スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
豊中 希望軒
もうこんな一年を過ごすことがありませんように

---

年越しに実家に帰る前にお昼をこっちで食べていくことに。
コッテリ系のラーメンの口だったので、クルマを出して緑地公園のとんこつラーメン「雅」に行ってみたが休みに入っていたので断念。
ならばとオープンした際に一度行っただけだった近所のラーメン「希望軒」に行くことにする。

12:30頃入店すると大晦日にもかかわらず店内は結構混んでいる。
ほとんどが家族連れなのだが、年末の大掃除などを片付けて昼は近場に食べに行くか~みたいなノリできているのだろうか。

オーダーは基本のとんこつラーメン「希望軒ラーメン」(\682)に「味付玉子」(\126)トッピングでお願いする。

2~3分して出てきたラーメンは見た目普通のラーメンでこれといったインパクトはないが、食べてみると熱々でうれしい。
麺は細麺なのだが、ちょっと粉々しい味わいは好みが分かれるだろう。私はもう少しツルリとした麺が好みなのだが。

と言いつつ「替え麺」(\136)も追加でお願いしておいしく完食。
以前来た時はあまりおいしいとは思わなかった(だからずっと来てなかった)のだが、久々に食べてみると少し評価が上がった。
でも、ラーメン+玉子+替え玉で税込み\944というのは少し高いような気がする。


このエントリが本年最後の更新となります。
次回更新は1/2(火)の予定です(もしかしたら元旦夜に更新するかもです)。
みなさんよいお年をお迎えください。



スポンサーサイト
【2006/12/31 13:15】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まいどおおきに食堂
エスプレッソメーカー買おうかな

---

今日のランチはなんだかカラダが動かなかったので、手早く済ませようと近所に最近できたセルフ式の食堂「まいどおおきに食堂」へ歩いて行ってみた。

12時過ぎの店内は結構な混雑。
カウンターにいろいろなおかずが陳列されているので、トレーに好きなおかずを取って行き、カウンター最後のレジで清算後、席に座って食事をするというシステムだ。

この店は「あまりおかずの種類は多くない」という話を聞いていたのだが、まさにその通り。
それにメイン級のおかずが値段の割には微妙にボリュームが少ないので、結局チョイスしたのはバイプレイヤー系ばかりの「じゃこおろし」(\105)と「青菜煮」(\105)、それにお願いするとその場で焼いてくれる「玉子焼」(\158)をチョイス。
レジの手前でごはん(大中小から選べる)と味噌汁もしくは豚汁をいただけるので、「中ごはん」(\137)と「豚汁」(\137)をお願いしてトータル\642。

席に座って食べてみると、玉子焼きは焼き立てだからなかなかおいしいし、ごはんもなかなかうまく炊けている。
豚汁は具にインパクトもボリュームも無く値段相応か。

ただ、店の雰囲気がなんというか食事を楽しむ雰囲気ではない。
腹にスタッフするだけの場所って感じで正直居心地が悪い。
こういった店に来る客は、食事を楽しむってことを主眼にしていない客層ばかりだからだろうか。



【2006/12/30 23:57】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ナンミックス
オマケのグラスにつられて500mlのビールの6本パックを買ってしまった

---

家の大掃除とかもしないといけないのに、以前見かけて買っておいたハウス食品の「ナンミックス」を食べてみたくて現実逃避でキーマカレーを作った。

キーマカレーは市販のキットを利用して作ったのだが、時間短縮のため缶詰のプレーントマトソースを使ってみた。
できあがって食べてみると少し甘濃ゆい感じがするけどなかなかの出来。

肝心のナンは薄く延ばすのが難しい。もう少し薄く延ばしたらいい感じになると思うけど、少し厚めになったので焼きがアマく、モチモチした食感があまり得られなかったのが反省点。



【2006/12/30 00:09】 | 自宅ごはん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
江坂 マジックパン
みうらじゅんってなんであんな面白いことを当意即妙に言えるんだろう

---

今日は昼前からずっと買い物など用事を片付けていたため、お昼は簡単に済まそうと以前も行った江坂のサンドイッチ店「マジックパン」へ。
以前のエントリでコメントいただいた服部のマジックパンに行ってみたかったのだが、時間の都合上江坂に行くことにした。

今日買ったのは「ソースカツサンド」と「たまごハムチーズサンド」(2つで\555)。
例によってスタバでコーヒーを買って急いで帰宅。

うん、やはりここの揚げ物系サンドはしっかりした揚げ具合と噛みしめ感で非常にうまい。
ソースカツを買うかエビグラタンを買うかですごく迷ったんだけど、ソースカツ正解。
タマゴサンドは全体的に具が多く、ものすごく豊かな気持ちになれる。

でもエビグラタンも気になるから次回以降の課題ということにしておこう。



【2006/12/29 23:54】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新梅田食道街 新喜楽
どうせ何も起こらずに年を越すんだろうな

---

今日は昼時梅田にいたのだが、寒かったので暖かいものが食べたくなって久しぶりに新梅田食道街の「新喜楽」に行ってみた。

11:30頃店内に入るとコの字型のカウンターは6割ほどの埋まり具合。
天ぷらも食べてみたかったけど、ここはやはり定番の「鴨鍋定食」(\780)をオーダー。

今日みたいな寒い日にはこのやさしく滋味溢れるスープはたっぷり振られた山椒も相まってカラダの隅々まで温めてくれる。
ごはんのおかわりを「半分くらいで」とお願いしたのだが、出てきたごはんは普通に一杯の量だったので、食べ終わってえらい満腹になった。



【2006/12/28 22:10】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東淀川 龍
今はもう無いと思うんだけど、以前阪急池田駅の近くに「泣きまひょか」という屋号の居酒屋があった。今日はその店で飲んで泣き崩れたい。

---

今日の昼時はJR東淀川近辺にいた。
大阪へ出てからランチしてもよかったのだが、駅前に大衆中華の「龍」を見つけたので、最近ずっとガッツリしたものを食べてなかったし胃腸の調子もほぼ本調子に戻っていたしと立ち寄ってみることに。
龍は大阪北部に何店舗かを構えるチェーン店なのだが、ずっと以前京阪古川橋の駅近くの龍に立ち寄った時に食べた唐揚げ定食がものすごいボリュームでなおかつ非常においしかったことを思い出したのだ。

12時過ぎに入店すると店内は男の客ばかり。一つだけあった空席に座り「唐揚げ定食」をオーダー。
唐揚げ定食は壁のメニューでは\880なのだが、別の張り紙に「ランチメニューはすべての定食が\680!」と書かれている。
しかもごはんとスープはおかわり自由らしい。

しばらくして出てきた唐揚げ定食はやはりさすがのボリューム。
ガッツリに飢えていたとは言え、病み上がりにこれだけのボリュームを完食できるかどうか不安になりつつも箸をのばす。

唐揚げは古川橋の店より少し少ない感じがする(それでもけっこうなボリュームなんだけど)。
衣も厚めだし、もう少しジューシーな揚げ方が好みだがなかなかおいしい。
ごはんもどんぶりにいっぱい入っていてまさにガテン系の食事って感じ。

ガツガツと食べ進めるうちに苦もなく完食。ひさびさの揚げ物はしみじみおいしかった。この量で\680はかなりコスパがいいと思う。

そういえばもうすぐ免許の更新に古川橋まで行く必要がある。
その時にでも古川橋の龍の唐揚げ定食に再会しようと思う。



【2006/12/27 22:50】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪駅前第1ビル PASTA 1
うるはしきもの見し人は

---

今日は学研都市沿線での仕事を終え北新地駅で降りたのがお昼前。
以前見かけて気になっていた、大阪駅前第1ビルのB2Fにある立ち食いパスタの店「PASTA 1」に初訪問してみた。

店は天丼の「かえん」の前にある。立ち食いなのでカウンターのみで8人くらいでいっぱいになるほどのカウンターだ。
パスタは\700~\1,000くらいの価格帯で10種類ほどあり、店頭のメニューには記載されていないがペンネやフジッリなのどのショートパスタもある。
茹で時間のそれなりにかかるパスタと短時間で食事を済ませるスタイルの立ち食いがどのように両立されているか以前から前を通るたびに気になっていたのだ。

11:30頃入店するとまだだれも先客はおらず私が口開けの客だったようだ。カウンター内には店員さんは3名。
パスタの種類はいろいろあったのだが病み上がりということであっさりと「明太子の和風パスタ」(\750)をお願いする。追加料金で大盛りも可能なのだが、ボリュームがわからないし胃の調子も万全ではないのでやめておいた。

オーダー後小さな深皿に入ったサラダと温められたパンが2切れ出てきた。パンはおかわりし放題らしい。
さて、パスタをどのように茹でて出してくるのかと思って厨房内を見ていたら、いきなり湯に入っていたザルからパスタを引き上げた。
私が入店したタイミングでパスタを湯に入れていたのか、それともあらかじめ湯に入れられていたのかはわからなかったが少し釈然としない。

明太子パスタが出てきたのはオーダー後2分もしないうちだった。量はさほどでもない。
食べてみるとパスタはぬるいし湯切りが非常にアマく、からめた明太子ソースが湯に流れてしまっていて全然味気ない。これは正直おいしくないな…。
パンもあまり感心しないものだったし、もう少し頑張ってほしいというのが正直なところ。

ただ、こういったスタイルでチャレンジすることに対しては賞賛を送りたい。
茹で上げ後パスタパンでソースと絡めるタイプのメニューならそこそこ食べられるのだろうか。



【2006/12/26 22:32】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅田 揚子江
JB逝去。なんでクリスマスに…。ご冥福をお祈りいたします

---

先日寝込んだのは最近流行の感染性胃腸炎というやつだったのだが、今日は朝から出社したもののカラダに力が入らないため昼から早退することにした。

とは言えこの4日間まともなものはほとんど食べてないので、なんかあっさりしてるものを食べて帰宅しよう…と思っているうちに、先日定休日で食べられなかった梅田のナビオ裏のラーメン「揚子江」へ向かう。

この店は私が小学校の時から通っているのでもう20数年の付き合いだ。
今でも大阪でラーメン店を一つだけ選べと言われれば躊躇なくこの店を選択するだろう。
以前は阪急曽根駅や庄内駅の近くにも店があったのだが、最近ではなくなってしまった。

12:30頃入店すると店内は半分くらいの混み具合。
カウンターに陣取り、「ワンタンメン」(\550)を固麺でお願いする。
空腹を感じていたので大盛りが食べたかったが、胃腸の具合も回復していないので自粛。

3分ほどで出てきたワンタンメンはあっさりした塩味のスープにこの店独特の細麺、具はチャーシューと春菊と細もやし、それにしっかりした大きな皮のワンタンが4つ。
疲弊した胃にもストレスなくスルスルと食べ進めることができる。

ものの5分ほどで完食。
久しぶりに食べたけどやはり私に合ってるな。また今度大盛り食べに来よう。



【2006/12/25 19:48】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
寝込んでました
木金土日の4日間旅に出るつもりでしたが、初日に体調を崩してダウン、残りの旅程をキャンセルして大阪に戻ってずっと寝込んでました。

ずっと養生していたおかげでなんとか明日には社会復帰できそうです。
コメントいただいている方へはまた明日コメントさせていただきますm(__)m

今日明日みなさんよいクリスマスでありますように。

【2006/12/24 20:29】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天満橋 ル・アルジャン
寒いけどがんばるぞ

---

今日のランチは時間もあったので、まゆさんのblogで拝見して以前から行きたかった天満橋のフレンチ「ブラッスリー ル・アルジャン」へ行ってみた。

店に着いたのは12:50頃。店内は8割ほどの埋まり具合。窓際の席に案内された。
ランチメニューは\1,000~\3,800の4つのコース設定なのだが、今日は前菜、メイン(魚 or 肉)、デザート盛り合わせ、ドリンクといった構成の「Bコース」(\1,500)をオーダー。
今日のメインは魚が「天然スズキのムニエル ヴェルモットソース」、肉が「地鶏モモ肉と豚スペアリブのフランボワーズビネガー煮込み」だったのだが、フランボワーズビネガーにひかれて肉をチョイス。

席に通されたあとにオーダー受けやシルバーとお水の配膳をギャルソンという感じではない男性にサービスされたのだが、よくよく店内を見てみると、この方がオーナーシェフのようだ。
このシェフ?のサービスがなんというかバンカラで、フレンチというよりは中華料理の接客みたいな感じなので心の中で少し笑ってしまう。

10分ほど待って出てきた前菜はポーチドエッグ、マグロのリエット、スモークサーモンとホタテのサラダの3種盛り合わせだった。
この前菜がみんなちゃんと仕事がしてある前菜でとてもうまい。\1,500のコースでこんな前菜出てくるとは!と驚いた。

次に登場したメインは、肉そのもののボリュームはたいしたことないが、一緒に煮込まれた野菜やレンズマメが盛りだくさんでナイスな一皿。ちゃんと手がかかってるんだけどシンプルで、味も正統派の味に少し変化を持たせようとしている姿勢が心憎い。

パンもおかわりしてメインを平らげて、最後にデザートとドリンク(紅茶をお願いした)を楽しむ。
デザートも量は少ないのだが盛り合わせだし、この内容でトータル\1,500という価格はものすごくお値打ちだと思う。

コアタイムを過ぎて私ともう一組だけとなった店内では、厨房から大阪弁バリバリで「今度のクリスマスの魚な~、アンコウにしよと思うてるねん~」とスタッフに話している声が聞こえてくる。
フレンチというからにはエレガントな雰囲気を求める人にはこの店の雰囲気はしんどいかもしれないけど、私はけっこうこういうある種ざっかけな感じは好きだ。

通りを眺めながらゆっくりお茶を飲んで45分ほどの滞在で店を出た。
また時間のあるときに再訪しようと思う。


また明日から旅に出ますのでしばらく更新をお休みします
次回更新は12/24(日)の夜 or 12/25(月)の予定です





200612191311000.jpg


200612191327000.jpg


200612191336000.jpg

【2006/12/19 23:59】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
京町堀 アジアガーデン
途端に仕事の効率が落ちた

---

今日のお昼は同僚と会社近くの「アジアガーデン」へ。
12:15分頃の店内は8割ほどの混み具合。

ここってランチメニューは豊富なのだが、いつも決まってトムヤム麺を食べてしまう。
今日はトムヤム麺(温麺)とグリーンカレーのセット(\1,000)を食べた。
グリーンカレーは「大辛」となっているが私には全然辛くない。

しかし、セットで\1,000って価格は微妙に高く感じてきた。
単品\750もメニューによっては高いと感じるかも。



【2006/12/18 21:52】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 Bocci de Birra
忘れつつあるのか。この精神状態が明日からどう変化するんだろう

---

今日(12/17)の夜は友人と一緒だったので、江坂の「Bocci de Birra」へ初めて夜に訪問してみた。
19時ジャストくらいに入店するとうまいことカウンターの空席に滑り込むことができ、その後すぐに店内は満席となった。

クルマで来ていたためアルコールは飲めないし友人はあまりたくさん食べる方ではないので、二人ともソフトドリンクを飲んで前菜盛り合わせ、サラダ、パスタ(ボンゴレビアンコ)、リゾット(ホタテとエビのアメリケーヌソース)を食べて会計は約\6,400。
うまいのはもちろん、スタッフの皆さんの相変わらずの気配りのよさに、やはりいい店だと再確認。

今度夜に来るときは徒歩で来てアルコールを楽しむことにしよう。




200612171957000.jpg

【2006/12/18 00:23】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊中 五大力
完結したのは知っていたけど、読了してしまうのが惜しくてわざと読んでいなかったハチクロを先日最終巻まで読了。「実らなかった恋に意味はあるのか?」というテーマに全力で「あるんだよ!」と言ってくれた最終話に号泣。

---

今朝(12/17)起きてみると二日酔いというほどではないが昨日のお酒が残っていたので、ランチはクルマで東豊中のラーメン「五大力」へ訪問。

12時過ぎに入店するとカウンターに空席が2つあるだけだった。
飲んだ翌日にこの店で食べることが多い塩ラーメン(梅&白ネギ入り)にしようと思ったが、期間限定メニューの「らーめんアラビアータ」(\880)を大盛り(通常\100upだがランチタイムは大盛り無料)をオーダー。

少し辛味のあるトマト風味のスープにきのこや白菜、ルッコラなどの野菜がたくさんのアラビアータはとてもヘルシーでおいしい。個人的にはこの店の看板メニュー「らーめんミネストローネ」より好きかも。
普段ラーメンのスープを飲み干すことはほとんどないのだが、この日はカラダがスープを欲していたのか最後までおいしく飲み干した。



【2006/12/18 00:09】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
服部 MALIBU
怒涛の更新量でございます

---

12/16(土)は日中忙しく動き回っていたためランチは食べなかった。
夕方に夕食を何にしようかと考えていたところに、近所に住む友人から飲みに行くお誘いがあったので乗ることに。

なんだかんだで友人と服部駅で合流したのは21:30。
先日オープンした「おひさん」に行ってみたかったのだがこの日は貸切だったので、前から一度行ってみたいと思っていた焼き鳥の「MALIBU」へ初訪問。

入店するとテーブル席が一つ空いているだけでかなりの人気ぶり。
この店は焼き鳥だけではなくいろいろ一品料理もあるのだが、早速いろいろ食べてみるとどれもこれもなかなかうまい。
友人と語り合いながらいろんなお酒を5~6杯ずつ飲んで、会計は約\6,400だったのでコスパもなかなかいいと思う。

若いご主人は私より4つほど下の年齢でこの近辺で生まれ育ったらしく、会計時にローカルな話題に花が咲いた。
店内が狭いので賑わっている時は騒がしくてゆっくり話をできないのが難点だが、いい店だしまた来ようと思う。



【2006/12/17 23:50】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
四ツ橋 ラクシュミ
12/15(金)のお昼は、前日にSweet Basilに一緒に行った後輩の一人がラクシュミを未体験だというので、カレー好きとしてはなっとらんと早速「ラクシュミ」へ案内することに。

11時に四ツ橋駅で待ち合わせをして11時過ぎに店の前に着くと私たちが一番乗り。
店の前に並んでカレー談義をしていると11:30のオープンまではあっという間。
開店直前には行列は15人ほどに伸びていた。

私はこの店でのマイフェイバリット「キーマカレー(普通)」(\780)をごはん少なめで、後輩は初体験なので人気メニューの「チキンカレー(普通)」を同じくごはん少なめでオーダー。
開店前にオーダーを聞いてくれていたので、席に着いてすぐに出てきた。

久しぶりのラクシュミは相変わらずうまい。この店って全然味がブレない気がする。
後輩も初めてのラクシュミに感激しながら食べている。

ただ、後輩(女性)にとっては普通ごはん少なめでも少し多かったらしい。
「小食」にするとカレーも減ってしまうので、次回はごはんかなり少なめで食べると意気込んでいた。

食後に「チャイ」(\100)をオーダーしてまったりと過す。
ここのチャイって取っ手のない湯のみみたいなカップになみなみと出てくるので、最初は熱くてカップを持てない。
取っ手がないカップで出てくるのはゆっくり時間を過ごしながら飲んで欲しいとの店側の気持ちなのだろうか。

二日連続の辛いものということで胃腸に不安を残していたが、その後少しおなかが切なくなった程度でなんなくクリアー。




200612151152000.jpg

【2006/12/17 23:40】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
福島 Sweet Basil
12/14(木)の夜は辛い物好きの同僚4人で、恒例となった福島のタイ料理「Sweet Basil」へ予約を取って出かけていった。
辛いもの好きとしては他の店を開拓したいのだが、みんなこの店にハマってしまいなかなか抜け出すことができない。

相変わらずのうまさで4人で喰って飲んで約\15,000。
この店はほぼ全てのメニューを辛くしてもらうことができる(但し一品につき\200up)ので、グリーンカレーを辛くしてもらったら辛さとうまさが非常にいいバランスとなった一品となった。

雨の平日ということで、この日はそれほど店は混んでいなかった。



【2006/12/17 23:24】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅田 一風堂
12/14(木)のランチは久々に「揚子江」のラーメンが食べたくて行ってみたら定休日で撃沈。
あまり時間がなかったので、すぐ近くの博多ラーメン「一風堂」梅田店へ。

11:45頃の入店でも店内にはほとんど空席がなかった。
カウンターに座り「白丸元味卵入り」(\750)を固麺でオーダー。
ご飯もののついたランチセットもあったのだが、替え玉がしたかったので単品にしておく。

ここの固麺は茹で具合が私好みなので替え玉(\150)もおいしく平らげる。
相変わらずの人気で12時過ぎに店を出る頃には10人ほどの行列が出来ていた。



【2006/12/17 23:19】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸 駅前
12/13(水)は和田岬方面での仕事だったので、ランチは以前から前を通って気になっておりishさんもリコメンドの居酒屋食堂「駅前」に行ってみた。

店は地下鉄海岸線中央市場駅の真上にある。
店に入ったのは14:20頃だったのだがこの店は24時間営業とのことなので心配無用。
それほど広くない店内には先客は一人のみ。

海鮮丼(税別\480)が人気だそうなのでこの海鮮丼にしようかと思ったが、「特上海鮮丼」(税別\980)なんてのもあるので迷った結果特上をオーダー。

すぐに出てきた特上海鮮丼は15種類ほどのネタが酢加減のきつくない酢飯の上に乗せられている。
目の前が中央市場なだけあってネタはいいものばかり。
個人的には海鮮丼には薄めの酢飯がベストマッチと思っているのでこの点もうれしかった(そういえばここの酢飯は奈良の「まぐろ小屋」の酢飯に近い)。

ただ、コスパの面を考慮すると普通の海鮮丼の方がインパクトとしては上だと思う。
酢飯の量も少し少ないので、次回は海鮮丼をごはん大盛り(\100up)で食べるために再訪するつもり。

200612131426000.jpg


200612131439000.jpg


200612131438000.jpg

【2006/12/17 23:12】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
靱本町 羽山料理店
例によってダイジェストで更新します

---

12/12(火)のランチは靭本町のビストロ「羽山料理店」へ再訪。
12時ジャストに入店すると先客はカウンターに4名のみ。寒かったし直前まで雨が降っていたからか。

ランチ(\1,000)に前菜として「田舎風パテ」(\500up)をアドオン。
この日のメインは「鶏もも肉のブレゼ 紅カブラピューレ」だった。

以前食べた時よりパテのコッテリ感が和らいだように感じる。慣れたからか。
パテと一緒に出てくるピクルスがうまい。すっかい物好きにはたまりません。

メインはほろほろと柔らかく仕上げられた鶏もも肉にほんの少し酸味のある紅カブラのソースとサツマイモの甘さがいいマッチングで、パンチはないがとてもやさしい味で胃をやさしく撫でられているような気分になった。



【2006/12/17 22:57】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
住吉 さかなでいっぱい
12/11(月)は終日三宮で仕事だった。
ランチは仕事先の近くの駄蕎麦屋でさくっと食べたため今回のエントリでは省略。

17:30頃仕事が終りそのまま直帰することになったので以前からK1郎さんのblogで拝見して行ってみたかった住吉の魚系立ち飲み「さかなでいっぱい」へ寄り道して帰ることに。

18時前に入店すると12名ほど収容できるカウンターには先客が4名のみ。
カウンターの端っこに陣取ってメニューを見てみると魅惑的な価格&魚の数々。

まずは「生ビール」と「あじ造り」、「まぐろ中落ち」をオーダー。
その後「焼酎水割り」、「カキフライ」、「鯛の昆布〆」を追加でオーダーして、25分ほどの滞在で合計\2,150。

ゆっくりエントリを書いている時間がないのでいろいろ書けないが、非常にいい店。
近いうちに再訪して詳しくレポートするつもり。




200612111754000.jpg


200612111750000.jpg


200612111813000.jpg

【2006/12/11 21:24】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 またきてや
読みたかったマンガをまとめ読みしています

---

今日は天気も回復したしまた新しい靴をはいてウォーキングがてら江坂へ。

先週スルーした「libre」へ行ってみたが、混雑していたのでまたスルー。
家を出たのが遅かったし、歩き回っているうちに13時を過ぎてしまったので焦っていたところ、店頭の「名物エビチリ」のPOPにひかれて江坂駅前の中華「またきてや」に久しぶりに訪問。

カウンターに座って「エビチリ定食」(\840)をオーダー。
すぐに出てきたエビチリ定食はエビチリの他にごはん、スープ、サラダといった構成。

エビはそれなりに大きくぷりぷりの揚げ上がりで、あまりケチャップが前に出ず玉ねぎやショウガがきちっと効いているソースが個人的に好印象。
思いのほかエビの量も多く、コスパはいいと思う。



【2006/12/10 20:52】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 マジックパン
イカゲソって安いしうまいしでお気に入り

---

12/9(土)のランチは江坂のサンドイッチの店「マジックパン」へ行ってみた。
この店は何日か前に仕事で江坂を歩いていた際に発見したのだが、マジックパンという店名になんか見覚えがあって、思い返してみるとishさんのblogで紹介されていたことを思い出して気になっていたのだ。

この店はサンドイッチのテイクアウトだけでなく、オムライスとか揚げ物とかの洋食系イートインも行っている。
家でサンドイッチが食べたかったのでイートインはせずに店頭でサンドイッチを買ってテイクアウトすることに。
数々のサンドイッチからチョイスしたのは「うす切りハムサンド」(\250)と「ロースとんかつ」(\315)の2種類。
その後スタバでコーヒーを買って急いで帰宅。

帰宅して早速食べてみると、ハムサンドは普通においしいんだけど、ロースとんかつがうまい!
衣がさっくりした揚げ具合で、肉も適度な厚さでギッシリ感があってかなりいい出来のカツサンドだ。
とんかつ以外にもエビカツとかあったから今度はそっちも食べてみよう。

このマジックパンというお店はHPを見ると神戸が発祥のサンドイッチ店らしい。
しかし、なぜかHPにはこの江坂の店舗の情報は掲載されていないので、フランチャイズ店かなにかかもしれない。




200612091116000.jpg

【2006/12/09 23:13】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
京町堀 Ventose
まとめて更新します

---

12/8(金)のランチは久しぶりに京町堀のフレンチ「Ventose(ヴァントーズ)」へ。

12:15頃入店すると先客はOL二人組みの一組のみ。
カウンターに座り黒板のメニューを見ると、いつのまにかプリフィクス形式になっている(以前はスープ+魚と肉の盛り合わせでのワンプレートだった)。
メインに「地鶏モモ肉のコンフィ」をチョイスしてオーダー。

最初に出てきたスープは「キャベツとジャガイモのポタージュ」。
香りには芋の少し青っぽい匂いがするが、意外なほど粉っぽくなく塩加減もよく非常においしい。
またスープの量が結構あるのがこの店のランチの特徴だろう。これくらいたっぷりのスープだと特にこれからの季節にはうれしい。

メインは付け合せの「シャンピニオンのオムレット」と「キヌサヤとショートパスタのクリーム煮」の量が結構多く、結果的にボリュームいっぱいのプレートになっている。
鶏肉への火の通し方が今ひとつだったが、相変わらずこの値段でこの内容とボリュームはうれしい。

食後に紅茶をお願いしてゆっくりお茶を飲む。
私が店を出る12:40頃まで客は私と先客の二人組の2組だけだった。
空いているのはいいんだけど、あまりランチに客が入らないようだとランチ営業をやめてしまいそうで少し不安になった。



【2006/12/08 22:55】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪駅前第3ビル TRY
なんかまだ気が乗らない

---

今日は午前中から京都で仕事だったが、すぐにとんぼ帰りで大阪に戻る必要があったため京都でのランチは泣く泣くあきらめた。
大阪に戻ってきたのが13:30頃だったので、大阪駅前ビル近辺でランチ処を探すことに。

行ってみたい店はあったのだが、行ってみるとランチタイムを終了していたため、これ以上クロールすると次の仕事に間に合わない可能性が高くなるので、「そういえば最近肉を食べてないな…」と第3ビルの地下のステーキハウス「TRY」へ久々の訪問。

この店は\999ステーキの店で有名だが、しばらく来ないうちにステーキも「ビーフステーキ」と「サーロインステーキ」の2種類になっていたし、他のメニューとして「オムハヤシ」なども出すようになっていた。

私はこの店では基本的に「牛タタキ定食」(\999)しか食べないので今日もタタキをオーダー。
肉にたっぷり乗せられているさらしネギがうれしい。
ごはんもおかわりしておいしく完食。



【2006/12/07 21:59】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は更新をお休みします
あまりにも鬱で気が乗らないので今日は更新をお休みします
お昼ごはんは天満橋のアルナーチャラムでBランチでした



【2006/12/06 21:01】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 銀平
またカゼの症状が戻ってきた。今夜は早く寝ます

---

今日のランチは江坂近辺で摂ることに。
「洋食 おかもと」をのぞいてみたのだが、日替わりメニューにグッとこなかったので今回はスルー。
昨日濃いカレーを食べたので今日はあっさり行こうと思い、以前何度か訪れた「銀平」に向かった。

店に着いたのは12:10頃。
カウンターに腰をおろしメニューをチェック。
「さば塩焼き定食」(\840)にしようかと思っていたのだが、今日の煮魚は何ですかと伺うとカワハギかウオゼとのことだった。
カワハギは大好物なので、これはラッキーとカワハギで「煮魚定食」(\1,050)をお願いする。

煮魚はあらかじめ炊かれたものが出てくると思っていたのだが、オーダーがあって初めてカワハギの皮むき~下処理~煮付けを初めていた。
また、この日はカワハギは二人分しか用意されていなかったらしく、私の分と後から入店した客のカワハギでヤマ(品切れ)になっていた。

15分ほど待って煮上がったカワハギが出てきた。
あっさり目の煮汁を使い強火で炊かれたカワハギは、身も厚くほわっとした煮上がりで大変おいしい。
キモも大きくとろっと濃厚な味を堪能できた。

この内容で\1,050は大いに満足。
これからここへ来たら煮魚の内容は要チェックだ。



【2006/12/05 19:45】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西本町 バンブルビー
ペンギン再登板

---

今日のランチは西本町のカレー「バンブルビー」へ初訪問。
以前から名前は聞いていて気になっていた店で、何度も前を通っているのだがその時はカレーの口でなかったりして行く機会を失っていた店だ。

12:30頃入店すると、カウンター6席くらいとテーブル2つの店内には先客は4人だけだった。
店内は携帯で写真を取れないくらい暗いと聞いていたのだが、今日入ってみると普通に明るかった。

カレーのレギュラーメニューは「とり肉カリー」(\500)、「キーマカリー」(\600)、「野菜カリー」(\600)、その3種を盛り合わせた「三色カリー」(\700)がある。
その他に日替わりで登場するものにジビエで作ったキーマがあるそうで、今日は「猪肉のキーマカリー」(\800)があった。
ジビエ好きの私としては猪を食べるかどうか非常に悩んだのだが、初訪問ということでレギュラーが全て味わえる「三色カリー」をオーダー。
ごはんは玄米か白米を選べるということだったので玄米をお願いしたのだが、私のオーダーで玄米は品切れとなった(その後また炊くかどうかは不明)。

しばらくして登場した三色カリーは見た目結構盛りがいい。
野菜カレーには貝割れ(スプラウト?)が乗せられており、キーマもとり肉濃く罪深い色合いをしている。

早速食べてみると、スパイスと塩気が前面に出てくる感じの力強いカレーで大変おいしい!
系統としては「らくしゅみ」と「カシミール」の中間といったところか。
野菜カレーはカシミールに、キーマはらくしゅみ寄りの方向性なのだ。
私にとっては三色とも辛さはたいしたことないんだけど、終盤は結構汗をかいていたので辛いものが苦手な方にはしんどいかも。

三色それぞれ特色があっておいしいのだが、どれか一つと言われれば個人的にはキーマ(この日は牛肉だった)を推したい。
この内容のカレーがたかだか\500~\700で食べられるんだから、ものすごくお値打ちだ。

サイドオーダーとして\100upで野菜サラダやチャイ、マンゴージュース、氷菓、アチャール別盛りがオーダーできるとのこと。
チャイを飲もうかと考えていたのだが、今日はチャイは品切れだとのことで断念。

今のところ混雑もしてないしロケーションも不便ではないので、これから重宝させてもらおう。
今日は気がつかなかったのだが、店のHPには「ジビエ3兄弟(猪肉、鴨肉、マトン)の三色できます(\1,000)」とあるので、今度はそれに挑戦してみたいな。



【2006/12/04 21:12】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 Bocci de Birra
新しい靴が歩きやすい。このままどこまでも歩きたくなってくる

---

今日は天気がよかったので朝から布団を干して、昼前から新しい靴を履いてランチがてら江坂までウォーキングに行くことに。
当初は「libre」に行くつもりだったのだが、昨日の昼もフレンチだったよな…と思いなおし、歩きながらしばし逡巡した結果いつもの「Bocci de Birra」へ。

12:15頃入店すると店内は賑わっており、私がカウンターに席を下ろしてからすぐに3組ほど来客があって満席になってしまった。
「パスタランチ」(\840)から「ひき肉とピーマンのトマトソース」を大盛り(\100up)でお願いする。
せっかく歩いて来てるんだしとグラスワイン(白)「\600」もオーダー。

いつもながらパスタは大盛りで食いでがあってうまかった。
しかし、せっかくワイン飲むならなんか前菜みたいなのが欲しかったな…。
以前ランチで一品を食べていた常連らしき客がいたけど、頼めば出してくれるのだろうか。
とは言っても個人的に常連ぶって店に負担をかけるのは好きではないんだけど。



【2006/12/03 22:24】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
江坂 au-garage
今日の雨でとても不安になる

---

今日は先日買った靴を慣らすために歩いて江坂あたりまでランチしにいこうと思い、準備をしてさあ家を出ようと思って窓を開けると雨が降り始めていた。
雨の日に新しい靴をおろすのもイヤだし、カゼも完全に治っていないのでウォーキングはあきらめてクルマを出して江坂に向かった。

今日のランチは久々のフレンチ「au-garage」。12:45頃に店に入ると4組ほど先客がいた。

ランチは「menu A」(\1,000)・「menu B」(\1,500)・「menu C」(\2,500)の3種類
前菜とメインがそれぞれ4種類から選べるプリフィクスの「menu B」をオーダー。
この店のプリフィクスはいつも選択に迷うほど魅力的なメニューが多いのだが、悩みに悩んで前菜に「ブリのマリネ 蕪のピクルス添え」、メインに「子羊の肩ロースのポアレ ラタトゥイユ添え」をチョイス。

しばらくしてやってきた前菜はそれほどのボリュームではないのだが、ブリは一度炙られてうまみが活性化されており、こってりしてるんだけど後口がさわやかで非常にうまい。
また蕪のピクルスがいい甘酸っぱさで延々と食べたくなる。

メインはラムの肩ロース肉が二切れで、もうちょっとボリュームがあると思っていたので少し肩をすかされた気もしたが、焼き目はぐしっとした食感で中は火を通しすぎない弾力のある食感でキチンとおいしい。

デザートはパン・ド・ショコラとパッションフルーツのソルベの盛り合わせ。
ドリンクは紅茶をお願いした。

この店は「ハレンチ・キュイジーヌ」を謳っている。
いい洒落かどうかは別にして、店のあり方を示すにはうまい言葉だと思う。
ただ、ディナーに訪れたことはないのでランチに限って言えば、個人的には最近ハレンチさを感じられなくなってきた。
ドーンとしたボリュームのいい意味で下品で押しの強いランチをまた食べたい。




200612021300000.jpg


200612021313000.jpg

【2006/12/02 23:16】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
本町 志が
だいぶカゼ治りました

---

昨日(12/1)は朝から今年一番の寒気で冷え込んでいたし、カゼ気味なので栄養があってしっかり食べれるものにしようとランチは本町のちゃんこ料理「志が」へ。

11:45頃に店に入ると既に店内には5組ほどの客がいた。
その後もどんどん客は入ってきて、12時を待つ前に満席になった。
やはり寒くなるとみんな考えることは同じなんだな。

「昼のちゃんこ定食」(\900)をコンロの火に気を使いながら炊いていく。
あまり強火で炊きすぎると鶏肉が固くなるし、スープが濁ってしまうのだ。

炊き上がったら取り皿にすり胡麻、七味唐辛子、ガーリックパウダーを入れて野菜たっぷりの鍋を食べ進めていく。
ここの鍋はしみじみうまいのだが、結果的にがっつり食べれるので個人的にはなくてはならない店なのだ。。

鍋とごはんを完食したらシメのラーメンを2玉(1玉\50)をもらって、スープも注いでもらってラーメンをすすりこむ。
このラーメンがまたうまいんだ。昼から仕事がなかったらあと2玉は食べれるな。

やはり寒い日には鍋が一番だ。
これからの季節、お昼時でもこの店はかなり混雑してくる。
ただ、近隣の会社の人達は11:50頃に誰か一人を店に送り込んで席を確保し、先に鍋を火にかけておいてから12時過ぎにみんな揃って出来上がった鍋を食べるという連携プレーをしているので、飛び込みで行く場合は11:30頃か13時前じゃないときびしいだろう。




200612011215000.jpg

【2006/12/02 22:55】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。