スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
天神橋六丁目 PIZZERIA Scugnizzo DA SHIGEO
開高健も書いてたけど、原稿が書けない時は無理矢理ペンを持って何か書き出すと言葉が湧いてくるとのこと
久々にエントリを作成しながら思い出しました

---

6/17(日)のランチは、天神橋六丁目の「PIZZERIA Scugnizzo DA SHIGEO(ピッツェリア スクニッツォ・ダ・シゲオ」に初訪問。

といってもこの日はランチに訪れたのではなく、月に一回開催されるピッツァ教室(参加費\3,500)に参加するため訪れた。
もちろん生地を粉から作るのには時間が必要なので、最初に生地を作る工程や材料を見せていただき、その後既に捏ねて寝かせてある生地を各自伸ばして焼いて行くという内容。

ピッツァの生地は思いのほかフカフカして柔らかいのだが、中にはちゃんとコシがあり、単に押さえて拡げるだけではうまく整形できない。
しかし、店主の簡単なアドバイスに従えば不器用な私でも見る間にそれなりのカタチになって行くのが面白い。
その後生地にソースと具を配置して、あのでっかいしゃもじみたいなやつ(バーラっていうらしい)で薪釜に入れて、店主のサポートを受けつつ焼き具合を見ながらピッツァをくるくる回して、はい完成。

焼いたピッツァはもちろんその場でいただくことができる。
ビールやワインをいただきながら(ドリンクは参加費とは別料金)、自分で焼いたピッツァをいただくというのは愉しいものだ。
しかも太っ腹なことに、ピッツァは1人1枚焼くだけではなく、この日はマリナーラ、マルゲリータ、ビアンカと一人あたり3枚も焼かせてくれた。
(ピッツァ3枚というのはかなりの量なので、食べきれない分は持ち帰り用の紙箱で持ち帰ることができる)

教室の開催は店のホームページで告知されるのだが、一回あたりの定員が少ない(8~10名ほど)上、告知後すぐに満席になるので今回は実に3回目のチャレンジでやっと参加できた。
かなり狭き門ではあるけれど、店主も気さくな方だし何より愉しいイベントなので、ご興味のある方は一度参加してみてはどうだろうか。
私もやってみて実感したけど、ピッツァ焼くのって見た目以上に難しいですよ。


201206171018.jpg


201206171034.jpg


201206171203.jpg


201206171205.jpg


201206171206.jpg


201206171208.jpg


201206171308.jpg

スポンサーサイト
【2012/10/20 22:09】 | イタリアン・フレンチ | コメント(0) | page top↑
肥後橋 IL BECCAFICO
先日某所で自身のアルデヒド分解酵素チェックを受けたのですが、遺伝子的には実はそれほど飲めない体質ということが判明
今までずっと気合いで飲んでたんですなぁ

---

5/31(木)のランチは、肥後橋のイタリアン「IL BECCAFICO(イル・ベッカフィーコ)」に初訪問。

土佐堀通り沿いのレトロなビルの2Fににある店で、以前から通りに出ている看板が気になっていたのだ。
階段を上がって店に入ってみると、店内はキャパはカウンター7席ほど4人がけテーブルが1つというこぢんまりした店。

ランチは\1,000のもの1種類のみなのだが、前菜盛り合わせは種類、センスともによく、パスタ(この日は夏野菜のトマトソースだった)も、各々の野菜の味が濃い上に、絶妙な塩加減と水分のコントロールでバシッと味を決めている。

個人的にかなりいいと思います。ちょっと気に入りました。
小バコということでコアタイムの競争率は高いけど、時間を外せば優雅なランチがいただけますよ。
でもこういう店ってワイン飲みたくなるので、ランチに訪問しにくいんだよねえ。





201205311228.jpg


201205311211.jpg


201205311238.jpg


【2012/08/29 08:04】 | イタリアン・フレンチ | コメント(0) | page top↑
天満橋 スパゲティハウス
5/29(火)のランチは、天満橋の「スパゲティハウス」に訪問。

この日のオーダーは、「海の幸(ホワイト)」(\900)の「Lサイズ」(\50up)。

前も思ったんだけど、店員さんにもう少し覇気や愛想があればいいんだけどなぁ。





【2012/08/29 07:51】 | イタリアン・フレンチ | コメント(0) | page top↑
上新庄 pizzeria il ponte
5/21(月)の夜、仕事帰りに上新庄の「pizzeria il ponte」に寄り道。

この日いただいたのは、前菜盛り合わせ、ピッツァ2枚、ドリンク4杯ほどでお会計は\5,000ほど。
ピッツァのうち1枚はクワトロ・フォルマッジにしたが、チーズ大盛りのリクエストにも快諾していただけた。

メニュー数は少ないけど、なんというか小回りが効いていい店。
残念ながらワインの持ち込みはできないそうだ。





201205212047.jpg


【2012/08/19 00:36】 | イタリアン・フレンチ | コメント(0) | page top↑
江坂 trattoria ecco
5/5(土)のランチは、江坂のイタリアン「trattoria ecco(トラットリア・エッコ)」に訪問。

この日のランチ(\1,000)の内容は、前菜に「スズキのカルパッチョ」、パスタは2種用意されてる中から「青森県産スルメイカとオクラのピリ辛トマトソース」を「大盛り」(\100up)で。
ここのランチには自家製のフォカチャが付いてくるのだが、この日のフォカチャはオリーブオイルがえらい染みこんでいてちょっとトゥーマッチだったかな。

でも、前菜はいつもちゃんとしてセンスのあるものが出てくるし、界隈の静かな雰囲気と相まってお気に入りのイタリアン。
ちなみに、ここのパスタの大盛りはかなりのボリュームなので、よく食べる方にもおすすめです。





201205051209.jpg


201205051235.jpg


【2012/06/25 08:18】 | イタリアン・フレンチ | コメント(0) | page top↑
江坂 Le Vert Frais
4/29(日)の夜、江坂のフレンチ「Le Vert Frais(ル・ヴェール・フレ)」に久々の訪問。

この日いただいたのは、前菜に豚のリエット(もちろん名物ポテトパンも!)、稚鮎のパートプリック、これまた名物のフォアグラと鴨のテリーヌ、アカザエビのサラダ仕立て(的なもの)、ホタルイカのスープ、そしてメインは4/29で羊肉の日ということで子羊のロティ。
ずっと再訪したかったディナーなので、私も妻も溜まりに溜まった想いをぶつけるかのようなオーダー。

この日は上記にワインをグラスで5杯、デセールまできっちりいただいてお会計は\11,000ほど。
コンヴィヴィアリテ@新町のような魅せるフレンチも好きだけど、こういう牧歌的なフレンチも大好き。
ほんとにコスパのいい店ですなぁ。





201204291823.jpg


201204291835.jpg


201204291859.jpg


201204291918.jpg


201204291957.jpg


201204292018.jpg


【2012/06/20 09:14】 | イタリアン・フレンチ | コメント(0) | page top↑
谷町四丁目 Paris Orange
4/27(金)のランチは、谷町四丁目のビストロ「Paris Orange」に訪問。

この日のランチ(\1,000)は、ミニココットが「じゃが芋の煮込み」、メインが「地鶏のグリル」。
じゃが芋の煮込みはポタージュスープのような作りで、芋の青臭さが排除された優しい風味。
地鶏のグリルは鶏が見えないくらいにルコラ、水菜、赤玉葱、サツマイモ、きたあかりなどの付け合わせが覆い被さっている。

しかし、今考えると芋がカブってるな。





201204271152.jpg


201204271206.jpg


【2012/06/19 08:05】 | イタリアン・フレンチ | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。