スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
高麗橋 カシミール
年度の最終日、まったり過ごしてます

---

今日のランチは時間に余裕があったので、以前から行きたかった高麗橋の「カシミール」に初訪問してみた。
店に着いたのは12:35頃。店の外には行列はできてなかったが、初めての店なので勝手がわからず開店しているのかどうかさえわからなかった。
しかしカレーのいい匂いはするので勇気を出して扉を開けてみたら店内は満員で4人中で待っていた。

結局20分ほど待って席に着くことができて、ミックスA(チキン&野菜)(\1,000)を玄米でオーダー。初めてなので辛さはデフォルトの3辛にしてみた。
オーダーしてからも結構待つと調査済みだったので、店内の本棚にあった吉田戦車の「伝染るんです」を読んで待つ。
(ちなみにこの本棚はつげ義春と吉田戦車とVOW系の本が多かった)

オーダーから15分くらいして目の前に出されたカレーは、具がたっぷりで盛りもいい。
食べてみると、これはうまい!いろいろウワサは聞いていたが確かにこれはおいしい。
とろみはまったくないシャバシャバのカレーだが、スパイスの香りが前面に立っていて食べ進むほどやめられなくなる。

野菜はたけのこ・きのこ・大根?・人参・ジャガイモ・葉物・カボチャが入っている。
チキンもおいしいのだが、この方向性の味ならマトンの方が合うかも。

幸せな気分のまま最後まで食べることができた。
食べ始めたときはそれほど辛さを感じなかったのだが、終盤に行くにつれ発汗が促され、食べ終わる頃には首から上は結構汗をかいてしまった。

この店、近いうちにまた再訪したい。無理矢理時間を作って訪れる価値はある店だ。
今度来るときはマトンで辛さも7くらいでチャレンジしてみよう。



スポンサーサイト
【2006/03/31 14:58】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
淀屋橋 ニューハマヤ
昨夜の余波で午前中は少しおなかが痛かったです

---

今日のランチは淀屋橋のサラリーマンに絶大な人気を誇る「ニューハマヤ」平野町店に行った。
実はニューハマヤに行くのはかれこれ7年ぶりくらいだろうか。

12:20頃到着すると店の前には7人ほど並んでいたが、回転がいい店のようで2~3分待って席につくことができた。
「ダブダブ」(豚汁&漬物付で\850)をオーダー。この店では千切りキャベツの上に豚焼肉と卵焼きが乗せられて供されるのだが、ダブダブとは肉2倍&卵2倍だろうか。
実際厨房の中のコックさんはダブダブのオーダーに肉を2回、卵を2回乗せてた。

カウンターの上のタバスコ(緑のハラペーニョと赤のペッパーの2種類があったが、今日は緑にした)とウスターソースを肉と卵にビシャビシャかけて、一口食べるとこれがまたご飯にあうのだ。
前回食べたときはもっと塩辛かった気がするのだが、今日はそれほどでもなかった。

ごはんが胃の中へすっ飛んでいくようになくなっていく。カウンターに置かれた木のおひつからご飯は自由におかわりできるのだが、食べ過ぎに気をつけている現在は軽くよそった2杯目だけでやめておく。

久々に来たけど、やっぱヘンにうまいな。毎週は来れないだろうけど2ヶ月に一回くらいのペースならOKかも。
店内の雰囲気はみんな一心不乱に肉・卵・キャベツ・ごはんを咀嚼しているのが、なんかエサを喰ってる感じがして面白い。



【2006/03/30 14:23】 | 洋食 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
本町 citacita
もう心は決まっております

---

昨夜は会社の辛いもの好きの同志4人で本町のインドネシア料理「citacita」に行った。
この4人ではこの半年ほどカレー関係を中心に情報交換して、いろんな店に行っている。
(ちなみに前回の集会は福島のタイ料理「Sweet Basil」だった)

店に着いたのは19:00頃。席に座り寒かったけどインドネシアビール等で乾杯。
店内が暗かったので写真は取れなかったが、食べたものは大体以下の通り。

・アヤム・ゴレン・ツプン(スパイシーな鶏の唐揚げ)

・アヤム・ヒジャウ(グリーンカレーのかかった鶏グリル)

・マルタバック(お好み焼き風卵焼き)

・ルンピア(揚げ春巻き)

・サテ・リリット(ミンチのサテ)

・カンクン・チャ(空心菜の炒め物)

その他ナシ・ゴレンやテンペサラダなど。

サイドオーダーに「チャベ・ラウィット」っていう生の小さい青唐辛子を頼んだのだが、思ってたほど暴力的には辛くなかった(十分辛いんだけど)。
それより、これもサイドオーダーに頼んだ「アチャール」(漬物)に入っていた唐辛子を食べていると、その内一つに大当たりに辛いのがあってそれで悶絶してしまった。
シシトウでたまに辛いのに当たるけど、あれをさらにパワーアップした感じで、しばらくは他のものは食べることができなかったくらい。

いろいろ飲み食いして4人で約\17,000。
総じてなかなかおいしく楽しい時間を過ごせた。
【2006/03/30 09:50】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
淀屋橋 鴻盛園
胃が痛い日々

---

今日のお昼は同僚と会社を出てしばらくすると雨が降り出したので、軌道修正して近くのビルの地下にある中華料理の「鴻盛園」へ初めて行った。

少し待って席に着くとほとんどの客がラーメンと各種ミニ丼がセットになったセットメニューを食べている。
セットにできるミニ丼には「麻婆丼(激辛!)」とあったのでそれをチョイスした「ラーメン定食」(\600)とオプションで「味付卵」(\100)をオーダー。

運ばれてきたラーメンは普通のラーメンで特に記すところはない。
味付卵が冷たい状態ででてきたのは悲しかった。
麻婆丼も特に激辛というほどでもなかった。

ヘコんでいる時にこの内容のランチでさらにヘコんでしまった。



【2006/03/29 14:17】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天王寺 魚市
携帯買い換えようか思案中

---

今日のランチは天王寺にいたので、アポロビル地下の「魚市」に行った。
この店は4年くらい前から天王寺でランチをする時一番よく行く店だ。

店に入ったのは11:30頃だったので、店内はガラガラだった。
店頭に大きくその日のランチメニューが掲げられており、「まぐろ中落ち定食」やら「ぶり造り定食」やら「どろめ定食」など選択肢はたくさんあったのだが、今日は「イカ造り定食」(\840)をオーダー。

すると、名著「大阪下町酒場列伝」にも登場する名物社長が私の横にやってきて、「\200でこの時期だけ出回るどろめを付けれるけどいかがですか?」とアピールしてきた。
もちろん私もどろめ定食は選択肢のひとつだったし、季節物ははずさないのがポリシーなので即お願いした。
ちなみに「どろめ」とはこの時期に出回る生のイワシの稚魚である。

それに社長は気をよくしたのか、「今日のイカはいいイカですよー、まだ生きてるんですよー」と目の前までトロ箱を持ってきてイカをつついて動くのを見せてくれる。
確かにつついたとこだけ色が変わる新鮮な小ぶりのモンゴウイカだ。

イカ造り定食とどろめがほぼ同時に運ばれてきた。ここの定食には造りのほかにたっぷりのアラ炊きと岩のりのお吸い物がついてくるのが特徴だ。
どろめも\200でこの量でいいの?というくらい小鉢に入っている。
しかもサービス精神旺盛な社長自らどろめに三杯酢をかけてくれた。

久しぶりにどろめを食べるけどとてもおいしく、季節ごとの海の恵みをダイレクトに食べている感じが気分いい。
イカの造りも鮮度がよく大当たりだった。

おいしさにほくそ笑みながら食べているとまた社長がやってきて、「今日はまぐろもおいしいよー」と更なるアピール。
とりあえずまぐろは辞退したが、「他に食べたい刺身があったら言ってねー、\200で付けてあげるから」とおっしゃる。
何度もこの店に来ているがこの話は初耳だった。これからは2種類刺身が食べれるなと更にうれしくなる。
(といってもこの\200でオプション刺身がいただけるということはメニューには記載されていない。社長決済の裏メニューかもしれないので、実際にお願いするときはちゃんと店員さんに可否と値段を確認してください)

たっぷりの海の幸を満喫して店を出る。
いつも思うのだけど一度夜に来て魚介三昧してみたい。

イカ造り定食

200603281133000.jpg


どろめ

200603281131000.jpg

【2006/03/28 17:42】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新梅田食道街 奴
殿下の新作いいみたいですね。買おうかな

---

昨夜はあまり空腹でもなかったし疲れていたので夕食はビールのみ。
今朝はさすがに空腹だったので、出勤前に新梅田食道街の「奴」に行った。
何ヶ月かに一回は定期的に通っている店だ。

店の前に着いたのは7:30頃だったのだが、満席だった。
でも見てる間に席が空いたので、席に座り「ワンコイン」(\500)をお願いする。
ワインコインはかやくめし・卵焼き・しらすおろしorほうれん草おひたし・味噌汁・漬物という構成。
デフォルトではかやくめしはけっこうな盛りなので、ごはん軽めでお願いした。

個人的には味噌汁が少し塩辛いのだが、かやくめしは薄味でとてもおいしい。
しらすおろしといっしょに食べると消化もいいし、朝からエネルギーを充填している気持ちになる。

そろそろ暖かくなってきたので、これからはこの店にあまり来れないだろうと思う。
私はただでさえ食事をすると体が熱くなる体質なのに、ここの熱々のかやくめしと味噌汁を飲むとかなり体温が上がり、夏場は朝から汗だくなってしまうので食べられないのだ。
今のうちに通っておかなければ…



【2006/03/28 09:54】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1007
「You raise me up」っていい曲ですね

---

昨日梅田に出たらビッグマンの前でPEUGEOT 1007が展示されていたので覗いてみた。
Webで写真を見ただけで実物を見るのは初めてだったんだけど、思いのほか大きくてビックリした。
特に全幅(1700mmを超えてるので3ナンバーだ)と全高が大きく感じる。

正直値段相応にインテリアはチープだし、後席から後ろは狭く感じたけどちょっと気になる1台だ。

すぐにクルマを買い換えるつもりはないけど、試乗してみようかな。
あと、もうすぐ日本でデリバリー予定のFIATグランデプントも気になる。
【2006/03/27 19:48】 | 雑感など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
淀屋橋 小ぼけ
いきなり仕事がヒマになった

---

今日のお昼は同僚と「小ぼけ」へ行った。
いつもか伏見町の店に行くのだが、今日はミズノの地下にある方へ向かう。

12:10頃の到着で店の前には20人ほど人が並んでいる。
しかしこの店は大バコなので5分も待たないうちに席に座ることができた。
「かつ玉定食」(\780)を注文。

かつ玉定食は初めて食べるのだが、ツユは甘いし卵はガシガシに固まってるしで自分的にはちょっと失敗だった。
でもこの安さでご飯&卵食べ放題だし、人気があるのもうなづける。

ここは1杯目からごはんの盛りがいいため、おかわりをするとかなりの量のご飯を食べることになる。
最近食べすぎに気をつけているので今日はおかわりはなし。
他の人のオーダーを見てると「小ごはん」っていうオーダーもあるみたいだ。



【2006/03/27 13:26】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
TAKARA 焼酎ハイボール
春なので髪を染めてみました

---

今日は昼前から髪を切りに行って、少し梅田に出て買い物をして帰ってきた。
帰宅してから晩酌にこないだ近くのコンビニで見つけて買っておいた宝酒造の「焼酎ハイボール・ドライ」を飲んでいる。

このチューハイは先日東京で飲んだ下町ハイボールを狙って発売されたみたいだ。
飲んでみると確かにあんな感じの味。度数も高く(7%)キックも強いので2本飲むと結構酔いがまわる。

東京下町のハイボールを飲んでみたいと言う人はぜひ飲んでみてください。
大阪ではあんまり扱っている店は少ないみたいだけど。



【2006/03/26 23:36】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
淀屋橋 上海楼
30になったら愚痴を言わないって決めてたんだ

---

昨日は土曜日だったけど出勤してた。
土曜日のビジネス街はランチをやっている店が極端に少なくなる。
同僚と一緒だったので少ない選択肢の中から「上海楼」に行った。

この店には何度か行ったことがあるが、ランチを食べてる限りではまあ普通においしい中華料理店だ。
今回は五目タンメン(\700)に挑戦。
かなりのボリュームだけど薄味でサクサク食べ進めることができる。
この五目タンメン、メニューには「アサリ入り」って書いてあったんだけど、実際にはちっちぇーアサリが2つ入ってるだけ。そのアサリも砂噛んでるのでイマイチだった。

でもこの店はメニューも多いしボリュームもあるし安いしでいい店だと思う。



【2006/03/26 23:30】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京町堀 Ventose(ヴァントーズ)
今日も出勤。天気がいいので休み日和なんだけどな

---

3/23(木)のランチは一人でのんびり過ごせるし、天気もよかったので久々にうつ
ぼ公園方面に足を伸ばした。
どこに行くか考えながら歩いていたのだが、フレンチが食べたくなりうつほ日記さんで知って半年ほど前に一度訪れたことのある「Ventose(ヴァントーズ)」に向かう。

店に着いたのは12:15頃。テーブルは満席だったが、カウンターには空きがあった。
今日の日替わり「豚スネ肉とレンズ豆の煮込みと真鯛のポワレ」(スープ・パン・コーヒー/紅茶付で\1,050)をオーダー。

最初にスープ(今日は春キャベツとベーコンのスープ)が運ばれてきたのだが、スープボウルにたっぷり具沢山で見た目だけでもおいしい予感。
実は昨夜の東京での酒が抜けてなくて二日酔い気味だったので、薄めの塩味で春キャベツの甘みがほどよく出たスープがとてもうれしい。

ここのメインは魚と肉がワンプレートに乗っているとてもお得な構成。
すね肉はレンズ豆や野菜がたっぷりのあっさりとした味付けで結構量も多く、完食するとおなかいっぱいになった。

このボリュームと味で\1,050はとても安くお値打ちだとと思う。
その割には行列が出来てないのは、ビルの1階の奥の方のわかりづらいところにあるからだろうか。



【2006/03/25 19:29】 | イタリアン・フレンチ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
聖路加タワー RESTAURANT LUKE
忙しくて更新間隔が空いております

---

3/22(水)は日帰りで東京に出張だった。
10:00過ぎに東京に東京に到着して会議後、ランチは上司のお供で中央区の聖路加タワー47Fの「RESTAURANT LUKE」へ。
「ステーキランチ」(リブステーキ・ピラフ・サラダ・スープで\1,800) をオーダー。

おいしいかったけど、ハイソでオサレな空間だったので私にはちょっと居心地が悪かった。
まあ、会社の経費で食べてるわけだから文句は言えないけど。

午後からも夕方までずっと会議。
会議終了後も先方に誘われて飲みに行って、ギリギリの時間まで飲んで最終の新幹線で帰阪した。
こういう付き合いも大切だけど、ジャポネに再訪できなかったのが心残り。
【2006/03/25 17:37】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
淀屋橋 おっと
「味の招待席」ってDVD化されないかな

---

3/20(月)のランチは会社近所の「おっと」へ。
オーダーしたのは「黒豚カツレツのオニオンソース」(\750)。
相変わらず安くておいしい。
一回夜に来てみたいな。



【2006/03/21 19:58】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
江坂 またきてや
もうこんな時間だ。家で一人でいるだけなのに時間が立つのが早い

---

3/18(土)は12:00から歯医者の定期健診に行って、その後PSPとフレッツ・スポットの接続確認のため、ランチを兼ねて江坂のミンデンに向かう。
ミンデンに着いたのは13:40頃だったのだが、営業はしていたが入り口に「本日は営業を終了しました」と出ている。土曜日のミンデンは14:00までだったのか…
続きを読む
【2006/03/21 18:21】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
御徒町 平禄寿司
ずっと家でWBC決勝観てました

---

新橋まで散歩した後、東京で休みを取ったもう1つの目的である明治大学の博物館に行った。
この博物館には日本で唯一の刑事博物館があるのだ。
なかなか思うところのある展示内容だった。

この日は金曜日ということもあり、夕方の大阪方面への新幹線は混むことがわかっていたので15:00頃東京発の指定を取っておいた。
時間は13:30頃。ジャポネのスパゲティもこなれてきたし、歩き回ってのども渇いたのでビールでも飲もうと御徒町ガード下の回転寿司「平禄寿司」へ向かった。
続きを読む
【2006/03/21 17:55】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
有楽町 ジャポネ
明日は少し部屋を片付けよう

---

3/17(金)は有休を取ってそのまま東京に滞在した。
10時に池袋の宿をチェックアウトして、今回の東京行きのメインイベントである有楽町の「ジャポネ」に向かう。
今までなかなか行くことが出来なかった店で、実は有休を取って東京に滞在したのはこの店を訪問するためだったと言っても過言ではない。

「ジャポネ」はカウンターのみのスパゲティ屋(あくまでもパスタ屋ではない)で、独特の味付けとボリューム、コストパフォーマンスの良さが評判の店だ。
ジャポネに関する詳細はこちらこちらを参照してほしい。

店のオープンは10:30からと調査済みだったので、10:45頃店に着いた。
普通ランチ処というのは吉野家みたいな店は別にして、11:00~11:30頃開店して12:00前から混みだすのが普通だが、いざジャポネに着いてみると15席くらいのカウンターには4席くらいしか空きがなかった。
先客はみんなスーツを着たサラリーマン風だ。みんな今は朝ごはんを食べてるのか?
大阪の誇るインデアンカレーだって朝10:45にここまで客は入ってないぞ。

席に座りまずは定番メニューの「ジャリコ(レギュラー)」(\550)をオーダー。
厨房のコンロスペースの目の前に座ったので、巨大なフライパンで山のようなスパゲティをガシャガシャと炒めている光景が良く見える。

オーダー後すぐに出てきたスパゲティは結構量が多いように感じた。
テーブルの上には粉チーズとタバスコもあったが、まずはプレーンなまま食べてみる。

これ、とてもうまい。基本は醤油ベースなんだけど、シソの香りも相まってなんというかハマる味だ。心の中でガッツポーズをしながらわしわし食べ進む。
麺そのものに関してはアルデンテという概念ははるか彼方の別次元に行ってしまっており、炒めたスパゲティというよりは焼きうどんに近いかも。
あの名台詞を借りるなら「食感的にはモチに近いね」って感じだ。

結局そのまま一気に食べ終えた。食べ終わった瞬間夢を見ていたのかなという気持ちになった。

実は当初の思惑ではこのジャポネの後にもう一軒ランチをハシゴしようと思っていた。
しかしこの満足感で精神的にも満たされたし、結構なボリュームだったのでこの後訪問しようと思っていた店は次回以降に延期だなと思いながら会計をする。

店を出たあと自然に顔がニンマリする。こんな経験は弁天町の「グリルミヤコ」にはじめて行った時以来だ。
実は来週にも東京にくる予定がある。また来週来ようかな…と考えながら腹ごなしに銀座から新橋にかけて散歩を兼ねて歩き始めた。






【2006/03/21 01:15】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
十条 斉藤酒場
毎朝コートを着るかどうかで悩みますね

---

3/16(木)の夜は、仕事が終わってから宿泊先の池袋へ移動。
宿に荷物を置いた後、東京に来た際はほぼ毎回訪れている十条の「斉藤酒場」へ向かう。
この店の素晴らしさに関してはいろんなメディアで語り尽くされている。
私にとっては子供の頃を過ごした昭和の匂いを感じられる店内が一番のお気に入りだ。
続きを読む
【2006/03/21 00:27】 | お酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京成立石 江戸っ子
毒蛇は急がない

---

栄寿司を出て次の店へ。
ディープ過ぎる「宇ち多」に入れなかったので立石のもつ焼きのもう一方の雄、「江戸っ子」に向かう。
栄寿司から踏切を渡ってしばらく歩くと江戸っ子の看板が見えた。

店は通りに面した側はお持ち帰り用?の窓で、そこを曲がると全て引き戸でどこからでも入れる造り。
ガラス越しに空席が見えるので入りやすい。
店に入って、年季が入りまくって煤けた店内を見渡す。この雰囲気だけで感無量になる。とりあえず特製ハイボール(\300)とレバ刺し(\280)をオーダー。

立石までやってきた1つの理由がこの特製ハイボールを飲むためだ。
東京下町の一部の店でしか飲めないこの「ハイボール」は大阪ではまず見かけることはない。
ハイボールとは言ってもウイスキーのソーダ割りではなく、焼酎(おそらく甲類の安いやつ)に謎のシロップを加え炭酸で割ったものだ。
江戸っ子では特製ハイボールと壁のメニューに書かれているが、好事家の間では「元祖ハイボール」とか「下町ハイボール」と呼ばれている。
長い間謎のシロップの出自は闇の中だったのだが、何年か前にタモリ倶楽部で取り上げられ、最近ではそれなりにメジャーになったようだ。
ちなみに私がこのハイボールの存在を知ったのもこのタモリ倶楽部を見たからで、初めて飲んだのは2年程前、三ノ輪の「遠太」だった。

ここのハイボールはエキスの比率がいい塩梅で、まろやかで飲みやすい。
レバ刺しもあっさりめの醤油ベースのタレに生ニンニクががっちょり乗っけられており(実はオーダーの時に「ニンニクでいい?」と聞かれて思わず「はい」と言ってしまったため。後で知ったがニンニク以外におろし生姜もある)、明日も仕事だし躊躇するがやはりニンニク混ぜて食べる生レバーは下品な味でうまい。

もつ焼きは全て1本70円だが、4本単位でオーダーする必要があると事前に調査済みだったため、カシラとシロを2本ずつタレでオーダー。
味付けはタレ以外にも塩やニンニク辛ダレなどあるが、最初はタレでいってみた。
3分ほどで目の前に出されたモツ焼はかなり大振りで、シロもカシラもとてもおいしい。

しかしこのもつ焼のサイズでは、一人だと4本で結構腹が膨れるな…
周りの客が食べていたテッポウやダンゴも食べてみたかったが、4本単位でのオーダーという規制があるためもつ焼きの追加オーダーは断念した。
そのかわり「お新香」(\170)とハイボールもおかわりをオーダー。

そうこうするうちに店内は満員になった。もう少し飲みたかったが食べるものもなくなったのでそのままお会計をしてもらう。20分強の滞在で\1,330。

東京に来たときに再訪したい店がまたひとつ増えた。
店の雰囲気や店員の所作や客層などもっといろいろ書きたいのだが、続きはまた再訪した時にしよう。

振り返ってみるとやたらモツとかすじ肉とか食べてるな。生レバーに関しては最頻出メニューだろう。
ちなみに、ヨーロッパには生の肝臓を食べると地中に埋められたお宝を見つけることができる能力が身につくという古い伝説があるそうだ。
ただし、その肝臓は生きた人間のものである必要があるのだが。

特製ハイボール




レバ刺し

200603151825000.jpg


もつ焼き

200603151828000.jpg



【2006/03/20 00:09】 | 焼肉・焼鳥系 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
京成立石 栄寿司
家でWBC日韓戦観てました

---

今回の出張は仕事が3/15(水)、3/16(木)と17時頃終わる予定だったので、夜は行ってみたい店を事前に考えていた。
今回一番行ってみたかったのは門前仲町の「だるま」だったのだが、一皿のボリュームが多いため一人ではつらいと聞いていたので断念。
そこで、下町呑み屋の天国と言われる京成立石を初訪問してみた。
続きを読む
【2006/03/19 22:44】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
すき家
出張疲れかずっと家でダラダラしてました

---

3/15(水)は家を5:30に出て東京行き。
東京について一仕事終え昼時となったが、今回の出張先はランチ事情が悪く、周辺に飲食店が全然なかった。
しばらく店を探していると発見できたのは「すき家」。
ちょうど毎日の通勤途中に電車の中からのぼりが見えていた「ねぎ玉牛丼」を食べてみようと思い、すき家に入ってみた。

食べてみた感想としては、普通の牛丼の味だと思ってたらちょっと韓国風の味付けで意表を突かれた。
他は特に記することなし。

200603151233000.jpg

【2006/03/19 22:17】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
服部 のせや
明日から金曜日まで東京に出張に行ってきます
次回更新は土曜日の予定です

---

やっとこの季節がやってきた。
この季節になると首を長くして待ちわびるものがある。
服部駅前の「のせや」に期間限定で登場する「あさりそば」だ。
そろそろ登場しそうだなと思い出すと、いつも会社帰りにこの店の前を通って始まってるかどうかを確認する。
ここしばらく毎日チェックしてたら先週登場したのに気がついた。
で、今日会社から早めに帰宅できたのであさりそばをいただいてきた。
続きを読む
【2006/03/14 21:39】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅田 シュリアルナ
やっぱり逃げてるのだろうか

---

今日のお昼は東梅田にいたのだが、実は梅田近辺はランチの選定に苦労する一帯だ。
単価が高い割にはいい店が少ない。
時間もあまりなかったので、過去何度か行ったことのある第3ビル地下のインド料理「シュリアルナ」へ行った。
続きを読む
【2006/03/14 21:23】 | アジア・エスニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三宮 髭鬚張魯肉飯
雪降りましたね

---

今日は昼から三宮で仕事だった。
以前から決まっていた予定なので、先週から今日は三宮で何を食べるかをずっと考えていたところ、話には聞いたことはあるが食べたことはない「魯肉飯(るうろうはん)」なるものを三宮で食べることができるとの情報をキャッチ。
なんでも台湾で展開している魯肉飯チェーン店が日本に上陸して、日本に4店舗(渋谷・六本木・石川・神戸)展開してるとか。
ネットで情報を調べているうちに食べてみたくなったので、早速食べに行ってみた。
続きを読む
【2006/03/13 20:09】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天ぷら
ピータンの8巻が出ますよ

---


今日の晩ごはんは天ぷらを揚げた。
タネはホタテ・牡蠣・キス・玉ねぎ・さやいんげんの5種類。
なかなかに良い揚げ具合でご満悦。

しかし、全部食べたけど一人で食べるのには量が多すぎたな…。
一人で天ぷら揚げる時って揚げながら食べられないのも難点だ。



【2006/03/12 22:55】 | 自宅ごはん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
関大前 タンダーパニー
PSP当たった

---

なんだか「北摂 ランチ」というキーワードで検索してこのページに来てくれる方々が多いみたいだ。
タイトルに北摂とあるのに北摂の情報はあまりなく、心苦しかったので今日のランチは新規開拓しようと決意。
昼前まで寝ていたがシャワーを浴びてクルマを出して、以前から気になっていた関大前「タンダーパニー」を訪れる。

何年も前からこの店の存在は知っていたし、以前は曽根に同名の店もあったのでいつか行ってみようと思っていたのだ。
関大前近辺はクルマで行ったことはなかったのだが、店はわかりやすい場所にあって、しかも店の斜め前にコインパークがあったのでそこにクルマを停めて店へ向かう。

この店はインド風カレーの専門店で、そのカレーも1種類しかなくあとはサイズ(小・普通・中盛り・大・特大)だけしか選択肢はない。
初めて食べるので量がわからなかったのだが、中盛り(\800)をオーダー。
店内はカウンターだけの狭い店だが、なぜか居心地がいい。

3分ほどで目の前に運ばれてきたカレーは中盛りでも思ったほど多くなさそうだった。
中央に煮込まれたチキンレッグが2本乗っており、付け合せにフルーツの小皿がついてくる。

食べてみると辛さはそれほどではなく、厳選された最小限のスパイスと玉ねぎや生姜の味がストレートに感じられ、以外にあっさりした味だった。
なんだか私が家で作るカレーと方向性が一緒でうれしくなる。

チキンレッグもスプーンだけで解体できるほど軟骨部分までホロホロに柔らかく、とてもおいしい。
最初の3分の1はそのままの状態でカレーを食べて、後半はテーブルに備え付けの玉ねぎのスライスをカレーに乗せて食べると、シャクシャクとした歯ざわりと玉ねぎの辛味がブレンドされて飽きずに最後まで食べることができた。
学生街だからもっと量が多いのかと思っていたが、それほどでもなく適量だ。

聞けばこの店のカレーには中毒性があり、この店のカレーが忘れられずに遠方からはるばる通う人もたくさんいるそうだ。
私には最初食べただけではそれほどの中毒性は感じられなかったが、またいつか食べたくなってくることになるんだろうな。

あ、いま気がついたんだけど、M三郎さんも同じ日に行ってらしたみたいです。



【2006/03/12 22:02】 | カレー | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
豊中 米俵
ここから通常モードに戻ります

---

昨日の土曜日は旭丘のikariに買い物に来たついでに、店内の「米俵」でランチ。
カウンターに並んでいるおかずやお惣菜の中から好みのものを選んでトレーに乗せて、最後に会計するというスタイルの店だ。
続きを読む
【2006/03/12 18:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
淀屋橋 小ぼけ
3/10(金)は会社近くの「小ぼけ」へ。
12:30頃に入ったので並ぶこともなくスムースに入れた。
日替わり定食の「小エビの天ぷらごまマヨソース」(\780)をオーダー。
やっぱりこの店は淀屋橋ランチの金字塔だ。
この価格でこのおいしさ&ごはん食べ放題では他の店はやりにくいだろう。

急いで食べたので写真はなし。
【2006/03/12 17:48】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
尼崎 グリル・オリエント
3/9(木)は商用で阪神尼崎へ。
ランチは携帯で探して見つけた駅前商店街の中にある洋食「グリル・オリエント」へ初訪問。
たくさんあるメニューの中から「きのこたっぷり煮込みハンバーグ」(ライスとサラダ付きで\1,365)をオーダー。

ハンバーグは肉汁ジュワ系ではなく、私好みの肉質ぎっしり系。
酸味が少なく香ばしいソースはドミグラスソースと言うよりはシチューに近い。
総合的にかなりおいしい。
しかし、付け合せのにんじんのグラッセが今まで経験した中で一番甘く、一口食べてあまりの甘さに毛穴が開くほどびっくりした。

壁にかかったメニューには「和牛すじこんカレー」なんてのもある。
こっちに来る機会があればまた来てみよう。



【2006/03/12 17:42】 | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷町五丁目 一味禅
3/8(水)は谷町四丁目近辺にいたので、同行していた後輩のリクエストでまたも「一味禅」へ行った。
海鮮という気分ではなかったので「天ぷら定食」(\800)に初挑戦。

天ツユと山椒塩が添えられた天ぷら盛り合わせはかなりのボリューム。
内容はエビ2匹、わかさぎ2匹、茄子、玉ねぎ、じゃがいも、さつまいも、コーン、紅生姜など。もっとイカやホタテなど海鮮系のタネが充実してると思っていたので拍子抜け。
揚げ具合もいいとは思わなかった。これじゃ家で自分で揚げた方がおいしいな。
私にとってこの店は海鮮系オンリーということで。

ちなみに店内にボタン肉の持ち帰りのポスターが貼ってあった。
2人前で\1,680くらいで、ボタン鍋用の味噌も\300で販売してるとのこと。
季節的にもうそろそろ終わりだし、一度買ってみてもいいかも。



【2006/03/12 17:30】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新梅田食道街 松葉総本店
3/7(火)は神戸で19:00から商談。
商談を終えて大阪に戻ってきたのが21:00過ぎ。
帰る前にビールが飲みたくなり、新梅田食道街の串かつ「松葉総本店」に行く。

この時間でも店内は8割ほどの埋まり具合。
串カツ3本(イカ・牡蠣・玉ねぎ)と湯豆腐、生ビールをオーダー。
15分ほど店内にいて食べたらすぐ引き上げる。会計は\1,110。



【2006/03/12 17:23】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。