スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
北新地 あい・タイ
正直言うとあんまり社内にいたくないんだな

---

今日のランチは梅田近辺でとることに。
お米系、しかもインディカ米が食べたかったので、以前訪問して気に入った北新地のタイ料理「あい・タイ」に行ってみることにした。

店外の看板には今日の日替わりランチ(\700)は「トム・ヤム・クン・ガイ&他一品」となっていた。ほんとは前回食べたぶっかけめし系が食べたかったのだが、トムヤム関係も大好物なので日替わりに決定。

12:45頃店内に入ると先ほど出た客と入れ替わりで先客はいなくなっていた。
ママさんに日替わりをオーダーして席につく。

すぐに出てきた日替わりはトム・ヤム・クン・ガイ(鶏肉入りのトムヤムクン)ともう一品は茄子と玉ねぎ、ピーマン、鶏肉を炒めたもの。
ごはんはもちろんタイ米。ここのタイ米は炊き方がいいのかうまいのだ。

この炒め物がごはんに合うんだなー。ごはんの盛りはそこそこいいのだが、速攻でごはんがなくなっていく。
トムヤムクンは以前夜に来た時と味が違って、トマトの味が前に出たミネストローネみたいな方向性。でもきっちり甘さも辛さも前に出ていて、かつどことなくやさしい味。

いつも思うけどママさん以下スタッフの女性のみなさんとてもいい人ばかりだ。
食べ終わって会計を終え、店を出る時にママさんが合掌しながら「ガンバッテー」と声をかけて見送ってくれた。



スポンサーサイト
【2006/08/31 22:22】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラム肉
ここしばらく弱気な日々

---

羊好きの私はよくラム肉を食べるのだが、質のいいラム肉を食べたい時は北海道の「ジンギスカンWeb~肉の東洋」さんから年に数回ラム肉を取り寄せている。
先日この店から定期的に送られてくるメールに、北海道産のサフォーク種ラム肉が少量入荷とあったので例のモノがないかと急いでWebへアクセスした。

例のモノとはラムのヒレ肉である。
鮮度のいいラムのヒレ肉をレア気味に焼いたものが大好物なのだが、大阪ではなかなか入手できないので、入荷の知らせがあると必ず在庫を確認するようになってしまった(人気商品なのでメールを読んでWebにアクセスした時には完売していることも多いのだが…)。

今回は在庫があと1つのところでギリギリ購入することができた。
価格は160gで\1,680(もちろん送料は別途かかる)。
で、今日自宅に届く予定だったので急いで帰宅して宅配便を待ったのだ。

帰宅して無事にラム肉を受け取りさっそく調理。
今日はシンプルに塩コショウしたものをスキレットで焼いた。

食べてみるとやはりうまい。160gを一瞬で完食。
肉の味はあっさりしているのだが豊かな香りで、やわらかいローズピンクの切り口を見ると肉を食べるプリミティブな喜びで胸がいっぱいになる。

この肉の東洋さんはHPやメールニュースから商売に対する真摯な姿勢が感じられてとても好感が持てるので、ここ数年ずっと贔屓にさせてもらっている。
一度注文の詳細を確認するため、電話でWeb通販を担当されている「わかだんな」さんとお話したことがあるのだが、丁寧な口調の中にも凛としたスタンスを持っておられることが感じられる方だった。

しかし、この1年ほどはラム肉ブームで肉の東洋さんでもなかなか極上のラム肉が入手できなくなったのが残念。
まあ、重要が増えて気軽に買えるようになるのはうれしいことなんだけど…。

そういえば何かで読んだのだが、女優のエリザベス・ハーレーはイギリスの自宅の牧場で羊を何頭も飼っていて、シーズンになるとその年に生まれたベイビーラムを屠って食べるのが毎年の楽しみなんだとか。
もちろん彼女自身が屠殺してるわけじゃないだろうけど、いい暮らしをしていてうらやましい。

私も家の近くの服部緑地公園で勝手に羊を放牧しようか。でも情が移って屠殺できないだろうな。



【2006/08/30 21:00】 | 自宅ごはん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堺筋本町 ベップオーイ
最近スタバのジャバチップフラペチーノがお気に入り。しかし、一番小さいサイズでもおなかガボガボになるのに、一番でかいのを食べる人ってどんな胃をしてんだろう

---

今日は堺筋本町近辺でのランチ。
今日こそは新規開拓をしようと思いお店の選択に思いを巡らすが、今日の夜は肉を食べる予定なのであっさり系で行こうと決定。
しばらく考えているうちに何年も前にオープンしたときから所在は知っていたのだが、行ったことのなかったベトナム料理「ベップオーイ」に行ってみることにした。

店に着いたのは12:45頃。店はビルの地下にあり、入ってみると予想外に明るく広い店内。
先客は6組ほどだが店内が広くテーブルの間隔も広いのですごく空いているように感じる。
実は地下にあるベトナム料理屋なので、けっこうダークな怪しい雰囲気の店かもと勝手に想像していたのだが、テーブルなどは東南アジアっぽいもので揃えられているけど、かかっている音楽はJ-POPだしまるでリゾートカフェみたいな雰囲気だ。

ランチメニューは大きく分けてフォー系とカレー系。どちらも\1,000未満の価格帯。
カレー系にもひかれるのだが、今日はあっさり系と決めていたので「週変わりランチ」(\780)をオーダー。
ちなみに今週の週変わりランチは「角煮フォー(ごはん付き)」だった。

オーダーしてすぐにごはんとフォーが出てきた。
フォーの薬味の香菜とレモンは別皿で出されるのは香菜が苦手な人にはありがたいだろう。香菜好きな私にとってはベトナムフロッグみたいに香菜取り放題がありがたいのだが。

フォーを食べてみると、麺が非常においしい!
結構フォーを頼むとズルズルベロベロとしたやる気のない麺が出てくることが多いが、ここの麺はコシのあるブリンブリンとした食感の麺で、いかにも「麺を食ってる!」って感じがして食べていて気持ちがいい。

フォーの具はレタスと太もやし、そして角煮。個人的にあっさりスープで白いごはんは食べにくいのだが、角煮をおかずにごはんを食べきることができた。

スープはこれもなかなかいい味。たくさんスープをいただくと少し汗ばむほどの辛さで、不意打ちをくらってしまった。欲を言えばニョクマムや唐辛子ペーストやライムジュース等で好みの味にカスタマイズできればと思う(テーブル上にはそういった調味料が置かれてなかった)。

でも、\780でこの味は結構うれしい。今度はカレー系で再訪してみよう。
HPを見ると夜のメニューも結構リーズナブルだし、一度夜に来るのもいいかも。



【2006/08/30 20:14】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西梅田 しゃぶ亭
日曜の深夜から月曜にかけて「晴山閣」や「ニラそば」というキーワードでの検索によるアクセスが急増。調べてみたら「大阪ほんわかテレビ」で紹介されたんですね

---

今日のランチは梅田で取ることに。
新規開拓したいのは山々なのだが、実は新規開拓は気力充実してる時でないとできないもので、あんまりそんな気分になれない。
最近野菜も取れてないし、しっかり食べて元気を出そうと思い、以前も訪問した西梅田の「しゃぶ亭」へ。

11:40頃店に入るとやはり時間が早いため先客は2人のみ。
私の定番「豚しゃぶ(ダブル)」(\1,019)をオーダー。

すでに鍋に湯は沸いているので席に着くとさっそくしゃぶしゃぶ開始。
ゴマダレにたっぷりの青ネギと韓国唐辛子を入れて肉&野菜をパワフルに摂取。
正直ここのランチのしゃぶしゃぶの野菜の量はそれほど多くないのだが、薬味の青ネギを大量摂取できるので重宝している。
また、時間が早かったためかごはんが炊き立てでおいしい。

ごはんをおかわりして、シメのうどんまで食べておいしく完食。
今度空腹の最北端にいる時に豚しゃぶトリプル&ごはんおかわり3杯に挑戦してみよう(午後から使いものにならなくなるだろうけど)



【2006/08/29 19:11】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京町堀 Ventose
資料作成という名目で会議室に一人こもっております

---

今日のランチは久しぶりにうつぼ公園近辺でとることに。
羽山料理店に再訪したくて行ってみたら今日は定休日。ならばと以前から初訪問しようと思っていた「La Verdure du Viet-nam」に行ってみたらオープンしていない(後で調べたら12時オープンらしい。行ったのは11:40頃だった)。
その内に日が射して暑くなり、歩き回るうちに消耗してきたので、久しぶりに「Ventose(ヴァントーズ)」へ行くことにした。

店に着いたのは11:50頃で先客は5組ほど。カウンターの端っこに座ることができた。
今日の日替わりランチは「サワラのポワレ&豚すね肉のブレゼ」(\1,050)。

最初にボウルでスープが出てくる。今日のスープは「かぼちゃの冷製スープ」。
個人的にかぼちゃのスープはのどごしがザラザラするので好きではないのだが、先ほどまで屋外にいた体には冷たいスープはとてもおいしかった。
しかも量が多い!スープボウルにみっちり注がれており、飲んでも飲んでもなかなかなくならない。

そのうちに出てきたメインも結構なポーション。
オクラやジャガイモ、きのこなどたっぷりの野菜とすね肉が鎮座しており、その上にサワラが乗っかっているというスタイル。
この店って全体的にあっさりなんだけど、きっちり満足させてくれる味付けとボリュームが私好みだ。

本当はパンもついてくるのだが、カウンターの端に座った私には目が届かなかったのか忘れられていたみたいで、こちらからお願いすると非常に丁寧に詫びて持ってきてくれた。
このパンがまたおいしい。外側はグリッシーニみたいな少し塩分を感じる味なんだけど、中身はモフモフしており対照的で面白い。
しかし、今日みたいに何かサービスを忘れられる時って、こちらが心身ともに弱ってる時なんだよな…

最後に紅茶をいただいて完食。やはりこの内容で\1,050は安いな。



【2006/08/28 15:15】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
緑地公園 雅
自分の本性がわからなくなってきた。こんな人間ではないと思うんだけど

---

最近は時間をもてあますと決まって「万博おゆば」に行くようになった。
おゆばには昔からちょこちょこ行ってたけど、最近では週2~3回行ってるかも。
ゆっくりお風呂に入って~サウナに入って~露天風呂で涼んでを繰り返して、たっぷり汗を流す。お風呂に入る前に体重を量っておいて、出た時に何グラム減ったかを見るのが楽しいのだ。

今日も夜からおゆばに行ってきた。1時間くらいお風呂にいた結果700gの減量。入る前と途中と出た後の水分補給もぬかりなし。
お風呂を出た後帰って自炊する気力はなかったので、何か食べて帰ることに。

江坂の「一品香」でとんこつラーメンかなと思って行ってみたが休みだったので、それならばとここしばらく足を向けてなかった緑地公園の「とんこつラーメン 雅」に向かった。

店に着いたのが20:20頃。店内は4人掛けテーブルが1つ空いているだけで他は満席。えらい混んでるな。
一人だったので4人掛けテーブルに座るのは躊躇したが、カウンターが空けば移動すればいいと思ってテーブルに座る。

オーダーは「醤油とんこつラーメン」(\600)+メンマトッピング(\50up)+「キムチトッピング」(\50up)。
刺激物は控えようと思っていた矢先なのに、キムチを頼んでしまっていた。

ここの店の特徴はラーメンがすぐに出てくることだ。私のラーメンも2分くらいで出てきた。
見た目結構盛りが良く、麺もいい茹で具合の極細麺。ここの麺好きだな~。
スープは味はあっさりしているのだが、大量の脂が浮いており、結果的にくどい範疇に入ると思う。

この店でチャーシューメンを頼むと、脂いっぱいの冷えたチャーシューをこれでもかと乗せてくるので、スープがチャーシューの脂でさらにギトギトになる上にスープの温度が下がるため、ぬるくてくどいラーメンを食べる羽目になる。
これには一度経験して閉口したので、以来この店ではチャーシューメンは食べていない。あと、店のバイト君の接客がいまいち荒いのもウィークポイントだ。

それほど空腹ではなかったので、替え玉(\100)はせずにサクッと完食。
しかし、昼はカレー、夜はラーメンって栄養のバランス考えてないな…
来週からはちょっと気をつけよう。



【2006/08/27 21:20】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北千里 船場カリー
待つだけの日々は辛い。文句を言える立場じゃないけど

---

今日は例によって午前中から豊中までカット&カラーリングに行ってきた。
美容室を出たのが12時過ぎだったので、豊中駅近辺でランチしようかと思っていたのだが、ピンと来る店もないし暑いしで一旦帰宅してクルマを出すことにした。

クルマを出して以前から再訪したかった関大前の「タンダーパニー」に行ってみたのだがクルマを停めることができずに断念。
カレーの口になっていたので、そのままクルマを北上させて北千里の「船場カリー」に向かう。

dios北千里の駐車場に車を停めて店に入ったのが13:20頃で、先客は3組ほど。
オーダーはここ最近の私の定番「牛すじカリー」(\800)を辛口(\100up)で。

すぐに出てきたカレーを見ると本店よりごはんの盛りが少ない気がする。
その代わり、なんとなくだがすじ肉の量が多い。痛し痒しだな。

完食してみるとやはり量が少ない。本店より2割ほど少ないんじゃないだろうか。
空腹だったので大盛りを食べればよかった。

しかし、最近ずっと辛いものを欲しているのは暑いからだけじゃなくて、ストレスからかもしれない。できるだけ辛いものは控えるようにしよう。



【2006/08/27 14:45】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良 まぐろ小屋
暑さで鹿もへばってた

---

今日は昼から実家へ顔を出しに行く途中に近鉄奈良駅近辺でランチすることに。
と言っても行く店はずっと前から再訪したかった「まぐろ小屋」だ。
この店は4年ほど前に近くに仕事で来たときに見つけた店で、何度か通っているのだが今日訪れるのはもう1年ぶり以上だと思う。

奈良公園近くの駐車場に車を停めて、東向北商店街を北上すると商店街のはずれにこの店はある。
12時少し前に店に着くと、店内には誰もいなかった。いつもランチタイムはそれなりに混雑してるはずなんだけど、たまたまだろうか。

カウンターに座り、「本まぐろ鉄火丼(ダブル)」(\1,400)をオーダー。
ご主人がカウンターの中の冷蔵庫から大きなマグロの塊を出してスライスし始める。
今日は本まぐろを頼んだが、同じ鉄火丼でもめじまぐろやインドまぐろ、部位も赤身、中トロ、大トロ、ネギトロなどのいろんな種類の鉄火丼が楽しめる。

すぐに私の鉄火丼が出てきた。鉢一面の赤身は醤油にくぐらせて並べられているので罪深いような赤さだ。
飯は白飯ではなく酢飯なのだが、ここの酢飯は酢の効かせ方がおだやかで非常にあっさりしているため、途中で胸に来ることもなくおいしくいただけるのだ。

この赤身のねっとりとセクシーな味わいに無我夢中で箸を進める。
今回はダブルにしたので、食べ進めると酢飯の中からまた赤身が出てくる。
正直これだけの赤身のボリュームがあると、飯が足らない。この1,5倍は飯が欲しくなる。

たった数分で鉄火丼を完食。夢ははかなく終わるものだ。

この店は鉄火丼の他にさまざまなまぐろの刺身定食や、まぐろ唐揚げやまぐろカツなども楽しめる。
揚げ物系も人気があってよく食べている人を見かける。確かにビール飲みながら唐揚げを食べるとうまいんだろうな。

この店の難点は店内が清潔とは言えないこと。元は喫茶店かスナックだったのを居抜きで利用しているのだが、年季の入った店内とともにカウンター内の厨房は油でくすんでいて中華料理屋の厨房のようだ。
私はそういうこの店の雰囲気は気にならないしどちらかと言えば好きな雰囲気なのだが、清潔感を求める人にはこの店での食事はしんどいかもしれない(しかも生魚出してるんだし…)。



【2006/08/26 20:26】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
淀屋橋 びんびや
人と一緒にランチするの久しぶり

---

今日も終日社内で仕事。
社内の人間と連れ立って「びんびや」へ初訪問。

「日替わりランチ(肉)」(\680)を注文。日替わりのおかずは豚しょうが焼きだった。
かなり和の方向で味付けされたしょうが焼きで、あっさりしていてこれはこれでおいしい。

味噌汁が薄くイマイチだったが、この内容で\680はお得だな。



【2006/08/25 22:41】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
淀屋橋 ニューハマヤ
不要なゴミをたくさん出してスッキリ

---

今日は終日社内での仕事。
あまりランチに時間が取れなかったのと、ごはんをギッシリ食べたかったので会社近くの「ニューハマヤ」横堀店へ行ったのだが、なぜか閉まってた(定休日?)ので、もう少し足を延ばして平野町店へ。

12:30頃店に付くと8人くらい並んでいたが、この店は回転がいいので2分ほど待つだけですぐ座ることができた。
スタンダードメニューの「ダブダブ」(\850)をオーダー。

すぐにやってきたダブダブにタバスコとソースをビシャビシャとかけて飯をかっこむ。
なんだかこっちの店は横堀店より全体的に量が少ない気がするのは気のせいか。

近くの席の人が「ミックスランチ」(焼肉&イカバター焼きで\1,000)を頼んでいたので、初めてミックスランチを目の当たりにすることができた。
焼肉の横にバター焼きのイカが乗っていると思っていたのだが、実際にはバターでソテーされたイカを卵でとじるように焼いたものが焼肉の上に乗っていた。
これうまそうだな…。今度はミックスを食べてみよう。



【2006/08/24 21:15】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
烏丸 老香港酒家
昨夜は深夜まで仕事。えらいことカラダにこたえるのは年を取ったせいか

---

昨日は昼から京都での仕事。
行きたい店はあったのだが時間にそれほどの余裕がなく、仕事先の烏丸あたりでランチを取ることに。
あまり周辺を探検する時間もなかったので、所在は知っていたcocon烏丸地下の「老香港酒家(Old Hongkong Restaurant)」へ。
老香港酒家へは心斎橋そごうにある店舗でランチの「香港式飲茶コース」(\3,150)を食べたことがある。食べ放題なのであの時は吐く寸前まで食べたなぁ…。

13:00過ぎに入店すると、先客は4組ほど。その後もポツポツと客が途絶えない。
平日でも結構人気なんだな。
以前からランチの飲茶食べ放題に再度行きたいと思っていたのだが、今日は一人なので「香港式飲茶ランチ」(\1,575)をオーダー。
ソバか粥かを選択できるとのことだったので、最近胃に負担をかけているしお粥をチョイス。

しばらくして運ばれてきた飲茶ランチはお粥(別皿でピータンと香菜付き)・前菜(くらげの酢の物、漬物、ザーサイ)・点心(蒸し物3品、揚げ物2品、小籠包1個)といった構成。

点心はみんなそこそこおいしいんだけど、なぜだかみんな少しぬるいな。熱々の点心が食べたかった。
お粥はかなりしっかり鶏のダシが出た味で、私にとってはもう少し浅い味でもいいかも。

食後にデザートが付いており、4品(杏仁豆腐、ココナツミルク&タピオカ、パンナコッタ、マンゴーのフルーツスープ)の内から1つ選択できるとのことだったので、今まで食べたことのないものにしようと「マンゴーのフルーツスープ」をチョイス。
あまりマンゴーの味は前面に出てないようだが、あっさりしてるし結構好みかも。

しかし、この内容で\1,575+サービス料(\157)は満足度低いな…
やはりこの店でのランチは食べ放題の香港式飲茶コースに尽きると思う。




200608231339000.jpg

【2006/08/24 21:01】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 ひょうたん寿し
昨日の赤坦坦麺が効いたのかずっとおなか痛かった。こりゃハバネロ坦坦はやめといたほうがいいかも

---

今日は終日江坂でお仕事。
ランチは「libre」へ再訪しようかと思っていたのだが行ってみると休みだし、なんだかおなかの調子も良くないのであっさり和食にしようと「ひょうたん寿し」へ行った。
駅の東側のひょうたん寿しには2回ほどランチに行ったことがあるが、西側の店は初めてだ。

12:10頃店に入ると満員だったが、少し待つだけで席に座ることが出来た。
ランチメニューは東側の店とほとんど同じで、以前東側で上造り定食を食べた時その内容が良かったため、その比較対象に今回は普通の「造り定食」(\680)をオーダー。

しばらくして出てきた造り定食は、お造りにごはん、味噌汁、冷奴、漬物といった構成。
お造りは鯛、マグロ、ハマチが各2切れずつとカツオたたきが3切れほど。
ごはんはおかわりできるようだし、お造りの鮮度もそれなりによく\680でこの内容はお得かも。
ホールの店員さんの接客がよかったのも好感度up。



【2006/08/22 15:58】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天王寺 坦坦
昨夜は本当に飲みたかった。ガマンして正解

---

昨日(8/21)は天王寺でランチ。
アポロビルの「魚市」の店頭メニューには心ひかれるものがなかったので、その先のルシアスまで足を伸ばしてみた。

ルシアスの地下を巡回するうちに、ちょっとオサレ系の中華料理「坦坦」を発見。
店頭のメニューの「危険!ハバネロ坦坦麺」ってのに興味を持ったので、ここは一発チャレンジしてみようと店内へ。

店内に入ったのは12時少し前。
カウンターに座り再度ランチメニューを見ると、坦坦麺は白(あっさり)・黒(黒ゴマ)・赤(辛)・ハバネロ(激辛危険)の4つから選べるらしいので、坦坦麺と海老チリ、ごはんがセットになった「特選海老チリセット」(\1,050)に決定。
店員さんに「特選海老チリ、ハバネロ坦坦で」とオーダーすると、ハバネロは品切れだとのこと。
ハバネロ目的でこの店に入ったので大ショック。この時間で品切れとはどういうことかと思ったが、席を立つ気力もなかったのでハバネロの代わりに赤坦坦でお願いする。

しばらくして運ばれてきた坦坦麺は巨大な器で運ばれてきてビックリ。写真の割り箸やグラスとの対比をご覧いただければお分かりと思うが、底の深い洗面器くらいの大きさで、底を覗き込むようにして食べなければならない。

さっそく食べてみると、なかなかうまい。具は青菜を茹でたものと太もやしに白髪ねぎ。スープにはコクもあるし、麺も固めで坦坦麺によく合うし、ボリュームもそこそこでかなりおいしいと思う。

何よりこの赤坦坦麺、結構辛いのだ。最近辛さに耐性の付いてきた私でも大汗をかく辛さ。
私が最初ハバネロを頼んだので店側が赤坦坦の辛さをアップして作ってくれたのか、それともデフォルトでこの辛さなのかはわからないが、インデアンカレーが辛いという人には間違いなく辛くて食べられないだろう。

そのうちに海老チリとごはんが出てきた。海老チリは海老が4つだったが、プリッと揚がっておりなかなかの出来。この価格ならもう少し量が欲しかったし、漬物とかザーサイはつけて欲しい気はするが。

坦坦麺を3分の2ほど食べて、テーブル上の「世界一辛いハバネロの辣油」ってのを入れて辛さをアップしてみることに。
しかし、この辣油の注ぎ口に開いた穴が思いのほか大きく、少しビンを傾けただけでゴボッと結構な量の辣油が入ってしまった。
かなり辛さがアップして、大汗かいて完食。

ここの坦坦麺、かなり気に入ったぞ。
ただ、やはりこの大きさの器はインパクトはあるが食べにくい。大きな器の底のほうに坦坦麺があるため、どうしても麺と口の距離が短くならないのでスープがはねやすいのだ。
景気づけにはいいかもだけど、お願いすれば普通の器で出してくれるのだろうか。

しかし、当初の目的のハバネロ坦坦麺は気になる。メニューには唐辛子の絵の数で辛さが表現されているのだが、赤坦坦麺の唐辛子の数は3つに対してハバネロ坦坦麺の数は10個!なのだ。
でも、それだけ辛いのならスーツでは大汗かくだろうから食べにくいな。休みの日に軽装で来ないといけないかもしれない。




200608211200000.jpg


200608211152000.jpg

【2006/08/22 10:55】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
永谷園 キレンジャーカレー
気分を一新して明日からもがんばるぞ

---

今日の晩ごはんはお昼に散財しているので家でおとなしく自炊。
自炊って言っても、先日スーパーで買い物してる時に見つけて買っておいた永谷園の「キレンジャーカレー(カレーポーク中辛)」を食べてみた。

普段ほとんどレトルトカレーを食べないので横の比較はできないのだが、まあ普通のレトルトのカレーの域を出ないと思う。

オマケにメンコが入っていて、メンコの裏にはなぞなぞが書いてある。
(ゴレンジャーでは放映後半からキレンジャーに毎回なぞなぞが出されていた)

ちなみにキレンジャーってカレー好きで途中で殉職するってイメージがあるけど、

・初代キレンジャーは組織内の人事異動で地元九州に栄転

・2代目キレンジャーが着任(2代目はあんみつ好き)

・2代目キレンジャー殉職

・初代キレンジャーが再度着任

って流れだったの覚えてました?
(詳しくはこちらをご参照ください)



【2006/08/20 20:31】 | 自宅ごはん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
大津 AUNTY-MEE BURGER
やるだけやったという爽やかな気持ちではないな

---

今日で夏休みも最終日。
昨夜寝る前に、休みの間レジャーってものをしていないことに気がついた。
昨日は午後からずっと家の片付け&大掃除をがんばったし、最終日くらいなんかレジャーしようと思った瞬間、何をしようかひらめいた。

以前から行きたいと思っていた店があったのだ。
そのお店はユニバーサルグルメさんのblogで知った、滋賀県大津にあるハンバーガーショップ「AUNTY-MEE BURGER」だ。
ほんとは誰かを連れてドライブがてら行こうと思っていた店なのだが、この際だから一人で行ってやろうと思い、今朝は早起きして洗濯を済ませて10時過ぎに家を出た。

豊中から名神高速で大津ICまでは道が混んでなければ30~40分くらいで行ける。
お店のホームページの地図を見ると、大津ICを降りてから161号線を北上すれば店の場所はすぐ分かるはずだ。

迷うことなく11:15頃店に到着。
ランチには時間が早いし誰もいないだろうと思っていたのだが、店の前には15人ほどの人が固まっている。
店の前の路肩にクルマを停めて、どのようにオーダーすればいいのか人の流れを見るが、特に行列等にはなっていないのでわかりにくかった。
店頭で接客されている店のお姐さんに声をかけると、混雑しているので30分ほどはかかると思いますと言われるが、先を急ぐ旅でもないので快諾する。

お姐さんの話によると、

・基本はレギュラーサイズかクイーン(パテがレギュラーの1.5倍)サイズ

・そのバーガーに好みのオプション(チーズ、トマト、etc.…)をアドオンできる

・メニューにある「V-MAX」や「京爆」などは常連さんのカスタマイズ仕様がメニュー化されたもの

・肉の焼き具合や具を乗せる順番まで細かくオーダーできる

・初めてのお客様にはまずデフォルトのレギュラー or クイーンをおすすめしている

・で、次回からはデフォルトの味に自分好みのカスタマイズをかけて楽しんで欲しい

とのことだった。

距離的にそうちょくちょく来れる店ではないので、おすすめに従わず最初からフルカスタマイズで勝負をかけようかと思ったが、お姐さんの言うことももっともだしおとなしく「クイーンサイズ」(\600)をオーダー。

調理自体は移動販売車の中でご主人が行っている。
見てると鉄板上で一度に作れるハンバーガーは3つまでのようだ。
自分のハンバーガーが調理されるターンになると名前を呼ばれ、調理しているところを見てくださいと鉄板の前に案内された。

事前に調べた情報では、初めての客にはご主人からハンバーガーの素材及び調理法について10分ほどの熱いトークがあると聞いていたのだが、やはり混雑しているからか口上は控えめ。
でもバンズ(かなり山高なのだが、上からぎゅっと押し潰してもすぐ元に戻るほど弾力がある)やパテ(ご主人曰く「生でも食べれる」)についてきっちりお話してくれた。

鉄板で焼いたバンズにレタス、焼いたパテ、ケチャップ、マスタード、ピクルスを乗せてバンズをかぶせて完成。
お姐さんがアルミホイルに包んでくれて、食べ方を説明してくれる。
曰く、ホイルに包んだまま上からぎゅっと押しつぶして肉となじませ、高さを低くしてからホイルの一部を開け、肉汁がこぼれないようにしながら食べてくださいとのこと。

会計時にルートビア(\100)もいただいて、店のテーブル(6人くらい座れる)に座ってさっそくハンバーガーにかじりつく。
うまい!調理時にはケチャップもマスタードもそれなりにかかっていたのだが、口の中に押し寄せてくるのは圧倒的な肉のうまみだ。
そして、ピュアな肉汁のうまみがメインの味となり塩分やその他調味料の味がそれほどしないので、思いのほかあっさりしている(なので一緒にドリンクはいらないというご主人の言葉に納得できる)。
確かに最初からカスタマイズせずにデフォルトのハンバーガーをおすすめされるのがわかるな。

遠くまで来た甲斐があった。あまりのおいしさにクイーンサイズも秒殺だった。
冷静に考えると、高速料金が往復\3,400かかっているのだが、イベントとして捉えたとしても満足感は非常に高い。

高速料金を考えるといつでも行けるわけじゃないけど、再訪が楽しみだ。
次回はレギュラーサイズを2つオーダーして、1つはデフォルトのまま、もう1つはパテをレア気味にしてオプションも追加したフルカスタマイズ仕様で食べてみようと思う。

(ちなみに、イベント等の出張販売のためこの場所で営業していない日もあるとのこと。モバイル用ホームページで告知されているそうなので、遠方からこの店に行く場合は事前にご確認を)




200608201205000.jpg

【2006/08/20 15:29】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 au-garage
夏休みも明日で終わり。燈花会行きたかったな

---

今日は無印良品で買いたいものがあったため、午前中から千里中央へ。
セルシーの無印で買い物を済ませた後、千里中央でランチしようかと思ったが、いまいちピンと来る店がない。
結局、千里中央でのランチはあきらめて一旦江坂まで戻ることに。

江坂に着いて以前からチェックしていた店に行ってみたのだが、店頭の黒板メニューにひかれるものがなかったためスルー。
代替案を考えるのも面倒になって「au-garage」に行った。

12時ジャストくらいに店に入ると先客は2組のみ。
プリフィクスで前菜・メインを選べる「Bランチ」(パン・ソルベ・ドリンク付きで\1,500)をオーダー。

すぐに出てきた前菜は「カツオと玉ねぎのサラダ マスタードソース」。
ちょうどカツオが食べたかったのでうれしい。
もう少し量が欲しかったが、いい前菜だった。

メインは「豚肩ロースのポワレ」。
ギシッとした肉質の豚肉はいかにも肉を喰ってるって感じで快感を伴うおいしさ。
しかし、いつもよりポーションが少ない気がする。このメインももうちょっとボリュームが欲しかったな。

食後にマンゴーのソルベとアイスティーをいただいてから店を出る。
明日(8/20)から8/23まで(だったかな?)、お店は夏休みだそうだ。




200608191217000.jpg

【2006/08/19 21:08】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 marimba
このニュース。倒れた方には気の毒なのだが、バタバタと倒れていく様子を想像すると少し笑える

---

今日は朝から堺の整骨院へ。
何回か通ううちに少し肩~首の痛みは改善してるようだ。腰痛はまだ時間がかかりそうだけど。

整骨院が終わり、高速に乗って帰宅。
帰宅前に江坂に寄ってランチして帰ることに。

今日のランチは以前から行こう行こうと思っていたカフェ「marimba」
12時少し前に店内に入ると、先客は2組のみ。

サンド系とパスタ系のランチがあったが、今日は「パスタランチ」(\890)をオーダー。
今日のパスタは「アサリとシメジのペペロンチーノ」だった。

いろんなメディアでこの店は居心地がいいと聞いていたのだが、適度に暗く、適度に静かな店内は確かに居心地がいい。
また、ホール担当の女性の店員さんがとても感じのいい方で、なんだか少し心がほぐされる。

パスタランチはパスタの他にパンが1つとサラダ、ドリンクといった構成。
サラダには小エビのフリッターが乗せられており、サルサソースのようなドレッシングと好相性。
パスタはカフェで出すにしてはかなり高いレベルの出来でおいしい。

正直量的には物足りないのだが、居心地の良さもあり、いい店を知ったなって感じ。
今度昼下がりに来てゆっくり時間を過ごしてみよう。



【2006/08/18 16:20】 | カフェ・お茶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柿の葉寿司
久しぶりにペンで文字を書くとえらい疲れた

---

昼食後、印刷物を清書するため近くの図書館へ。
しかし、2件ほど図書館を回ったのだが、最近の図書館はテーブルで自習したりできないんだな。
当初の目的では静かな図書館のテーブルで本を調べながら書き物しようと思ってたのに、目論見が外れてしまう。

いろいろ調べていると、石橋にレンタル自習室なるものがあることがわかったので、石橋に向かい、1時間半ほど書き物をした。
その後奈良へ向かう用事があったため、高速に乗って奈良へ。

奈良での用事も無事済んだのが20時頃。
せっかく奈良に来たんだしと、近くのお店で名物の柿の葉寿司を買って帰った。
鯖4つ&鮭3つの内容で、\903。

帰宅してから柿の葉寿司を食べたのだが、チェーン店のやつでも久しぶりに食べるとおいしいな。
以前何かで読んだのだが、吉野に手作りの柿の葉寿司を作って販売してる小さな店があって、朝方頼んでおいて吉野見物に行って、帰りに程よく熟れた柿の葉寿司を買って帰れるらしい。
一度その店の柿の葉寿司を食べてみたいな。



【2006/08/18 16:06】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
箕面 天ぷらの山
ネットカフェってのに初めて行った。すげえマッサージチェアがあってご満悦

---

昨日(8/17)は朝から調べ物&書き物のために近くのネットカフェへ。
ネットカフェで作成物を印刷してから、近くでランチすることに。

行こうと思っていた店に向けてクルマを走らせるが、場所がうろ覚えで迷っているうちに箕面の船場あたりまで来てしまった。
ネットカフェでの作業で疲れ果てていたので予定していた店には行かずに、以前訪問した「天ぷらの山」に行くことに。

13:50頃に店内に入ると、先客は3組のみ。
入り口の券売機で食券を買うのだが、夏の限定メニューとして「鱧定食」(\1,000)ってのがあったので、それを選択。

鱧定食は鱧が3切れ、エビが一尾、玉ねぎ、レンコン、オクラといった構成。
鱧の身は結構大きなものが出てきて食べごたえがある。
相変わらず食べ放題の漬物がうまい。




【2006/08/18 15:58】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
緑地公園 パリワール
調子悪い。なんかカラダが動かない

---

今日も辛いものが食べたくて、北千里までクルマを飛ばして「船場カリー」へ。
商業施設の中にある店だし、盆休みはしていないだろうとの読みで行ったのだが、現地に着いてみると今日まで盆休みとのことで脱力。
新規開拓する気力になれなかったので、そのままクルマで帰宅し、途中緑地公園のインド料理「パリワール」に寄ってランチすることに。

緑地公園駅の駐車場にクルマを止め、歩いて店まで行く。
13時前に店に入ると先客は一組のみ。
「Bランチ」(サラダ、カレー2種、ナン、ライス、チキンティッカ、シークカバブで\1,000)をオーダー。
「カレー辛くしてください」のお願いも忘れずに。

今日のナンはちょっと焼きがまずいな。全般的に焼きすぎててパリパリしたクリスピーなナンになってしまってる。
でもカレー(日替わり野菜とシーフード)はうまいな。

食後にセットには付いてないはずのチャイをサービスで出してくれた。ラッキー。



【2006/08/16 15:35】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
クラブハリエのバームクーヘン
こないだDVDで「シムソンズ」観ました。邦画久しぶりだったけどとても面白かったです

---

昨日梅田に出た際に行ってみたら大行列であきらめた阪神百貨店の「クラブハリエ」のバームクーヘンだが、一旦あきらめたけどその後ずっとスッキリしない気分だったので、今朝開店前の阪神百貨店に行ってみた。

阪神百貨店B1Fの「クラブハリエ」前に到着したのは開店10分前の9:50頃。
その時点で16人ほどが行列を作っていた。
行列に並び少し待つと定刻通りに開店し、行列は前に進み始めた。

行列は思いのほかサクサクと前に進んでいく。
店側も開店前から客をこなす準備をしておくんだろうな。

バームクーヘンは輪切りの状態で密封包装されているのが4サイズほどと、店頭で輪切りを4等分して袋に入れただけの簡易包装したもの(\525)の2種類があったが、簡易包装のやつは小さいと思い、輪切りで密封されているやつの一番小さいの(\840)を買ってみた。
ちなみに、簡易包装のやつは賞味期限が当日中、密封包装のやつは開封しなければ1週間強の賞味期限みたいだ。

会計を終えて行列から離脱したのが10:05頃。
なんだ、こんなにすぐに買えるもんなんだと少し拍子抜け(時間帯によるんだろうけど…)。

一旦帰宅してランチに外出して、その後おやつにアイスティーと一緒にバームクーヘンを食べてみた。
実はバームクーヘンは好物で、頂き物は必ず食べるし、コンビニとかでもお茶うけに買うことが多い。

輪切りを4等分して皿に載せて食べてみる。
フォークを入れた感触はそれほどやわらかくないのだが、口に入れるとバーム独特のみっちり感がなくふわっとほぐれていく感じ。
甘さもそれほど甘くなく、かなりおいしいと思う。
しかし、何時間も行列で待ってまで買うものではないな。そのうちブームも一段落するだろうし、通りがかりにすぐに買えるようになるだろうから、その時はまた買って食べてみよう。

半分だけ食べて、後は夜のおやつにするつもりが一気に完食してしまった(食べすぎ…)。



【2006/08/15 18:20】 | おやつ | トラックバック(2) | コメント(1) | page top↑
豊中 石鍋 KOH
アイスティーのピッチャーをもう1つ買ってきました

---

今日は朝から快晴でとても暑い日。
またしても昨夜は夕食を食べていない(最近ずっと1日1食…)ので空腹だったのだが、こう暑いと辛いものが食べたくなり、以前から行こうと思っていた韓国料理「石鍋 KOH」へ向かうためクルマを出した。

店へは家からクルマで15分かからないくらい。
ちょっと分かりにくいのだが店の裏に3台停めれる駐車場があるので、そこにクルマを停めて店へ入る。

店へ入ったのは12:10頃だったが、先客はいなかったので店内は私一人。
席に着いてランチメニューを見ると、石鍋、石焼ピビンバ、冷麺、ピビン麺、プルコギの各セットがあったが、最初から石鍋を食べようと思っていたので、トンチャン(牛、豚、ホルモンのミックス)・ナッチ(韓国足長タコの海鮮ミックス)・ホルモン・豚バラ・豆腐・牛肉の中から「ホルモン石鍋セット」(\980)をお願いした。
石鍋の辛さは0辛・やや辛・中辛・大辛の4ランクから選べるとのことだったので、迷わず「大辛」を選択。

まず最初に小皿3品(白菜キムチ・野菜サラダ・冷奴)が出てきた。
野菜サラダはグリーンレタスと人参、そして青シソを韓国風のドレッシングで和えた物でとてもおいしい。ちょっと量が少なかったのが残念。もっと食べたかった。
冷奴もゴマ油風味のタレがかかっていてナイス。

そして白菜キムチ。これがもろに私好みの味。
塩分は控えめで、強い辛さと濃厚な旨みがタッグを組んで押し迫ってくるインパクトのあるキムチだった。

続いて出てきた石鍋はグツグツと煮えたぎった状態で登場。
具はホルモンのほかにはキャベツ、もやし、玉ねぎ等の野菜。

スープはかなり濃厚なのだが、舌にまとわりつくことなくスルリと飲み干せる味。
大辛でも私にはほとんど辛くないので、テーブル上の粉唐辛子を入れて好みの辛さにしていただいた。これはうまい!。かなりハマったかも。

ホルモンもブリブリで肉感を楽しめるし、石鍋と一緒にでてくる雑穀ごはんも非常においしい。ごはんは大盛り(\50up)にしておけばよかったな。

スープは一滴残さず最後まで飲み干してフィニッシュ。
久々にいい店に当たった喜びでいっぱいになる。

最後にドリンクがついてくるのでアイスティーをお願いする。
ついでにキムチがおいしかったので、200gほど持ち帰りをお願いした(100g\300)。

北摂で韓国風鍋と言えば「スントゥブOKKII」が有名だが、この店の石鍋も負けず劣らずうまいと思う。
OKKIIはおかずがおかわりし放題&石鍋での炊き立てご飯というアドバンテージはあるが、鍋単体では私はKOHに軍配を上げる。

惜しむらくは\980という価格であれば鍋のボリュームをもう少し多めにして欲しい気がするが、清算時に次回利用できる\100円引のクーポンをいただけたので、次回はお安く食べることができる。

再訪が楽しみだ。次回はナッチを食べてみようと思う。




200608151227000.jpg

【2006/08/15 14:32】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 藤平
ありがとう。がんばりますよ

---

一昨日から急に家のPCのCRTがおかしくなって、赤色だけ表示されなくなった。
色々いじっても改善されないので故障と判断。まあ、5~6年使ったCRTだしな…。
ヨドバシのポイントも溜まってることだし、新しく液晶モニタを買うことにして、今日は朝一番からクルマで梅田のヨドバシまで行ってきた。

ヨドバシで液晶モニタを買ったのが10時少し過ぎ頃。
朝早くに梅田に来たので、前から店の前を通るたびに気になっていた阪神百貨店の「クラブハリエ」のバームクーヘンを買いに行ってみることに。

朝一だから誰も並んでないだろうと店の前まで行ってみると、30人くらい並んでる!みんないつから並んでるんだ?
結局バームクーヘンはまたの機会にすることにして、ヨドバシからクルマを出した。

帰り道ホームセンターに寄って買い物したりしてるうちに時間はもう11時過ぎ。
昨夜も夕食を食べていないので空腹を抱えていたため、ガッツリ食べたい気持ちで江坂の「またきてや」に行ってみるとお盆でお休み。

そのままクルマを巡回させて、「libre」も「marimba」も営業していたが、カフェ系での口ではなかったので却下。
そのうちに存在は知っていたけど入ったことはなかったラーメン「藤平」を思い出し、近くのコインパークに車を停めて店に行ってみた。

11:30に入店すると、私が口開けの客だった。
ランチメニューはいろいろあったが、ガッツリということで「ギョウザセット」(ラーメン・ギョウザ・ライスで\880)+ ラーメンをネギラーメンに変更(\100up)をオーダー。
ネギラーメンは斜め切りされた九条ネギがてんこ盛りに乗っている。ネギ好きにはたまらない量だ。
麺は細めの麺なのだが、モチモチした食感でかなり好みの麺。
チャーシュー、スープ、ギョウザは個人的にはインパクトなし。

テーブル上の壷には高菜が入れられており、食べ放題とのこと(ライスもおかわり自由らしい)。高菜を食べてみると、もう少し辛味が欲しい味付け。

完食すると結構な量でおなかいっぱいになった。
昨夜寝不足だったため、帰宅後すぐに眠くなって少し昼寝してしまった。



【2006/08/14 19:38】 | ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 麦まる
明鏡止水の境地にはないけど、落ち着いて行きます

---

今日も早起きして洗濯&掃除。
前から気になっていた玄関まわりをキレイに掃除できてスッキリした。

ランチは行くあてのないままクルマを出して江坂方面へ。
空腹なのだが、なんだか楽しんでゆっくりと食事をする気分になれない。
そのうち帰宅しないといけない時間が迫ってきたので、以前も入った讃岐うどん「麦まる」へ。

駐車場に空きはあったのですぐクルマを停めることはできたが、12時前の店内は家族連れ等で結構混雑していた。
今日のメニューは「ぶっかけうどん(冷・大)」(\380)と「いか天」&「海老天」(両方\120)。

なんとなくだが、前回食べた時よりおいしく感じる。
この店に関しては生醤油よりぶっかけの方が好みだな。



【2006/08/13 12:37】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
帰ってきたヨーヨー
おそうじグッズをたくさん買ってきました

---

今日は先週に引き続き朝から堺の整骨院へ。
整骨院が終わってからは実家に顔を出して、お昼ごはんは実家で食べた。

大阪に戻ってきて家の近所のセブンイレブンに寄ったら、「80's 帰ってきたヨーヨー&復刻デザインボトル」と銘打ったコーラが売っていた。
そうそう、子供の頃ヨーヨー流行ったなぁ~と懐かしくなって1本購入してみた。

出てきたヨーヨーはスプライトの「スーパーヨーヨー」。
指にはめてみると、思いのほか小さい。
こんなに小さかったっけ?と思ったが、子供の手にはそれなりの大きさだったんだろうな。

早速ヨーヨーをやってみると、なかなか要領がつかめない(といっても子供の頃得意だった記憶もないのだが…)
しばらくやってるうちにだいぶキレイにキャッチできるようになって、「犬の散歩」なんかもできるようになった。

その後、ヨーヨーのやりすぎで右手が痛いことに気がついた。
もともとマウスの使いすぎで右手は腱鞘炎気味なのだ。



【2006/08/12 22:25】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
四ツ橋 ラクシュミ
朝腰が痛くて目が覚める

---

今日のランチは久しぶりに四ツ橋の「ラクシュミ」へ。
12:15頃店に着いたら、10人弱が行列を作っていた。
暑いのであんまり待ちたくはないなと思っていたのだが、風があったので思いのほか暑くはなかった。

結局12:35頃席に着くことができた。
オーダーは「キーマ普通ごはん少な目」(\780) + 「アチャール単品」(\180)。
今までは女性お2人で店を切り盛りしていたはずだが、今日はもう一人おじさんが厨房に入っていた。

久しぶりに食べるラクシュミのキーマはやはりおいしい。
でも、あんまり辛さは感じないな。汗も鼻水も以前ほどは出なくなった。
単品で頼んだアチャールは結構な量だな。2人で頼んで半分ずつにするのが妥当な量かも。

久々のラクシュミを満喫して、店を出たのは13:15頃。
ちなみにお店は明日から8/21(月)まで夏休みとのこと。
それと、夏休み明けからは火曜日も営業するそうだ。




200608111252000.jpg


200608111231000.jpg

【2006/08/11 14:27】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
北新地 マンドリーノ
My Brain is Like A Sieve ~♪

---

昨日(8/10)のランチは北新地へ。
以前から行きたいと思っていた、「ご馳走 つた次郎」の限定15食の穴子丼を体験してみたかったのだ。

住所を頼りに「つた次郎」を探したのだが、ビルの2階にある店を探し当てたと思ったら、店の前に「7/18から9月半ばまで昼の営業はお休みします」との看板が。
茫然自失のままビルを出て他の店を探そうとしたが、こんな時に限って何も思い浮かばない。
ほんとは納得いくまで店を探したかったのだが、暑さに負けて通りがかったイタリア料理「マンドリーノ」へ入店した。

この店は以前堺筋本町の店には入ったことがあるが、北新地の店は初めてだ。
12時ちょっと前に入った店内は半分くらいの埋まり具合。

ランチメニューにあった限定10食の手打ちパスタにひかれたが、前回堺筋本町の店で手打ちを食べた時、隣のテーブルの人が食べていた乾麺がおいしそうだったのを思い出し、今回は乾麺の「パスタセット」(4種のパスタから1種類とパン、スープ、前菜、ドリンク付きで\1,000)にすることに。
パスタは「ムール貝とパプリカのトマトソース」を大盛りでお願いした。

最初にスープ(この日はポタージュだった)と前菜(ミズナのサラダにベーコン、きのこ、たまねぎをソテーしたもの)が出てきた。
大感動する味ではないのだがきっちりとおいしく、好感が持てる。

続いて出てきたパスタは結構な大盛り。麺はフェデリーニでかなり固めの茹で具合。
ラーメンで言うと「バリカタ」とか「粉落とし」っていうレベルだ。
まあ、フェデリーニのような細麺って茹で具合難しいし、食べてるうちに麺が伸びちゃうしでどうしても固めに茹でざるを得ないんだろうな。

味そのものは普通に感じたのだが、それは私があまりパスタを食べる口ではなかったからかもしれない。
この構成でこの価格は一般的に見てもお得だと思う。



【2006/08/11 09:06】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
肥後橋 L'HEURE BLEUE
少し光が見えたかも。がんばろう

---

今日のランチはおなじみ「L'HEURE BLEUE(ルール・ブルー)」へ。
本日のメニューは「鶏もも肉のロースト 赤ワインとベーコン、オニオンのソース いんげんとヤングコーンのソテー じゃがいものピューレ添え」。
11:27分頃店に着いて、ラスト1席に滑り込むことが出来た。

いつものようにたっぷりのサラダが出てきたのだが、見慣れない白いものがサラダの上に乗っていた。
しばらく来ないうちにサラダの構成が変わったのかなと思っていたのだが、他のお客さんに説明されていた話を聞くと、熊本産の「加賀太きゅうり」を入手できたので、そのきゅうりの塩もみを今日だけのサービスで出したそうだ。
そのきゅうりの塩もみは瓜系独特の青臭さはあまり感じられず、キャベツの芯を茹でたような非常に甘みのある味で、いいものを食べさせてもらった。ラッキー。

メインの鶏もも肉はさすがのボリューム。今日はソースが非常に私好みの味で楽しめた。
また付け合せのヤングコーンが非常にうまい!実はヤングコーンって八宝菜とかに入っている小さなやつしか食べたことなかったのだが、少し大振りのこのヤングコーンは甘く香り高く、こんなヤングコーンもあるんだとカルチャーショックを受けるほどのものだった。

食後はアイスコーヒーをいただいて12:00ちょい過ぎに店を出ると、相変わらずの人気で店の前には10人ほどの行列が出来ていた。

過去のL'HEURE BLEUE記録

その4
その3
その2
その1



【2006/08/09 18:08】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪駅前第3ビル 神戸ぼっかけ焼きそば
今日は忙しかったので少し気が楽

---

今日もランチは梅田近辺を散策。
昨日「かわさき」に行ったとき通りがかって発見した大阪駅前第3ビルB2Fの「神戸ぼっかけ焼きそば」が気になったので訪問してみることに。

店は「はがくれ」の斜め前にあり、鉄板カウンターとテーブル席で大体20~25席くらいか。
通路と店内はノレンで仕切られているだけなので、あたり一帯にソースの香りが漂っている。

11:35頃店に着いて、カウンター席に着こうとしたら「食券をお買い求めください」と言われたので食券機まで買いに行く。
メニューはぼっかけ焼きそば、豚やきそば、オムそば、モダン焼きなど。
ランチタイムには「焼きそば定食」(焼きそば・ごはん・小鉢・キムチで\750)があったので、その食券を買って席に戻った。
焼きそば定食の焼きそばは「ぼっかけ」と「豚」のどちらかをチョイスできるとのことだったので、ここは迷わず「ぼっかけ」をお願いする。

席の目の前には鉄板が広がっているのだが、調理そのものは厨房内の鉄板で行い、出来上がったものを目の前の鉄板に置いてくれるというシステムなので目の前の鉄板は保温するレベルの温度みたいだ。
なので、あまり鉄板臭は立ち上っておらず、服もあまり鉄板くさくならないと思う。

すぐに出てきたぼっかけ焼きそばはなかなかいいボリューム。
見た目はかなり色は薄く、味も濃くはないけどコクがあってなかなかうまい。
具はキャベツとぼっかけ(牛すじとこんにゃくを甘辛く炊いたもの)で、牛すじはかなりアキレス腱が多く入っており、コラーゲンのプニュプニュ感を楽しむことが出来る。
小鉢は冷奴にとろろをかけたものだった。

後半味を変えたくなったので、卓上の「どろソース(辛)」を焼きそばにかけてみると、これがかなりスパイシーで辛く、味がガラッと変わって変化を楽しめる。
これはビールに合うだろうな…(ちなみに生ビールは\430と書いてあったが、どのようなジョッキで出てくるかは不明)。
その他調味料としてマヨネーズ、鰹節、青海苔、唐辛子、紅しょうががおいてあった。

個人的にはごはん+焼きそばみたいな炭水化物オンパレードな食事は、太るしバランス悪いしあまり好きではないのだが、たまにはいいな。
でも、鉄板焼きメニューもそれなりに揃っているので、やはり夜に来てビール飲みながら楽しみたい店だ。



【2006/08/08 17:44】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
服部 赤春園
そういえば先週気晴らしに会社帰りにMI:3を観てきた。もうおなかいっぱいで後半疲れた

---

最近夕食を摂れない日が続いているので、今夜は何か食べなきゃと会社帰りにいつもの服部駅前の中華「赤春園」へ寄って帰った。

食べたのはこれまた私のフェイバリットメニューの「鶏のチリ揚げ定食」(\1,040)。
鶏のから揚げにチリパウダーをこれでもか!とまぶしたもの(でもほとんど辛くない)。
皿のふちに盛られた塩コショウをつけてこのから揚げを食べると、ごはんがどんどんなくなっていく。
口のまわりをチリパウダーで真っ赤にして帰宅。



【2006/08/07 21:51】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。