スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
天王寺 魚市
ダイジェスト更新と言いながらいろいろ書いてるな

---

3/27(火)は気分はまだ沈みがちだったのだが、前日のおろし蕎麦のおかげかで少し胃の調子はよくなったので、元気をつけるためにうなぎでも食べようと天王寺の「双葉」へ久しぶりに行ってみると定休日だった。
また別の店を考える気力もなかったので、過去何度も行っている天王寺アポロビル地下の「魚市」へ。

オーダーは「剣イカ造り定食」(\840)。
思いのほかたくさんのイカにちょっとびっくり。ごはんが速攻でなくなってしまった。大盛り(\50up)にすべきだったな。

いつもはアラ炊きやカマ焼きの場合が多いサイドディッシュも、今日はなぜかコロッケで少し残念だった。




スポンサーサイト
【2007/03/31 18:45】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪駅前第3ビル 竹生庵
なんでもかんでも「スロー」ってつけるのやめましょうよ

---

3/26(月)もなぜか気分も体調も悪く朝から食欲もなかった。
ここは何か胃の調子がよくなるものを食べようと思い、大阪駅前第3ビルB2Fの蕎麦屋「竹生庵」に久々の訪問。
以前はよく来ていたが、今回訪問するのは1年半ぶりくらいか。

12時過ぎに入店するとカウンター10席ほどの店内には空きが2席しかなかった。
席に座り「おろし蕎麦」(\1,000)を注文。
ここのおろし蕎麦は普通の大根か辛味大根かを選択できるので、もちろん辛味大根でお願いする。

出てきたおろし蕎麦の大根の量は見た目少ないのだが、これがまた峻烈な辛さ。
いかにも胃に酵素を出させるようなパワーを感じる。
おいしく蕎麦をいただいて、蕎麦湯で残った大根を余すところなく摂取して完食。

ちなみにこの店では各種蕎麦に「大盛り」(\300up?)ができるのだが、大盛りを頼むと普通の量のそばがまず出てきて、それを平らげるともう一度同じ量の蕎麦が出てくる、つまり量が2倍になるというお得なシステムだ。
それと、今日は食べなかったがここの鴨せいろ(\1,500)は少し変わっていて、ツユを温めてその中に鴨肉を入れて火を通すといったスタンダードな形ではなく、普通のざる蕎麦の横に置かれた皿にオーダーが通ってから焼いた鴨のロース肉とつくねを置いてくれるといった独特なシステムで、なかなか面白くておすすめだ。




【2007/03/31 18:29】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊中 太鼓亭
例によってダイジェスト更新です

---

3/25(日)は月に一度の美容室へ行く日。
朝起きてみるとなぜか非常に気分が悪く、シャワーを浴びてなんとかクルマで美容室へ行った。

美容室を出たのが11時過ぎ。
時間も早いしあまり食欲もない。なんか和風のあっさりしたものを食べようかと思いを巡らした結果、いつも前をよく通るチェーン店の「太鼓亭」豊中服部緑地店に行ってみた。

和風だしで胃にやさしそうで…ととメニューを見てみると「和風ちゃんぽん」(\819)っていうものを発見。野菜もたくさん取れそうだしとこれをオーダー。
サイドオーダーに「大根菜めし」(\315)というのもあって、食欲はそれほどなかったけど大根菜に引かれてこれも一緒にオーダーした。
ちゃんぽんのうどんは普通のうどんか細麺かを選べるとのことなので、迷った結果なんとなしに細麺をチョイス。

やってきた和風ちゃんぽんはたっぷりの具があんかけになって丼になみなみと注がれている。
やさしい味わいでなかなかうまいが、細麺がブチブチ切れて食べにくかったので普通のうどんにすべきだったな。
大根菜めしは普通の味。これで\315は少し高いかも?

そういえば高校生のとき通っていた高校のすぐ近くに太鼓亭があって、今はもうメニューにないんだけど「みそワンタンうどん」っていうのが大好きでよく食べていたことを思い出した。またみそワンタンうどんを食べてみたいな。




【2007/03/31 18:17】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 めんCHINA 徳家
今日は雨模様だったけど、冬の間放りっぱなしだったベランダのプランターの土かえをした。この春は何を植えようかな

---

今日のランチは江坂の耳鼻科にノドの薬をもらいに行ったついでにその近辺で食べることに。
最近江坂で新規開拓をしていなかったので、久々にやってみるかとよく前は通るけど入ったことがなかった中華料理「めんCHINA 徳家」に初訪問してみることにした。

店の横のコインパークに車を停めて店に入ったのが11:30過ぎ。
店内には先客が一組だけだった。

ランチメニューは定食が4種類と麺類が約10種類、丼物が4種類といった構成。
定食の4つめが「今日のおすすめ料理」とあったので何かと聞いてみると麻婆豆腐だとのことだったので、最近ずっとおいしい麻婆豆腐を食べたかった私には渡りに船とその「今日のおすすめ定食」(食べ放題のごはん、前菜、サラダ、漬物、スープ、デザート付きで\800)をオーダー。
ついでに麻婆豆腐の辛さは辛くしてもらえるのかと聞くと出来ないとのこと。これはまあ、ランチタイム用に作り置きしてるってことでしょうがないか。

すぐに出てきた定食の麻婆豆腐を食べてみると、醤油の味が前に出ており麻も辣も効いていない私的には残念な味付け。
これはこれでアリなのかもしれないけど、私が求めるものとは違ったな…。
サラダもほんのちょびっとだったし、デザートの杏仁豆腐はエッジのまるでないグズグズのものだったのも残念。

でも、後から何組か入ってきた客はほとんど麺物を頼んでいた。
この店は麺物がウリなのかもしれない。
他の客が食べていた「香港式やわらか焼きそば」は見た目結構うまそうだった。
次来ることがあったら麺物にチャレンジしてみよう。




【2007/03/24 20:31】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
上本町 すじ平
最近の若いコはUSJをユニバって言うんですね。大神源太か

---

3/23(金)のランチは上本町近辺にいたので、以前見かけてから一度行こうと思っていたハイハイタウン1Fの「牛すじ料理とスープ すじ平」に初訪問してみることにした。

11:45頃入店すると先客は一人のみ。
11種類のランチメニューから「すじ丼と冷麺(ハーフ)セット」(\900)をオーダー。

5分ほどで出てきたすじ丼を早速食べてみると、予想していたよりあっさりした味わい。かなり上品な趣向だ。
すじ丼だしもっとガッツリ系の味と勝手に思い込んでいたので少し拍子抜け。

かなり丁寧にすじ肉を下処理しているようで臭みなどはまったくない。
しかし、丼物にするには全体的にもう少し味が濃い目のほうがいいんじゃないだろうか。
築地「きつねや」の煮込み丼(これはモツ煮込みだけど)ほどの濃厚さはしんどいけど、神戸の「糀屋」くらいの出汁の効き加減は欲しいと思うのが正直なところ。
また、ごはんの炊き方がかなり軟らかく、それに汁をかけて丼物にしているのでじゅるじゅるして食感が悪いのが気になった。

反面、冷麺を食べてみると非常に丁寧な仕事をしているのだろう、とてもいいスープが取れている。麺の茹で加減もいいし、これは本当にうまい!
少しあっさり目なので冷麺だけをランチにするにはボリューム不足だけど、シメに食べたりハーフで出す冷麺としてはとてもいい出来だと思う。

夜のメニューを見てみるとなかなか魅力的なすじ肉料理が一杯だ。
一度マッコリ飲みながら思う存分すじ肉料理を堪能してみたい。

200703231152000.jpg


200703231153000.jpg



そういえばこの日堺筋本町を歩いて気がついたのだが、先日行った大阪駅前第1ビルの立ち食い寿司「まるしゅう」がイケマンビルの北隣に3/28にオープンするみたいだ。

200703231108000.jpg

【2007/03/24 20:01】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸 マルシェ
ノドの調子が悪く医者に行ったのですが、昨夜はもらった薬を飲んだらいつの間にか寝てしまっていました

---

3/22(木)は朝から直行で加古川方面でお仕事。
昼前に仕事が終わり新快速で大阪まで戻ってからランチするつもりだったが、新快速に乗っている間に神戸で行ってみたかった洋食屋を思い出したので急遽途中下車してその店に向かうことにした。

向かう店は下山手にある洋食「マルシェ」
ishさんがblogで紹介されていたのを拝見して、いつか行こうと心のメモ帳に控えておいた店なのだ。

店はJR元町から徒歩10分ほど。
12時少し前に店に着いてみると、まだ空席もたくさんあった。
ちなみにこの店の営業は日祝を除いた11:30~15:00のランチタイムだけだそうだ。

メニューは大きく分けてカレー系と定食系。定食系は\850~\1,300とロケーションとしては少し高めなのだが、その分味と内容に自信があるのだろうと予測できる。
その中から初訪問だし無難に「ハンバーグステーキ定食」(ライス、サラダ、スープ付で\950)をオーダー。
ごはんを大盛り(無料?)にするかどうか迷ったのだが、隣の席の男性が食べていたごはんが器に山のように盛られていたので、正直あの量はきついなとデフォルトにしておいた。

思っていたよりすぐに出てきたハンバーグステーキ定食は、ぽってり肉厚なハンバーグの上にとろけたチェダーチーズが乗せられており、ソースがたっぷりかかっている。
付け合せのサラダの量もたっぷりだし、ごはんの量もまずまず。
スープはアサリのすまし汁のようなコンソメのような和洋折衷の味でなかなかおもしろい。

早速ハンバーグを食べてみると、肉質がきめ細やか過ぎずある程度のテクスチャーを持ちながらホロホロと崩れていく感じの食感。
ソースは少しスパイシーなドミグラスでしつこくなくてとてもうまい。
ハンバーグとごはんををわしわしと食べているうちに速攻でご飯がなくなった。
うーん、やはりごはん大盛りにしとくべきだったか…。

やはりこの店予想通りおいしいわ。
たぶん近隣で働いておられる方ばかりだと思うのだが、12時を回るとどんどん客が入ってきてすぐに満員になった。

今日はハンバーグを頼んだが、他にもおいしそうなメニューが目白押し。
チキンカツやポークジンジャー、平目のアーモンド衣揚げも気になるし、ishさんの食べられたエビかつも見るからにおいしそうだし…。
しかも、店のホームページのメニュー紹介の「若鶏のから揚げ定食」には「台湾出身の名シェフ、李木村(リー・ムーツン)老師から直接教えて頂いた独特のレシピで仕上げています」と書かれている。この李木村氏はもしかしたら「Lee's Garden」の李木村氏ではないだろうか。

カレー系も食べてみたいし、これは近くにあったら定期的に通うだろうな…。
神戸方面に行ったとき時間があればまた再訪しようと思う。




200703221219000.jpg


【2007/03/24 19:38】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
箕面 マルハシ
ガスコンロが壊れて新しいのを買った。最近家電がよく壊れるのは何かの前兆か

---

今日は天気もよかったし、布団を干して掃除洗濯をした後に早めにランチに出ることに。
辛いものが食べたかったのでいろいろ思いをめぐらした結果、ずっと以前に一度行った箕面の鍋焼きラーメンの店「マルハシ」の鍋焼きカレーラーメンを初体験してみようとクルマを出した。

店に着いたのは12時ジャストだったのだが、以前来た時には店の横にあった駐車場がなくなっている。しょうがないので近隣の商業施設にクルマを停めて少し買い物をして、そのまま徒歩で店に向かった。

店に入ると先客は1名のみ。
オーダーはカレーラーメンなのだが、ノーマルと激辛の2種類がある。
激辛を食べたかったけどどれほどの辛さかわからなかったし、「初めての人には中辛がおすすめ」と書かれていたので、「激辛鍋焼きカレーラーメン」(\800)を中辛で、白ごはんをセット(\50up)にしてもらった。

5分ほどで出てきたカレーラーメンは見た目かなり濃い色でグツグツ沸き立っている。
早速食べてみると、辛いんだけどそれほどつらくはない辛さ。
甘みとコクが前に出ているので相対的に辛さのバランスがとてもいい。

麺はストレートの細麺で、具は半熟玉子と芋をすりおろしたようなもの。
スープは牛すじから取っているらしく、カレーラーメンの中にもいくつか煮込まれた牛すじが入っている。

それなりに汗をかきながらだったけどスープまで全部飲み干しておいしく完食。辛さとうまさのバランスがつりあったとてもおいしい一品だった。
中辛の辛さは船場カリーの激辛より少し辛いくらいか。
次回は激辛にチャレンジしてみようかな。




【2007/03/21 23:33】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅田 シュリ・アルナ
3/20(火)のランチは肉が食べたかったので北新地のキャトル・ラパンに行こうと思っていたが、11:40頃店の前に行くとまだ看板が出ていなかったので断念。
この日も外はとても寒く歩き回るのも辛いな…と地下街に潜り込み、久々に大阪駅前第3ビルB1Fのインド料理「シュリ・アルナ」へ行ってみた。

久々に来てみるとランチの構成が変わっている。
以前はAランチ、Bランチ、Cランチといった構成だったが、この日は\800~\1,500くらいの4種類の構成だった。
肉が食べたかったのでタンドリーティッカとシークカバブのついている\950のランチセット(名称を忘れた)をオーダー。
2種類のカレーはチキンとキーマでフィクスされており、他のカレーに変えるには\50の追加料金がかかるみたいだ。
カレーの辛さはデフォルトの0から20まで変えられるとのことだったので、とりあえず10でお願いする。

カレーは以前食べたよりシャバシャバしていてスパイスの効きもコクも薄まってしまった印象。
ティッカもカバブもなんだか普通の味。
こんな店だったかなぁ…

(写真のナンは小さめでオーダーしています)



【2007/03/21 23:15】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三田 パティシエ エス コヤマ
先日兵庫某所で仕事をしたときに思わぬ余禄に預かることができたと書いたが、実はその日の仕事の帰りにクルマで送ってもらった方に「少し寄り道してもいい?」と言われついて行った先が、今絶大な人気を誇る三田のスイーツ「パティシエ エス コヤマ」だった。

店に着いたのは18時頃で、名物のロールケーキ「小山ロール」は既に売り切れで店内にはケーキが何個かと焼き菓子がいくらかしか残っていなかった。
小山ロールの他に最近人気が出てきているらしいバームクーヘンもショーケースにはなかったのだが、店員さんに「バームクーヘンは売り切れですか?」と伺うと、幸運にもついさっきキャンセルが出て一番小さいサイズのものが4つだけあるとのこと。
こちとらバーム好きだし千載一遇のチャンスとばかりそのバームクーヘン(\1,050)を購入。

名物の小山ロールは賞味期限がその日のうちだそうだが、バームクーヘンは未開封なら10日ほどは日持ちするとのことだったので、一昨日(3/19)の夜に食べてみた。

食べてみた感じは生地にあまりギッシリ感はなく、テクスチャーは保ちながらもスルッとノドを通り越していく軽い感じの食感。生地そのものはそれほど甘くないのだが、周りにコーティングされている砂糖が(私にとっては)かなり甘い。

それでも嫌味ではない濃厚さ加減はとてもおいしいと思う。
クラブハリエと比べるのなら、個人的には僅差でこちらのバームに軍配をあげよう。




200703192106000.jpg


200703192104000.jpg

【2007/03/21 23:15】 | おやつ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
北新地 あい・タイ
3/19(月)のランチは北新地にいたのだが、外はとても寒く歩き回る気にはなれなかったため、いつものタイ料理「あい・タイ」の日替わりメニューを見ると「トムヤムクンガイ」だったので飛び込むことに。

12時ジャストに店に入ると先客は1組のみ。今日はママさんはいらっしゃらなかった。
「日替わりランチ」(\800)をオーダー。

今日もタイ米の炊き具合がいい。炒め物は春雨の炒め物だった。
トムヤムクンガイは具沢山でトマトの爽やかな味が前に出ており、最初のうちは甘いんだけど食べ進めるうちに辛くなってくる。

うーん、やっぱりこの店のスープものはうまい。
なんだか味噌汁のような家庭的な味なのだ。

200703191202000.jpg

【2007/03/21 22:47】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モスバーガー
3/18(日)も休日出勤。
13時頃ランチを取れる時間ができたが、日曜日のオフィス街にはランチ処がまったくない。
しょうがないので近くにあったモスバーガーでランチすることに。

オーダーは「タコライス」にポテトのSサイズとドリンクがついたセット(\770)。
実はモスのタコライスは機会があれば食べてみようと思っていたのだ。

出てきたタコライスは見た目量は少ないのだが、皿が結構深いためそれなりの量はある。
(といっても全然少ないんだけど…)
具のタコスミートやチーズ、レタスの量が少なくてがっかり。
チリソースがサルサっぽい味ではなく、どちらかというとカレーに近い味。




【2007/03/21 22:39】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北新地 神虎
3/17(土)は休日出勤だった。
仕事の関係でランチを取れるのが15時過ぎとなったので、時間的に選択の余地もなかったため、久しぶりに北新地のラーメン「神虎」へ行ってみた。

オーダーは「煮玉子ラーメン」(\750)に「明太ごはん」(\220)。
この店は麺の太さと固さ、スープのこってり加減をカスタマイズできるので、「細麺・固め・普通」でお願いした。

やみつきになる味ではないけど、久々に食べるとうまい。麺の茹で具合がいい感じ。
明太ごはんはこの量で\220は少し高いかな?麺がうまかったから替え玉をすべきだったかも。




【2007/03/21 22:34】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
淀屋橋 小ぼけ
勤務地が淀屋橋から移転することになった。
3/16(金)のランチが淀屋橋近辺で食べる最後のランチなので、淀屋橋を象徴する昼食処「小ぼけ」に行くことに。
淀屋橋周辺に「小ぼけ」は2店舗あるが、今日行ったのはミズノビルの横のビルの地下にあるキャパの大きい方の店(通称「大ぼけ」)だ。

オーダーは「魚定食」(\780)。今日はブリの照り焼きだった。
食べ放題の生卵を2つ溶いてスタンバイ完了。

出てきた魚定食のブリ照りはかなりの大きさ。
これまた食べ放題のごはんに卵をかけてわしわしといただく。

おなかがすいていたのでごはんをおかわり&卵をもう1つ食べて満腹になった。
食べ過ぎたかもしれないけど、私はしっかり食べてこれからがんばって生きて行かなきゃならないんだ。



【2007/03/19 20:52】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
服部 おひさん
3/15(木)の夜は帰宅途中に近所に住む友人と飲みに行くことに。
以前入ろうとしたが満席で入れなかった「ごっつぉ屋 おひさん」に初訪問してみた。

2階にある店内は小ぶりなスペースで4人がけテーブルが4つのみ。
フードは手作り感いっぱいのものばかり。

食べたものは「自家製クリームコロッケ」、「醤油焼きそば」、「鶏腿ガーリックソース炒め」、「生春巻き」。
どれもこれも「手作り!」って感じの味で、友人宅に招待されて出されているような感じ。

2人で5杯飲んでトータル約\4,500。
フードの種類もドリンクの種類もそれほど多くないが、なかなかいい店。

200703152059000.jpg


200703152050000.jpg


200703152043000.jpg


200703152034000.jpg


【2007/03/19 20:40】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
明石 きむらや
3/15(木)は昼から明石方面でのお仕事。
約束の時間までに少し時間があったため、魚の棚商店街などをブラブラ散歩していると、明石焼きの有名店「きむらや」に行列ができていないことを発見し、以前から一度行ってみようと思っていたし久々にダブルランチとしゃれこむかと初訪問してみることに。
この店は以前から何度も店の前を通っているのだが、行列はさておき、過去にこの店の前を通った時はいつも近くのピッツェリア「CIRO」で胃に一分の隙もないほど食べた後だったので店に入ることができなかったのだ。

店内は26名ほどのキャパなのだがほぼ満席だった。
オーダーはもちろん「明石焼き」(1人前20個で\800)。

5分ほど待って出てきた明石焼きは1つの大きさは小ぶりなのだが、それが20個となると1時間ほど前に食事をした身には結構な量だ。
食べ方としては出汁のほかに卓上にある塩もしくはソースでいただける。

店としては塩で食べるのもおすすめとのことだったので塩でいただいてみると、タコの味が際立って感じられなかなかうまい。以降は出汁と塩で交互にいただいた。
1つだけソースをかけて食べてみたが、ソースはかなり甘濃ゆいタイプのもので、個人的にはこの明石焼きに合うとは思えなかった。

人気店なのに店員の方々の接客はよく、中でもレジ前で入ってくる客をさばいたり出来上がった明石焼きの配膳をコントロールしていたお姐さんの接客がサバサバと気風がよくてとても好印象だった。

しかし、やはり20個は多かった。
2人で1人前をシェアすることもできるそうだ。こういったところも好感をもてる。

200703151308000.jpg


その後向かった西明石でこんな店名のお弁当屋さんを発見。
どれくらいのてんこもり具合なのか気になる。

200703151502000.jpg


【2007/03/19 20:30】 | おやつ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南京町 楽園酒家
たまっていた分を少しずつダイジェストで更新していきます

---

3/15(木)は終日神戸方面でのお仕事。
ランチは以前何度か行っていたがこの2年ほどご無沙汰だった南京町の「楽園酒家」に行くことにした。

店に着いたのは11:40頃。平日でも南京町は結構な人出だったが、店に入ってみると先客は1組のみ。
この店は中華粥が名物で、確かにお粥も非常においしいのだが寒いうちに食べておきたかったものがあったのだ。
この店の冬場の名物「牡蠣の汁そば」(\1,250)だ。

注文後しばらくして出てきた牡蠣の汁そばは、たっぷりの青梗菜と干しキノコを炒めて牡蠣とともにオイスターソースベースのあんかけにしたものが細麺とスープにかかっている熱々の一品。
牡蠣は熱を通されてプックリしており、レンゲにみっちり収まるくらいの大振りなものが7つも入っている。

約2年ぶりに食べる牡蠣の汁そばは、牡蠣はいい火の通し具合でうまみが最大限に引き出され、青梗菜のシャキシャキ感、干しキノコのクニュッと感をまじえながら最後まで無我夢中になっていただける素晴らしい一品。

この店にはたくさんの思い出があって、それらの思い出とともに個人的にとても大切なお店でそれが故にここしばらく足を向けていなかったのだが、実は私がこの店を好きな理由がもう1つある。
この店は長安門のすぐ脇というとてもいい場所に店を構えているのに、店の前に屋台を出していないのだ。

かねがね私は南京町の屋台には辟易していた。確かに震災直後には店を存続する重要な手段だったのだろうけど、今たくさんの客が屋台で食べ物を買い立ち食いしながら歩いている様は行儀が悪くみえるし、かえってこの町の品位を落としてしまうと思う。
それに子供が串に刺さって出される食べ物をあの混雑の中で歩きながら食べているのは危険じゃないだろうか。
確かに屋台は店にとってすれば手っ取り早く金になる商売なのだろうけど、この楽園酒家は矜持を持ってあえて屋台を出さずに営業しているところに非常に好感を持てるのだ。

会計時に牡蠣の汁そばはいつまでやっているのか伺うと、仕入れにもよるが3月いっぱいの予定だとのこと。
もう3月末まで日程もないし、正直接客はイマイチな面もあるが、この店の牡蠣の汁そばは牡蠣好き&牡蠣エキスいっぱいの汁物の好きな方には是非一度味わっていただきたい。
牡蠣の汁そばや中華粥以外にも「牛角煮の焼きそば」や「排骨湯麺(パーコーメン)」も激しくリコメンドだ。

4月からは季節のおすすめ品として「蟹の酸辣湯麺」が始まるそうだ。
これは食べたことないし来月時間を作ってまた来よう。




200703151155000.jpg



200703151157000.jpg

【2007/03/19 20:12】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高麗橋 カシミール
そういえば伊丹-高知間のボンバルディアって2回ほど乗ったな

---

今日のランチは昨日のランチが不発だったので、忙しいのに無理矢理時間を作ってお気に入りの高麗橋の「カシミール」へ。

14:00少し前に店に着いてみると、ウェイティングはなかったが店内は満席。
5分ほど待って席に着くことができた。

その後オーダーを聞いてもらえてカレーが出てきたのが14:30過ぎ。
今日のオーダーは「ミックスA(野菜+肉)」(\1,000)をキーマで、豆腐増量(\100up)で「辛さ15」(\100up)。
この時間に来ると玄米の量が微妙になってくるのだが、ギリギリセーフで玄米にありつくことができた(私の後2人分で玄米は切れていた)。

辛さ15は辛さ10とあまり変わらない印象。次は20にチャレンジだな。
豆腐増量はうれしいんだけど、豆腐が多く入るとカレーの温度が下がるためか今日のカレーは少しぬるめだったのが残念。

過去のカシミール

その8
その7
その6
その5
その4
その3
その2
その1




【2007/03/14 20:52】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は更新をお休みします
今日は終日兵庫県某所での仕事だったのですが、近辺にランチ処がなく仕事先の施設に併設されているレストランで食事をするしかありませんでした。
そのランチが近年稀にみる悲しい内容で、記事にしても愚痴しか出ない気がするので今日は更新を差し控えます。

ただ、某所からの帰り道に思わぬ余禄に預かることができました。
この余禄に関しては、週末にエントリを作成する予定です。

コメントいただいてる皆様へのレスも明日になりそうです。ご了承ください。

【2007/03/13 22:27】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
靱本町 味庵
食事中しゃべらずに食べることに集中するのはそんなにヘンなことですか

---

今日のランチは辛いもの&野菜を摂取したくて、靱本町の「味庵」へ。
11:50頃に入店すると、店内には誰もおらず私が口開けの客だった。

オーダーは大好物の「石焼きビビンバランチ」(\700)。
食べ放題のお惣菜はキムチ3種(白菜・大根・キュウリ)、水菜のサラダ、細もやしの和え物、ナスのひき肉炒めといった豪勢な布陣だった。

運ばれてきた石焼きビビンバに白菜キムチとコチュジャンを入れて豪快にまぜまぜして、熱々を食べるのは至福のひととき。
これで\700っていうんだからやってくれますな。

入店当初は私一人だったが、そのうち続々客が入ってきて、12時を過ぎる頃には3組ほどウェイティングができる盛況ぶりだった。




【2007/03/12 22:30】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おにぎり
電車の吊り広告で見たハーゲンダッツの「クリスピーサンド 練乳いちご」を食べてみた。もっと毛穴が開くような甘さかと思ってたら上品な味で少し拍子抜け

---

昨日(3/11)は昼も夜も自炊だった。

久しぶりにおにぎりを食べたくてご飯を炊いておにぎりを作ったけど、結構むずかしい。
今度はいい海苔と梅干を用意しておにぎりを作ろう。

【2007/03/12 22:21】 | 自宅ごはん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 とんかつがんこ
3/10(土)のランチはがっつり行きたい気分だったので、以前から目にしていた江坂のバス停そばの「とんかつ がんこ」に初訪問してみた。

12時過ぎの店内はかなりそれほど混雑していなかったのだが、店員さんはアップアップで席は空いているのにアテンドされて席につくまでに5分ほど待たされた。

オーダーは「昼ヒレかつ膳」(税込み\1,029)をオーダー。
最初にすり鉢状の容器にゴマとすりこ木が出され、ゴマを擂ってその上にソースを入れるシステム。ソースは辛口と甘口の2種類が選べる。

出てきたヘレかつは気持ち小さめ。揚げ具合は可もなく不可もなくといったところ。
ごはんと漬物とキャベツは食べ放題だそうで、ごはんの炊き滝具合がよかったのには好感を持てた。

ごはんを一度おかわりして完食。
ホスピタリティ面まで入れて考えると少しコスパは高いと思う。



【2007/03/11 20:07】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
梅田 熟成ラム肉工房 曽根崎ビール園
3/9(金)の夜は以前羊小屋に行ったビール好き&羊好きの有志4人で、お初天神近くの「熟成ラム肉工房 曽根崎ビール園」へ行った。
もう一度羊小屋に行きたかったのだが、寒いうちにラムしゃぶが食べたくて、ラムしゃぶを出しているこの店をチョイスした。

お目当ての「ラムしゃぶコース」(前菜3品・サラダ・ラムしゃぶ・塩ラーメン付きで\2,500)に「ドリンク飲み放題」(男性\1,200、女性\1,000)をオーダー。
前菜はスペアリブとキムチとイカ塩辛ののった豆腐だった。

ラムしゃぶは昆布だしではなくスープに丸のままのニンニクとクコの実が入っているもので、タレはポン酢醤油だった。野菜は白菜と青物の2種類のみ。
肉は厚めのロース肉で、適度にしゃぶしゃぶして食べると臭みもなく非常においしい。
ポン酢醤油がデフォルトで少ししょっぱ辛いので、鍋のスープで薄めるとちょうどいい味になった。

肉を2人前追加して、最後はシメの塩ラーメン。
出てきた麺はちぢれ麺。これがかなりのボリュームで最初見たとき正直ひるんだが、ラムのエキスが出たスープと一緒に出されるニンニク塩ダレで食べるラーメンはやみつきになるうまさで、正直そこいらのラーメン屋よりおいしかった。

結局ビールを一人4~5杯飲んで会計は約\14,000.
価格も安いし、シメのラーメンも食べたいしで再訪の価値あり。

200703092112000.jpg

【2007/03/11 20:00】 | 焼肉・焼鳥系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西天満 ちーず亭
3/9(金)のランチは以前から行ってみたかった西天満の洋食&イタリアン「ちーず亭」へ。
12時ジャストくらいに店に入ったが、2階席は先客が2組のみで思っていたほど混雑していなかった。

オーダーは日替わりランチの「カキフライ」(\980)。
最初にコンソメスープとサラダ(生セロリがいっぱい入っている)が出てきた。

しばらくして登場したカキフライのプレートは、カキフライ(全部で6個)だけではなく、フライにしたナスや玉ねぎや南京、一口カツなどが一緒についてくるボリュームいっぱいの内容。

ごはんがかなりやわらかめな炊き方だったのが残念だったけど、この価格でこのボリュームはいい感じだと思う。
夜のメニューはチーズ料理が充実しているそうなので、一度行ってみたいな。

200703091208000.jpg




【2007/03/11 19:47】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
姫路 駅そば
3/8(木)は終日姫路で仕事だったのだが、お昼はお弁当がでたのでそれをいただいた。

姫路での仕事が終わって、帰りにJR姫路駅のホームで名物の「駅そば」を食べて帰る。
一年ぶりに食べるけど、やはり独特のおいしさ。



【2007/03/11 19:40】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
福島 Sweet Basil
例によってダイジェスト更新です

---

3/7(水)のお昼は福島のタイ料理「Sweet Basil」へ。
オーダーは5種類のランチメニューから「タイ式チキンライスセット」(\980)。
以前北新地のタイ料理「あい・タイ」で食べたカオ・マン・カイに魅せられて、この店のカオ・マン・カイを食べてみたかったのだ。

スープはいつもの大根スープ、この日のサラダは春雨サラダだった。
春雨サラダはあまり辛くなく、あっさりした味わい。

カオ・マン・カイそのものはあい・タイに比べると鶏肉の量が断然多く、ボリューミーに感じる。
鶏肉もご飯もしょうがの風味が感じられとてもおいしい。
タレはチリソース系ではなく、生姜醤油のような感じ。
ボリュームはこの店が上だが、ソースはあい・タイの方が旨辛で好みかな。

食後はマンゴージュースでしめる。
今日入店したのは12時少し前だったのだが、先客は一組のみでその後もちらほら客が来るだけであまり混雑していなかった。




200703071158000.jpg


200703071215000.jpg

【2007/03/11 19:37】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天満橋 竹井屋
気持ちを切り替えたように見える

---

今日のランチは仕事の都合で少し出遅れてしまい、天満橋近辺に着いたのが14時前。
この時間ではランチを取れる店が限られてくるし、久しぶりに「ル・アルジャン」に行きたかったけど(ル・アルジャンはランチのラストオーダーは14:30)、ゆっくり食事している時間もなかったので、ここは手堅く行こうと15時までランチをやっている生パスタの店「竹井屋」へ。

さすがにこの時間は全然空いている。
「和風クリームソース」にも惹かれたが、ここも手堅く「チキンのトマトソース」(\850)を「大盛り」(\100up)でオーダー。

すぐに出てきたもちもちの生パスタにハバネロソースをかけていただく。
おいしいんだけど、今日は本当はパスタの口ではなかったな…。
前回来てからあまり間が空いてないし、飽きないためにもこの店はしばらく封印しよう。




200703061353000.jpg

【2007/03/06 21:21】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
船場カリー(テイクアウト)
そういえば最近、なんだか自分の殻にこもっているような気がしてiPodを聞きながらの通勤はやめました

---

昨日(3/5)のランチは仕事の都合で船場カリーをテイクアウトして事務所で食べることに。
後輩が先に買ってきてくれていたのだが、事務所に戻るのが遅くなったのでカレーは少し冷めていた。

食べたのは「ビーフカリー(辛口)」(\600)だったが、少し冷めているせいか全然辛くない。
でも\600で食べられるのなら安いな。

(この日は写真はありません)

【2007/03/06 21:13】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は更新をお休みします
今日は昼夜とも自炊したので更新はお休みします

そういえば最近ワインを家でも飲むようになって、平日夜に一人で一度にワインを1本空けるのは無理があるので、バキュバンを買いました。
これ結構便利ですな。

【2007/03/04 20:05】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 スパゲティハウス
掃除機こわれたので近所の量販店に新しい掃除機を買いに行った。新しい家電を買うのってなんか生活をリニューアルする感じで少し気持ちが軽くなる

---

今日は朝起きてから布団を干して部屋を掃除して…とそれなりにアクティブに活動。
そうこうするうちにお昼になったので、昨夜の食事は少ししか食べておらず空腹を感じていたので、ランチは久しぶりに江坂の「スパゲティハウス」へ行くことにした。

12:40頃の店内はなかなかにぎわっており、カウンターに3席あった空席に座ることができた。
オーダーは食べたことないものにしようかどうか悩んだのだが、結局は今まで何度も食べてきた「バラエティ(イカ、エビ、ベーコン、牛肉)」のトマト(\900)のサイズを「2L」(本来\100upだが、会計時にもらえるクーポンチケットを2枚利用して無料)でお願いした。

ランチセットにはサラダとオニオンスープがついているのでサクッと平らげる。
その後出てきたパスタに粉チーズをかけていただいてみると、今日のパスタもいい茹で具合でうれしくなる。

空腹だったので2Lも秒殺だった。3Lも食べれると思うんだけど味が単調で飽きると思う。
そういえば大学生の時は当時付き合っていた彼女といつもトマト系、クリーム系、オイル系やイカスミ系というように2人でLサイズを3皿オーダーしていたな…。
一人で食事することの問題点は、多種多様なものを味わえないことに尽きると思う。
人に言わせれば本当はそれ以外にも問題点はあるんだろうけど。



【2007/03/03 19:13】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
玉造 あきら
掃除しようと思ったら掃除機こわれた

---

昨日(3/2)のお昼は時間があったので、会社の後輩からおいしいと聞いていた玉造の洋食「あきら」へ行ってみた。

店は玉造の駅から徒歩で5分ほど、長堀通りの空堀町の交差点を南下したところに店はあった。
店の見た目はかなり時代を感じさせるで、11:30過ぎに入店するとカウンター8席、4人がけテーブル2つの店内には先客が2人だった。
店は初老のご夫婦で切り盛りされており、先客2人は常連のようで気軽に話をされている。

オーダーは迷ったのだが鶏肉が食べたかったので「チキンカツ定食」(\600)をオーダー。
おなじチキンカツでも「ジャンボチキンカツ定食」(\900)というものもあったのだが、初めての訪問でボリュームがわからないのでおとなしくデフォルトにしておく。

ご主人がカウンター内で黙々と調理され、チキンカツが出てきたのが数分後。
ごはんの量も多めだし、この値段なら十分納得のボリュームのチキンカツだ。

早速食べてみると、衣は強めに揚げられていて少し焦げも感じられるが、中の鶏肉はキチンと揚げられており、熱々でおいしい。
そして、このカツにかけられているソースがドミグラスとは言えない一種独特のもので、丹念に炒めた野菜のようなピューレ状のものが感じられるどことなく和風のソースなのだ。
最初食べた時には正直揚げ物には弱い味に感じたのだが、食べ進めていくうちに舌が慣れるのかちょうどよくなっておいしく食べることができる。

付け合せのサラダにかかっているドレッシングは、酸味と塩気が強い昔風の味なんだけど塩のたて方がよくシンプルながらとてもいい味。
ごはんも味噌汁もきちんとおいしいし、これで\600は安いわ。
それに、\600でこのチキンカツなら、\900のジャンボチキンカツはもしかするとこの2倍ほどの量のチキンカツが出てくるんではないだろうか。
他の客が頼んでいた「ごはん大盛り」(\100up?)もデフォルトの2倍ほどのてんこ盛りのごはんだったので、たくさん食べたい人にもいいかもしれない。

私が店にいる間にも何人かの客が出入りしているのだが、その全員がご主人夫婦と顔見知りの近所の常連のようで、地域に密着して愛されている店という印象を受ける。
ご主人の仕事ぶりやメニューに「冷凍食品は一切利用しません」と記載されていることからも真面目な仕事をずっと続けてきたのだろう。

後輩によればメニューに当たりはずれがあるとのことなのだが、総じてコスパもいいしかなりいい店だと思う。
また再訪して後輩おすすめのハンバーグかミンチカツを食べてみよう。

店を出て店の外観の写真を撮るときに、ひさしに「当店特製ソースの店」と書かれていることに気がついた。
今日食べたチキンカツにかかっていたソースが特製ソースなんだろうか。




200703021153000.jpg


200703021152000.jpg


200703021154000.jpg

【2007/03/03 19:01】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。