められていく。
野菜の味付けは塩味ベースで、最後に黒ゴマを振りかけられてから皿の上に移される。

その後、再度鉄板にマーガリンをひいて、肉の塊を一口大に解体しながら焼いていく。ここでも「ニンニク入れますか?」と聞かれるので、無論お願いした。
ニンニクの焼けるいい匂いが立ち上る中、肉に塩コショウして最後にワインを一振りしてから、焼かれた肉が皿の野菜の脇に盛られる。
この段階でライスかパンかを聞かれたたので、ライスを少なめでお願いした。

焼けた肉をニンニクたっぷりのソースにつけて食べてみると、中はミディアムレアに焼かれており、生肉よりは肉のうまみが活性化されていてうまい。
肉、野菜、ごはん…と食べ進めて行く間に、鉄板上では残った肉の脂を利用してモヤシを炒め皿に盛ってくれて、ここで調理フェーズは終了。

さすがにキンタコの後のステーキコースは食べ過ぎだったみたいで、終盤の大量のモヤシには少し飽きがきたけど、おいしく完食。
地元客にも観光客にも人気みたいで、私が食べている間にどんどん客が入ってきて、私が店を出る時には8割くらいが埋まっていた。
ほとんどはグループ客だったけど、1人でビール飲みながら肉を食べてる地元の方らしきおっちゃんもいる。

うーん、以前から特に味が落ちたってわけではないんだけど、以前食べたほどの感動はないというのが正直な感想。
この価格でこれだけのコースを食べることができるのでお得だと思うが、旅行に来たっていう盛り上がりで少し満足度が底上げされていたのかも。

しかし、さすがに食べ過ぎてカラダが動かない。
この後名護市街に飲みに行こうかと思っていたけど、ホテルについてサービスのアイスクリーム(ブルーシールの紅イモ味)を食べると力が抜けてしまい、この日はホテルでビールを飲んで早々に就寝した。






200805231839.jpg



200805231840.jpg



200805231843.jpg



200805231845.jpg



200805231847.jpg



200805231907.jpg



200805231917.jpg



200805232016.jpg



スポンサーサイト
【2008/06/17 21:41】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宜野湾 キングタコス
マジダイエットのための施策その1 - 体組成計を買って毎日計測をスタートしました

---

5/23(金)の14時に那覇に到着。
天気予報では曇り時々雨だったのだが、思いのほか雲は薄く雨も降る気配はない。
レンタカーを借りてさっそく高速に乗り込んで北上する。

この日は朝起きてから何も食べていなかったので(もちろん計画的にだが)、空腹で目が回りそうになりながらクルマを走らせる。
こんな空腹を抱えているときこそ食べたいもの、私にとってそれはキングタコス(通称キンタコ)のタコライスなのだ。

しかし、この時点で時間は15時前。金武にあるキンタコの本店までは遠いので、西原IC降りてすぐの「キングタコス長田店」(場所としては宜野湾市にある)に向かうことにした。

キングタコスの本店以外の店舗に行くのは初めてだが、15:30頃に到着してみると長田店もいいヤレ具合で雰囲気もバッチリ。
ここは入り口すぐの食券販売機で食券を買い求め、店員のお姐さんに渡すと番号札をもらえるので、それを持って席で待つという仕組み。

この日のオーダーは「タコライスチーズ野菜」(\600)と「コーラ」(\150)。
「タコライスチーズ野菜」は、ごはんの上にタコスミート、その上に千切りのレタス、そしてゴーダチーズといういわゆる「全乗せ」だ。
それぞれの具材は\100でダブルアップもできるが、今回はデフォルトの構成にしておいた。

自分の番号を呼ばれたのでいそいそとカウンターに向かい、トレーを受け取ってまた席に着く。
久々に対面したキンタコのタコライスは、小高い山のような盛り具合。
単に「ごはん盛って上に具を乗せました!」というだけのデコラティブな要素はまったくないプレートだが、そこがまたすがすがしく思える。
後から知ったのだがこの界隈は学生が多いそうで、この店は他のキンタコより盛りがいいそうだ。

タコライスと一緒に出してくれるサルサソースをブビビッとかけて、チーズと野菜、タコスミートを混ぜてからスプーンで一口。

やはりここのタコライスはうまい。サルサソースはそれほど辛くなく酸味控えめで胸に焼けないし、レタスもクリスピーでベシャベシャしてないので軽い食べ口だ。
しかし、この量。いったいこの1食で何キロカロリーあるんだろうか…。

前半は久しぶりの対面に狂喜して無我夢中で食べてしまったが、後半からは冷静さを取り戻してじっくりと味わうことに専念する。
過去食べた時には思わなかったけど、結構タコスミートの味は濃いな。前半は混ぜにくいのでどうしてもタコスミートの量は少ない配分で口に入るのだが、後半は結構タコスミートが多めになるのでクドめになってしまう。
一度ボウル状の容器でワッサワッサとまんべんなくまぜまぜして食べてみたいな。

その後も随時サルサソースをかけながらサクサクと食べ進めて、苦もなくスルッと完食。
長年再会を恋焦がれていた一品だったし、空腹の極限にいたのでその分満足度は底上げされているけど、やはりここのタコライスはうまい。

ある意味これを食べた満足感だけで飛行機代の元は取ったかも。
次回いつ来れるかな…。






200805231541.jpg



200805231542.jpg



200805231551.jpg



【2008/06/16 22:48】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
沖縄旅行
この旅行についてはじっくりエントリを作成したかったので、更新に時間がかかってました

---

5/23(金)は休みを取って、5/25(日)までの2泊3日で沖縄に出かけることにした。

思えば沖縄に来るのは10回目くらいだが、最後に行ったのは2001年の秋だったからもう7年ぶりになる。
今回のスケジュール&コンセプトとしては、


・新しい沖縄の魅力発見ではなく、以前から再訪したかった or 気になっていた物件を巡る旅

・金曜の11時伊丹発で那覇に14時着、翌々日の14時那覇発で16時伊丹着、の現地滞在48時間

・レンタカーも那覇で48時間借りる(この時期は梅雨なので、レンタカー業者によっては格安プランがあるためそれを利用)

・宿泊は1泊目は名護、2泊目は那覇


とだけ決めて、事前にある程度の下調べはしたけど、今回は一人旅だし臨機応変にいけるだろうという軽い気持ちで当日飛行機に乗り込んだ。






【2008/06/16 22:43】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
四ツ橋 ラクシュミ
いきなりさし歯が取れてプチパニック

---

5/22(木)はここんとこずっとラクシュミの口だったので、仕事の都合をつけて「ラクシュミ」へ。

12:45頃店に着くと店の前に行列は出来ておらず、店内をのぞくと一席だけあった空席に滑り込むことが出来た。

オーダーは「キーマ」と「ダル」を「普通」で(\1,000)。
やっぱしここはうまい。

以前食べた「パニール」が恋しい。またいつか再会できるかな。










【2008/06/09 22:43】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷町四丁目 ラディーチ
5/21(水)は、以前から気になっていた谷町四丁目のイタリアン「ナポリ料理 ラディーチ」へ初訪問。

店は開放的で明るい雰囲気。12時過ぎというコアタイムに行ったのに、先客は3組だけでとても空いていた。

オーダーは前菜盛り合わせ、パスタ、パンといった構成の「Aランチ」(\840)。
これにメインのついた「Bランチ」(\1,575)もあったが、この日は様子見ということでAランチにしておいた。
このパスタは「魚介のトマトスパゲティ」or「チリメンキャベツのリゾット」だったので、トマト気分だったしスパゲティをチョイス。

すぐに出てきた前菜盛り合わせは、野菜主体に全部で6種類。
盛りも内容も、この価格のランチの前菜としては非常によろしい。

パスタはトマトの味が前に出た私好みの味。「トマトソースの」スパゲティではなく「トマトの」スパゲティだ。

全体的にボリュームが少なめかもしれないけど、いいんじゃないだろうか。
こういう店はやはり夜に来てみたいな。






200805211216.jpg



200805211227.jpg



200805211238.jpg



200805211239.jpg



【2008/06/09 22:41】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 銀平
5/20(火)は終日江坂で仕事。
あまりランチに時間をかけられなかったので、手堅く「銀平」へ。

日替わりの煮魚(この店のランチは煮魚は要チェックなのだ)はアラ炊きとのことだったが、アラの気分ではなかったのでどうしようかな…と思っていると、壁書きのメニューにに「さばとだし巻き定食」(\840)っていうのが新登場していたので、深く考えずにそいつをオーダー。

この定食はレギュラーメニューの焼きさばとだし巻きをハーフサイズで相盛りにしたもので、両方の味をいただけてなかなかよろしい。
なんか常連客のリクエストに応えて出したって感じなのかもしれない。






【2008/06/09 22:38】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
阪神梅田 mameca
5/19(月)、ランチの後に阪神梅田のジューススタンド「mameca」へ。

この日飲んだのは「特濃ミックスジュース」。
繊維質をばっちり摂ってご満悦。この調子でスタンプ貯めよう。






【2008/06/09 22:36】 | おやつ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堂島 仔牛
5/19(月)は北新地~堂島近辺を放浪。
肉の口だったので、以前一度入ったことのある「仔牛」に訪問することにした。

オーダーは「牛ロースステーキ定食」(\930)。
肉はそれなりにうまく、ごはんのおかわりもしてパワーアップ。

その他にも「牛ロース豚ロースミックス」(\930)と「大盛り生マグロお造り定食」(\930)が魅力的。今度食べてみよう。






【2008/06/09 22:34】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 めりけんや
5/18(日)は江坂へ自転車で出撃。
あんまり時間がなかったので、東急ハンズのビルにある讃岐うどん「めりけんや」へ。

オーダーは「すだちうどん」(\380)に「ゲソ天」(\100)と「エビ天」(\100)。

エビ天はうどんを待ってる間に表に補充されたので、揚げたてをゲットだ!と皿に取って食べてみるも、バックで揚げ置きされてたみたい冷めていてガックリ。

うどんそのものはこういうチェーン店にしてはなかなかおいしいのではないだろうか。






【2008/06/09 22:31】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 宝
5/17(土)は天気もよかったし、のんびり歩いて江坂の大衆中華「宝」へ。

オーダーは以前この店に来た時に隣の客が食べていておいしそうだった「焼きそば」(\650)と、せっかく徒歩できたしと餃子とビールがセットになった「生ビールセット」(\730)。

焼きそばは油でテラッテラのビジュアルだけど、食べてみるといかにも大衆中華のキャッチーな味わいでうまい。
毎日食べるとカラダによくないだろうけど、たまには食べたい味だ。






200805171201.jpg



【2008/06/09 22:28】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸 チーズハウス・ヤルゴイ
いろいろ詳しくエントリを作成したいのですが、ネタがたまっている関係上ダイジェスト更新です

---


5/16(金)は代休で会社を休んで、ずっと以前から行きたかった神戸は弓削牧場の「チーズハウス・ヤルゴイ」へ行った。

多分ワインを飲むことになるだろうと、電車とバスで現地に向かう。
バス停からはのんびり歩いて10分強で現地に到着した。

この日は事前に予約をしておいたのだが、団体のチーズセミナーの予約が入っていたので、席は窓際のカウンター席だった。
カウンターとはいえ、正面の窓からは緑がたくさん見えるのでとても気分がいい。

オーダーはせっかく来たし豪勢に行こうと、「チーズのフルコースメニュー」(\3,900)をお願いした。
食前酒はいろいろ選択肢はあったが、私は白ワイン、同行の某嬢は赤ワインをチョイス。

ワインをなめていると最初の料理「カマンベールチーズ」と「生チーズの冷奴風」が登場。
冷奴風は生チーズの上にスライスオニオンが乗せられており、それにスダチを絞って醤油をかけていただくのだが、これがまたそのまんまの味なんだけど非常においしい。

その後「キッシュフィーヌゼルブ」、「自家栽培の摘みたてハーブサラダ」と食べ進んで、「牧場の丸パン(この日はキャラウェイシードとクルミの2種類だった)」と共に、本日最も楽しみにしていた「ホエー(乳清)シチュー」が出てきた。

ホエーのシチューは思いのほか塩味が効いていて酸味もあるが、奥深くやさしい味。
具の野菜も非常に味が濃くておいしい。
これは定期的に食べたい一皿だな。

メインは私は「地鶏のハーブ焼き」、某嬢は「コールドビーフの生チーズ添え」をチョイス。
どちらにも生チーズが添えられており、チーズと共に食べると肉の味に深みが出るようでこれまた非常に気に入った。これから家で鶏を焼くときも生チーズを添えるようにしよう。

最後のデザートに「レアチーズケーキ」と「ダンジュ」、ハーブティーをいただいておいしく完食。
思いのほかチーズばっかりって感じでもなかったし、フレッシュ系のチーズがほとんどで熟成系のチーズは少ないけど、やっぱ来てよかった。
クルマでも来れるんだけど、こういう場所には電車でのんびり来るのもいいもんだな。ワインも飲めるし。






200805161130.jpg



200805161131.jpg



200805161137.jpg



200805161142.jpg



200805161152.jpg



200805161153.jpg



200805161215.jpg



200805161216.jpg



200805161234.jpg



200805161235.jpg



200805161304.jpg



【2008/06/09 22:25】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。