スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
北浜 ステッラ
そういえば以前迷ってると書いたスタバのカードをノベルティでいただいたので使ってみた。Webで利用履歴や残高確認ができるので結構便利。でもやっぱり余禄が欲しいな

---

10/23(火)は時間があったので久しぶりに高麗橋のフレンチ「ラ・トォルトゥーガ」に行ってみたら予約で満席とのことで断念。
ならばと少し歩いてこれまた久しぶりにイタリアン「ステッラ」に行くことにした。

11:45頃入店してカウンターに座る。
ランチメニューは\900~\2,500の5種類だが、以前来た時にはなかった「ちょっと贅沢なオードブルランチ」(オードブルサラダ、パスタ、パン(3種)、デザート、ドリンクで\1,500)をオーダー。

オードブルサラダは白身魚のパテ、スモークサーモン、カルパッチョ、豚肉をクレープ生地みたいなのに巻いたもの。
豚肉のやつがえらいおいしかった。全体的にもっと量が食べたいな…(前菜好きなのでどの店で前菜食べてもそう思ってるのだが)。

パスタは日替わり2種類&手打ちパスタの中からチョイスするのだが、この日は「白身魚とブロッコリーの白ワイン風味」をチョイス。
パスタの茹で加減も良く、かなり上品な味でうまい。もうちょっとガツンとした感じでもいいと思うけど。

デザートは3種盛り。ケーキとアイスとフルーツ(ぶどう)。あまりデザートに関心がないのだけど、女性陣にはうれしいんだろう。

うまいんだけど、\1,500なら全体的にもう少しボリュームが欲しいな。
私の中ではこの店はランチより夜の方が満足度は高い店なのだ。






200710231200.jpg



200710231209.jpg



スポンサーサイト
【2007/10/30 21:55】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北浜 肉探訪 いけ上
阪急電車の優先座席が復活するのは個人的に忸怩たる思い。阪急沿線の住民ってもっと民度が高いと思ってたんだけどな…

---

10/22(月)のランチはまゆさんusausaさんが紹介されていて、以前から行ってみたかった「肉探訪 いけ上」に初訪問。
実は過去に3回訪問したのだが、行く日行く日が全部ランチ貸切営業にあたってしまい撃沈、この日4回目の訪問でようやく思いを遂げることができた。

12:15頃のコアタイムの訪問だったが、店内は8割ほどの入り具合で相席で席に着く。
焼肉の店なのでランチメニューはすき焼き、ハンバーグ、ステーキ、豚カルビ…と全て肉系で6種類ほど。
その中でも人気メニューと聞いていた「すき焼きランチ」(\750)をお願いした。

ワンプレートに乗って出てきたすき焼きランチは鉄鍋に入ったすき焼き(火からおろされている状態)、ごはん(おかわり自由)、味噌汁、ミニサラダ、卵といった構成。
鉄鍋のすき焼きの上部は全て肉で覆い尽くされていて、かなりの肉の量に見える。

卵を割り溶いてさっそくいただくと、味は少ししょっぱめの甘辛味で見た目以上に肉の量が多い。
肉の下には白菜やうどんなどの一般的なすき焼きの具が隠れているのだが、体積で言えば肉の方が多いのだ。
これはまさにごはんワシワシ系だわ…。肉とごはんをハイスピードで攻めていくうちに速攻でごはんがなくなったので、もちろんおかわりをお願いする。
途中卵がなくなったのだが、この卵はおかわりできるんだろうか?

十分満足できる量の肉とごはんを平らげおいしく完食。私には味付けが濃い目なのでこれ以上の量だと食い飽きると思う。
食後はサービスの手作りシャーベットをいただく。このシャーベットはデフォルトでは付いてこないので、店員さんにお願いする必要があるみたいだ。
実はまゆさんとusausaさんから「うっす~い微妙な味」と聞いていたので、どんなシャーベットが出てくるのだろうと楽しみにしていたのだが、この日のデザートはぶどうのシャーベットで確かに味は薄めだけどいかにも手作りでなかなかいい感じだった。

このすき焼きランチは本当に人気の様で、この日も私のすき焼きがラスイチだったらしく、直後に入った客はみんなすき焼きを頼むんだけど売り切れということで渋々他のメニューに変更していた。
他の客の会話を聞いていると早い時は12時直後にもう売り切れているそうなので、もともとそれほどの量を用意していないのかもしれない。

しかし、肉&ごはんギッシリ気分の時には非常に満足できる店。ランチタイムが11:00からというのもありがたい。
また再訪しようと思う。






200710221240.jpg



【2007/10/30 21:53】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
江坂 サレンティーノ
仕事忙しいし、ここ最近で最大にヘコんでいますががんばります

---

10/21(日)のランチは例によって自転車で江坂へ出撃。
ちゃりちゃりとポタリングしながら駅近辺をうろついた結果、久しぶりにイタリアン「伊食屋 サレンティーノ」に行ってみることにした。
この店にはオープン当初(7~8年位前?)に一度ランチしたことがあるが、その時にはあまり強い印象がなかったのでつい後回しになっていた店だ。

12時過ぎに店に入ると、それほど広くないフロアには先客は4組。
ランチメニューは\1,000~\2,100の4種類だった。
ちょっと高めだな…と思ってメニューを見ていたけど、後で調べたら平日のランチメニューは\850~で出してるみたいだ。

4種類のランチから、パスタ or ピッツァ マルゲリータにパン、前菜、ドルチェ、ドリンクの付いた「antipasto」(\1,300)をオーダー。
パスタはトマト系、オイル系、和風系の3種類から選択するプリフィクスで、トマト系は「小エビとキャベツ」、オイル系は失念、和風系は「うなぎと白菜」だったのでトマトか和風で少し悩む。
店員さんに「和風のうなぎって蒲焼みたいな味ですか?」とたずねるとそうだとのことだったので、ならばとトマトをお願いする。
うなぎを蒲焼ではなく塩系でいただく形なら面白いなと思っていたのだが。

まず出てきた前菜盛り合わせは4種類。各々量が少なく感じるけどランチではこんなものだろう。
キッシュ(限りなく卵焼きに近い)以外は全て野菜。全てふつうにおいしいんだけど、一品肉系 or 魚系が欲しかった。

パスタはほんの少しソースが水っぽい気がするが許容範囲内で普通においしい。
意外に量があったのでかなりおなかいっぱいになった。

ドリンクには紅茶をいただき、ドルチェはオレンジの焼きプリン。
全体的にボリュームに対するコスパとしては妥当~ちょい高めといったところか。

個人的には一人静かに食事をするのは大好きなんだけど、なんとなく店内が静かすぎるというか活気がない気がする。
店員さんの接客にもう少しフレンドリーさがあってもいいんじゃないだろうか。






200710211232.jpg



200710211244.jpg



【2007/10/30 21:50】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊中 晴山閣
泣いたり喚いたりして発散できる人がうらやましいっす

---

10/20(土)の昼は、前夜自宅で遅くまで飲んだ酒が残っていたので、発汗作用のあるものを食べようとクルマで豊中の中華「晴山閣」へ。

例によって名物の「ニラそば」(\940)と「ギョウザ」(\500)をオーダー。もちろん「ニラそば辛目で」とお願いする。
前回訪問時はあまり元気そうではなかったオヤジさんもだいぶお元気になられたみたいで一安心。

この日のニラそばは麺の茹で具合がナイス。先に麺を食べないと伸びちゃうので、大量の野菜の下から麺を先に食べ進めていく。
もうちょっと辛くてもいいかな。次回は激辛でお願いしよう。

ここのママさんに完璧に顔を覚えられてて、ちょっとこっぱずかしい。






200710201235.jpg



【2007/10/25 22:48】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堺筋本町 サグラ マーブル・トレ
10/19(金)は時間もあったので久しぶりにゆっくりランチしようと堺筋本町のイタリアン「サグラ マーブル・トレ」へ初訪問。
以前から何度も前を通っていたけど、時間がなかったりその日のメニューが好みでなかったりして未訪問だった店。

11:40頃入店すると既に5組ほどが食事をしている。
カウンターに通され、店内を一瞥するとやたら店員さんが多い。10人くらいいるのではないだろうか?
店のキャパから考えると多いのかもしれないけど、みんな元気にテキパキと仕事をしているので店内は活気に溢れている。

ランチメニューは「A Pranzo」(前菜・パスタ・パンで\900)と「B Pranzo」(前菜・パスタ2種・パン・デザート・ドリンクで\1,800)の2種類のみ。
ゆっくり食事をする気分だったので「B Pranzo」をオーダー。

前菜は「山形ベーコンのソテー サルサヴェルデとアスパラのサラダ」。
量はそこそこだけど、厚めにカットされてこんがり焼かれたベーコンがおいしい。

パスタその1は「北海道産ホタテとルーコラ・プチトマトのビアンコスパゲティ」。
パスタの茹で具合はいいんだけど、少しホタテの臭みが出てる気がする。もう少しコクも欲しい。

パスタその2は「四万十産地鶏とインゲン豆のリゾット」。
これうまい!鶏の味はそれほど前に出てないんだけど滋味溢れる味。チーズがかかっている部分を食べる時の幸せと言ったら!

メインは「北海道産秋鮭とアン肝のムニエル レモン風味の焦がしバターソース」。
かなり時間がかかって出てきたがかなり手の込んだ味。焼き目はサクッ中はほっくりの鮭うまし。もっと量が欲しい(単においしいので)。

デザートは「栗の入ったキャラメルアイス(正確な名称は失念)」、ドリンクはエスプレッソをお願いした。
結構量がある。うまいけど個人的にはデザートなしで前菜orメインのボリュームを上げていただけるとうれしい。

かなりの人気店みたいで、12時を待たずに店内は満席になっていた。やはり近隣のOLさん等女性客がほとんどだが、おっちゃんサラリーマン二人組みなんて客もいる。
活気に溢れた厨房の中を眺めながらおいしい食事を取れるので、なんというか気を逸らせることができる店だ。






200710191142.jpg



200710191150.jpg



200710191159.jpg



200710191213.jpg



200710191220.jpg



【2007/10/24 23:05】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
桃山台 福将軍
もうヘコんじゃって忙しいのに仕事が手に付かない

---

10/18(木)の夜は疲れがたまっていたのでゆっくりお風呂に入ろうと帰宅後クルマで「万博おゆば」へ向かった。
お風呂に入ってからマッサージにかかった後、クルマで帰宅途中にふと思い出して桃山台の九州ラーメン「福将軍」に数年ぶりに行ってみた。

10年ほど前はかなりの人気店だったが、最近は九州ラーメンの店も増えたし以前ほどの人気はないようだ。
昔は店員が全て女性の方で切り盛りされていたのだが、何年か前からは男性の店員も入るようになってからなんとなく味が変わった感じがして足が遠のいていたのだ。

この日食べたのは「たかなラーメン」(\750)と「ヘタどん(小)」(\400)。
ラーメンを食べてみると、以前の記憶と違ってスープは熱く基本柔らかめの麺もちゃんとコシがあってなかなかおいしい。
空いている時間帯だったからだろうか。






200710182041.jpg



【2007/10/24 23:00】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
肥後橋 Chao SaiGon
10/18(木)は久しぶりに肥後橋でランチ。
肥後橋交差点に新しくオープンしたAPAホテルの最上階(30F)にベトナム料理屋がオープンしたとのことなので偵察に行ってみるも、ビルの1階には店の看板はあるのだがどんなランチをやってるか書かれていなかった。

この新しい店の名は「Chao SaiGon(チャオ・サイゴン)」。どうしようか一瞬迷った後、勇気を出してエレベータで30Fに上がってみると、フロア入り口にランチメニューが掲げてあったので一安心。
店に入ったのは12:20ころだったのだが、オープン直後にしては結構混雑しており入り口で少し待つことに。

数分待ってから案内されて店に入ると、この日は天気もよかったのでさすがに30Fからの眺望はいい。
30Fという高さなのに、一部テラス席もあった(私は高いところはちょっと苦手なので遠慮したいけど)。

この店のランチメニューは1種類のみでメイン(5種類から選択)+フォー、ごはん、パン、サラダ、デザート、ドリンクがバイキング形式で\950。
メインのチョイスはグリーンカレーにしようかと思ったけど、前日ラクシュミでカレー食べてるので悩んだ結果「卵麺を使った牛肉あんかけ焼きそば」をチョイス。

メインをオーダーした後、バイキングコーナーへ行くと、サラダは4種くらいあってドレッシングもベトナムっぽいものが3種ほどある。
基本野菜好きなので、4種のサラダをてんこ盛りに取って、トムヤムクン風味のドレッシングをかけて一旦席に戻る。

サラダを食べているとあんかけ焼きそばが登場。
ムリムリした食感の細麺はなかなかおいしい。ちょっと牛肉あんかけは味が濃いかな。

その後、フォーを食べようとフォーのブース(屋台形式で店員さんがその場で作ってくれる)に行くと、取り放題の薬味はオニオンスライス、ネギ、パクチー、生ライム、チリペーストと充実の内容。
薬味入れ放題のフォーって久しぶりでちょっと感激。ただ、バイキングということでフォーの量は少なめ。

腹いっぱいになって、デザートを食べようとデザートコーナーへ進攻。
デザートはマンゴープリンとチェーとベトナムコーヒーのゼリーの3種。トッピングにココナッツミルクとコンデンスミルクが用意されている。
チェーもコーヒーゼリーも個人的にはそれほど興味ないので、無難にマンゴープリンをいただき、その後ドリンクコーナーで紅茶をいただいておいしく完食。

方向性としてはオサレ系のベトナム料理でもう少し土着的な味が欲しい気もする
が、食事以外にデザートやドリンクが必須な方々にはこの値段は安いと思う。
このランチはメニューには「オープン記念特別メニュー」と書かれているけど、会計時に店の方に尋ねると特に今のところは期限を決めていないとのことだった。






200710181242.jpg



200710181249.jpg



200710181223.jpg



【2007/10/23 20:15】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
四ツ橋 ラクシュミ
ここんとこずっとラクシュミの口だったので、10/17(水)は「ラクシュミ」へ向かった。

11時過ぎに店に着いて3人目に並べた。
本を読みながら11:30の開店を待って入店。

この日のオーダーは「ふつう定食」(\1,000)をカレーは「チキン」と「ダル」。

久しぶりにチキン食べたけど、思いのほか辛くない。
味的には私はやっぱりキーマが好きだな。

ダルはウラッドダル(小さいサイズの豆)とほうれん草がたっぷりの汁っぽいもの。
リニューアル後はこういったいろんなカレーがチョイスできるようになったのがうれしい。

以前食べたパニール(チーズ)カレーがおいしかったのでもう一回食べたいな。






200710171058.jpg

【2007/10/23 20:08】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷町五丁目 一味禅
10/16(火)は久しぶりに谷町五丁目の「そば切り 蔦屋」に行こうと思って店の前まで行ったら、なんと臨時休業で撃沈。
あまり時間がなかったので深く考えずに「一味禅」へ。

この店では最近ずっと刺身系だったので、久しぶりに魚卵系をいっとこうと「いくら丼」(\940)をオーダー。
久しぶりに食べてみると、いくらの量はそれほど多くないし、感動するようないくらでもないしで、これで\940は他の天丼とか海鮮丼のメニューと比べるとコスパが悪い気がする。






【2007/10/23 20:06】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東梅田 もう一兆
10/15(月)は東梅田近辺でランチのため、最近お気に入りの「BEEFDISHES もう一兆」へ。

さっぱり系を食べたかったので、「おろし焼肉定食」(\850)をオーダー。
しかし、出てきたおろし焼肉のポン酢がえらいこと甘濃ゆいのにガッカリ。
しかもポン酢の量は少なめで大根おろしの量は多いのでなんかバランス悪い。

この店は付け合せのポテサラもそうだけど、酸っぱいものは総じて甘濃ゆいみたいだ。
それ以外はとてもいいんだけどな…






【2007/10/23 20:05】 | 焼肉・焼鳥系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 ひょうたん寿し
10/14(日)はお寿司の口だったので、自転車で江坂へ行って「ひょうたん寿し」へ。
寿司1.5定食を食べるために今回は間違えずに本店へ向かった。

今回食べた「寿司1.5定食」(\980)は一つのすし桶に合計12カン&巻物4つほどが盛られている。
お寿司はおいしいんだけど、以前食べた時はもう少しボリュームがあったと思うのは気のせいか。

(この日は写真はありません)


【2007/10/23 20:03】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
服部 一貫楼
やはり何が起こっているのかは知りたいな

---

10/13(土)の昼は二日酔いほどではないけど少し酒が残っていたので、近場で汁物を食べようと以前からの課題店だった服部の中華&洋食「一貫楼」へ。
二十数年ほど前今の場所に移転する前に一度来たことはあり、そのときおいしかったというおぼろげな記憶があったのでいつか再訪しようと思っていたのだ。

カウンターに座り、壁のメニューを一瞥。
屋号は「中華&洋食」となっているが、壁のメニューを見たところ洋食っぽいのはトンカツとチキンカツくらいで、あとは全て中華メニュー。
ランチメニューはいろいろあるが、汁物ということで「ラーメン&チャーハンセット」(\800)をオーダー。

出てきたラーメンはすっきりしたスープに少しかんすいの匂いがするしゃっきりした麺で、まさに中華そば!って感じ。
チャーハンはちょっとベト系だけど、家で作るチャーハンっぽくてそれはそれでうまし。

正直前回食べたラーメンの味は忘れていて、当時の自分にはなんかおいしかったというおぼろげな記憶しかないけど、近所でずっと長い間営業してる店っていうのは素直に応援したくなる。






200710131230.jpg



【2007/10/23 20:01】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪駅前第3ビル レストランOKINAWA
10/12(金)夜はいつもコメントをいただいている「Four leaf clover」のまゆさんと「usausaの美味しい日記」のusausaさんにお誘いいただき、大阪駅前第3ビルB1Fの「レストランOKINAWA」で初めてのオフ会。

最初は緊張したけど、お会いしてみるとお二人とも素敵な方で、フードはあまり食べずに前半生ビール、後半カラカラの泡盛をウコン茶割で痛飲しながらいろいろ情報交換。

実はオフ会のお誘いをいただいた時、実際にリアルでつながりができるとblogに自分の気持ちを書きにくくなるかも…と少し悩んだけど、それ以上に収穫のある楽しい飲み会でした。
これからもよろしくお願いしますm(__)m






【2007/10/22 23:23】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
都島 ダ・ウーゴ
10/11(木)は都島での仕事だったので、ネットでうまげな店を検索してみつけたイタリアン「ダ・ウーゴ」へ初訪問。

この店のランチはサラダ orスープ、パスタ or リゾット、ドリンクといった構成の日替わりランチ(\850)のみ。
この日は「気まぐれサラダ」と「自家製ソーセージのトマトスパゲティ」という組み合わせでお願いした。

パスタはかなり太麺で、アルデンテを一歩先に踏み出したくらいの茹で具合。
なかなかおいしいんだけど、少し量が足らないな…と思っていたら、他の客で大盛り(価格がupするかは不明)をオーダーしている客がいて、その大盛りは皿の大きさ自体が全然違っていてかなりの大盛りだった。






200710111220.jpg



【2007/10/22 22:40】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
北新地 あい・タイ
10/10(水)は久しぶりに北新地のタイ料理「あい・タイ」へ。

カオマンガイ狙いで店に行ったけど、この日の日替わりは「鶏のココナッツスープ」だったので、レギュラーメニューのグリーンカレー(\800)をオーダー。
グリーンカレーは結構辛いけど、コクと甘さがあるのでシャープな感じはしない。
ごはんのおかわりをお願いしようかと思ったけど、食べ過ぎに気をつけているので自粛。






【2007/10/22 22:38】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堺筋本町 華ざこば
10/9(火)は堺筋本町を放浪した結果、以前から店頭の看板の麦とろランチが気になっていた「華ざこば」へ初訪問。

麦とろランチは「麦とろ御膳」という名称で\880。
麦とろの他にメイン料理を4種類ほどからチョイスできる仕組みなので、今週のおすすめの「お豆腐ハンバーグ きのこあんかけ」でお願いした。

出てきた麦とろ御膳は、麦とろはまあまあおいしいんだけど豆腐ハンバーグの焼きが荒く、餡もかなり味が甘く濃かったのでちょっとしんどかった。






200710091352.jpg



【2007/10/22 22:36】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊中 五大力
10/8(月)は朝起きると前日の焼酎が少し残っていたので、クルマで東豊中の「五大力」へ。

オーダーはお酒が残っている時の定番「白ねぎらーめん(塩)」(\730)を「大盛り」(ランチタイム時は無料)。
ついでに「吟ぎょうざ」(\280)もオーダー。

ぎょうざは初めて食べたけど、皿に添えられた辛味噌で食べるとなかなかうまい。






200710081142.jpg



【2007/10/22 22:34】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
服部 本陣
というわけでダイジェスト更新です

---

10/7(日)の夜は近所に住む知人から飲みに行こうというお誘いがあったので、ずっと以前から一度行ってみたかった焼き鳥の「戦国料理 本陣」に初訪問してみた。

21時頃入るとほぼ満席だったが、端っこの方に二人なんとか座ることができた。
この店はお品書きがないみたいなので躊躇するが、生肝、ぼんじり、鴨など適当に注文する。

ダイジェスト更新なので詳しくは書かないが、とてもおいしいし面白い店。
私は生ビール1杯&焼酎水割り3杯(かなり酔った)、知人は生ビール3杯飲んでそこそこの量の焼き鳥を食べてお会計は約\7,700。
再訪したら詳しくエントリを作成するつもり。






200710072103.jpg



200710072115.jpg



200710072128.jpg



200710072138.jpg



200710072148.jpg



【2007/10/22 22:32】 | 焼肉・焼鳥系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
服部 うどん屋 山善
自分の中でモヤモヤしたものをうっちゃるためにもコンスタントに更新したいのですが、忙しくて更新できないこと&更新する気力が出ないことで余計につらいっす

---

10/7(日)は朝から20kmほどなにわ自転車道を走った後、シャワーを浴びてから自宅近くの「うどん屋 山善」に訪問してみることにした。
毎日のように前を通っているけど訪問するのは初めて。

朝からカラダを動かして空腹だったので「天おろしぶっかけ」(\950)を「大盛り」(\100up)でお願いした。

ご主人お一人でうどんを作っているおり、オーダーが入ってから麺を茹で上げるみたいなので出てくるまで10分ほど時間がかかった。
食べてみると細めで少し幅広の麺はむりゅーんとした伸びを持つなかなかいいうどんだ。
天ぷらは6種ほどだけど、衣をぎっしり固く揚げるタイプでこれに関してはあまり個人的には好きではない。
ツユはべったり甘くなくすっきりした味で、食べてる間に喉が渇くようなこともなくとてもおいしい。
うれしいのは醤油さしに入ったレモンリキッドが出てくるので好きなだけレモン汁を入れることができる点。私のようなすっぱい星人にはとてもありがたい。

大盛りは結構な量があったけどおいしく完食。
私はあまりうどん人ではないので、頻繁には行かないだろうけど、自宅からいつでも行ける距離にあるしうどんの口の時は重宝するかも。






【2007/10/22 22:28】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宮崎本店 亀甲宮焼酎
先日伊勢にお参りに行った際に、おはらい町の酒屋さんで自分へのお土産に宮崎本店の「亀甲宮焼酎(キンミヤ焼酎)」(25度・720mlで\840)を2本買って帰った。

キンミヤ焼酎はホッピーによく合う焼酎として主に関東圏の下町居酒屋でスタンダードになっている甲類焼酎だ。
この焼酎を関西で見かけることはほとんどないので、東海圏に行った時はできるだけ買って帰るようにしている。

10/6(土)の夜は、自宅でこのキンミヤ焼酎でホッピーを楽しんだ。
正直甲類焼酎って何を飲んでも味わいはそれほど変わらないとは思うんだけど、なんとなく正統派のホッピーを飲んでいるようで思わず背筋を正してしまう。

しかし、家にホッピーの空き瓶がどんどん溜まるのが難点。
ゴミの日に大量にホッピーの瓶を出すのはなんとなく恥ずかしいぞ。






【2007/10/16 20:05】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 どん亭
この二日ほど過去最大級に胸が苦しいので、忙しいけどガス抜きに更新

---

10/6(土)のお昼は自転車で江坂へ。

前日はランチを食べ損ねた上、夜は会社の飲み会でほとんど何も食べずに飲んで帰宅後寝てしまったので、空腹に耐えながら自転車をこいでお店探し。
その内にしゃぶしゃぶ専門店「どん亭」江坂店を思い出し、行ったことないけど鍋関係なら腹いっぱい食えるだろうという当てのない直感を胸に店に向かった。

ビルの2階にある店に階段を上って入ったのが13時過ぎ。
店内は結構広く、ついたてで仕切られているテーブル席が多数あるのだが、半分くらいは埋まっていた。

二人掛けの席に通されメニューを一瞥すると、\800くらいのランチメニューの他にランチしゃぶしゃぶのメニューもある。
ランチしゃぶしゃぶのメニューに「熟成ラムしゃぶ定食」(熟成ラム・野菜盛り合わせ・おかわり自由のごはん・おかわり自由のうどん・香の物付きで\1,180)があるのを発見!
それはもうラムしゃぶをガンガン食べるでしょと、若干暴走気味にラムしゃぶを「大盛り」(\1,280)でお願いした。

オーダーを通した後、IH調理器がビルトインされたテーブルにはしゃぶしゃぶ鍋が置かれダシが注がれる。
それと前後して、ごはん、野菜盛り合わせ、肉の他に、薬味(もみじおろし&あさつき)、すりごまセット、ごまダレ、ポン酢、ごまダレ用の取り皿、ポン酢用の取り皿、うどん用の取り皿、アク引きセット…と目の前のテーブルが一瞬にして埋め尽くされる。

ダシが沸いたのでIHのパワーを弱めて、さっそくラム肉をしゃぶしゃぶ。
肉は結構な量だし、味もなかなかいいし、ごまダレもポン酢も悪くない。
ここからは肉をしゃぶしゃぶ、ごはん、肉、ごはん、野菜…とごまダレとポン酢をとっかえひっかえしながら食べ進む。
鍋の量に対してごはんの量が圧倒的に足らない(といってもごはんは小さなどんぶりに入っているのだが)ので、おかわりをお願いした後も継続して肉と野菜とごはんの摂食活動に邁進。

全ての肉と野菜とごはんを食べ終わった後、キッチリと鍋のアクをひいて、うどん(幅3cm×長さ20cmくらいの麺が2本)を鍋に入れ、うどん用の取り皿に袋に入った粉末のうどんつゆと鍋のスープを注いでうどんを食べる。
粉末のうどんつゆはスガキヤのうどんスープみたいなんだけど、ラム肉から出たダシと相まってなんだか妙にアンダーグラウンドなうまい汁に変貌している。
うどんが幅広くうねりもないため、麺にスープが絡みにくい点はイマイチ。

ここまで30分ほどかかって完食しておなかいっぱいになったため、うどんのおかわりは断念。
それにしても家の近所で手軽に好物のラムしゃぶを食べれられるとは好都合。
これから寒くなるし、爆食気分の時にまた再訪しよう。






200710061314.jpg



200710061316.jpg



200710061317.jpg



200710061344.jpg



200710061354.jpg



【2007/10/16 20:03】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10/5(金)は更新なしです
この日は仕事が忙しく、ランチを食べずじまい。
正確には、食べようと思ったら短時間で食べれたんだけど、確保できる時間で納得できるランチを取れない状況だったのでやむなくといった判断。



【2007/10/15 21:21】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北新地 星華
今月は仕事がものすごく忙しいので、更新頻度がさらに不定期になると思われますm(__)m

---

10/4(木)は特にあてもなく北新地界隈を歩いていたところ、数日前に「うまから手帖」さんや「関西OLうまうま日記」で紹介されていた中華「星華(ほしのはな)」の看板を偶然発見したので、いいチャンスとばかりに飛び込んでみた。

11:40頃店に入ってみると、6席の小上がりが1つ、テーブル4席が2つ、カウンター4席の店内には先客は二人組みだけだった。
この店のランチメニューは「日替わり」(\900)1種類にフィクスされているので、席に着くと自動的にそれをオーダーすることに。

厨房のご主人とホール担当の女性お二人で切り盛りしているのだが、ランチは一品が全てプレートに乗って出てくると思ったら、なんと一皿ずつサービスしてくれる。
まず最初は前菜の「蒸し鶏」と「コーンスープ」。
シンプルだけどちゃんと鶏の味がする蒸し鶏、コーンの風味は控えめで透明感のあるコクを前面に押し出しているスープをいただいた時点でこれはいいランチだと実感。

その後出てきたのが「ちんげん菜の貝柱あんかけ」。
小さな皿に少しだけなのでちょっとがっかりしたが餡の味が絶妙で素晴らしい。

その後メインの「牛肉とピーマンの細切り炒め」とごはんが出てきた。
このメインの量がかなり多く、この量ならその前のちんげん菜の量が少ないのは納得できる。
そして、野菜のシャッキリ感、肉の火の通し方がとてもよいベストオブベストな青椒牛肉絲だ。
味も少し濃い目だけど直球でごはんに合う味で、食べ過ぎに気をつけているにも関わらず少しだけごはんをおかわりしてしまった。

食後のデザートは小さなショットグラスに入ったマンゴープリン。甘さ控えめでフルーツの味がしっかりするのでくどくないのがうれしい。

この内容で\900なのだから、これは確かに素晴らしいランチだ。
しかし、私は未確認なのだが、前述の「うまから手帖」さんによるとランチ営業は10/15(月)を最後にしばらく休業とのことだそうだ。

いつになるかはわからないけど、再開の折には是非また再訪してみたい。






200710041145.jpg



200710041150.jpg



200710041152.jpg



200710041204.jpg



200710041208.jpg



200710041209.jpg



【2007/10/15 21:20】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷町三丁目 ダール
10/3(水)のお昼はあまり時間がなかったので、通りがかった谷町三丁目のカレースタンド「Dhall(ダール)」へ行った。

オーダーは「エビフライカレー(辛口)」(\850)。オーダーしてから前日もエビフライ食べたことに気がついたがよしとする。

個人的にこの店のカレーのベースの味は結構好きなんだけど、辛さは足らないので激辛バージョンを出してほしいなと常々思う。
それと、ピクルスの他にパルメザンチーズが置かれているのに初めて気がついた。
好みの問題だけど、カレーにチーズって好きじゃないな。






【2007/10/09 21:34】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本橋 グリルしき浪
今年度後半は仕事がんばるつもり。なので忙しいです

---

10/2(火)の午前中は日本橋界隈で仕事。仕事でこのあたりに来るのは久しぶり。
昼前に仕事が終わりランチの算段をしながら堺筋を北上。その際不意に思い立って、今まで何度も前を通りながら未訪問の洋食の老舗「グリルしき浪」に初訪問してみることにした。

11:45頃入店してみると、店内は1Fと2Fに分かれており、カウンター10席ほどと4人掛けのテーブルが3つの1Fは8割ほどの混み具合。店内のやり取りを聞いていると2Fも結構埋まっているみたいだった。
カウンターに席を下ろし店内を一瞥すると、老舗で有名店だしもっと重厚な雰囲気かと思っていたら、いい具合に力の抜けた雰囲気で居心地は悪くない。
カウンター内の厨房は雑然としているんだけど、日々使うものが適正配置されているこの感じはうまいものを食わせる店に共通する風景だ。

老舗の洋食店に行くとメニュー単品とライスを組み合わせるかセットものでいっとくか悩むけど、この店はセットメニューの「Aランチ」(\1,150)がデファクトスタンダードみたいなので素直にAランチをお願いする。

すぐに出てきたAランチはエビフライ、白身魚フライ、ハンバーグ、サラダがワンプレートに盛られたものにライスという構成。
ハンバーグは一度焼いたものを煮込んでいるそうで、口に入れるとふわっとほどけてうまみが広がるとてもおいしいハンバーグ。少し酸味が強めだけど万人受けする感じのソースもいい。

フライも通し揚げではないけど、客の回転がいいのでほぼ揚げたて。エビフライにはタルタルソースがかけられているが、皿の脇にはカルティエに切られたレモンが添えられているので、タルタルをあまり好まない私はレモンを絞っていただく。
個人的に、苦労して絞っても3滴くらいしか汁が出ない薄っぺらいレモンスライスを添えてくる店より、「たっぷり絞ったってぇな」とばかりにレモンカルティエを添える店は胸にキュンとくる。
エビフライの身はプリっとしていい揚げ具合だし、衣はさっくり&身はホワホワの白身魚フライはかみしめながら無意識に頷いてしまうような出来で一人悦に入ってしまう。

そして何より、厨房内の皆様方がとても魅力的なのだ。
厨房内にはコック帽をかぶったコックさんが3名、調理補助が3名の6名体制で、コックの御三方が還暦をとうに過ぎた年齢に見えるのだが、かくしゃくとしながらも洒脱な動きで仕事をされているのがとても印象的だ。
また、通ったオーダーをコントロールする役割の一番年上の調理補助の方(この方も還暦間近って感じ)もスピーディーかつ軽妙に仕事をさばいている。

このお年を召された4人の表情やしぐさに、今までのキャリアと現在の立ち位置に納得している男のかろみと風格がにじみ出ている。
場所柄で言えば、若いうちは苦労したけど今はいっぱしの大御所になった吉本芸人のような感じと言ってもいいかもしれない。

味もいいけど、私にはこのじじいカルテットの魅力が大きい店。自分もこれから年老いて、あんな表情で仕事を続けていられるだろうか。
また再訪して単品とライスで攻めてみたい。






【2007/10/09 21:31】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
堺筋本町 蕎麦切り きうち
忙しい中例によって現実逃避中

---

10/1(月)は今まで2回連続フラれて訪問できなかった「肉探訪 いけ上」に挑戦するも、またしても店頭に貸切営業の看板が出ていて轟沈。
しかしこの店ランチの貸切営業多いな~。

この日はいけ上がNGだった時の代替案を事前に用意していたので、気を取り直して堺筋に出てそのまま南下。
堺筋沿いに最近出来た蕎麦屋「蕎麦切り きうち」に初訪問してみた。

地下にある店に11:45頃潜入。テーブル席や座敷のある40席ほどのキャパの店内には先客が2組。
ランチメニューは蕎麦と丼をセットしたものなどいろいろ種類があり価格帯は\780~\1,000ってとこ。目には付かなかったけど蕎麦の単品メニューもあるみたいだ。
この日はあんまり丼モノを食べる気分ではなかったので、「とろろそば定食」(おにぎり付きで\800?だったかな?)をオーダー。

しばらくして出てきたとろろそば定食は、思っていたより蕎麦の量が多く感じた。
蕎麦は国内産の蕎麦粉を手打ちで打っているとのことだが、方向性としては太めでゴリッとした食感の残る蕎麦。
最近の私の嗜好がたおやかな細めで香り高い蕎麦のためあまり好みではないけど、これくらいの価格帯でオフィス街で食べる蕎麦としてはなかなかいいんじゃないだろうか。
とろろは蕎麦猪口にあらかじめ入れられておりそこに徳利に入った蕎麦ツユを注ぐ形なのだが、蕎麦猪口が小さめなのでとろろの上にツユを入れると中がいっぱいいっぱいになってしまい、蕎麦を浸して食べにくいのが気になった。

最後に蕎麦湯をいただき、蕎麦エキスをたっぷり注入して完食。
近辺のサラリーマンに結構人気のある店のようで、私が入った後に続々と客が押しかけ、12時を待たずに満席になってウェイティングが出来ていた。






200710011204.jpg



【2007/10/09 21:28】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊中 ロータス オブ ハノイ
やなもん見ちゃったな。明日はいい天気だといいですね

---

9/30(日)は月に一度のカットの日なので雨模様の中朝からクルマで豊中の美容院へ。
11時少し前に美容室を出て、少しうろうろした後に豊中駅近辺にクルマを停めてランチに向かう。

この日ランチに向かったのは、以前から場所はチェック済みだった課題店のベトナム料理「ロータス オブ ハノイ」…の予定だったのだが、道すがらロータス オブ ハノイのすぐ近所にあるフレンチ「ビストロ疋田」の店頭をチラ見すると、いつもなら出ている「予約で満席です」の札が出ていない!
予定を変更して疋田に入ってみようか…でもせっかくビストロに行くならワイン飲みたいけど今日クルマだしな…と悩んだ結果、疋田は次回以降ということにして当初の予定通り「ロータス オブ ハノイ」に行くことにした。

店に入ったのは11:40頃。二十数席の暗めの店内には先客はおらず私が口開けの客だった。
テーブルに座りメニューをいただくとランチメニューは「サイゴン」(\1,200)と「ハノイ」(\1,600)の2つのコースか、レギュラーメニューからのチョイスになるみたいだ。
レギュラーメニューにも心ひかれるものはあったけど、初めての店だし素直にランチメニューから「サイゴン」をチョイス。「サイゴン」と「ハノイ」の違いはデザートの有無だけのようだ。

最初に出てきたサラダは甘さ控えめのすっぱい系のソース。おいしいけど、もう少し量が欲しいな。
前菜のシュリンプトーストはすりつぶしたエビがみっちりパンに乗って揚げられており、これもなかなかうまい。

メインのフォーはパクチーとレモンが別皿で出てくるのでお好みで加えることができる。
食べてみると奥のほうに甘い味がするものすごく上品でやさしい味。麺もいい食感だし、牛肉もやわらかくておいしい。
ただ、もう少しひなたっぽいというか洗練されていない現地の生活を感じさせる方向性が欲しいと思う。

結構人気店のようで、私が入ってからコンスタントに客が入り、12時過ぎくらいにはほぼ満席になっていた。
ボリュームからすると\1,200という価格は少し高い気がするけど、夜にいろいろ食べてみたいな。






200709301155.jpg



200709301205.jpg



200709301147.jpg



【2007/10/06 21:17】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
庄内 くすさん
江坂のカーニバルプラザも閉店したんですね

---

9/29(土)は雲行きの怪しい中自転車でランチに出かける。
いつも江坂方面に行くのでたまには目先を変えて服部~庄内方面へ足を伸ばすことにした。

176号線を南下して庄内へ向かい、豊南市場近辺から庄内駅周辺へ入る。
細い道が入り混じっていていろんな店があり、迷いながらいろいろ考えているうちに以前庄内に住んでいた元同僚に天津飯がおいしいと聞いていた中華「くすさん」に初訪問してみることにした。

店の場所は以前からチェック済みだったのだが、実際に前に立ってみると店構えは相当古く汚い上に店内の様子が外からはうかがいしれないのでさすがに躊躇する。
しばし迷った結果勇気を出して戸を開いて中に踏み込んだ。

店内もやはりそれなりに汚く、4人掛けテーブルが3つとカウンター席といったこじんまりした店内。五十がらみのご夫婦お二人で経営されているようだ。
カウンターに座り壁にかけられたメニューから天津飯を探すと「天津飯+ワンタンスープ」(\850)ってのがあったのでそれをお願いした。

すぐに出てきた天津飯はボリュームは普通くらい。
ごはんにカニ玉(といってもカニはほとんどないけど)を乗せ餡をかけてあるのだが、この餡にも卵がとじられている。
味は見た目よりしょっぱ辛くなくてどちらかというと甘めの方向性。酸味もあまりないので食べ口は結構重め。
ワンタンスープは小さなスープ鉢にたっぷりのワンタンともやしとチャーシュー一片。少しぬるめだったけど、すっきりしていて飲みやすいスープだ。

最初天津飯を食べた時は甘く重めの味付けにこりゃ後半キツイかな…と思ったが、食べだしてみると味に慣れたのか最後までおいしく完食。
好みは分かれると思うが、この味をおいしいと評価する人が多いのは納得できる。
厨房で鍋を振るうご主人がなんというか絵に書いたような(それこそビッグ錠の漫画に出てくるような)中華料理屋のオヤジって感じで面白かった。

店を出ると小雨がぱらつき始めていたので急いで帰宅。






200709291308.jpg



200709291319.jpg



【2007/10/06 09:14】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大東 丸正餃子店
9/28(金)の夜は、仕事が終わってから住道の餃子「丸正餃子店」に後輩を伴って出陣。
以前から餃子好きの後輩にリクエストされていたのだが、かくいう私もテイクアウトは何度もしているが店で食べるのは2年ぶりくらいだ。

仕事中に会社から予約の電話をしておき、速攻で会社を出て店に向かう。この店は予約に従ってあらかじめ餃子を焼くので遅刻厳禁なのだ。
無事に時間前に店に到着して、ビールを飲みながら人心地つく。
(注:店のホームページには電話予約の開始時間が15:00と15:30の2つの記載があって混乱するが、正しくは15:00電話予約開始)

今回は1人6人前(1人前\280)を2回に分けて出してもらえるよう予約の際にお願いしていたのでまずは1人頭3人前の餃子が出てきた。こうすると熱々の餃子をいただけるわけだ。
テイクアウトして家で焼いてもそれなりにうまく焼けるのだが、さすが店のご主人が揺れながら焼いたものは焼き目のツヤと照りが素晴らしくいい。

餃子ダレ(酢醤油ベース)にラー油をたっぷり入れて、小さめの餃子を1つずつ丁寧に引き剥がしながら口に運ぶ。
やっぱここの餃子うまいわ~。極薄の皮と香り高く少しキックのある味の餡がビールにとてもよく合う。
なんとなく以前よりあっさりした味になった気がするのは気のせいか。

6人前とビールをいただいて大汗をかきながらおいしく完食。このためだけに学研都市線に乗って住道まで来た甲斐があった。後輩も満足してくれたみたいでよかった。






【2007/10/04 22:25】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北浜 やなぎ
久しぶりに会社帰りに映画を観て帰りました。もうちょっと抑えた演出でもよかったと思う。ケレン味を出し過ぎって感じ

---

9/28(金)は前々日に訪問できなかった「肉探訪 いけ上」に再訪してみると、この日のランチ営業も貸切営業で撃沈。
さてどうするか…と困り果てて北浜近辺を放浪するも、どこで食べるか全然思い浮かばない。
そのうちに堺筋沿いの「やなぎ」の前を通って、そういえばこの店有名だけど入ったことないしここでいいか…とほうほうの体で入店することにした。

13時前の店内は9割ほどの入り具合。結構混んでるな。
ランチメニューは多々あるのだが、ここはやはり名物の「台抜き」を食べて見ようと「台抜き定食」(\1,000)をオーダー。

出てきた台抜き定食はカツ玉、ごはん、ミニそば(温)、一品、サラダという構成。
そばは小さい丼にみっちり入っていて少し食べづらく、そのそばもすごく柔らかくこれはもう伸びていると言ってもいいと思う残念な出来。
そしてダシがえらいこと甘濃ゆい。そばの具は油揚げ(かなり厚くて限りなく厚揚げに近い)なのだがこれもまたしっかりと甘く煮しめられている。

肝心のカツ玉は結構厚めのカツを玉ねぎとたっぷりの卵でとじたもの。
カツは肉の味も揚げ具合もいいのだが、いかんせんこれまたダシが甘濃ゆい。

たっぷりのそばとごはんを甘濃ゆい味の波状攻撃に耐えながらなんとか完食。
えらいこと満腹になった、というか食べ疲れた。
こういう味が好まれるのはわかるけど、個人的にはちょっとしんどかったな。






【2007/10/04 21:59】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。